人気ブログランキング |

2015年 11月 30日 ( 1 )


2015年 11月 30日

バンコク・ドンムアン空港というところ

国内出張ネタばっかなのもナンだから(日帰り出張があと2回あるんだが)、海外の話に戻そう。

イ課長にとって生まれて初めての海外出張といやぁ。懐かしき1996年のアジア4か国出張。
あの時バンコクは二番目の訪問地で、ジャカルタからシンガポール経由で行ったもんだった。
シンガポール・チャンギ空港は1981年開業らしいけど、96年当時もすごく立派でキレイでピカピカで、
すっかり感心したせいか、その後降り立ったドンムアン空港に関しちゃ「普通の空港」程度の記憶しかない。

2012年インド出張でバンコク乗り継ぎした時、もうバンコクの国際空港はスワンナプーム新空港になってた。
2013年にハノイからカタール航空でバンコク入りしたときも到着はスワンナプーム新空港。
2013年末の短期避寒旅行でバンコク行った時もタイ航空利用だったから往復ともスワンナプーム新空港。
新しく国際空港ができれば、新しい空港の方ばかり利用することになるのは当然といえば当然だ。

だから2014年9月にタイ・エアアジアXでドンムアンに降り立った時はイ課長にとって「18年ぶりの
ドンムアン空港到着」だったわけで、ちょっと懐かしかったね。
f0189467_22203410.jpg
 
この空港、調べてみるとなかなか数奇な運命を辿ってて面白い。
ここはイ課長が利用した1996年当時はもちろん、今世紀初めまで「バンコクの国際空港」としての
地位を保ってたけど、2006年にスワンナプーム新空港が開港したらもはや用無しの身。
旅客便の定期運航は完全になくなったようで、せいぜい貨物便とかチャーター便が使う程度。
定年を迎えて仕事を辞め、自宅でボケッとしてるオッサン状態。

ところが新しくできたスワンナプーム空港がトラブル連発で、航空会社側がキレた。
「こんなヘボな新空港もうやだ!ドンムアン空港もう一度使わせろバカタレ!」と政府に文句を言い、
ドンムアン空港は2007年になんと再開港。定年退職したものの、若手だけじゃ会社が大変だから
嘱託社員として急遽職場復帰を要請されたオッサン状態。

と思ってたら2011年に例の大洪水。ドンムアン空港も水浸しで使い物にならなくなり、その年の10月に
再び閉鎖に至る。だがしかし、洪水がひいた翌年の3月には再び復活。いろいろ大変っすね。
嘱託社員として会社に復帰したものの、ほどなく持病が再発してまた離脱し、半年の療養生活を経て
再復帰したオッサン状態。

第一線引退 ⇒ 再開港 ⇒ 洪水で閉鎖 ⇒ 再々開港 という波乱万丈のジンセイ。
現在、ドンムアン空港はエアアジアとかノックエアとか、タイ系LCCが使う空港として重要な役割を
果たしている。ノックエアってタイの有力LCCの一つで、機首にクチバシを描いた飛行機で有名。
こんな感じでけっこう笑える。
f0189467_16312493.jpg
 
2014年の旅行じゃドンムアン空港到着が15時半頃。サイゴン行きまで約4時間ヒマをつぶす必要が
あったんだけど、例によって買い物には関心ないので空港内の店でチキンバーガー&缶ビールで一休み。
f0189467_22210028.jpg
 
マックもあったんだけど、ビールがないからなぁと思って入らなかったのである。
ドンムアン空港のマックに置かれたドナルド氏はタイ風にワイの恰好してることで有名だけど、
タイ国内の他のマックでも彼はこのポーズだったかなぁ?
f0189467_22210013.jpg
 
ドンムアン空港は一口で言えば「スワンナプームみたいにピカピカじゃないけど、必要十分な設備は
揃ってる空港」って感じかな。18年前よりはけっこうキレイになったなぁって印象で、再開港前に
改装したのかもしれない。ちなみに、空港内喫煙室はこんな感じでけっこう広い。
空港内で働くオバちゃんたちが大声でおしゃべりしながらタバコ吸ってた。
f0189467_22211977.jpg
 
メシ食って一服したら、もうすることもないから、iPodで落語聞きながら空港の外を眺めて過ごす。
この日のドンムアンは夕方になるにつれ、雨が降りそうなあやしい雲行きになってきたんだけど、
結局サイゴン行きが出るまで雨が降らずにいてくれたのは幸いだった。
f0189467_22213127.jpg
 
この時の「18年ぶりのドンムアン空港」では上にも書いたように乗り継ぎだけだったので
空港の外に出ることはなかった。

しかし翌年の2015年、つまりこないだ9月の旅行でもイ課長はチェンマイからバンコクまで
エアアジアを使ったので「1年ぶりのドンムアン」に降り立った。今度は乗り継ぎじゃないから
ドンムアンからホテルまで移動する必要がある。

1996年出張の時以来、今度は「19年ぶりのドンムアン→市内移動」ということになるわけだ。
イ課長は19年前と同じくタクシーを使うことしか考えてなかったんだけど、他にもいくつか
選択肢があるにはあって、一応次回更新でそのことについても説明しておこうと思うのである。

 

by tohoiwanya | 2015-11-30 00:02 | 2014.09 ベト・カン・タイ旅行 | Comments(8)