2013年 12月 31日 ( 1 )


2013年 12月 31日

大晦日の帰国

いやはや。

本日の早朝、「行けるうちに行った」バンコク3泊4日旅行から帰国したイ課長です。
現地ではまたいい気になって衛生レベルの懸念される屋台メシを食い、食った結果またもや
ゲーリーになって帰ってきた(笑)。いや参ったね。

今回は現地にパソコンを持っていかず、代わりに借りたトホ妻のiPadは現地でネット接続できず、
バンコクからの更新もできぬままま一週間、ブログの放置プレイが続いて失礼いたしました。
体調はまだゲーリーから完全脱却しきれていないけど、まぁ何とか元気でおります。

バンコクに着いたのが27日の夕方。
ホテルに着いてみると、まだクリスマスツリーがキラキラ輝いてた。
翌日の28日、ホテルで朝飯を食ってるときもBGMはジングル・ベルやホワイト・クリスマス等々の
クリスマスソング一色だ。バンコクって、ひょっとすると「正月まではクリスマス」なのか?
f0189467_23250299.jpg
いや実際、「正月まではクリスマス」っていうのは日本人からみれば冗談っぽい話だけど、
タイでは本当にそうみたいなんだよな。イ課長が帰国の飛行機に乗る30日になっても
ショッピングセンターのBGMは相変わらずウィンターワンダーランドとかきよしこの夜とか、
そんな曲ばっかりで、もちろんクリスマスツリーも相変わらず片付けられずに輝き続けている。

30日になってこんなデコレーションを見たとき、クリスマスと正月に対する日本とタイとの
考え方の違いが決定的に見てとれた。
要するにタイじゃクリスマスと正月はほぼゴッチャにして祝うものなんだよね。
f0189467_23250249.jpg
日本だったら25日まではクリスマスムードでも、それが終われば残り6日間はもうそれこそ
人格が変わったかのように(笑)、「和」一色。松飾りと獅子舞いと羽子板の世界で、
新年のお祝いにサンタクロースが顔を出すなんてあり得ない。

しかし、もしかすると(というか、たぶん)世界的にはそっちの方がやや異常なのかも。
クリスマスの一週間後は新年なんだから、“混じる”ことがあってもおかしくないよなぁ。

寒い日本から着いた当初は「さすがバンコクは暑いぜ」と思ったけど、現地は意外なほど涼しくて
どんなに歩き回っても汗ビッショリになることなんてない。むしろ冷房の効いた乗り物とかに乗ると
ちょっと寒いかな、と思うくらい。

でも帰国便で成田空港の天候を知らせるアナウンスがあって、そこで「気温は零下4度」って
言われた時はまたバンコクに戻りたくなったよ(笑)。早朝の成田はほんとに寒かった。
f0189467_23260471.jpg
大晦日の日本に来れば、もうそこにはクリスマスムードなんてカケラも残ってない。
京王電鉄の社内吊り広告はすでに初詣のご案内だ。
f0189467_23264097.jpg
12月30日になってもクリスマスソングあふれるバンコクを後にして
すっかり正月ムードの31日の日本に戻ってきて、イ課長の2013年は終っていくのである。

今年は楽しいことも悲しいこともいろいろあったけど、
おつきあいいただき、ありがとうございました。
ネタ在庫は2012年分もかなり残ってるから(笑)、まだしばらくは続きそうなイ課長ブログ。
来年もよろしくお願いいたします。

どなた様も、良い年をお迎えください。


 

[PR]

by tohoiwanya | 2013-12-31 23:27 | 2013.12 バンコク旅行 | Comments(10)