人気ブログランキング |

2019年 07月 08日 ( 1 )


2019年 07月 08日

ワット・パクナムというところ

さて、ワット・パクナムの中に入ってみよう。
ここは複層階構造になってて、下層階である2~3階あたりはやたらに金ピカ仏像が
トコロ狭しと展示されてる。しかしそんなのはもはや東南アジアじゃ見慣れた光景。

(たしか)4階も相変わらず金の仏像ばっか・・おッ!!遊行仏さんではないか!!
イ課長はスコータイですっかり遊行仏のファンになっちゃったんです。こんなところで
お目にかかれるとは思いませんでした。他の仏像にはロクに見もしないくせに、
遊行仏だけはエコヒイキして写真撮っちゃうのです。ファンだから当然なのです。
f0189467_17122869.jpg
 
そして最上階がお目当てのコレ。イ課長が思うに、おそらく仏教的宇宙観みたいなのを
表現した空間なのであろう。円形ドーム状になってるから、ぐるぐる回っていろんな角度で
写真撮っても、結局同じような写真にしかならない(笑)。
f0189467_09593494.jpg
 
ドームの周囲には非常に細密に描かれたホトケ様がずらーッと並んでる。
褪色した様子がないし、最近描かれたものであることは間違いない。
f0189467_17155049.jpg
 
今やバンコクでも屈指の「SNS映えスポット」だけあって、カメラを持った参拝客で
いっぱいだ。まぁここは確かに写真を撮りたくなるよなぁ。真ん中にある緑色の仏塔は
このドームがある建物をそのままミニチュア化してるんだと思う。
f0189467_17155191.jpg
 
せっかくだからイ課長もセルフ撮りを一枚。ブログ映えしてる?(笑)
f0189467_17155169.jpg
 
最後に地下(1階?)の展示室を見た。ここが意外と面白い。
どう面白いかというと、展示品の脈絡のなさがスゴいからだ。いきなり真っ白な
クラシックカーがドンと置いてあるかと思うと・・
f0189467_17143067.jpg
 
・・・ツボコーナーもある。ツボと車の関係は何なのか。
f0189467_17145132.jpg
 
古めかしいテレビやOA機器を集めたコーナーも。うーーーむ・・わ、わからぬ。
このフロアの展示物はぜんぶこんな感じ。コンセプト不明、脈絡不明。それだけに
とりあえず意外性だけはある展示だった(笑)。
f0189467_17143009.jpg
 
ワット・パクナム、こういうところなわけですよ。
まぁ最上階のアソコで写真を撮る以外には特に見るべきモノがあるわけじゃない。
バンコク観光の王道からは大きくハズれた場所であることは間違いないが、
「ちょっと変わったところに行きたい」というニーズは十分満たしてくれる。

それに、ワット・パクナムに来るともう一つオマケがつくのだ。
ここに来る前に川を渡ったでしょ?川の向こう側にもお寺があると書いた。
ワット・クンチャンっていうお寺らしいんだけど、これがまたかなりの珍寺。

どうせ帰りはそこを通らないと帰れないんだから、ワット・パクナムに来た人は
労せずしてもう一つ珍寺体験ができる。そして、その体験はブログネタになる。

というわけで、次回はワット・クンチャンをご紹介だ。
ブログネタ発掘効率という点ではなかなかイイ所だ、ワット・パクナムは。

 


by tohoiwanya | 2019-07-08 00:48 | 2018.08 タイ旅行 | Comments(2)