2018年 05月 23日 ( 1 )


2018年 05月 23日

小豆島を歩く ①土渕海峡〜迷路の町

さて、小豆島の土庄港から徒歩で行ける観光スポットって、ドコなのか。

小豆島におけるトホ妻の希望は「寒霞渓に行く」だったが、これは徒歩じゃ絶対無理。
一方、イ課長はもっと小規模な徒歩観光を想定して、土庄港から歩いていけそうな近場の
見どころを数カ所抽出し、プリントアウトしておいた。だからまずそこに行こうではないか。

そのためにはまず土庄町役場のあたりまで行く必要がある。途中、明らかに地元民とおぼしき
おばさんに「あのー、土庄町役場ってこっちですか?」って聞いたら
コンビニを指さして「中の店員に聞いて下さい」って言われちまった。もしかすると
どしょうまちやくば」って言ったのがいけなかったのか?

まぁそれでも方向は間違ってなかったようで、15分ほど歩くと最初の目的地に着いた。
土庄町役場のすぐ裏っ手にあるその目的地、その名も土渕海峡。海峡っつうからには
海が狭くなったところなわけだが、この土渕海峡は「世界で最も狭い海峡」として
ギネスブックにも載ってるという、珍名所なのである。
f0189467_01393886.jpg
 
ちゃんとギネス認定って書いてある。
一番狭いところでは幅9.93mしかないそうで、神田川より狭い(笑)。しかしこれは
川ではなく、あくまでも海峡らしいんだよ。
f0189467_01393809.jpg
  
地図で見るとこうなる。海峡の左側は港につながってるから、確かに海だろうな。
右側はこの地図だと伝法川の河口部分につながってて、その先はやはり海。
ふーむ・・この土渕海峡の水は海水だろうから、やっぱ海峡ってことになるんだろう。
f0189467_13565444.jpg
  
というわけで、まずはギネスブック掲載名所を一つクリアし、次なる徒歩観光へ。
この土渕海峡からちょっと南に行くと「迷路のまち」と言われる一角がある。この辺はかつて
海賊から住民を守るため、あるいは海風から建物を守るためにワザと狭い道を複雑怪奇に
作ったそうで、今では「迷路のまち」として知られるようになってる。

一応ここが迷路のまちのベスト撮影ポイントらしい。
どの観光案内にも必ずここの写真が載ってる。後ろの五重塔みたいに見えるのは、
実は三重塔なんだけど、高台にあるから、この位置からだとうまい具合に写るのだ。
f0189467_01393821.jpg
 
しかし「迷路のまち」は、まぁいわば行きがけの駄賃みたいなもので、本来の目的は
もっと先にある。すでに土庄港を出発してからかなり歩いているが、我が2本の脚だけが頼りの
大消耗観光はまだ始まったばかりなのである。

 

[PR]

by tohoiwanya | 2018-05-23 00:02 | 国内出張・旅行 | Comments(0)