2018年 09月 05日 ( 1 )


2018年 09月 05日

シュエナンドー僧院はすごかった

サンダムニ・パゴダから、近隣のお寺はトバしてお目当てのシュエナンドー僧院だ。

サンダムニがココだとすると、シュエナンドーはこっちの方向・・それはわかった。
しかしクソ暑い中、道を間違えたくないので、こまめに人に聞いて確認。
「シュエナンドー?」⇒相手が指さした方向に歩く。不安になると、またソコにいる人に
「シュエナンドー?」⇒指さしてくれた方向に歩く・・曲がり角や十字路のたびに
コレを繰り返す。ミャンマーの人は旅人に親切なのだ。

ほら着いた。シュエナンドー僧院。ばっちりじゃん。ミャンマーの人うそつかない。
f0189467_12250358.jpg
 
ここはマンダレーでぜひ見たかったんだよ。
マンダレーがコンバウン王朝の都だった時代の建物で、元々は王宮の中にあったらしい。
それをナントカ王が王宮外に移築。これが幸いした。王宮は戦火で焼けちゃったけど
この僧院はオリジナルのまま残った。ミャンマーじゃわりと珍しい純木造建築。
f0189467_12250314.jpg
 
とにかくその木造の装飾&彫刻がスゴそうだから、実物を見たかったのだ。
いまイ課長はその実物の前にいるんですねー。さぁ見てやる、ぐふ、ぐふふ・・・。

うーーわーーー・・・離れて見た時は細かいギザギザにしか見えなかったけど、
近づくにつれ、その装飾の精緻さ対する驚きが大きくなっていく。
f0189467_12250362.jpg
 
こ・・こりゃすげぇ・・シュエナンドー僧院っていうと外観全体写真が多いんだけど
近くからアップで見るとこんなにすげぇんだ・・・。
f0189467_12253364.jpg
 
さらに近づいてアップで。こうやって一個単位で見てもけっこう細かい彫り物。
こういうのがこの僧院だけで星の数ほどあるんだからすごい。
f0189467_12253335.jpg
 
f0189467_12273548.jpg
 
いやもうただただ見とれる。すごいよここは。まさに木彫による小宇宙をさまよう気分。
こりゃあああ素晴らしい。

中も見てみよう。日陰で少し涼しい。
ふーーむ・・柱がニョキニョキある。これ、古びた金属っぽく見えるけど、おそらく
木像の柱に金箔を貼って、それがハゲてこんな感じになったんじゃないかな?
f0189467_12253207.jpg
 
こういう細工もそうだ。おそらく金箔ハゲ状態の木彫装飾だろう。
f0189467_12273545.jpg
 
中には一応ご本尊とおぼしき大仏様も鎮座してた。しかし大したことはない(笑)。
やっぱこの僧院の素晴らしさは外観だ。お日様カンカンで暑いけど、再び外に出て
木彫小宇宙に見とれる。いやーシュエナンドー僧院は期待以上にスゴいぜ。
f0189467_12301139.jpg
f0189467_12273562.jpg
 
シュエナンドー僧院は期待通りの素晴らしさで、つい長居して写真を撮り続けたくなる。
しかし「マンダレー右上カドッコ観光」はまだまだ続く。最後は難関のマンダレーヒル
登頂という大勝負も控えておる。名残惜しいがそろそろ移動するか。いやー・・もう
暑くて滝汗ダクダク状態だぜ。生ぬるくなった水をグビリと飲んで、次行くぞ次。
 
 

[PR]

by tohoiwanya | 2018-09-05 00:05 | 2017.08 ミャンマー・タイ旅行 | Comments(0)