人気ブログランキング |
2019年 09月 20日

ラオス国営航空でパクセーへ

さて、話は欧州からラオスに戻ります。世界をトビまわるイ課長ブログ(笑)。

ヴィエンチャンからパクセーまでは前にも乗ったラオス国営航空で移動した。
バスだと10時間くらいかかるんだよね。飛行機なら1時間。いくらモノズキのイ課長でも
ここは飛行機にします。
f0189467_00271496.jpg
 
乗るのは当然国内線だ。ワッタイ空港から国内線に乗るっていうのは以前、
ルアンパバーン行く時もやった。

あの当時(2015年)のワッタイ空港の国内線ターミナルなんてねぇ、そりゃもう
小さくてオンボロで、地方駅の待合室みたいな感じだった。

でもその後ターミナルは新築(か増築)されたようだ。
前回は地面と(つまり滑走路と)同じ高さの待合室だったけど、今回はこんな感じで
搭乗待合室は上層階。ずいぶんモダンになったねぇ。
f0189467_00311562.jpg
 
こちらは売店。やけにガラーンとしてるけど、以前の国内線ターミナルの売店に比べりゃ
雲泥の差で立派になった。立派になってもこの程度・・とも言えるが(笑)。
f0189467_00304472.jpg
 
おなじみ、滑走路の上を歩いていくのどかな搭乗風景。
この日は雨だったから出口で傘を渡してくれて、搭乗口のところに「傘回収係」がいた。
相変わらずのどかすぎる。
f0189467_00302238.jpg
 
飛行機はATRのプロペラ機。すいてたね。
離陸すると機内食とコーヒーが出る。朝食前にホテルを出てきたからこれは嬉しい。
中身は黄色いドロリ状のもので、てっきりカスタードクリームパンだと思って食ったら
何やら得体の知れない味。なんのクリーム?これ。
f0189467_00273673.jpg
 
袋のウラを見て中身が判明。あれはコーンクリームだったんだ。甘い菓子パン好きの
イ課長としてはイマイチだが、とりあえず賞味期限内だから許そう(笑)。
f0189467_00273647.jpg
 
と言ってるうちにもうパクセー近し。あれはメコン川かな。
f0189467_00300167.jpg
 
はい着陸。ここも地面を歩いてターミナルへ。ATRは機体が小さくて搭乗口も低いから
どうしたってそうなる。ターミナルへの移動もバスなんかまったく必要ない近さ。
一応「国際」空港ではあるけど、ラオスの空港はどこもこんな感じで田舎っぽいのだ。
f0189467_00314750.jpg
 
今回の旅行ではこのパクセーで飛行機降りたら、あとは旅行のいちばん最後の
バンコク⇒成田便に乗るまでは、ぜーんぶ鉄道かバスか車での移動になる。しかも
そのほとんどは未予約。片っ端から現地で手配しなきゃバンコクまで辿り着けない。

長くハードな旅はいよいよパクセーからが本番って感じだったわけだけど、
とりあえず本番が始まる前に飛行機落ちなくて良かったヨカッタ。

 


by tohoiwanya | 2019-09-20 00:29 | 2019.08 ラオス・タイ旅行 | Comments(0)


<< 川口から4000の島に向かうイ課長      ミュンヘンでハイティンクの第九... >>