人気ブログランキング |

2019年 06月 28日 ( 1 )


2019年 06月 28日

東南アジアのパン食文化を検証する その2

ベトナム、ラオス、カンボジアと違い、ミャンマーを植民地にしてたのは
食い物のマズさで有名な英国。だからこそミャンマーはトースト文化圏であると
考えられるわけだが、パンに関してだけ言えばミャンマーもフランスの植民地に
なってた方が・・いや何でもない。

さて、まずヤンゴンのホテル朝食を見てみると・・。
f0189467_01121266.jpg
 
トーストだ。うん、確かにこういう朝メシ食ったよ。写真見ると思い出す。
ということは、予想通りミャンマーのパンは「英国風トースト文化圏」であると
考えられるが、念のためにバガンのホテルも見てみよう。
f0189467_01111499.jpg
 
およよ?クロワッサン?おフランス風ではないか。
うーん・・これも、トーストを焼いてバターやジャム塗るのが面倒で、たまたま
クロワッサンを選んだという可能性はあるが・・・今のところ英仏パン比率は
1対1。最後のマンダレーのホテル朝食で決着をつけようではないか。
f0189467_14271595.jpg
 
だぁ〜〜・・そうだ。マンダレーのホテルじゃ朝メシは毎回お粥食ったんだ。
パンがどうだったのか不明。検証データとして使えぬ。ばかもの。

とりあえず、あの本で書かれてたように、ミャンマーには英国風トースト文化が
存在していることは間違いない。ベトナムやラオスの「フランスパンほぼ一辺倒」
ぶりに比べると、若干幅がありそうだけどね。クロワッサンもなんかもあったし。
ま、事例自体も少なすぎだが。

まぁいい。最後タイいってみようタイ。
英仏どちらの植民地にもならなかったタイのホテル朝食パンは果たして
英国派か、それともフランス派か。

バンコクだと朝食なしホテルってことも時々あって、パンが写ったホテル朝食の
写真は三つ。まず2013年のバンコクのホテル。
f0189467_17483516.jpg
 
・・・トーストだ。
次は、まだホテル評価を書いてないけど、去年泊ったバンコク、ホイクワンのホテル。
ここは毎日違う朝食メニューにしたんだけど、その1日目。
f0189467_16280288.jpg
 
・・・やっぱりトースト。
最後は、ついこないだ書いたスコータイのホテル。例の割れた薄いトースト。
f0189467_22091475.jpg
 
これらの事例から導き出される結論は?
英仏植民地の間にはさまれ、緩衝地帯としてドッチの植民地にもならずに済んだタイ。
パン文化に関してはどうやら英国の影響をうけた「トースト文化圏」のようであると、
そういう結論になる。

東南アジアではもう1カ国、シンガポール出張した時のホテル朝食を調べてみた。
シンガポールは英国植民地。やはりトースト文化圏のはずだが、写真見るとイ課長は
ぶどうパンなんか食ってやがって、これまたデータとしては役に立たん。

イ課長ブログはずっと「その旅行・その出張」ごとにまとめてカテゴリ分けしてる。
でも興味深い比較ネタがあれば、今回みたいに過去をホジクリだしてカテゴリ横断的に
比較するって企画も面白いかもな。大昔にアップした写真をエキサイトのサーバーから
探し出すのはけっこう面倒なんだが・・・。

 


by tohoiwanya | 2019-06-28 00:13 | 出張・旅行あれこれ | Comments(2)