人気ブログランキング |

2019年 10月 28日 ( 1 )


2019年 10月 28日

タイ国鉄の旅・遅延対策ガイド

タイ国鉄はよく遅れる。10分程度の遅延なら遅れのうちに入らないみたいで、
1時間、2時間の遅れなんていうのも日常茶飯事。そういう交通機関を利用する前提で
旅の予定を決めていく作業は骨が折れた。

それでも前々回書いたように、ウボン→スリン間は良かった。
乗る列車がハッキリしてるから切符はネット予約できたし、定刻通り発車したし、
スリン着も5分程度の遅れで、タイ的世界観でいえばこれは十分定刻通りだろう。
f0189467_16151864.jpg
  
だが二日後のスリン→ナコンラチャシマ間は甘くなかった。9時39分発予定が約1時間の遅れ。
ま、しょうがない。それにこの時は3等車指定席の切符が当日買えて、座れたからまだいいの。

そのまた二日後に乗ったのはナコンラチャシマ(タノンチラ駅)→ケンコーイ間。
これが一番スゴかった。列車番号72っていう急行で、本来は9時58分発にタノンチラ駅を
発車する予定だったわけだが・・。
f0189467_16062491.jpg
 
列車が来たのは11時半(笑)。約90分の遅れ。72番~〜・・やってくれるじゃねぇか・・。
おまけにこの時は指定席は売り切れ。自由席は当然座れない(幸い、座らせてもらえたが)。
しかしタイ国鉄の旅で、このくらいでメゲていては身が持たない。

こういう大遅延の時に役立つのがタイ国鉄ご自慢(なのかな?)の列車追跡システムだ。
これはたいへん優れもので、すごく役に立った。
f0189467_16040624.jpg
 
これって要するに「いまタイ中を走ってる列車全て」を追跡できるシステムで、列車番号で
検索できる。ためしにやってみると、ほら、列車番号72の急行は現在92分の遅れだとわかる。
遅延状況はもちろん、この後の駅の予想到着時刻とかもわかるのだ。スマホならもちろん、
イ課長みたいな「ガラホ」でもちゃんと見られる。
f0189467_16040685.jpg
 
このシステムで確認すれば「あ、いま90分遅れなら駅にはゆっくり行きゃいいや」みたいな
調整が可能になる。実際、時間通りであればタノンチラ駅に列車が到着すべき時刻に
イ課長はまだホテルにいたからね。この追跡システムはタイ国鉄の旅には必携だと思う。

イーサーン鉄道の旅の最後を飾るのはケンコーイ→バンコク(バーン・スー駅)区間。
昨日と同じ列車番号72で、本来なら12時28分に駅を出発するはずだ。しかし72番といやぁ
昨日は1時間半遅れた札付き列車(笑)。どうせ今日も・・と思って朝確認してみると・・
f0189467_16041949.jpg
 
おっ?72番、朝の段階じゃたったの9分遅れ。今日はなかなか優秀じゃねぇか。
これならケンコーイに着く頃になっても昨日ほどの遅れはないだろうと期待できる。
それなら予定通り駅に行って待ってりゃいいかな。

・・てな具合に、先の予定を考える時すごく役立つんだよ、この列車追跡システムは。
タイ国鉄で旅をしようという方は、ぜひタイ国鉄Webサイトのここをブックマークして
おきましょう。遅延常習犯のタイ国鉄を乗りこなす上で、超お役立ち間違いなし。

オンボロでよく遅れるくせに、局所的にはやたら優れたシステムもあるタイ国鉄。
それでも切符が事前ネット予約できて、現地では列車追跡システムが使えるなら
ガイジン旅行者にとって利用上のストレスはずいぶん軽い方じゃないかと思うよ。
これで定時運行率がもっと高くなりゃ言うことないんだけどなぁ、タイ国鉄。

 


by tohoiwanya | 2019-10-28 00:08 | 2019.08 ラオス・タイ旅行 | Comments(4)