人気ブログランキング |
2019年 12月 02日

ブリュッセルで髪を刈る

東南アジアと欧州を行ったり来たりのイ課長ブログ。
今日はまた海外床屋シリーズ。久しぶりに欧州の床屋ってことになるな。
2月の欧州出張ではブリュッセルでの二日目、例の「午前中にアポ2件」の日に
散髪した。何しろ夕方のデュッセル移動までポカッと午後が空いたからね。

例によってどこに床屋があるのかなんてわからないから、南駅周辺を探す。
ついBarber って看板を探しちゃうんだけど、これは愚かだ。フランス語では
床屋ってCoiffeurと書かれる。コアフュールって読むのか?

おっ、あった。パッと見、床屋には見えないけどコアフュールって看板が
ある以上床屋なんだろう。デュッセル行く前にここで刈ってしまおう。
f0189467_00292006.jpg
 
店には客は誰もおらず、メガネをかけたオヤジがいた。
さっそく刈ってもらいましょうかね。ベリーショート、マシン、うぃーん、オーケー、と
いつもの調子で頼んではみたものの・・だ。

ここは夏の東南アジアではない、冬の欧州だ。髪が短くなるとやっぱその分寒い。
イ課長みたいに元々短い人でもやっぱり刈ると寒いのだ。そのせいか「短く」という
イ課長の頼みっぷりも、ヴィエンチャンの時ほどの迫力はなかったと思う(笑)。
f0189467_00292021.jpg
 
当然の結果というべきか、出来上がりの「短さ加減」もヴィエンチャンに比べりゃ
満足度はやや低い。しかし寒いからしょうがないよなぁ。イ課長は日本にいる時も
行きつけの床屋で夏と冬ではバリカンの短さを若干変えるからねぇ。

刈ってくれたコアフュールのオヤジはこの人。
ナニ人だかよくわからない。南駅周辺は移民系の人もけっこう見かけるから、
ひょっとするとフランス語圏アフリカのアルジェリアとか、ソッチ系かもしれない。
f0189467_00292039.jpg
 
出来上がりはこんな感じ・・とお見せしたいところだけど、短さイマイチのせいか
刈られっぷりを検証した写真もない。床屋に行った翌日、デュッセルドルフで撮った
この写真が散髪後もっとも直近に撮った写真のはずだ。

え?よくわからない?イ課長もよくわからない(笑)。
f0189467_21433131.jpg
 
髪は刈った。あとデュッセルドルフ移動前にブリュッセルでやっておくことといえば
メシを食うことだ(笑)。昼飯食わないまますでに夕方。ハラ減った。

やっぱり移民系かな?と思われる、黒髪の店員がいっぱいいる安食堂に入って
ベルギー名物牛肉のビール煮を食う。なんとかカルボナーデってやつで、むかし
やはりブリュッセルで食ったことがある。この店ではライスがたっぷりついた。
f0189467_00300750.jpg
 
ちなみに、床屋代もメシ代もメモしてないんで全然覚えてない。
東南アジア一人旅だとかなりマメにものの値段をメモして、あとでブログ書く時に
確認するけど、シゴトの出張だとこういうトコでもいいかげんなイ課長なのである。

 

by tohoiwanya | 2019-12-02 00:10 | 2019.02 欧州出張 | Comments(2)
Commented by 権左衛門 at 2019-12-03 22:43 x
すっかりシリーズ化された散髪編。正直差がわかりませんが😅すっきりされてよかったです。
15年前に行きましたが、南駅はガラが悪いっていうので、パリからタリスで着いてすぐにタクシー乗りましたさ。なので、タクシー乗り場しか覚えていないです。逆に、普通列車の車窓から北駅の飾り窓地区を見たときになんとも言えない、見ちゃいけないものを見た感を感じたのを覚えてます。(ガン見しましたけど。)
年末はハンブルク とベルリンに行く予定です。楽しんできまーす!

Commented by tohoiwanya at 2019-12-04 13:17
>見ちゃいけないものを見た感を感じたのを覚えてます。(ガン見しましたけど。)

権左衛門さん:
あれはガン見しちゃいますよ。私なんて最初見た時は予想してなかったから
ただびっくりして、「帰りはよく見よう」と思って見えるガワの席に座った(笑)。
南駅のガラの悪さはみんな言いますよねぇ。私は南駅近くに2度泊ったけど
幸い何もなかった。もしかすると地元ベルギー人から「ガラ悪そうな巨大ロボット」って
怖がられてたとも考えられますが・・。
ハンブルク・ベルリンいいなー。気を付けて楽しんできてください。


<< アル門からブリュッセルに別れを告げる      ラオスで「命の水」といえば・・・ >>