人気ブログランキング |
2019年 06月 10日

スコータイ南遺跡群をまわる

さて、南遺跡群だ。
四角い堀に囲まれた中央部を突っ切り、南の堀を越え、青い稲妻号をコイでひたすら南下。
あーもうホントにのどかなタイの田舎って感じ。
f0189467_01455704.jpg
 
南遺跡群は北のアチャナ仏みたいな派手な見どころはないので省略する人も多い。
しかし、イ課長は観光リビドーが高まってるんだし、時間もあるんだし、ガンガン見るぜ。
まずワット・トンチャンというのに行ってみよう。

あ、ここか。看板がある。危うく見落とすとこだったぜ。
ってことは、ここを曲がればいいわけだな?
f0189467_01455762.jpg
 
細い田舎道をコイでいくと、お、ありました。うわー・・これは荒れた遺跡だねぇ。
f0189467_01475301.jpg
 
誰もいない荒廃した遺跡・・静かで、ムードたっぷりだ。
おお、これは仏像か。今やレンガしか残ってないが、それでもちゃんとアグラかいて
座った姿になってる。透明人間化した遊行仏もそうだけど、「もはやソレの原型は
全くとどめてないけど、でもソレとわかる遺跡」って、実にキブンだ。
f0189467_01475367.jpg
 
スコータイ遺跡はアユタヤよりさらに古いから、こういうブッ壊れた遺跡も多い。
しかしイ課長としては、カンボジアで見たベンメリア遺跡みたいで、こういう
廃墟ムードたっぷりの遺跡を見るとつい興奮する。あたりに誰もいないというのが
一層廃墟ムードを高めてくれる。

ここでも青い稲妻号の写真を撮ってやった。
観光客なんて誰一人見に来ない、静謐なワット・トンチャン遺跡を見たのは
オレと、オマエだけだもんな(笑)。
f0189467_01475369.jpg
 
さて次は・・ワット・チェトゥーポンか。地図だとワット・トンチャンのすぐ隣に
あるように描かれてる。

ってことは、あの道を行くんだな・・というわけでワキ道を入ってみたわけだが、
全然ソレらしきものがない。あるのはタイのひなびた農村風景ばっかり。
「ヘンなヤツが来たぞ」って感じでウシたちがイ課長をガン見(笑)。
f0189467_01501108.jpg
 
要するに道を間違えたわけ。でも、この時間違えて入っていったタイの田舎の静けさ、
のどかさ、風景の美しさはかなり印象深いものがある。途中、ジイさんと挨拶を交わした。
タイ北部の農村に生きる老人と東京に生きるサラリーマンの、たった一度だけの邂逅。
f0189467_01501100.jpg
 
相当奥まで入り込んで、どうやら道を間違えたらしいと悟って元の道に戻った。実際には
ワット・チェトゥーポンはもっとずーっと先。あの地図にだまされてはいけない。
しばらくコイでいくと、ほら、あるじゃん。
f0189467_01523937.jpg
 
ッ!!今やイ課長がすっかり惚れ込んでしまった、透明人間化した遊行仏が
ここにもあるではないか!!いやー・・これまた素敵。北遺跡群で見たやつに比べると
足とか腹部とか、それでもまだ残ってる部分が多い。
f0189467_01523914.jpg
 
イ課長はルーブル美術館の「サモトラケのニケ」がすごく好きなんだけど、こういう
「失われた遊行仏」にも通じるものがあるのかもしれん。あっちの場合は首と腕が
なくなり、こっちは首はもちろん身体全体が透明化している。そうやってニンゲンとしての
人格性が希薄化し、純粋な造形美(の片鱗)だけが残ってるってのが好きみたいだ。

遺跡に見とれてたら、男の子を連れた欧米人のファミリーから道を聞かれた。
中央部の遺跡はどっち?っていうからアッチですよ、って教えてあげたついでに
「どちらから?」って聞いたら「ドイツから」だって。男の子がイ課長のことジッと
見てるから「グーテンターク」ってドイツ語で挨拶したら、照れてた(笑)。

スコータイの南遺跡群といったら、上にご紹介した二つと、あと一つくらいしかない。
暑い中、わざわざ自転車コイで見にいくほどのことは・・という人もいるだろうけど、
観光バスで見物客がぞろぞろ集まる北遺跡群のアチャナ仏とは違う、静かでのどか~な
農村的雰囲気がすごくイイ感じだったよ。
f0189467_01590989.jpg
 
日帰りで、一日で急いで見て回らなきゃいけない場合はしょうがないだろうけど、
多少お時間に余裕のある方はぜひスコータイの南遺跡群まで足を伸ばしてみることを
お勧めしたいのである。ステキだよ?

ついでにエリアごとの入場チケット料金のことも触れておこう。
スコータイ遺跡はそのエリアごとにチケットと自転車乗り入れ代を払う必要がある。
①中央遺跡群はチケット100バーツ+自転車乗り入れ代10バーツ=110バーツ(380円くらい)
②北遺跡群も上に同じ。徒歩なら100バーツだけでいいわけだが、フツーの人は自転車使う。
③西遺跡は100バーツ。あそこはチケット売り場から先は徒歩だから自転車代なし。

④そして栄光の南遺跡群は・・・・・無料

ね?スコータイ南遺跡群はとってもステキなところなのですよ(笑)。

  


by tohoiwanya | 2019-06-10 00:07 | 2018.08 タイ旅行 | Comments(0)


<< パッタイをテイクアウト、最高でーす      スコータイ北遺跡群をまわる >>