2018年 06月 13日 ( 1 )


2018年 06月 13日

バガンで泳ぐイ課長

イ課長はこれまで海外のホテルのプールで泳いだ経験って極めて少ない。
あまりに少ないから全部覚えている。ジャカルタと、サイパンと、バリ島だ。

サイパンは日航系のホテル、バリ島はアマン。
どちらも南国リゾートホテルだから、泳ぐのはある意味当然の成り行き。

唯一の例外がジャカルタで、出張で泊ったホテルのプール。
午後がイスラム教の重要なお祈りの日で、通訳さんがモスクに行く必要があった。
で、時間が空いたんでホテルのプール行ったわけ。海外のシティホテルの
プールで泳ぐなんて経験はあの時一回コッキリ。

さてだ。
今回の旅行では、人生で4回目の海外ホテルプール・スイムを敢行した。
場所はミャンマーのバガン。例の朝日鑑賞、寺院めぐりを終え、クタクタになって
ホテルに戻った後のことだったのである。

このホテルにはプールがあった(バガンにはわりとプール付きホテルが多い)。
万一?のためを思って海パンを荷物に入れておいたんだけど、この際それを着用して
プールで昼寝でもすっか。今日は4時起きだったし、さすがに少し休まんと。

というわけで、海パンはいて行ってみました。
時刻はまだ昼すぎ。みんな観光してる頃だ。たぶん誰もいないだろうと思ったら
やっぱり誰もいなかった。こんな感じの小さなプール。
f0189467_23295596.jpg
 
奥にタオルが置いてあるってことはこれを自由に使って、好きなイスに敷きなさい
ということだろう。使わせていただこうじゃないの。
f0189467_23302512.jpg
 
で、その巨大タオルを長椅子に敷いて自分の陣地を建設。
短パンとTシャツを脱ぎ、海パンいっちょうで陣地の写真を撮るワタシ。
f0189467_23302545.jpg
 
空は曇り空だけど、それでもやっぱりミャンマーは暑い。
泳ぐっていうより、体を冷やすためにプールに入る。で、水から出てしばらく寝っ転がってると、
たちまち身体の水滴が乾いて暑くなってくる。で、また水に入って冷やし、寝っ転がって・・
そんなことを繰り返した。水はけっこうキレイだったよ。
f0189467_23295586.jpg
  
いやーー・・この時は本当〜〜〜〜〜にしみじみとのんびりしたよ。
やや極端に言えば、ミャンマーに来て以来初めて「先の心配を忘れて、リラックス
できた時間」といえるかもしれない。

ヤンゴンに到着してからってもの、常にあれこれ計画立てたり心配したりしながら、
街歩きだの、冷凍夜行バスだの、ポッパ山登りだの、盛り沢山にいろいろやってきた。
今日も4時起きで朝日鑑賞&寺院見学という重要な観光予定だったが、それも無事終えた。
時間はまだ昼。バガンにもう1泊するから移動の心配も当面は不要。

旅の前半がキツいのは最初からわかってた。それを何とか夢中で駆け抜けてきたが
たまにはこうやって寝っ転がって、ヤシの木を眺める時間も必要だ。少し休もうぜ。
f0189467_23295680.jpg
   
結局、意識を失って眠るまではいかず、しばらく寝っ転がってたってだけだったから、
あまり休息にはならなかった。ミャンマーでのこういうムリがたたって、このあと自分が
バンコクで風邪をひく運命にあるとは、知るよしもないイ課長なのでありました。

 

[PR]

by tohoiwanya | 2018-06-13 00:05 | 2017.08 ミャンマー・タイ旅行 | Comments(0)