人気ブログランキング |

2013年 08月 26日 ( 1 )


2013年 08月 26日

ポーランドのドライバー氏の思い出

アウシュビッツからの帰りのツアーバスでの話。
強制収容所に行ったことと同じくらい、この話を書きたかった。
(なお、本日の記事に関連した写真がないので、クラクフの街の写真を適当に挿入しております)

当然のことながら、ツアーバスにはいろんなホテルの宿泊客が混在して同乗してる。
バスはそのうちの「主なホテル」にしか停まらないから、イ課長は自分のホテルに近そうな、
どこかの停車ポイントで降りなきゃならん。帰りのバスで女性係員からどこで降りたいか、聞かれた。

停車ポイントはいくつかあるようだけど、よく聞き取れないし、ホテル名を言われても場所がわからん。
中に「シティ・センター」っていうのがあった。たぶん旧市街の中心部のことだろう。
街の中心部なら、どこであってもホテルまでは歩いて帰れるだろうから「シティ・センター」と答えた。

クラクフの街に入ってきたバス、最初に停まったのがヒルトンだったかな?それ以降、停車するたびに
ドライバーがドスの聞いた声でホテルの名前を言う。だから彼が「シティ・センター」って言ったところで
イ課長は降りればいいわけだ。
f0189467_00610.jpg

バスが停まるたびにドライバー氏はホテルの名前を叫び、何人かの乗客が降りる。
だんだんバスの中の乗客は少なくなっていく。シティ・センターはまだかな?

ところが、外の景色はどうも街の中心どころか、だんだん郊外っぽい雰囲気になってきた。
この辺からイ課長は不安になってきた。どうもオカシいぞ?どこかで降りそこなったのかもしれん。
しかしこのドライバー氏、まだ「シティ・センター」なんて言ってねぇはずだけどなぁ?

いまやバスはすっかり街を抜けちゃって、残った乗客はイ課長含めてたったの3人。
ここでドライバー氏は3人の乗客に「アンタら、どこで降りんの?」って感じで尋ねてきた。

イ課長以外の二人はナニ語かわからない言語でナントカって答えてた。
イ課長はしょうがないから英語で「シティ・センター・・・」と答えるしかない。

それを聞いたドライバー氏、いきなりすごく怒り始めた。
ポーランド語で、おそらく何か罵りの言葉を叫び、ハンドルを叩いて怒ってる。
あらーーーー、やっぱりイ課長はもっと早く降りなければいけなかったみたいだ。

このドライバー氏が何回目かの停車のとき「ノボテル・ナントカカントカ」って叫んだんだけど、
今にして思えばあの「ナントカカントカ」の部分がポーランド語で「シティ・センター」って言ったか、あるいは
ポーランドなまりの聞き取りづらい英語でそう言ったのかもしれない。しかし全ッ然わかんなかった。

しかしドライバー氏の身になれば怒りたくもなる。
バカなガイジン客が、とっくの昔に通り過ぎた停車場所で降りたいですぅ、なんて今頃ホザイてるんだから。

二人の客は、クラクフ郊外のどこかのホテルで降りた。残るはイ課長だけ。
「もう送迎は終わり!オマエもここで降りな」と言われる思った。しょうがない。そしたらホテルでタクシーを
呼んでもらって市街に戻るしかない。街からけっこう走ってきたからタクシー代かかるだろうなぁ・・。
f0189467_004522.jpg

ところがこのドライバー氏、相変わらずブリブリ怒りながら「オマエは座ってろ!」みたいなことを言う。
あらら、ひょっとして、市街まで戻ってくれるの??

バスはたった一人の乗客・イ課長を乗せてクラクフ市街に逆戻り。
けっこう距離があったよ。最後のホテルから10分~15分くらい走ったと思う。これは申し訳ないことをした。

しょうがないから、イ課長はバスの中で「地球の歩き方」のポーランド語会話のページを開き、
ある言葉を一生懸命おぼえた。これを最後にドライバー氏に言おうと思ったのだ。
f0189467_045534.jpg

やがて、バスが停まる。
駅の近くにあったショッピングセンターが見える。ドライバー氏が「ほら、ここから先はわかるだろ?」」みたいに
言った(んだと思う)から、ウンウンとうなずき、今覚えたばかりのポーランド語を生まれて初めて使った。


  「あー・・・プシャプラッシャム


これ、ポーランド語の「ごめんなさい」なんだよ。
シティ・センターと聞こえなかったとはいえ、イ課長が降りそこなったために余分な労働を強いられた
彼には申し訳ないことをした。ここは素直に謝っておこうと思ったのだ。
こういうところ、イ課長もいかにも「日本人的」かも(笑)。

イ課長に謝られたそのドライバー氏、どうしたと思う?
ムスッとしながらも「まぁいいよ」てな顔でうなずく、というのがイ課長の予想だった。

ところが「ゴメンナサイ」を聞いたこのドライバー氏、突然ものすごく照れはじめたんだよ。
左手で顔を覆い、笑いながら右手でイ課長の方をハタくような仕草を見せる。
「オマエ、バカ、なに謝ってんだよ、いいって、いいから、トットと降りろ、バカだな」って全身で言ってる。
さっきまでブリブリ怒ってたけど、このドライバー氏、実はすごくいい人なんだよ。

照れつづけるドライバー氏に、さらに「ジンクェ(ありがとう)」と礼をいい、手を差し出したら握手してくれた。
彼は相変わらず照れ笑いしながらの握手だ。でもこんなに嬉しかった握手はない。

「ポーランド人、親切で、素朴で、照れ屋で、いい人ばかり」っていうことを、イ課長はこのブログで
何度も書いた。その印象を決定的にしてくれたのが、このドライバー氏であることは間違いない。
アウシュビッツに行って重苦しかった気分を、このドライバー氏が最後に嬉しい気分にしてくれた。

バスを降りそこなったバカな東洋人の客がいてさぁ、しょうがねぇからまた街まで送ってやったらよゥ、
降りる時にポーランド語で「ゴメンナサイ」なんて言ってやんの。ったく、思わず笑っちゃったぜ・・

・・てな感じで、あのドライバー氏もイ課長のことをちょっとでも覚えててくれたら嬉しいなぁ。
少なくともイ課長はポーランド語の「ごめんなさい」は、生涯覚えてると思うよ(笑)。

  

by tohoiwanya | 2013-08-26 00:06 | 2012.06 東欧・北欧旅行 | Comments(15)