人気ブログランキング |
2020年 01月 02日

海外美女図鑑 -2020年版-

みなさま新年明けましておめでとうございます。
2020年が明けました。イ課長退職・引退の年です。待ち遠しいですねー。
もういくつ寝ると4月末。早くこいこい4月末。
海外美女図鑑 -2020年版-_f0189467_01080852.jpg
 
年明け最初の更新は毎年おなじみの美女図鑑。
2月の欧州出張では人物写真なんて全然撮ってないので、8月のラオス・タイ旅行で
ゲットした美女たちということになる。

【ラオス美女図鑑】
まずは9月の記事でも書いた、パクセーの旅行代理店のお姉さんからいこう。
海外美女図鑑 -2020年版-_f0189467_00311546.jpg
 
この人が非常に手際よく手配してくれたおかげでワット・プー観光やコーン島移動が
スムーズにいった。どうもありがとう。見るからに利発そうなお姉さんだよね。
海外美女図鑑 -2020年版-_f0189467_00311507.jpg
 
大学生くらいに見えるけど、記事中でも書いたように、すでに女の子の赤ちゃんがいる
27歳の奥様なのである。シンの柄がすごくきれい。

パクセーの次はコーン島。
コーン島は人間より動物の方をよく見かける秘境で、人物写真は少ないんだけど
貸し自転車屋ではこんなカワイイ子が店番してた。中学生くらいかなぁ?
海外美女図鑑 -2020年版-_f0189467_00312767.jpg
 
この次の日の夜、雑貨屋で缶ビール買ったら、同じこのコが店番してた。
「あれ?昨日はあっちに・・」って言ったら、どうやら三つくらい店を経営してる家の
娘さんみたいで、あちこちの店番を兼任してるみたいだ。働き者だなぁ・・。

こちらはパクセーのホテルの屋上レストランで働くお嬢さんたち。
揃いのブラウスは制服っぽい。シンも柄はちょっと違うけど同じ色。この写真を
撮ったすぐあとにすごいスコールになったんだよなぁ。
海外美女図鑑 -2020年版-_f0189467_00312712.jpg
 
【タイ美女図鑑】
タイの女性もよく働く。東南アジアは全体的にその傾向があるね。働く女性は美しい。
たとえばピマーイ遺跡の近くでアイスコーヒーの店を切り盛りしてたこのコ。バスを
待つ間に1杯買って、ついでに写真を撮らせていただいた。
海外美女図鑑 -2020年版-_f0189467_00360268.jpg
 
愛想がよくてかわいい子がやってるせいか、この店けっこう繁盛してた。
冷房のない屋外の仕事は暑いだろうけど、元気にがんばってね。

バンコクで足マッサージしてもらった施術者はぐっとクールな美人だった。
ウボン出身だそうで、ウボン話がはずんだ・・・と言いたいところだけど、
何しろイ課長のウボン滞在時間って2時間くらいだったもんで・・(笑)。
海外美女図鑑 -2020年版-_f0189467_00360244.jpg
  
こちらはワット・アルンの土産物屋のお姉さん。「5つ買うから安くして」って頼むと
「もうけ少ないのよ、ダメよ」と言いながらも最後には「内緒よ?」と小声で言って
(土産物屋同士の間で協定価格があるっぽい)ちょっとだけ値引きしてくれた。
とってもやさしいお姉さんなのである。化粧ッ気のなさもイ課長好み。
海外美女図鑑 -2020年版-_f0189467_00361596.jpg
 
美女図鑑の最後を飾るのはつい先日の記事、「スリンのクレオパトラ」で書いた
ホテルのフロント姉さん。こちらはうって変わってメイクばっちり。最初に見た時、
イ課長が「昼間だけフロント業務のバイトしてる風俗嬢」かと思った人だ。
海外美女図鑑 -2020年版-_f0189467_00362320.jpg
 
この日は前日ほど目尻のアイラインが長くないけど、最初に見た時はホントに
クレオパトラみたいなメイクだったんだよ。エキゾチックな美人だよねぇ。

・・・と、まぁこんな感じかな。
ラオス・タイ美女図鑑、いかがでした?欧米だとなかなかこうはいかないけど、
東南アジアだと「盗撮ゼロ、全員カメラ目線」の美女図鑑になるから嬉しい。

イ課長、今年はどこに行くのか?候補はいろいろあるけど、まだ決めてないの。
とりあえず退職しちゃわないと落ち着かなくて。無職のジジイになれば確実に
ドッカには行くはずで、今年も新たな記事をガンガン増やすけど、とりあえず
退職するまではラオス・タイ旅行ネタでつなぐのである(まだたくさんある)。

退職したらブログの名称も変えてリニューアルしたいと思ってるけど、
4月まではイ課長ブログのはず(笑)。今年もよろしくお願い致します。

 

タグ:

by tohoiwanya | 2020-01-02 21:58 | 2019.08 ラオス・タイ旅行 | Comments(0)


<< バンコクで食おうと思っていたもの      2019年終了時点での集計 >>