2018年 04月 07日 ( 1 )


2018年 04月 07日

バガンの典型的観光地レストラン

ポッパ山、朝日鑑賞、寺院めぐりと、たいへん充実していたバガン観光。
だがしかし、バガン滞在中の食生活はかなりヒドいものだった。

到着した日は朝昼メシ抜き(夜行バスで着いて、そのままポッパ山行ったから)。
翌日も昼メシ抜き(朝日鑑賞で早起き。朝食は途中で食ったモヒンガー)。
両日ともその日最初のまともなメシが早めの夕食だったという変則的な食生活。
こういう不規則生活による疲労のツケが出たんだろうなぁ、バンコクで。

飯ヌキになったもう一つの大きな理由はメシ屋が遠かったことだ。
地図を見るとレストラン街が近そうだったんだけど、実際に歩いてみると、こんな
ナニもない道を10分くらい歩かないといかん。夜なんて真っ暗だよきっと。
これじゃ一日に2度足を運ぶのはちょっとオックウになる。
f0189467_00011239.jpg
 
しかもそのレストラン街ってのがショボくて・・(笑)。
シェムリアップのパブ・ストリートみたいなのを想像してたんだけど、数段ショボい。
ま、しょうがあんめぇ。バガンは田舎なのだ。

最初の晩に食ったのは「どこの国の料理もあります」的な、観光客向けレストラン。
この一帯、そういう店ばっかなのヨ。メニューの値段もけっこう高め。その中で
比較的安い「豆腐カレー」というのを選択。あと、もちろんビールね。
f0189467_00011212.jpg
 
ミャンマー風のヒン(油カレー)っていうより、インド風のドロリとしたカレー。
豆腐は生揚げっぽかったね。ビールと併せて5,000チャット。うーん・・量的には全然
大したことないのに値段は安くない。これまた典型的「観光地価格」。さすがにちょっと
物足りなかったけど、疲れてたから何も追加オーダーせず、部屋飲み用缶ビールだけ
買って帰った。350ml缶1本が1,500チャット、これも高くないか?
(ちなみに、その後行ったマンダレーでは500ml缶が1,050チャットだった)
f0189467_00015622.jpg
 
二日目は別のレストランに入ったけど、メニュー構成は似たようなもの。
さすがに栄養不足が心配になって、魚カレーに加えてオムレツを注文。豪華じゃないか。
この際ガッと卵食ってタンパク質を補給しよう。あと、もちろんビールね。
f0189467_00015696.jpg
 
魚カレーはまぁ普通に美味しかった。問題はオムレツだ。上の写真を見てくれ。
このオムライスの皮にしか見えないオムレツが3,000チャットもするんだぜ?
朝食ったモヒンガー6杯分。たっけぇ〜〜・・。

さらに魚カレー4,000、ビール2杯で1,600、しめて8,600チャット(約800円弱)。
ミャンマー滞在中一番高いメシ代だったと思うが、質・量ともにショボすぎるぞ。
この日も物足りなかったが追加で何か食うのはあきらめて(高いし)帰ることにした。
もちろん部屋飲み用の缶ビールは確保。また1本1,500チャット。うーん・・・

結局、このレストラン街は「値段は高いが味・量は大したことない」っていう、観光地に
ありがちな店ばっかり並んでるっぽい。しかしホテルから徒歩圏のメシ屋つうたら
ここしかないんだよ。
f0189467_00015672.jpg
 
ニャウンウーの市場周辺は多少賑やかだったけど、どんな飲食店があるかとなると・・
しかもホテルからあそこまで歩いたら、もっと遠いからなぁ・・結局このけしからぬ
「典型的観光地レストラン街」に来るしかないワケよ。屋台なんて全然ない。

というわけで、バガンでの外食は選択肢が少ない。田舎だからしょうがないんだが。
これならいっそホテルのレストランって手もアリかもよ?値段は高いかもしれないけど、
“オムライスの皮”よりはもう少しふっくらしたオムレツが出るんじゃないか?(笑)

やっぱ、こういう栄養不足のツケが出たんだろうなぁ、バンコクで・・(まだ言ってる)。

  

[PR]

by tohoiwanya | 2018-04-07 00:07 | 2017.08 ミャンマー・タイ旅行 | Comments(2)