2018年 10月 26日

チュラロンコン大学に行ってみる

ホイクワン駅から地下鉄に乗って、サームヤーンという駅まで移動。ここからは大通りを
まっすぐ行くと、道の両側がチュラロンコン大学。大都会バンコクのド真ん中なのに
キャンパスはとてつもなく広大。この道の両側がぜんぶ大学(のはず)なのだ。
f0189467_15525355.jpg
 
スカイトレインに面して建つ大ショッピングモール街「サイアムスクエア」も、この大学の
所有地を貸すだか売るだかしたらしい。バンコクのド真ん中にこれだけ広大な敷地があれば、
貸し不動産業としてもやっていけるだろう。

とは言え、この大学の自慢は土地の広さではない。何しろタイ最高学府。
政界・財界・高級官僚にチュラロンコン大学の卒業生はひしめいてる(んだと思う)。
タイのスーパーエリートたちを見るのを楽しみにしてたわけだが・・。
f0189467_16021762.jpg
 
 
・・・しかしダメ。チュラロンコン大学も休みっぽい。
建物ン中にも入ってみたけど(ホントはいけないのかも)、だーれもいない。
ちぇっ。つまんねーの。
f0189467_16023337.jpg
 
これは教室だろう。ふだんはタイ中の秀才たちが集ってるはずだが、今日はがらーーーん・・
f0189467_16023349.jpg
 
がっかりして帰ろうとしたら、階段のところで面白いものを見た。
「大学生の制服キチッとしましょうキャンペーン」のポスターなんだと思われる。
f0189467_16031007.jpg
 
タイの大学にも制服があるっていうのは間違いなさそうだ。しかしこういうポスターを見ると、
タイの大学で言う「制服」は日本人がイメージするソレとはちょっと違うみたいだね。
もう少し緩い服装基準、「タイの大学生としてあるべき服」みたいな感じなのでは?
だから、たとえば女子のスカートはヒダ付きでもヒダなしでも良し、スカートの丈なんかも
基本は本人の裁量に任されてるっぽい。
f0189467_16031095.jpg
 
本人の裁量が入る余地があるからこそ、こういうポスターで“裁量の適切性”を訴える必要が
あるんだな。日本の私立学校みたいに素材・デザイン・色までガッチリ決められた制服なら
「制服の乱れ」なんて起こる余地、ほとんどないもんなぁ。

チュラロンコン大学にはキャンパス内シャトルバスなんてのまである。すげぇ。
イ課長が太古の昔に通った大学も都心キャンパスだったけど、大学ン中をバスが走るなんて
想像を絶した世界だ。ホントでっかい大学なんだねぇ、チョラロンコンって。
f0189467_16042809.jpg
 
過去の出張で海外の企業や業界団体を訪問するっていうのはイヤッてほどやったけど、
大学の見学ってのはほとんどやったことがない。むかしインド出張の時に名門の
インド工科大学とかを訪ねたくらいじゃないかなぁ?

大学に限らず、海外の学校ってやっぱ興味深い。観光の途中でそういうの目にすると、
つい見ちゃうよね。女子児童が全員シンを巻いてたラオスの小学校とか、かわいかった。
今回のバンコク大学ツアーは明らかに時期が悪かったが、また機会があったらやってみよう。
しかし結局のところ、タイの大学の休みっていつから、いつまでなのかね?

 

[PR]

by tohoiwanya | 2018-10-26 23:31 | 2018.08 タイ旅行 | Comments(2)
Commented by Bきゅう at 2018-10-28 01:07 x
ずいぶん偉い大学まで行かれたのですね。それにしても、外部者が大学の建物に入れるとは、Bきゅう的には、びっくりでした。発展途上国や途中国は、そういうところのセキュリティーが厳しいものだと思ってました。(物品を盗んだり、住み着いたりする人がいそうだから)。やっぱ、今では、都会だけ見ると先進国並みということでしょうか。
Commented by tohoiwanya at 2018-10-28 20:08
>セキュリティーが厳しいものだと思ってました

Bきゅうさん:
建物の一つに「フォトなんとかミュージアム」みたいな文字があったから、
一般の人でも入れるのかな、と思って行ったんだけど、誰もいなくて、2階かな?と思って
階段のぼって上に行ったけど、そこにもだーれもいなかった・・と、そういうわけ。
あそこは一応「受付すれば誰でも入れる」んじゃないかと思うけど、受付がドコなのかもさっぱり・・。
でもおそらく普段なら誰でも見学できる施設のはずで、先進国の大学と変わんないすね。


<< ホイクワンという町【ナイトマー...      タイ商工会議所大学に行ってみる >>