人気ブログランキング |

2019年 03月 04日 ( 1 )


2019年 03月 04日

今回の北陸出張で初めて知ったこと

本日の記事はいささか鉄道マニアっぽい内容なんだけど、ご存知ない方は
知っておいて損はない話なので、書いておきたい。

先週金曜日に行った北陸出張の目的地は金沢だった。
f0189467_23514399.jpg
 
まず北陸新幹線で東京ー埼玉ー群馬ー長野ー新潟ー富山と通って金沢へ。
仕事が済んだら北陸本線+東海道線で石川ー福井ー滋賀ー岐阜と通って名古屋へ。
後半は週末のアソビね(笑)。名古屋からは東海道新幹線で戻ってきたから、
本州中央部を二日間で走りまわった感じになる。
f0189467_09582450.jpg
 
問題は仕事が終わったあとの金沢ー名古屋のJRだ。
仕事が終わるのはたぶん18時頃。18:53発の特急しらさぎ名古屋行がいいだろう。
それなら乗り換えナシで名古屋到着が21:54。寿司でも食いながら3時間の旅。
料金は乗車券が4,330円で、指定席特急券が2,900円。合わせて7,330円。
f0189467_10065731.jpg
 
だがしかし、だ。
米原でひかりに乗り換えると名古屋着は21:23。30分も早い。
でも短い区間とはいえ新幹線は高いしなぁ・・と思って料金を調べてみると、
米原ー名古屋間を自由席にすれば7,500円。え?しらさぎと170円しか違わないの?
f0189467_23514349.jpg
 
へー・・あんまり料金差ないんだ。
米原ー名古屋間なんてひかりなら19分。自由席でよしんば座れなくたって
(実際には余裕で座れたが)大したことない。それならっていうんで新幹線にした。

しらさぎだったら米原ー名古屋間も金沢からの“通し”で指定席に座る。
一方ひかりは自由席。そのせいで料金差が少ないんだろうと思っていた。
f0189467_10065755.jpg
 
しかしここに大いなる秘密があったのだ。
金沢で教えてもらって驚いた。このトシまで全く知らなかったぜ。

在来線特急から新幹線に乗り継ぐと、在来線の特急料金は半額に割引される
何でだか知らないけど、そういう乗り継ぎ割引規定がJRにはあるのだ。

上のケースでいうと、特急しらさぎの金沢ー米原間の特急料金2,680円が
新幹線に乗り継ぐことで1,340円に。この割引は大きい。ます&ぶり寿司+ビール2本と
同じくらいだ。30分早く着いても料金差が170円しかなかったのはこの割引のせい。
f0189467_23515021.jpg
 
知ってた?無知で有名なイ課長はこのトシまで全く知らんかった。

これまで北陸出張で新幹線としらさぎの乗り継ぎって何度かやったことがある。
その時は全然気にしてなかったけど、実は同じ割引が適用されてたんだな。
今回たまたま「しらさぎ通し」と「ひかり乗り換え」を比較したことで、
これまで気付かずにいた割引制度を知った。

在来線特急と新幹線の乗り継ぎってそこらじゅうで出来るわけではない。
でも北陸方面からしらさぎで名古屋に、あるいはサンダーバードで大阪に
行くなんて場合は途中で新幹線に乗り継ぐとおトク。
f0189467_10070503.jpg
 
この割引のおかげで、170円多く払うだけでイ課長はしらさぎより30分早く
名古屋に着き、30分早くホテルにチェックインし、30分早く世界の山ちゃんの
手羽先にありつけたというわけでございました。めでたしめでたし。

  

by tohoiwanya | 2019-03-04 00:02 | 国内出張・旅行 | Comments(2)