人気ブログランキング |

2019年 05月 08日 ( 1 )


2019年 05月 08日

鞆の浦に行ってみよう

スコータイの続き・・とも思ったが、やっぱこっちだ。
もう忘れてたと思うけど、まだあるんだよ(笑)。行ったのは1月の冬だったのに、
世間はクールビズになっちまった。

2泊3日の還暦記念旅行。初日は尾道の寺めぐり、二日目はしまなみ海道を
コギまくったわけだが、最後の日、すなわち東京に帰る日はどうしようか?

帰りは福山から「のぞみ」で帰るのがいい。
じゃ、福山でどこか・・となれば、やっぱ鞆の浦だろうなぁということになった。
古い日本家屋がたくさん残る、情緒あふれる小さな港町みたいで、ここもまた
いろんな映画のロケ地になってるらしい(ただしイ課長が見た映画はない)。

尾道からまず福山に電車で移動、バスで鞆の浦を見て、福山に戻ってきて、あとは
新幹線でスッと帰る。最後の日のプランはこうなったのである。

日曜の朝だけど、尾道駅にはそれなりに人がいた。ここってホームのベンチが
「電車型」の配置になってるんだね。
f0189467_00393670.jpg
 
尾道から福山は山陽本線で20分強。福山って大きな街なんだねぇ。
空は雨模様だけど、今日は別に自転車乗るわけでもないし、「小雨そぼ降る鞆の浦」も
それなりに情緒あるだろう。そういう点では気楽。
f0189467_00392617.jpg
 
福山から鞆の浦まではバス。さぞかし本数の少ない田舎バス路線かと思いきや、
大体20分ごとにあるからそれほど待つ必要はない。乗ってる時間は30分くらい。
f0189467_00392625.jpg
 
はーい着きました鞆の浦。もちろん初めて来る。こういう感じのトコなんだ。
f0189467_00414288.jpg
 
これが常夜燈。海っぺりにあるということは、一種の灯台機能を持ってるんだろうな。
この常夜燈が鞆の浦で一番有名な撮影スポットといえるはず。
f0189467_00423626.jpg
 
しかし鞆の浦の町は他にも写真を撮りたくなる家並みや路地がいっぱいある。
f0189467_00414297.jpg
  
うーん・・雨に濡れた石畳って、ええのう。
f0189467_00414240.jpg
  
鞆の浦では「あそこと、ここと・・」くらいで、ご大層な観光計画はなかった。
というか、小さな町だからそんなに勇壮な観光はできない(笑)。それでも鞆の浦の
「見どころ」はいくつか回ったから、ぼちぼちご紹介していきましょう。

 


by tohoiwanya | 2019-05-08 00:03 | 国内出張・旅行 | Comments(5)