人気ブログランキング |

2013年 07月 31日 ( 1 )


2013年 07月 31日

アウシュビッツへの険しい道

アウシュビッツ訪問に関しては、イ課長は用意周到に日本にいるうちに日帰りツアーを申し込んだ。
「アウシュビッツ日帰り、ホテル送迎つき」っていうやつだ。もっとも、イ課長の宿泊ホテルはマイナーな
安ホテルだったので、ツアーバスは迎えに来てくれない。で、ここで待てと指定されたピックアップ地点が
Hotel Andels(ホテル・アンデルス)。ピックアップ指定時刻は朝の8:35だ。

少し早めに、8:20頃からそのホテルの前で待った。周囲にはイ課長一人しかいない。
このピックアップ場所で待ってるのが一人だとしたら、大きなバスじゃなく、小さな車で迎えに来て、
バスのいるところまで連れてってくれるのかなぁ?なんて思いながら待っていた。

ほどなく、道をはさんで反対側のホテルの前に大型バスが停まり、ゾロゾロと観光客が乗り込むのが見えた。
位置関係としてはこうなる。イ課長が待ってろと言われたHotel Andelsが左の建物で、通りの向こうにある
3つの建物の真ん中、白い外壁のHotel Warszawskiの前に大型バスが停まったというわけだ。
「まさかあれじゃないよな?」と思った。あれはどう見てもHotel Warszawskiに泊まってる客のためのバスだ。
f0189467_001521.jpg

こういう時、一人旅は不便だ。
もし誰か一緒だったら、一人を待たせてもう一人が道を渡ってそのバスのところまで行って、
「ボクの乗るバスはこれじゃないですよね?」と確認することもできただろう。しかし一人しかいないんだから、
向こうに行ってる間に迎えの車が来たら困る。Hotel Andelsがピックアップ場所である以上、
道の反対の、違うホテルの前にいるバスを気にしてもしょうがないのだ。待とう。

ところが、やっぱりそのバスが実はイ課長の乗るべきバスだったということなのだよ。とんでもねぇ話だろ?
あとで日本側のツアー申込窓口に文句言ったら「行き違いがあったようで申し訳なかった」って返事があったけど、
行き違いもナニも、最初からHotel Warszawskiで待てと指定すべきところを、反対側の、違うホテルを
ピックアップ場所として指定したのは(おそらく)現地ツアー催行会社側のミス。それ以外の何物でもない。

反対側に停まっていたバスが8:35ピッタリに動き出したのを見て、イ課長は急速に悪い予感がした。
8:35に出発したということは・・やっぱアレに乗らなきゃいけなかったのか?そんなバカな。確認しなくちゃ。

バウチャーに書いてあった現地のツアー会社に急いで電話をした。
イ課長の乗るべきバスはアレだったのか?それとも、これから来るのか?確認は急を要する。

電話口に女性が出た。
イ課長は必死になって、英語で「私はホテル・アンデルスの前で待っている。しかしバスが来ない」と伝える。
これで、電話口の女性がポーランド語しか理解しない人だったら、アウトだ。

別の女性が電話口に出てきた。ここでちょっとした奇跡が起きた。
その女性がなぜか日本語の上手な人だったんよ。日本語を話せるポーランド人なんて、ものっすごく
少ないはずなのに、その超低確率に当たったわけだ。日本語の上手なその彼女は言った。

「あー でも まだ そのツアーに ごうりゅうできる かのうせいが ございます。タクシーにのって
 くじまでにヒルトンまでいってください」
「9時ですか?それまでにヒルトンですね?(その時の時刻が8時40分頃だったと思う)」
「はいそうです。そこが さいごの しゅうごうばしょです」
「わ、わかりました」

幸い、Hotel Andelsの前にタクシーがいたから、すぐ飛び乗って「ヒルトン!」と告げる。
クラクフのヒルトンがどこにあるのか、こっちは全然知らない。しかし残された時間は20分弱。
ドライバーに「トゥエンティミニッツで着くだろうか?」と聞いたら、自信あり気に「大丈夫」と言うけど、
ポーランド最優先訪問地だったアウシュビッツに行けなくなるという恐怖でこっちは気が気じゃない。

ヒルトンは街のやや南西、ビスワ川に面したところにあった。そこに着いたのが8時58分頃。
ヒルトンの駐車場前に、何台かバスが停まってる。よし、あれだ。間に合いそうだ。早く行かなきゃ。
正確なタクシー料金は忘れたけど、たぶん15ズロチくらい(400円程度)だったはずで、イ課長は
20ズロチ札を渡し、「お釣りはいいよ」と言ってタクシーを急いで降りた、いや、降りようとした。

ところがそのドライバー氏、イ課長が言ったことが聞こえなかったのか、お釣りの小銭をキチンと
勘定して渡そうとする。こういうところも「ポーランド人みんなイイ人だった」というイ課長の印象形成に
寄与してる。しかし今はとにかく時間がない。お釣りをもらい「ジンクェ!」と礼を言って、バスまで走る。

バスの入口にいた女性係員にバウチャーを見せたら、「こっちのバスに乗れ」というから乗る。
このヒルトン前の駐車場、あちこちのホテルからひろってきた旅行者を最終的にここに集めて
改めて各ツアー別のバスに振り分ける場所みたいだ(下の写真が、その係員の女性)。
f0189467_013177.jpg

バスに乗ると、中は欧米人観光客(年寄りが多かった)でけっこう埋まっている。
イ課長は一番前の座席に座ったけど、しばらくの間は置いてけぼりを食らったショックと、
何とかそれをリカバーできたようだという安堵感で、ほとんど放心状態だったね(笑)。

なぜか日本語が上手な女性がポーランドのツアー会社にいて、その人が的確な指示をくれたこと。
道路がさほど渋滞しておらず、タクシーでバスに追いつけたこと。特に前者は異常な幸運というべきで、
もしこんな幸運にめぐまれていなければ・・・

あーもう、今こうして書いていても恐ろしい。
みなさん、海外オプショナルツアー大手のAlan 1 netでアウシュビッツ見学ツアーを申し込む場合、
ピックアップ場所に関してはよーーーく注意してください。アナタが指定されたピックアップ場所は
バスの停まる場所とは違うかもしれない。もしイ課長がバカ正直に、指定されたHotel Andelsの前で
あの後も迎えを待ち続けていたら、とうとうアウシュビッツに行けなかったことになる。冗談じゃねぇぜホント。
f0189467_021035.jpg

まぁとにかくバスはアウシュビッツに向かって走り始めた。やれやれ。
ツアー出発の時点で、すでに精神的にはドッと疲れちまったけど、この後、アウシュビッツに行けば
もっとハゲしい精神的疲労を味わうのは間違いない。うーむ、イ課長、耐えられるだろか。


 

by tohoiwanya | 2013-07-31 00:03 | 2012.06 東欧・北欧旅行 | Comments(8)