人気ブログランキング |

2019年 10月 18日 ( 1 )


2019年 10月 18日

パクセー⇒ウボン 国境越えバス その2

パクセー⇒ウボンのバスで国境を越える際にまず言っていくべきこと。それは
大きな荷物はバスの中に置きっぱなしだということ。ちょっと意外。カンボジアから
タイに入る時はゴロゴロひきずってったけど、ここはいいんだ。従って、リュックだけ
背負って他の乗客と一緒にラオスのイミグレへ。この茶髪のお姉さんは現地の人で、
目立つし、国境越えに慣れてるっぽかったから、このお姉さんを目印にした。
f0189467_17183832.jpg
 
幸い窓口はすいてて、出国スタンプはわりとすぐもらえた。昔はここで出国税を
何万キープか取られたって話もあるけど、そんなこともなし。これでラオス出国は
済んだことになる。

個人的に一番まごついたのはこの次だ。
イミグレ窓口から道路に出て他の乗客の後を・・あれ?いない?どこ消えた?
あの茶髪姉さん、もうずっと先の方行っちゃったわけ?おたおた・・。

いた!えええ?茶髪姉さんあんなトコに!道路じゃなく、ワキにある駐車場みたいな
広場を突っ切ってる。あんなトコに入口があんの?こりゃ驚いた。イ課長一人だけだったら
間違いなく道路をまっすぐ進んでたよ(それでも行けるんだとは思うが)。
f0189467_17204242.jpg
 
するとこういう看板が。なるほど。確かにここがタイへの入口みたいだ。
おそろしく威厳のない、ボロッちい入口だこと。
f0189467_17213037.jpg
 
・・と思ったら下り階段。紆余曲折が多い国境だなー、ここは。
f0189467_17213073.jpg
 
そしてナゾの地下道。真ん中にサクがあるってことは、タイ入国者はこっちを通り、
ラオス入国者はあっち側を通るってことだろう。しかしこのサク、小柄な人だったら
簡単に抜けられちゃいそうだけどなぁ?
f0189467_17220588.jpg
 
地上に出るとイミグレがある。やれやれ。ここもすいてたけど、イ課長のパスポートを見た
女性係員がやたら時間をかけてチェックして、隣のブースの係員に「日本のパスポートは
ホニャララだっけぇ?」なんて聞いてやがる(イープン=日本ってとこだけわかった)。
もったいぶらねぇでトットとハンコ押せ!くぬやろう。
f0189467_17220590.jpg
 
ようやくスタンプ押してもらい、イミグレを出ると向こうでバスが待機してた。
あれ?イ課長の荷物出してナニしてんの??
f0189467_17233513.jpg
 
でっぷりドライバーが「エックスレイ!エックスレイ!」と言う。ははぁ、X線検査っすか。
しょうがないんで自分のゴロゴロを転がして別の建物へ。X線検査もすいてて、すぐ済んだ。

これでもうない?タイ入国完了?はぁーー・・やれやれ。
たぶんバスを降りてから20分くらいで済んだはずだけど、何せここは麻薬犬?や国境警備兵?も
カッポする国境。こっちは初めてで勝手がわからないし、無事越えるまでは不安だよね。
f0189467_17233531.jpg
 
やがてバスはウボンに向け再出発。
ラオスでは右側通行だったけど、タイに入ると左側通行になる。それにしてもまぁ、
タイに入ると道路状況がこんなに良くなるんだ。
f0189467_17251133.jpg
  
ウボンのバスターミナルに着いたのがちょうど11時半くらいだったと思う。
8時半出発で所要3時間くらいって聞いたけど、実際その通り。3時間のうち、
国境越えの停車時間が30分くらいだったかな。
f0189467_17251102.jpg
 
それにしても何て立派なバスターミナル。3時間前までいたパクセーのターミナルとの
格差にクラクラしちゃうぜ。ウボンって大きな町なんだねぇ。 
f0189467_17254439.jpg
  
こうしてタイに入ると何かホッとするよ。何だカンだ言って、東南アジアの中じゃ
ダントツで慣れてるからね。欧州で他の国からドイツに入った時の気分に似てる。
ナニはともあれ無事国境通過おめでとう。長旅お疲れ様だったな、自分。

 


by tohoiwanya | 2019-10-18 23:06 | 2019.08 ラオス・タイ旅行 | Comments(4)