2018年 09月 03日 ( 1 )


2018年 09月 03日

マンダレーの右上のカドッコを目指す

さて、ではミャンマー観光の最後の大ネタ、マンダレー・ヒルいってみるか。

マンダレー到着日はいきなり郊外のアマラプラまで足を伸ばしてウーベイン橋まで往復。
二日目は船に乗ってミングォンを観光した。つまりマンダレーに滞在した最初の二日間は
実はマンダレー以外の、郊外観光が続いてたわけだ。

そして三日目。明日は飛行機乗るから、マンダレー観光できるのは今日が最後。
今日こそちゃんとマンダレー市内観光しよう。マンダレー・ヒル登頂を成し遂げよう。
ちゃんとそのつもりで予定しておいたのだ。

マンダレーの街って、ある意味大変わかりやすい構造で、四角い王宮と、
それを囲む堀がこんな感じで街の中心にドンとある。
f0189467_23320131.jpg
  
イ課長が見たいシュエナンドー僧院、マンダレー・ヒルへの登り口、その他モロモロの見どころが
正方形の堀の右上周辺にグチャッと固まってる。まずはこの「右上グチャッとエリア」まで
辿り着かねばならぬ(ちなみに、イ課長宿泊ホテルは正方形左下の位置にあたる)。
例によってピックアップ・トラックだ。朝だからか、すごく混んでた。
f0189467_16364776.jpg
 
この時も途中でピックアップがグルッと大回り・寄り道するから、てっきり乗り間違えたと
思ってガクゼンとしたが、とりあえず終点と思われるところで降りた。降りる時、車掌に
「マンダレーヒル?」って聞いたらうなずくから、たぶんここは右上あたりなんだろう。

とーころが、自分のいる位置が全ッ然わからない。
お堀の右上カドッコが見えればすぐわかるんだが、それが見えないとサッパリわからん。
白い仏塔群が見える。上の写真に書いた三つの「寺」のうち、二つは白い仏塔群で知られる。
その二つのドッチかだ。ガイドブックをみると、白い仏塔群があるのはサンダムニ・パゴダと
クトードォ・パゴダ。そのどっちか・・あてずっぽで土産物屋のおばさんに聞いてみた。
f0189467_16374494.jpg
 
「あー・・クトードーパゴダ??」
ノー!サンダムニ!132.png132.png

怒られた(笑)。なるほど、自分はいまサンダムニ・パゴダの近くにいると。
ほんじゃま、とりあえずこのサンダムニ・パゴダから「右上ゾーン」の観光を始めるか。

ここはとにかく白い仏塔がワンサカあるのだ。だから写真地図だと白い四角に見える。
しかしさっきも言ったように白い仏塔がワンサカあるのは隣りのクトードー・パゴダも同じ。
f0189467_16414906.jpg
 
仏塔の中には巨大な石版があり、そこに仏典が彫られているらしい。
しかし、恐ろしいことに「巨大石版」があるのも隣りのクトードー・パゴダと同じなのだ。
どっちも白い仏塔ギッシリ、巨大石版ズラリ。空撮写真だとどっちも白く見える。
イ課長に区別がつくわけがない。
f0189467_16414920.jpg
 
この巨大仏典、「世界で最も巨大な書物」としてギネスブックに乗ってるんだとか。
しかし載ってるのはクトードー・パゴダか、サンダムニ・パゴダか、それとも両方か、
それもイ課長にはわからない・・つうか、区別がつかない(笑)。
f0189467_16424377.jpg
 
いやー・・南国の日差しに輝く白い仏塔がまぶしい。早くも汗ダクダクだ。
しかし「右上グチャッとエリア」の観光はまだ始まったばかり。次はいよいよ前から見たかった
シュエナンドー僧院だ。暑さがなんだ。さぁ行くぞ。

 

[PR]

by tohoiwanya | 2018-09-03 00:06 | 2017.08 ミャンマー・タイ旅行 | Comments(0)