2008年 11月 27日

DC食事事情 その2

日曜日 SABWAYで買ったサンドイッチをホテルの部屋で食う
月曜日 抜き(オペラハウスで夕方パンは食ったけどさ)
火曜日 SABWAYで買ったサンドイッチをホテルの部屋で食う
水曜日 Burger Kingで買ったハンバーガーをホテルの部屋で食う
木曜日 チャイナタウンの店でエビワンタンメン
金曜日 Burger Kingで買ったハンバーガーをホテルの部屋で食う

これがイ課長のDC滞在中の晩メシ状況なのである。
まぁ何てヒサンなんでしょう。外食で温かいメシを食えたのは木曜だけで
あとはほとんどファストフードのテイクアウトやん。わびしい生活やのう。
f0189467_1151499.jpg



要するにホテル周辺に適当なレストランがないんだよ。

あの辺、割と夜が早くて開いてる店自体がそんなに多くないんだけど、その中で
何軒か開いてるレストランもないわけじゃない。ところがそういう店ときたら、
白いテーブルクロスの上にナプキンが三角に置かれ、見るからに「予約してきました」
っていう感じのカップルやグループが高級そうなメシを食っている…

こっちは孤独な貧乏出張者だ。別に女クドこうっていうんじゃない。
ムーディな高級レストランでキャンドルの炎に照らされてメシ食おうなんて気はない。
そういうんじゃなくてさー、一人で気軽に入れる庶民的な定食屋みたいな感じの店が
ないのーー??

ところが全然ないんだコレが。

じゃ、あの高級レストランに一人で入るか?しかしそれもオックウだよなぁ。
一人で時間かけて高級ディナー食ってもしょうがないし…と考えると、結局は
サブウェイやバーガーキングみたいなトコで調達するしかないんだよね。

夜のバーガーキングに行ってみると孤独なワシントン野郎どもがいっぱいいる。
日本ならさしずめ夜の吉野家といった感じか。なんか両極端だなぁ。
チャイナタウンとか行くとまた事情は違うんだろうけど、この辺はビジネス街だから
こんな感じになっちゃうんだろうなぁ。

出張最後の日にNYに行った。昼間のタイムズスクエア周辺もぶらついた。
安いイタめし屋とか庶民的なステーキハウスとか、一人でブラリと入りやすそうな店が
アッチにもコッチにもある。そうそう。昔来たときもこんな感じだったよ。

考えてみたらイ課長のアメリカ滞在経験ってこれまで観光で来たNYだけだった。
こんな風に安いメシ屋がそこらじゅうにある街しか知らなかったわけだ。

歌舞伎町しか知らなかった外国人が初めて大手町に宿泊して、晩飯を食う店を
探すのに苦労した、と、まぁそんな感じになるのかなぁ。
え?ホテルにはレストランはなかったのかって?いや、あったんだよ一応。
でもホテルのレストラン高いし…。イ課長は貧乏性なんだってヴァ!
[PR]

by tohoiwanya | 2008-11-27 11:55 | 2008.11 ワシントン出張 | Comments(0)


<< DC缶ビール事情      DC食事事情 その1 >>