人気ブログランキング |
2019年 09月 16日

ミュンヘンでハイティンクの第九を聴く その2

ハイティンクのことを少し書いておきたい。
ベルナルト・ハイティンクといやぁベテランの巨匠。カラヤンとかショルティみたいな
“スター指揮者”って感じではないけど、「巨匠」という言葉は彼にこそふさわしい。
f0189467_00530269.jpg
 
長くオランダのコンセルトヘボウと一緒にやってた人で、スタンドプレイ的というか、
「ノリで聞かせる」的要素のない、キチッとした音楽を聴かせる指揮者っていう
イメージがある。来日もしてるはずだけど、イ課長が彼の実演を聴くのは初めて。

このハイティンク、この演奏会があった時点で89歳。今この記事を書いてる9月時点では
90歳というご高齢で、前回書いたように9月のルツェルン音楽祭を最後に引退することを
この春発表したらしいんだよ。今となってはあのミュンヘンの夜は超貴重な機会だったわけ。
こんな偶然をイ課長に与えてくれた神に感謝しよう。

買ったのは61ユーロ(約7,500円ってとこか)の席だった。
席グレードとしては最下級の一つ上くらいの、まぁしょせん下級席。でもこの席だと
オケの後ろの席を取れるんだよ。オケの後ろなら指揮者がよく見えるじゃん。この際
ミーハーに徹して、指揮するハイティンクを見たいっていうんでココにした。 
f0189467_23520469.jpg
 
ちょっとオーケストラの様子を見てみよう。
あっちじゃコントラバスだけもぞもぞ低い音で練習してる。左側が合唱団の席だな。
イスがあるってことは、日本でよくある「第三楽章の前にゾロゾロ入る」じゃなく、
合唱団は最初から座ってるということか。
f0189467_23520466.jpg
 
前のヘリのところから下を覗き込むと、ティンパニ奏者が。
第九の前半ふたつの楽章、特に第二楽章ではティンパニ奏者が最高にカッコいい。
今夜も期待してるぜ。バチも折れよとばかりに叩いてくれ。
f0189467_23521256.jpg
 
ついでに楽譜をズームで撮ろうっと。完全にミーハーと化したイ課長(笑)。
この夜の1曲目はおなじベートーヴェン作曲の「静かな海と楽しい航海」っていう
変わった題名の曲で、イ課長は初めて聴く。
f0189467_23521206.jpg
 
この夜の「ハイティンクの第九」はドイツのTVで放映されるようだった。ZDFかな。
観客の目に入りやすい舞台ワキカメラの女性担当者はちゃんと黒いワンピースなんだね。
もう当然放映されただろう。ドイツのみなさん、指揮者から見て左手上方の画面スミに
写ってた(かもしれない)おでこの広い巨大ロボットがイ課長だったんですよ。
f0189467_23520400.jpg
  
そうこう言ってるうちに観客もほとんど席につき、開演。
1曲目はさっき楽譜を見た「静かな海と楽しい航海」で、聴いてみて初めて知ったけど
この曲も男女混声合唱が付くカンタータなんだね。
f0189467_23521286.jpg
 
ただし指揮がハイティンクじゃない。黒髪の背の低い指揮者で、イタリア人かな?
イ課長が高校生の頃、大指揮者カール・ベームが来日した時に副指揮者?でやはり若い
イタリア人がついてきたけど、今思えばあれが無名時代のリッカルド・ムーティだった。

だがイ課長は1曲目からハイティンクが振ると思い込んでたんで激しく動揺する。
まさかご高齢のハイティンクの体調が悪くなって代役?ひょっとして2曲目の第九も
彼が振るの?苦労してチケットとった巨匠ハイティンクの第九をだよ?ミュンヘンの
会場まで来て聴き損なったりしたらだよ?イ課長は悲嘆のあまり死ぬぞ。

だがご安心あれ。
2曲目、会場割れんばかりの大拍手と共に舞台に登場したのは巨匠ハイティンク。
やったーー。彼の実演を初めて、なぜかミュンヘンで、しかも第九で聴けるんだ。

その第九の演奏の様子は次回だ。
(たぶん)最後の海外出張、最後の娯楽を飾るにふさわしい感動的な演奏だった。
え?早く読みたい?イ課長も早く続きを書きたくてしょうがない(笑)。
 
 


by tohoiwanya | 2019-09-16 01:19 | 2019.02 欧州出張 | Comments(0)


<< ミュンヘンでハイティンクの第九...      ミュンヘンでハイティンクの第九... >>