人気ブログランキング |

2014年 12月 12日 ( 1 )


2014年 12月 12日

ホーチミン→プノンペン国際バス予約ガイド

前回、まったく個人的なカメラの話なんぞを書いた罪滅ぼしというわけではないが(笑)
本日は久しぶりに純粋お役立ち情報系のトピック。

今年9月の東南アジア旅行ではイ課長はベトナム→カンボジア、カンボジア→タイと二つの国境を
ともにバスで越えた。バスで国境越えしてみたいな、というのは旅の目的一つでもあったのだ。
本日はそのうちからホーチミン→プノンペン間の国際バスのチケット予約について。
f0189467_00442492.jpg
  
以前にホーチミンのことは「サイゴン」表記すると宣言したけど、検索してる人が見つけやすいように
この記事においてはホーチミンと書かせていただきます。

さてだ。
ホーチミンからプノンペンに行く国際バス、実は何種類もあるらしい。
イ課長はそのうちシンツーリストという大手旅行代理店が運行するバスを予約した。なぜかというと
チケットをネット予約できたからだ。予約だけでも事前にネットでしておけると助かる。

予約はこのサイトからできる。
上のメニューバーの「TRANSPORT」から「Open Bus」を選んで次のページに行きましょう。
f0189467_00344533.jpg
 
行き先別にバス便がズラリと並んだページが出てくる。下の方にスクロールして3ページめをクリックすると
下の方にサイゴン→プノンペン間のバスが表示される(サイゴン表記じゃん・・・)。
ここでは来年1月31日のバスに乗りたいという想定で予約を進めよう。ちなみに、ここにあるように
出発は早朝6時半、料金は18.9万ドン(約1000円)。ホーチミンからプノンペンまで1000円で行ける。
f0189467_00352032.jpg
 
次の画面でもう一度人数と日付を入れ、もう一度「Add to cart(カゴに入れる)」をクリック。
あ、いかん、日付を1月31日にするのを忘れてる(笑)。みなさん、入力忘れにはご注意下さい。
f0189467_00365399.jpg
 
すると確認画面。はいはい、間違いないですね。Proceed(進む)をクリックしましょう。
f0189467_00365394.jpg
 
この次にアカウントを作るか、ゲストとして決済するか、みたいなことを聞かれる。
多くの人はシンツーリストを利用するのはこれっきりだろうから、Checkout as Guestのまま
Continueをクリック。シンツーリストってベトナムの大手旅行代理店だから、このバス以外にも
ベトナムをあちこち周りたい人はアカウントを作ると便利かもしれないけどイ課長は作らなかった。
f0189467_00400381.jpg
 
さぁいよいよ個人情報登録画面になった。チケット予約らしくなってきたぞ。
ここは見本だからテキトウな情報を入れてある。電話番号のところは日本の国番号81を最初にして
自分の携帯番号の0を抜いた(090~で始まる番号なら90~になる)番号を書けば問題なし。
f0189467_00402183.jpg
 
すると最後の確認画面。ここでなぜかサービスチャージが足されてバス代は201,421ドンに増額する(笑)。
ま、それでも約1000円だけどね。一番下のチェックボックスをクリックして同意して、その下の数字&文字を
入力するとクレジットカード情報入力画面に進む。けっこうセキュリティがしっかりしてるよね。
f0189467_00404712.jpg
 
クレジットカードで決済が済むと予約確認書みたいな紙がメールで送られてきた・・か何かしたはずで、その紙は
ベトナムに持ってった。(その紙の写真はない、すまぬ)。この確認書があればバスに乗れるんだろうとは思ったけど、
ひょっとするとチケット引き換え手続きがあるのかな?と思って前日にシンツーリストのオフィスに行ってみた。

シンツーリストに行った理由はもう一つある。ホントに「ノービザ、ノーフォト」で入国できるのか確認して
おきたかったのだ。もし急に制度が変わってて「今はダメ」なんて言われたらオオゴトだからね。こういうところは
非常に用心深いというか、小心者なのである(結果的には大丈夫だった)。

これがサイゴンのデタム通りにあるシンツーリスト(の、おそらく本店)。バスもこの店の前から出発する。
この時は日曜の午前中だったし、早朝バスはぜんぶ出た後だからオフィスはすいてたね。
f0189467_00425472.jpg
 
例の確認書みたいなヤツを係員に見せると、係員がなにやら別の領収書みたいなものを印刷して、
バン!バン!とスタンプを押して封筒に入れて渡してくれた。これがチケット代わりってことらしい。
f0189467_11122498.jpg

ちなみに、6時半出発だけど、30分前に来いと言われる。ってことは6時集合だ。
これがあったんでホーチミンでのホテルはシンツーリストから徒歩圏であることを条件に選択した。

前日にシンツーリストに行っておいたのは正解だったみたいだね。
「ホーチミンに夜到着して、翌朝すぐバスに乗る」なんて旅行者は乗車当日に手続きするしかないことになるけど
(シンツーリストの夜間営業については不明)、当日朝は大荷物を持った乗客が集まってけっこう店は混む。
早めに行った方がいい。朝の6時にはちゃんとオフィスが開いてる。ここからバスが出るわけだから当然ではあるが。

バスでの国境越えって当然飛行機より時間がかかるし、疲れるし、国境じゃどうすりゃいいのかよくわからず
オタオタしたりしたけど、面白くて、貴重な経験だったと思う。国境越えの状況はいずれ詳し~く書くけど、
本日はとりあえずバスチケットのネット予約方法についてでした。
さぁこれでもうキップ予約は大丈夫。アナタもバスに乗って東南アジアのクロスボーダーに挑戦しよう。


 

by tohoiwanya | 2014-12-12 00:08 | 2014.09 ベト・カン・タイ旅行 | Comments(10)