人気ブログランキング |
2019年 03月 25日

しまなみ海道サイクリングという暴挙

タイと欧州と尾道を行ったり来たりしながら進行するイ課長ブログ。
今回はもう2ヶ月前の話になっちまった尾道ネタだ。話がアチコチ飛んで読む方は
大変だと思うけど、常々言うように書く方だって大変なんだから(笑)。
尾道旅行2日目。いよいよしまなみ海道ネタですよ。これは続き物になりますよ。

巨大橋をいくつも渡り、多島美を眺めながら、尾道から今治まで瀬戸内海を縦断する
しまなみ海道サイクリング。今や世界のサイクリストたちのあこがれと言われるほどの
ロードサイクリングの聖地。
 
実は尾道に行くまでイ課長はしまなみ海道サイクリングのことなんてロクに知らなかった。
すべての橋が自転車でも通れるようになってるっていうのも今回初めて知ったくらいで、
要するにナニもわかってなかったわけですよ。
f0189467_23035329.jpg
 
尾道駅から今治駅までは80kmくらいあるらしい。ぜんぶ踏破するのがムリだと考える程度の
正気はちゃんとあった。大体イ課長たちは尾道に泊まってんだから、尾道に戻って来んと。
どこかまで行って引き返すわけだが、どこで引き返すか?

もう少し大きい地図だとこうなる。
尾道から向島までは自転車ごと船で渡る。それで向島だけ走って、また船で帰ってくるのは
さすがにつまらん。やっぱしまなみ海道サイクリングの醍醐味、巨大橋を一つは渡りたい。
となると、やっぱ因島までは行こうぜ。
f0189467_23035382.jpg
 
という程度の、ずさんな計画でスタートしたサイクリング。
あとで知ったけど、「ビギナーは30~40km/日程度」というのが目安らしい。実際に我々が
走った距離は35kmくらいだったはずで、距離的には妥当だったはず。

しかし、他のサイクリストのみなさま方との脚力や服装には差がありすぎ(笑)。
本格派のみなさま方は冬でもパチッとしたスパッツ(なのかな?)、ヘルメットに
サングラスしてかっこいい(下の参考写真は伊勢志摩経済新聞サイトから借用)。
f0189467_19544570.jpg
 
一方、会社から直接来たイ課長はこんなザマですよ。単なる通勤オヤジ。
借りた自転車も、一応変速ギアはついてるけど、前カゴのある「準ママチャリ」。
まぁ自転車のグレード差はわかりきったことだけど、この場違いすぎる服装は
ハッキリ言って浮いてた。
f0189467_23115832.jpg
 
しかし、どんな服装・どんな自転車であろうと、しまなみ海道サイクリングは気持ちイイ。
我々は結局、途中寄り道したりしながら、上の地図でいうと「フラワーセンター」と
書かれてるあたりまで行って引き返したわけだけど、とにかく車が少ない、信号ない、
景色は絶景。サイクリングルートとしちゃ、ホント、最高ですよ。

というわけで2019年1月19日土曜日に暴挙は決行された。
天気が悪けりゃサイクリングは中止というつもりだったんだけど、この日は
気温は低いけど、空はびっくりするほどの快晴。これは行くしかあんめぇ。
f0189467_18275830.jpg
 
暴挙のスタートは尾道駅前で自転車を借り(レンタル料1000円、保証料1000円。保証料は
同じ場所に戻すと返してもらえる)、駅前渡船で向島に渡るところから始まる。ちなみに、
渡船の船賃は110円(自転車代が10円)。
  
船は頻繁に行ったり来たりしてるから、そんなに待つことはない。さぁ乗るぞ。
いよいよ還暦夫婦2人×2本の脚だけが頼りのサイクリングが始まるのである。
 
 


by tohoiwanya | 2019-03-25 00:02 | 国内出張・旅行 | Comments(0)


<< しまなみ海道サイクリング①【し...      スイス国際航空に乗る >>