人気ブログランキング |
2008年 10月 08日

ハート池

9月ドイツ出張の時は成田からフランクフルトまで、飛行機の座席は窓側だった。

イ課長は身長障害者なので(笑)、飛行機では基本的に通路際をリクエストする。
ただでさえ狭いエコノミー席で真ん中とか窓際はよけい狭く感じるからね。
それに、トイレ行くとき外側の人をいちいち立たせるのもイヤだし。

ところが、この時はもう通路側は全部予約で埋まってて一つも残ってなかった。
残りは真ん中か窓側だけ。それならまだしも…っていうんで左の窓側にしたのだ。

窓側に座ることなんて(特に長時間の国際線では)メッタにないから、
せめて景色でも見ようってんで、雲に邪魔されない場所では地上を飽かず眺めた。

12時間たって、ようやく着陸態勢に入る。
曇ってたドイツの空も、高度が下がると雲の下に出て景色がよく見える。
こうなると窓側は楽しい。

ちょうどフランクフルト市街の真上を通って空港に行くんだ。
うわー中央駅なんかもハッキリ見える。イ課長が泊まるホテル、あの辺のはずだ。

飛行機は空港の東側から旋回して着陸する。すでに高度は低い。
おお、あれはライン川とマイン川の分岐点か?ってことはこの辺はマインツのあたりか?

いよいよ着陸近し。森が見え、建物が見え…お? ヘンな形の池も見える。
そして無事着陸。ふう。


出張最後の日、ハンブルクからフランクルトまでの飛行機も偶然に左の窓側だった。
一週間前に着陸したのと同じコースで高度を下げていく。

景色も見覚えがあるぞ。川の分岐点のこのあたりがマインツだろ? 
で、マイン川の上を飛ぶような感じで空港に近づくんだよな。
だんだん高度が低くなって…あ!この池この池!このヘンな形の池も見覚えがあるよ!
イ課長はその池に勝手に「ハート池」と命名した。


これがハート池と空港の位置関係。白い矢印がハート池なのである。
f0189467_56618.jpg


ホントにハートの形してるんだよコレが。あははは。この池は印象に残る。
これが拡大図。
f0189467_571634.jpg


今度の日曜はまたハート池を見てフランクフルト空港に行くわけだ…と言いたいとこだが
12日のフライトは通路側。残念ながらハート池とのご対面はないのである。

…ちょっと残念かも(笑)。
 

by tohoiwanya | 2008-10-08 05:08 | 出張・旅行あれこれ | Comments(0)


<< ベルリンという街-その3-      リューベックという街 >>