人気ブログランキング |
2019年 06月 07日

スコータイ北遺跡群をまわる

さて、スコータイに戻ろう。
ワット・シー・チュムを後にし、イ課長は再び青い稲妻号にまたがった。
一番の人気スポットは見たわけだが、北遺跡群はワット・シー・チュムだけじゃない。
人もいないし、静かだし、もう少しこぎ回ろう。

この辺は自転車で走ってるとホントに気持ちがいい。
数少ない道路はほとんど車もバイクも走ってなくて、お?あれは?という遺跡を見かけたら
芝生の上を自転車を押して(自転車用の細い道がある場合もある)入っていくわけ。
f0189467_22225619.jpg
 
お?あれは?という遺跡があった。
特徴的なトウモロコシ型はクメール様式だ。この記事を書くので調べたら、この遺跡は
ワット・プラパーイ・ルアンって名前らしくて、クメール王国盛んなりし頃にカンボジアの
王様が建てたらしい。こんな北部までクメール王国の勢力は及んでたのかよ!!
f0189467_22225653.jpg
 
ってことはスコータイ空港にアンコール・ワットのミニチュアがあったのは全然関係ないって
わけでもなかったのか?・・とも考えられるわけだが、今は遺跡の話を続けよう(笑)。

おおお何てことだ、ここには首のない仏像がいっぱいある。
かつて見たアユタヤの遺跡を思い出させる光景だ。これもビルマのへいたいさん
持ってっちゃったんだろうか?しかしアユタヤとスコータイじゃ時代が違うが・・
f0189467_22245604.jpg
  
あっちにある、アレは何だろ?・・と思って行ってみると・・あ・・あッあッ!!
f0189467_22253234.jpg
 
な、な、なんて素敵。原型を全くとどめてないが、巨大な遊行仏ではないか。
破損が進み、胴体がほとんど消滅しちゃった遊行仏ってカンペーンペッでも見たけど、
スコータイにもあるんだ。これ個人的にすげーー好き。

この「向こうが透けて見える」的なところが何ともいえない雰囲気を出してる。
透明化した遊行仏。もはや実態を失ってカゲロウみたいになっても、そこにはちゃんと
仏の慈悲が残っているって感じで・・いやぁ・・これいいなぁ。

巨大仏があったワット・シー・チュムは観光バスが乗り付けるくらいの人気スポット。
一方こちらのワット・プラパーイ・ルアンはだれ一人見る人もいない静かな遺跡だけど
ここは良かったなぁ・・。
f0189467_22262098.jpg
 
ついでだ。遺跡をバックに、たった一人の同行者・青い稲妻号も撮ってやろう(笑)。
f0189467_22263665.jpg
 
さて、北遺跡群を堪能したところで、今度は南を攻めるか。
そのためにはこの四角い中央遺跡群を突っ切って、南まで行かなければならない。
f0189467_00171644.jpg
  
レンタル自転車屋がくれた上の地図だと、北や南の遺跡群はお堀のすぐキワみたいに
描いてあるけど、実際にはずーーっと離れてる。これにダマされてこのあとイ課長は
ちょっと道に迷ったりもするんだが、そのあたりは次回に。

 


by tohoiwanya | 2019-06-07 00:10 | 2018.08 タイ旅行 | Comments(0)


<< スコータイ南遺跡群をまわる      ベルギー・ドイツ喫煙事情 >>