人気ブログランキング |

2019年 02月 02日 ( 1 )


2019年 02月 02日

尾道寺めぐり その3+映画ヲタクの旅 その1【転校生編】

1月末付けで定年退職、2月1日付けで常勤嘱託社員になったイ課長ですこんばんわ。
おまけに2月の海外出張も控え、ちょいと消耗しております。しかしもう今となっては
仕事や会社は終活期(笑)。それより尾道紀行を続けましょうね。

このあたりから徐々に記事の標題が複雑になる。
尾道は寺めぐりだけでも見どころは多いけど、有名な映画のロケ地もまた多い。
映画ファンには見どころがさらに増えるから、こういうことになるのだ。

【艮神社】(うしとらじんじゃ)
前回記事の写真でお見せしたように、ここはロープウェイの山麓駅に接してる。
f0189467_00075839.jpg
 
神社だから「寺めぐり」という標題に反するが、固いことは言わないでほしい。
ここは大林監督の「時をかける少女」の重要なロケ地らしいんだけど、イ課長は
「時かけ」は見てないので、ここは軽く見学しましょう。わんこがいるね。
f0189467_13424945.jpg
 
艮神社は尾道で一番古い神社らしい。調べてみたら建立は806年。
つまり約1200年前に建てられたことになる。そりゃーー古い。もちろん、今ある
本殿はもっと後年に建てられたものだろうが。

この巨大クスノキがすごかった。推定樹齢約900年。広島県指定の天然記念物。
まさにご神木にふさわしい偉容。とても写真に収まりきらない。
f0189467_13424939.jpg
 
【喫茶 こもん】
この辺から映画「転校生」ネタが登場しはじめる。
まずロープウェイ駅のほぼ真ん前にあるこもんという喫茶店。こんなお店。
f0189467_13440243.jpg
 
ここは「転校生」で、男女入れ替わった二人が水着を買いに行く時に寄る店なのである。
この時は外観だけ見たけど、あとで戻ってきた時に、中に入ってお茶を飲んだ。
ワッフルが有名な店だそうで、トホ妻はワッフルのセットを注文。イ課長はコーヒー単品。
一切れ食ってから写真を撮ったので美しくないが(笑)。
f0189467_13440289.jpg
 
【山陽本線 信行寺下踏切】
こもんから再び西に戻る。足の負担を減らすため、平坦な国道2号線を歩くことにした。
この辺は斜面から下りてきた階段が線路にぶち当たって踏切になり、そのまま国道に
つながるっていう構造の場所が多いんだけど、その中でもこの踏切は映画「転校生」を
ご覧になった方にはちょっと特別な場所。
f0189467_13440269.jpg
 
映画の最初の方で、画面がモノクロからカラーに変わる時、小林聡美がたたずんでた
あの踏切がここなのである。大林監督の生家もどこかの踏切の近くだったはずで、
彼にとって階段を下りた所にある山陽本線の踏切という構図は原体験そのものなんだろうな。
うーむ・・尾道はどこを見ても情緒があるのう。

寺めぐりと映画ロケ地めぐりが重なって、尾道紀行、盛り上がってまいりました。
次回はちょっと趣向を変えて志賀直哉と林芙美子の足跡をたどる、文学散歩ということに
なる予定なのである。

 


by tohoiwanya | 2019-02-02 00:04 | 国内出張・旅行 | Comments(4)