人気ブログランキング |
2019年 11月 12日

タイラーメン屋のテーブル調味料を考える

11月に入ってから仕事の方はずいぶん落ち着いてきたけど、なかなか腰を据えて
ジックリ連続ものの大ネタを書くという状況でもないので、単発ネタ連発。
ラオスからトツゼン話はタイのラーメンに飛ぶのである。

タイのラーメン屋なら店舗であれ屋台であれ、必ず「テーブル調味料4点セット」が
置かれている。①ナンプラー ②酢 ③唐辛子 ④砂糖 という4点だ。
下の写真ではナンプラーがPETボトルごと置いてある。
f0189467_15254466.jpg
 
タイラーメンのクイッティアオは客が好みに応じてこの4つの調味料を入れて味を完成
させるという前提で作られてるから、何も入れないと薄味で美味しくない・・

・・ってことはないんだよ。日本人はダシ味スープに慣れてるせいか、少なくとも
イ課長は過去に何も入れないクイッティアオも美味しく食った。これまでタイで
相当な回数ラーメン食ったけど、使った調味料は唐辛子だけ。

しかし今回はヤッてやろうじゃねぇかって気になった。
唐辛子に①ナンプラー ④砂糖 を加えてみることにしたのだ。
ナンプラーはまぁいい。ダシ汁に醤油加えるようなもんで、調和するはずだ。
チャレンジャブルなのは④砂糖だよな。ラーメンに砂糖って、ちょっとビビる。
しかしタイ人はスプーン2杯くらい平気でドサドサ入れるんだよ。

従って、今回はタイでラーメン食う時は必ず
①唐辛子スプーン1杯 ②ナンプラーじゃばじゃば ③砂糖スプーン1杯 というのを
デフォルトにして、ドコで食う時もこの方法で食ってみた。

これが調味料入れる前の、“素”のクイッティアオね。
f0189467_15261119.jpg
 
これが上記三つを入れた状態。唐辛子以外は写真じゃわかりっこないよな(笑)。
f0189467_15261014.jpg
 
上の写真はスープが「すまし汁」だけど、濃いスープの時も同じものを入れた。
日本で言うと薄味の醤油ラーメンに醤油を足したことになるのかな。
f0189467_15263080.jpg
 
ナンプラーを加えるとスープは少し味が濃くなるのは当然として、問題は砂糖だ。
以前のタイラーメンでは感じたことがない、かすか~~な甘みが加わる。
「砂糖を入れることでコクがでる」って話も聞いたことあるけど、コクというより
砂糖入れた分だけ「奥行きのある複雑な味になる」って感じかな。当り前か(笑)。
入れる前より美味しくなったというより、とにかく複雑な味になる。
f0189467_00090475.jpg
 
ただ、そうやって唐辛子+ナンプラー+砂糖入りタイラーメン何杯も食ってると
しまいに慣れる。たまさか「久しぶりに何も入れないで食って比較してみようか」と
思っても「物足りないからやっぱ入れよう」ってことになっちゃうんだよね。
唐辛子だけじゃ物足りない体になってしまったワタス。
f0189467_15264688.jpg
 
ということは、だよ?
タイのテーブル調味料4点セットの中でイ課長がまだ試したことがない「酢」。
これだって毎回「酢入りラーメン」食ってりゃ、そのうち慣れ、しまいには
酢を入れないと物足りなくなるはずだ。

しかし酢はなー・・・固焼きソバなんかにかけるけど、ラーメンに入れるのはなー・・
またタイに行くことがあったとしても「酢入りラーメン」ちょっと自信ないなぁ。
 
 


by tohoiwanya | 2019-11-12 00:12 | 2019.08 ラオス・タイ旅行 | Comments(0)


<< ラオスは今日も雨だった      ヴィエンチャン・ワッタイ空港の... >>