2013年 02月 04日 ( 1 )


2013年 02月 04日

九州国立博物館

太宰府天満宮の次にイ課長が寄り道したところ。
それは九州国立博物館なのである。

そんなのあるの?と思った方がいても不思議はない。イ課長も実は知らなかった(笑)。
2005年開館、日本で4つめの国立博物館が太宰府天満宮から歩いてすぐのところにあるんだよ。

天神様の細道ならぬ、ワキ道をちょっと歩くとこんなものが出来てる。これ、実はエスカレーターで、
これに乗って行くのが早い。さすが国立施設。入口からして何やら立派なのである。
f0189467_0515640.jpg

はい着きました九州国立博物館。
これまた何やら斬新なデザインだよね〜。しかも国立博物館っつうだけあってデカい。
f0189467_0522899.jpg

この変わった建物外観の全貌を何とか写そうとするんだけど、建物がデカすぎて、広角でもキツい。
太宰府天満宮の裏山の、ちょっと平らなところを整地して作ったっていう感じで、周囲は山。
離れて撮ることができないのである。
f0189467_0525888.jpg

ちょうど特別展でコレをやっていた。
ボストン美術館といえば日本美術のすごいコレクションで有名なことはイ課長でも知ってる。
太宰府天満宮にお参りした後に鑑賞するにはなかなかいい展覧会だ。
f0189467_0482272.jpg

しかし残念ながら、ルーブルと違って日本の美術館はどこも館内撮影は禁止だから
展示物の写真はない。まぁネットから拾ってきたこんな写真で勘弁していただこうか。
日本史の教科書に必ず載ってる平治物語絵巻の、一番有名な三条殿焼き討ちシーンだ。
f0189467_047465.jpg

ボストン美術館展はもちろんだけど、通常展の方の展示内容も非常に充実している。
これまた日本史の教科書で見たような埴輪だの銅鐸なんかも当然展示されてるわけなんだけど、
保存状態がよくてキレイなんでびっくりした。

…しかし写真はない(笑)。

たっぷり展示物を見てロビー1階ロビーに戻る。ここなら写真も写せるだろ。
中はこんな感じで、展示フロアは奥に見えるエスカレーターで行く上の階にあるのである。
f0189467_0534118.jpg

ロビーではなぜかピアノの生演奏してたり、雛人形が展示されてた。。
歴史的価値の高い雛人形なんだろうけど、お内裏様の首がなんかヘンじゃないか?
f0189467_0551963.jpg

さて、そろそろ戻るとするか。まず長〜い動く歩道に乗り、
f0189467_0555722.jpg

そして長〜いエスカレーターでさっきの入口のところに戻る。太宰府天満宮の裏山を
トンネルで突き抜けるような位置関係になるんだろうな、きっと。
f0189467_0564460.jpg

さて、なかなか充実した太宰府観光であった。
あとは東京まで戻るだけ。西鉄に乗り、市営地下鉄に乗り、福岡空港へ。

福岡空港で博多ラーメンを食った。今日は朝飯食ってからというもの、梅ケ枝餅1個以外は
何も食ってなかったから、むさぼるように食った(笑)。
f0189467_0571755.jpg

こうして、数年ぶりの博多出張は終わったのでありました。
もちろん、太宰府で買った航空安全御守のご利益で、羽田までは順調なフライトだったことは
言うまでもないのである。


 
[PR]

by tohoiwanya | 2013-02-04 00:58 | 国内出張・旅行 | Comments(2)