人気ブログランキング |

2019年 01月 27日 ( 1 )


2019年 01月 27日

尾道という町

尾道というところはとにかく「坂の町」として知られている。
地図を見れば一目瞭然で、尾道水道から山の間の、ごくわずかの細〜い平地に
形成された町なのである。海からすぐ山だから、必然的に坂が多くなる。

昔、出張で静岡市の不動産屋に話を聞いた時、「静岡市は周囲が山で囲まれてて
平地が少ないから土地価格が高い」って話を聞いたことがあったけど、尾道の
狭さは静岡の比ではない。海側から線路を越えるとアッという間に登り坂。
f0189467_18072451.jpg
 
その狭〜い斜面を縦横無尽に狭い路地やら坂道やら階段やらがあるわけだから、
道に迷いやすいという人もいる。情緒あふれる坂の町で、楽しく道に迷うのが
尾道の楽しさなのだ、みたいなことを書いた記事も読んだ。

でもね、イ課長が思うに、尾道で本格的に道に迷うことはまずないよ。

線路から北の斜面は確かに路地が入り組んでてわかりづらい。
しかし尾道において「上の方=北、下の方=南=海ガワ」という法則は
絶対的なのである。坂があれば必然的に東西南北は瞬時に把握できる。
斜面からは常に海(尾道水道)が見えるしね。
f0189467_18135430.jpg
 
こういう地形の町だから、線路より海側にはヨコ(東西)に走る幹線道路があるけど、
南北に走る道路は元々極めて少ない。ましてや、山陽線の線路の北なんてもう路地と階段だけ。
車もバイクもゼロ、信号もない。のどかな散歩にはぴったりだ。
f0189467_18135419.jpg
 
・・とは言っても、坂と階段の多さは、それはもうスゴい。
坂の上り下りが出来ないために尾道の“高いところ”に高齢者が住めなくなり、
過疎が進んでいるなんて話も読んだけど、確かにこの坂と階段じゃなぁ・・。
時にはこんな“階段の交差点”もあるのだ。みなさん、尾道に行きたいんだったら
足腰が丈夫なうちに行っておきましょうね。
f0189467_18072410.jpg
 
そんな狭い傾斜した路地で、エンジン付き手押し車みたいなものを見かけた。
何だろうと思ったけど、あれ、ゴミの収集みたいだ。普通のゴミ収集車が
入れないから、こんな特殊専用車両を使ってんだな。尾道すげー。
f0189467_18073166.jpg
 
さてだ、かくのごとく坂の多い町・尾道観光の初っ端は尾道駅の北側にある、
有名な物件から始めようではないか。ところが尾道駅が建て替え中で(もうすぐ完成)、
駅の反対側に行くにはぐるーっと遠回りして踏切を超えないといけない。
映画「転校生」に出てきた尾道駅舎は残念ながらもうなくなってた。

さて、ここが最初のお目当て物件「ガウディハウス」。正式には旧和泉家別邸。
ガウディが建てたかの如き、異様な外観からこういうあだ名がついたと思われる。
まぁ確かに、実際スゴい建物だよコレは。
f0189467_18073107.jpg
 
どういう構造の家なのか、外観じゃわからん。そのくらい複雑怪奇。
たぶん2階建てみたいに見えるけど、1階部分の北側は坂道でほぼふさがってる(笑)。
すごいねこれ・・。

このガウディハウス。尾道空き家再生プロジェクトというNPO活動の重要な
成果らしい。しかも国の登録有形文化財。しかも駅のすぐ裏。尾道めぐりのスタート
にはぴったりの物件ですな。しかし、このあとまだまだあるっすよ。
 
 


by tohoiwanya | 2019-01-27 00:05 | 国内出張・旅行 | Comments(2)