人気ブログランキング |
2019年 09月 09日

朝のブリュッセル名所散歩 その2

朝のブリュッセル。イ課長の長い散歩は続く。
最高裁判所を背にしたイ課長は北東に向かって歩き始めた。最高裁判所から始まって
王宮の方に続くこの道路は途中には王立広場なんかがある立派な通りなのだ。
過去何度か歩いたことがある。しかし通りの名前は知らない(笑)。
f0189467_16430325.jpg
 
さて、まだ時間はたっぷりあるけど、どうしようか・・。
チンタラ歩いていると左側に大きな教会があった。まぁちょっと入ってみるか。
時間に余裕があるから、こういう行き当たりバッタリが可能。それに、教会の見学なら
大抵は入場料かからないし。

中に入ると・・・うわーッ、きれい。
ステンドグラスを通った光が奥の内陣左側に投影されて美しい。
f0189467_16292816.jpg

尖頭アーチであることから考えて、この教会も基本的にはゴシック様式と推測される。
そう馬鹿デカい大聖堂ってわけではないけど、荘厳なムードがあってイイ感じの教会だ。
ステンドグラスもきれい。
f0189467_16292802.jpg

まだ午前中。太陽は東側にあるから、右側の側廊を歩くとやはりステンドグラスから
射し込んだ光が反対側の柱や壁に色を映してほんとにキレイだ。あとで調べたところ、
ノートルダム・デュ・サブロン教会ってとこらしい。午前中行くとイイよ。
f0189467_16292856.jpg
 
なかなか素敵なゴシック教会だったので、例によってロウソク寄付をいたしましょうね。
自分のロウソクが目立つように少し離して右に置いて写真をパチリ。
f0189467_16371363.jpg
 
実はこの近くに「エロスと神話の博物館」っていうのがあって、イ課長としてはそこは
ちょっと行ってみたかったんだけど開いてなかった。翌日ここを通った時は今度こそと
期待して行ったんだけど、やっぱり開いてない。ちぇっ。
f0189467_16304758.jpg
 
ここはたぶん内部撮影禁止のミュージアムなんだろうなぁ。仮に写真を撮れたとしても、
このブログではひじょーに紹介しづらいモノばかりだったはずだ(笑)。そういうトコを
ちょっと見てみたかったんだけど、閉まってるものはあきらめるしかない。

なおもずーーっと通りを歩く。ここが王立広場。
通りの真ん中に銅像広場みたいなのがあるから、道路も市電もそれをよけるように
ここだけ左右にグリンと分かれる。
f0189467_16400198.jpg
 
この先さらに歩くと何があるか・・ふふん、わかってるさ。
何せ6回目のブリュッセル。多少は土地カンがあるの。ほーら。楽器博物館のある
坂道カーブのところに来た。
f0189467_16375934.jpg
 
ここはグラン・プラスからずーーっと坂を登ってきた高台側にあるから、見晴らしが
いいんだよねぇ。このカーブはイ課長が好きな場所の一つで、これまでに何度も来たなぁ。
ブリュッセルに出張で来るのは極めて高い確率で今回が最後。好きだった景色をもう一度
しみじみと眺める。
f0189467_16375908.jpg
 
しかし恐ろしいことに時間はまだまだある(笑)。
それなら・・っていうんで、イ課長はこの坂道のすぐそばにあるルネ・マグリット美術館に
行ってみることにした。むかし王立美術館には入ったけど、こっちはまだだったのだ。

というわけで、次回はルネ・マグリット美術館ざますよ。
え?イ課長全然仕事してない?だーかーらー、この日はアポが午後に2件
固まっちゃったから、午前中に寸暇を惜しんで散歩してるんだってヴァ!
そのくらいいいじゃんかよ!ぶう!!
 
 


by tohoiwanya | 2019-09-09 00:09 | 2019.02 欧州出張 | Comments(0)


<< ルネ・マグリット美術館      朝のブリュッセル名所散歩 >>