人気ブログランキング |

2019年 12月 16日 ( 1 )


2019年 12月 16日

ぼたんの夜

トホ妻とイ課長の29回目の結婚記念日というのが先日あった。
そこで神田須田町の鳥すきやき「ぼたん」での会食ということにしたのである。

来年春にはイ課長も退職してシゴトから引退。
神田のサラリーマンとしては最後の結婚記念日ってことになるから、ここは一つ
会社近くの名店で、ということにしたわけ。この店のことは昔書いたこの記事でも
触れてる。東京都選定歴史的建造物。前を通ったことは何度もあるけど入るのは初めて。

まず何に感動するって、入口に下足番のオジサンがいることだ。
下足番なんて明治時代の寄席にはあったが21世紀のコンニチじゃついぞ見たことがない。
ちなみに、ぼたんの創業は明治30年。

こんな座敷に通されて小さいテーブルが二つと座布団。さすが歴史的建造物。
ちなみに火も炭火。ガスじゃないの。だから火加減の調節はできない。
ぼたんの夜_f0189467_22380176.jpg
 
食卓はこんな感じ。具は大皿が二人分で3皿。今はひと皿目を煮て、残り2皿ある状態。
具はシンプルに鳥肉各種とつくね、それ以外はシラタキとネギと焼き豆腐。割下はやや濃いめで、
火加減が調節できないから薄い色の水で調整(割下を少量入れた水らしい)。
ぼたんの夜_f0189467_22390358.jpg
 
煮えたら生卵で食うわけだ。鳥すきやきとして予想された通りで意外性はないけど
これが確かにうまい。ハフハフいいながらむさぼり食ってしまった。還暦過ぎ夫婦には
もう十分な量だよ。
ぼたんの夜_f0189467_22403683.jpg
 
しかしまだまだ。腹がふくれたところで最後にご飯が出るんだけど、これがお楽しみ。
「ツユかけで召し上がりますか?それとも卵とじで?」と聞かれたから卵とじを所望。
シラタキや鶏肉なんかが少し残った鍋に卵を2個入れて、ほどよく固まったところで
ご飯に載せる。

そうすると、こういう感じの少量親子丼になるわけですよ。これが美味しい。
鍋物の最後の楽しみはうどんかオジヤってのが定番だけど、鳥すきやき最後の楽しみは
なんといってもこの親子丼なのである。
ぼたんの夜_f0189467_22361894.jpg
 
この親子丼がとにかく美味しくて、腹一杯だったけどご飯お代わりしてしまった。
いやーごちそうさまでした。おなかいっぱーーい。
ぼたんの夜_f0189467_22361529.jpg
 
こうしてトホ妻&イ課長29回目の結婚記念日は無事暮れていった・・・と思ったら、
ウチ帰ったイ課長はここんとこずっと痛かった腰痛が悪化し、夜はシップ薬貼り貼り。
翌日は週末のジム通いを休むハメに。

ま、還暦過ぎ夫婦ともなると、結婚記念日もこんな感じになるわけですよ・・。

 


by tohoiwanya | 2019-12-16 00:05 | 日本での私生活 | Comments(2)