人気ブログランキング |
2018年 11月 26日

谷中・秋の墓参

本日はうんと穏やかなネタでまいりましょう。
晩秋の日曜日。墓参りに行って来た孝行息子・イ課長なのである。
命日が平日だったからね。

今日は行きも帰りも千駄木から行った。
木々が色づいた谷中霊園はキレイだけど、ウチのお墓は桜の木のすぐ下にあるんで
枯葉がすごくて・・枯葉掃除で汗かいちゃったぜ。春はキレイなんだけどね。
写真右寄りに見えてる棒みたいなのはスカイツリーの上部。
f0189467_22502751.jpg
 
「谷根千」は外人観光客やら下町歩きを楽しむ日本人やらで相変わらずの人出。
自転車に乗ってる欧米系外国人をけっこう見たけど、彼らはここに住んでるのかも
しれない。こういう古い下町、欧米人にはウケそうだからねぇ。
これなんて、ものっすごく古い民家を改造した自転車屋だ。こういう店がけっこうある。
f0189467_22502825.jpg
 
途中の全生庵っていうお寺には三遊亭円朝のお墓もある。落語史上不世出の名人といわれる
彼の戒名が「無舌居士」だというのは知られた話。
f0189467_22520485.jpg
 
墓参のあとは違う道を下りた。
下町探訪モノでよく取り上げられる初音小路を見てみたかったのだ。
f0189467_22501857.jpg
 
うーん・・ほとんどの店は閉まってる。日曜だからなぁ。
飲み屋があるから、平日の夜とかに来ると、それなりに賑わってんのかな。
f0189467_22501842.jpg
 
初音小路を通り抜けるとネコが寄ってきた。
首輪があるから飼い猫だ。人を見るとスリスリしたがる甘ったれ。
f0189467_22504116.jpg
 
よしよし。人慣れしてるねぇ・・。
f0189467_22504157.jpg
 
再び団子坂下の交差点に下りる。
ちょっと腹減ったから今川焼でも食ってくか。初めて食う店だ。
f0189467_22503460.jpg
 
一口めはこんな感じだけど、奥にはアンコがみっちり入ってて
美味しゅうございました。
f0189467_22502849.jpg
 
新御茶ノ水まで千代田線に乗り、そこから小川町→神保町と歩いて古本屋めぐり。
日曜だから、古本屋街も休みの本屋が多い。

その中でイ課長が時々行く古本屋はやってた。
ここは500円以上本買うと、2階でドリンクサービスがあるの。だもんで、行くとつい
本買って、コーヒー飲みながら今買った本をパラパラ見るのが習慣になってしまった。
f0189467_22503425.jpg
 
谷中は今やちょっとした観光地だから、前もって調べて、有名なあの店・この店行って
食べ歩きを楽しむ人も多い。日曜だからね。イ課長が歩いてる途中にもギョッとするほど
行列ができてる店を何軒か見かけた。

しかしイ課長は1個100円の今川焼と、無料コーヒーだけ(笑)。
下町グルメとは無縁の、晩秋の墓参とお散歩でございました。

 


by tohoiwanya | 2018-11-26 00:07 | 日本での私生活 | Comments(0)


<< ホイクワンという町【シーフード編】      テーブル上廃棄物問題を考える >>