2008年 12月 08日

アラカンEAGLES

ワシントンD.C.にverizon centerっていう、おーーーっきなアリーナがある。
出張期間中、ここで何かナイト・イベントがないかと思って、出発前に探したら

①プロバスケットボールの試合
②サラ・ブライトマンのコンサート
③イーグルスのコンサート

というのが日程的には鑑賞可能だった。せっかくだからドレかには行きたい。
で、結局③をネットで予約して、11/20の木曜日の夜に行った。

特にファンというわけでもないけど、昔、NY旅行中にたまたまレイ・チャールズの
リサイタルをやってたから行ったことがある。今となっちゃアレはすごく貴重な経験だ。
イーグルスに関しても全然ファンってわけじゃなく、ホテル・カリフォルニアくらいしか
知らないんだけど、①〜③の中からっていうならこれだろーやっぱ。

調べてみたら、イーグルスのメンバーは今や全員60歳前後。
今年の流行語大賞風の言い方をすれば「アラウンド還暦=アラカン」だ。
たぶん復活ツアーみたいな感じなんだろうな。

ヴェライゾン・センターっていうのは、ちょうど横浜アリーナみたいなところですごくデカい。
裏のチャイナタウンで腹ごしらえしていざ会場へ。
f0189467_625659.jpg


会場の照明が消え、イーグルスが現れただけですでに観客は大興奮。
ちなみに、ネクタイ姿の観客はイ課長以外には見かけなかったような気がする(笑)。

1曲めが終わり、熱狂の大拍手大喝采。
それが少し落ち着いたところで、メンバーの一人がマイクに向かって叫ぶ。

「Washington DーーCーーーーーッ?!!!」
Eeeaaahhhhhーーー!!!!!

あっははは。いやーアメリカならではだ、このノリ。楽しいなーこういうの。
日本で「とうきょーー?!」とか「さいたまーー!!」って叫んでもこうはいかないよな(笑)。

イーグルスの曲をあんなにまとめて聴いたのも初めてだったけど、
さすがはロック史に名を残すバンド。いやーすごいねーあの演奏、あのノド。

ホテル・カリフォルニアも当然やってくれたけど、あの曲を実演で観ると、
イーグルスの特色はあのボーカルハーモニーとギターにあることがよくわかる。
曲自体はハードロックではなくて、アップテンポというわけでもなく、むしろ
やや「のんびりめ」という感じのテンポとメロディの曲が多いんだけど、それでいて
音は全く空疎ではない。ギターの充実ぶりはシロウトのイ課長もホレボレする。

いやいやたっぷり楽しませていただきました。
アラカンのオッサンたちの音楽パワーにゃ脱帽だぜ。

まさかと思ってためしに検索してみたら、何と、あの夜のコンサートの盗撮?動画が
You Tubeにいくつもアップロードされてるよ。これにはびっくり。
http://jp.youtube.com/watch?v=I_06y6DbCkI
画質・音質は悪いけど、ひとつダウンロードしてイ課長iPodに記念に残しておくことにしよう。
  
[PR]

by tohoiwanya | 2008-12-08 06:03 | 2008.11 ワシントン出張 | Comments(0)


<< すみそにあーん!      暗黒メトロ >>