カテゴリ:国内出張・旅行( 88 )


2019年 01月 17日

還暦記念旅行 Part2

昨年4月、トホ妻と高松に旅行に行った。
こんぴら歌舞伎見たり、小豆島行ったり、吉備津神社に行ったりと、
なかなか忙しい旅であった。

その旅行の直後、トホ妻は還暦の誕生日を迎えた訳で、別にそういう理由で
行ったわけでもないけど、あれがトホ妻還暦記念旅行みたいなことになった。
f0189467_12181222.jpg
 
さて。
もうすぐイ課長の誕生日になる。トホ妻に約9ヶ月遅れての還暦到達である。
トホ妻の時やったんだから、イ課長の時も記念旅行しようということになった。
(というか、イ課長がそう主張した(笑))

で、本日の夜、出発するのである。

いま会社でこれを書いてるけど、そのまま家に帰らず、出発。
従って、本日は靴もいつものビジネスシューズではなく、カバンも
ショルダーではなくリュックで出社した。いろいろ大変なのである。

前回同様、往路は夜行バス。当然、行き先は国内。
明日は会社を休んで2泊3日、日曜に戻る。宿泊数も前回と同じだ(笑)。

さて、イ課長はどこに行くのか?
現地で更新できたら、発表いたしますです。

 


by tohoiwanya | 2019-01-17 12:19 | 国内出張・旅行 | Comments(2)
2018年 12月 03日

福井でプラネタリウムを見る

福井出張のつづき。
3時半に福井駅に戻ったものの、遠出できる時間ではない。かと言ってこのまま
真っすぐ帰るのもつまらん。ちょいと寄り道したい。そこで、福井駅前にある
「セーレンプラネット」っていう施設に行ってみたのである。
 
実はイ課長、プラネタリウムが好きなんです。
まだ小学生だった頃、当時習ってたピアノの先生が初めて渋谷の東急文化会館にあった
五島プラネタリウムに連れてってくれたんだけど、あの時の感激は忘れられない。
コドモの頃にうけた感銘はその後のジンセイを支配する。成長してからもイ課長の
プラネタリウム好きは続いたのだ。

セーレンプラネットって正式には「福井市自然博物館分館」で、様々な科学展示のほか
プラネタリウムが併設されてる。それならちょっと見てみようじゃないの。
f0189467_17112351.jpg
 
渋谷のプラネタリウムは何とも不思議な形の大型投影機がドーム中央に設置されてた。
ところが、ここには何と投影機がない。ええ?一体どういう仕掛けになってんだ?
やがて始まる4時の回の投影は「今夜の星空さんぽ」。
f0189467_17112064.jpg
 
しかしプラネタリウム投影中の写真は当然のことながら、ない(笑)。

女性の解説がつくんだけど、最初に「ご興味がおありの方は、終了後にこちらの
コンソールをご見学ください」と言ってくれたので、投影が終わったらさっそく行った。
(そんなことする客はイ課長ひとりだった。ま、客も少なかったが)。

投影機ナシでどうしてたかっていうと、実は全天を8つに分け、ドームのヘリのところにある
8台のプロジェクターで映してたんだって。操作台に当日の日付が入ってるってことは、
任意の日付を入力すれば自動的にその日の星空になるんだ。すげー。最新型プラネタリウムの
スゴさを勉強させていただきました。暗くてやや見づらいが、このチャーミングな女性が
あの時の解説員の方なのである。親切にいろいろ教えていただき、ありがとうございました。
f0189467_00130764.jpg
  
それでも、ガリレオやケプラーの古臭~い肖像画がいっぱい並んだ、東急文化会館の
アソコこそがイ課長にとってはやっぱり唯一無二の場所。一浪したあとの受験で、第一志望の
大学に落ち、何となくキモチの整理がつかないまま合格発表会場から足を運んだのも渋谷の
プラネタリウムだった。

行ったことある人はご存知のように、あそこのドームには渋谷から見た東京の景色が
黒いシルエットで描かれていた。第一志望の大学に落ちた以上、オレが行く大学はすでに
受かっているアソコ・・それはこの景色だとあの辺か・・なんて思ったもんだったよ。

やがて大学を出て、20代のチンピラサラリーマンだったイ課長は東急系列のある会社の、
ブチョウさんからこんな話を教えられたことがある。

イカチョーくん知ってるか?東急文化会館のプラネタリウムはね、年に一度技術者が来て
 投影機のメンテナンスをするから、その日は客を入れない。そのメンテナンスでは投影機の
 すべての機能をぜ〜んぶ一通りチェックするから、北半球から南半球、1月から12月まで
 あらゆる星を一日で全て見られるんだよ

その話を聞いた時はちょっと興奮した。そのメンテナンスの日に行きたいなぁ・・と思った。
だが今や五島プラネタリウムも、東急文化会館もなくなってしまった(渋谷はある)。
あそこの最終投影に行列作ってトホ妻と一緒に行ったのも、今やずいぶん昔の話だ。

久しぶりに福井でプラネタリウムを見たもんで、本日はちょいとばかり脱線して
イ課長のプラネタリウム思い出話ということで、この辺で失礼をいたします。

 


by tohoiwanya | 2018-12-03 00:09 | 国内出張・旅行 | Comments(2)
2018年 11月 30日

福井出張に行ってきた

また国内ネタ。
水曜日は日帰りで福井まで出張してきたのである。ふう。

福井は以前にも何度か出張した。当時は東海道新幹線ひかり、米原で乗り換えて、
特急しらさぎで行くというのが定番ルートだった。
f0189467_00025455.jpg
 
しかし北陸新幹線ができた今は迷う。金沢経由で行った方が早いの?
比べてみると時間的にはほとんど差がない。で、結局、従来通り米原経由で
行くことにしたのである(その方がほんの少しだけ安い)。

先方で約2時間の面談のために、往復約8時間かけて東京~福井往復。
とりあえず最初の腹ごしらえは新幹線ホームの立ち食いそばでちくわ天ぷらそばだ。
f0189467_00033302.jpg
 
福井着は12時59分。
そのまま先方に行って面談に入ったから昼飯はヌキ。よくあるパターン。

面談が終わって福井駅に戻ってきたのが15時半。
とりあえず腹減ったよ。というわけでこんどは福井駅の立ち食いそば。
f0189467_21241499.jpg
  
イ課長は国内出張じゃ立ち食いそばしか食わんのか?・・と思ってはいけない。
その傾向が顕著なのは認めるが、北陸に行ったら帰りの列車ン中では少しだけ
贅沢するのが常なのである。北陸といやぁ、やっぱ魚が美味いことで有名。

そこで、北陸出張では押し寿司を買うことが多い。
ふだん駅弁なんてまず食わないイ課長だが、北陸では押し寿司弁当を買って
電車ン中で食うのだ。今回は「焼き鯖寿司」。税込み1,188円。まぁぜいたく。
f0189467_00030114.jpg
 
17時36分発「しらさぎ14号」の車中でこれを食うわけだが、食うまでけっこう大変。
びっちりとラップに覆われてるから、一度持ち上げて慎重にはがし、再び箱の中に
戻さないといかん。ここで手がすべって床に落としたら目もあてられんぞ。
f0189467_00030101.jpg
 
ようやく食える。ガツガツ。うまいっすね焼きサバ。ほのかなコゲ味が美味しいんだワ。
車中で押し寿司と缶ビールなんて、絵に描いたようなオヤジサラリーマン出張帰りの光景だが
イ課長がオヤジサラリーマンでいるのも、もうそんなに長くはない。この際だから
うんとオヤジサラリーマンしてやろうじゃねぇか。グビグビ。
f0189467_00030002.jpg
 
米原で18時57分発の「ひかり」に乗り換え、東京駅に着いたのが21時10分。
そんな日帰り福井出張における、イ課長の食生活のご紹介でした。

でも15時半に福井駅に戻ってきて、17時36分発の「しらさぎ」に乗るまで2時間も
間があくのは不自然では?・・と思った方は敏腕刑事なみに観察力が鋭い。
確かに福井でほんのちょっとだけ寄り道したんだけど、そのお話は次回にでも。

 


by tohoiwanya | 2018-11-30 00:08 | 国内出張・旅行 | Comments(4)
2018年 11月 02日

大阪城に行ってみる

イ課長はこのトシになるまで大阪城は遠くから眺めたことがあるだけ。要するに
行ったことなかったわけ。日帰り出張とはいえ、まっすぐ帰るのもつまんないから
大阪城に寄ってみることにした。

公園入口から天守閣はすげー遠くに見える。
周囲は日本人よりアジア系観光客の方が圧倒的に多い。
f0189467_21462868.jpg
 
今ある大阪城が、秀吉が築城したのものとは全然違うことは承知してたが、実のところ
詳しいことは知らなかった。この記事を書くためにちょっと調べて、いろいろ勉強
させて頂きました。

秀吉が16世紀に作った城はその後、家康の命令で広大な外堀は埋められちゃうわ、
大坂夏の陣で戦場になるわ、その後徳川の手で建て直されちゃうわ、場内の火薬庫に
落雷があって大爆発するわ、挙句の果てには明治維新の混乱で出火し焼失するわで、
波乱万丈の歴史。今や豊臣時代の遺構は完全に埋没した状態らしい。

大正末期頃から天守閣再建・公園整備計画が持ち上がり、昭和6年に今の城が竣工。
ふーむ、つまりおフクロが生まれた頃、この大阪城はまだなかったわけだ。
f0189467_21463617.jpg
 
イ課長は大阪城っていうと「目立つ、デカい破風」のイメージが強い。
他の城だって似たような破風はある。大阪城がことさら大きいわけじゃないんだろうが
でもなぜかそう思う。金色の飾りもついて、ますます目立つ。
f0189467_21462886.jpg
 
外国人観光客でにぎわう正面からぐるっと回って歩いてみる。
ああーーー・・・・・石垣にとりついたエレベータとは。大阪城よ、お前もかと思った。
初めて名古屋城を見た時のことを思い出したよ。この時はね。
f0189467_21462878.jpg
 
しかし、その後大阪城建造の歴史を勉強して、だいぶ考えが変わったよ。
上にも書いたように、江戸時代の大阪城は明治維新の混乱で焼失した。再建されたのは
昭和6年。つうことは、焼失から再建まで軽く60年以上経ってるわけだ。その時には
“維新前”の大阪城を見たことある人なんてほとんどいなかったはずだ。

昨日まであった城が空襲で一夜で焼失した名古屋城とはその辺が違うんだよね。
大阪のシンボルとして、昭和になって新しい天守閣を作ったと考えるべきなんだよ。
ムリに秀吉やら家康やらと結びつけて歴史的意義を見いだそうとすべきではないのだ。

これは“復元”じゃないの。純粋な新築の城なんだから。新築されてから80年以上経って
その城も今や立派な「昭和初期の歴史的建造物」になったということだ。そう考えれば
SRC造(鉄骨鉄筋コンクリート)だろうが、エレベーターがついてようが、いいじゃん。
f0189467_21463669.jpg
 
そんなことを考えた(東京に帰ってきたからだが)秋の大阪城でございました。

今回の出張では寄り道はこの大阪城だけ。
あとは再び森ノ宮駅からJRで梅田→新大阪経由で帰ってきたのでした。
女性専用車と大阪城だけっつうんだから、ブログネタの少ない出張だったのう。

 


by tohoiwanya | 2018-11-02 00:33 | 国内出張・旅行 | Comments(2)
2018年 10月 31日

大阪日帰りスッチョー

昨日は大阪に日帰り出張。
そうバカ早起きする必要もなく、午後イチの面談のあと多少時間も余るという
内容的には比較的イージーな出張だったと言っていいだろう。
f0189467_23584313.jpg
 
だがイ課長はこの出張で、人生2度目の恥辱を味わうハメになった。
問題は新大阪から御堂筋線という地下鉄に乗り換えた時のことだ。

すいた車両の一つに乗り、座っても発車までしばらく間があった。
新大阪駅始発の電車だったんだと思う。何かの広告のラッピング車両で、
こんなのはまぁ、今や珍しくない。
f0189467_23584384.jpg
 
二つくらい駅を通過しても、車内は非常にすいてた。
「たぶん梅田からドッと乗り込むんだろうな」と思って、電車が梅田に着くと
思った通り、乗客が増え、車内は立ってる人がチラホラ程度に混みだした。

ここでイ課長は初めて異常に気がついた。
いま梅田からドッと乗って来た人たち、女ばっかじゃん。

平静を装いながら、左右に視線を走らせ、勘定してみる。
視界に入るだけで20数名の女性、オトコはイ課長ともう一人のオジサンだけ。
これは統計的に明らかに異常だ。もしかして女性専用車両?

そんなバカな。御堂筋線には過去何度も乗ったけど、こんな経験初めてだ。
そもそも、これは女性専用車両ですなんて表示、全然なかったぜ?
(改めて写真をよく見ると、薄~いピンク地に白抜き文字で書いてあった・・)

なおも平静を装いながら、上下左右に視線を走らせると・・・あ・・何てこった。
吊り革にピンク色で「この車両は女性専用車です」と書いてあるじゃねぇか。
大阪の地下鉄はこんな昼時でも女性専用車が“有効”なのかい?!それならソウと
もう少し目立つ表示にしてくれよ。吊り革の小さい広告なんて見ねぇって。

だが、こうして気付いてしまった以上、女性専用車両は大変居心地が悪い。
イ課長が降りるべき駅は少し先だが、次の淀屋橋で降りて車両を移動することにした。

女性専用車両に図らずも混じってしまった経験、以前に横浜の地下鉄でやった。
東京の場合、女性専用車は朝夕のラッシュ時だけっていう所がほとんどのはずで、
真っ昼間にそれを気にする習慣なんて全然身に付いてないのヨ。東京モンは。
しかもイ課長が毎日乗る京王線の女性専用車は常に編成の端っこ。こんなド真ん中の
車両が女性専用車なんて考えてもみなかった。

イ課長が淀屋橋で降りたから、あの車両にはあのオジサン一人だけが取り残された。
彼もおそらく大阪に住んでる人ではないんだろう。スマホの画面をジッと見てたから
きっと自分の置かれた状況に気付かないまま、目的地まで行ったんだろう。

こんな話だけで終わらせるのもナンだから、大阪で食ったうどんの写真でも載せよう(笑)。
大阪に行くとうどんを食いたくなる。これは船場のうどん屋で食ったきつねうどん。
ちなみに値段は300円。高松旅行の時食ったきつねうどんより安い。
f0189467_23583658.jpg
 
こっちは帰りの新大阪駅在来線ホームの駅うどん。350円。
イ課長個人の好みとしては、薬味は昼間食った小さい青ネギの方が好きだ。
f0189467_23583797.jpg
 
仕事が終わったあと、多少時間があったので寄り道もしたんだけど、
それについてはまた後日。取り急ぎ、大阪スッチョー報告でした。

 


by tohoiwanya | 2018-10-31 00:03 | 国内出張・旅行 | Comments(4)
2018年 07月 20日

讃岐うどんに関する、ある疑念

最後の高松旅行ネタだ。大体書き終えてたんだが、墓参りネタをはさんで後回しに
なっちまったので、粛々と二日連続更新するのである。

高松旅行の最後を飾る食い物ネタといえば、当然うどんについて書くことになる。
約30年前、初の高松出張で初めて食った本場の讃岐うどんの美味しさは忘れ難い。
今回の旅行でも讃岐うどんガンガン食おう・・と思っていた。

しかしダメ。今回の旅行で食ったうどんはたった三杯だけ。
2泊3日で三杯食えば良さそうなもんだけど、高松においては全く食い足りん。

「メシは後回し主義」のトホ妻と一緒だからってのもあるけど、そもそも店が開いてない。
初日、夜行バスを降りたあと、琴平で開いてるうどん屋を捜したけど、全然ない。
朝9時半過ぎてるのに?まぁ確かに琴平の朝は人影もまばらだったが。

こんぴら歌舞伎を観て、金毘羅様参りを済ませたあと、ようやく琴平で初うどん。
すんげー巨大な油揚げ入りの、きつねかけうどん。うどんが全く見えん。
値段は1杯620円・・620円?・・まぁ確かに油揚げは超デカいけど、ちと高くねぇ?
f0189467_01271165.jpg
まぁ琴平のうどん屋はしょせん「観光地価格」なのだとも考えられる。
やっぱ高松市内で食おう。というわけで翌日に期待したわけだが、早朝にホテルを出て
高松港まで行く途中、開いてるうどん屋なんて1軒もない。朝早いとダメみたい。

フェリー乗り場には立ち食いうどん屋があるかと期待したけど、やっぱりない。がっかり。
結局、空きっ腹のまま小豆島のフェリー乗り場で見つけたうどん屋でようやく
朝飯代わりのうどん。そうめんが名物の小豆島でもやっぱりうどんなのだ。
きつねかけうどん。500円。昨日琴平で食ったのより安いとはいえ、500円・・うーん、
きつねで500円・・うーん・・・。
f0189467_01271159.jpg
 
3杯めの、そして最後の讃岐うどんは岡山に移動する直前、JR高松駅の駅うどんだ。
こんどはかき揚げ入りかけうどん。値段は500円。うううーーん・・・
東京の立ち食いそばで、かき揚げそば食っても500円まではいかないと思うぞ。
そりゃまぁ確かに、えびがいっぱい入ってるけど・・。。
f0189467_01270253.jpg
 
ちなみに、この時トホ妻が食ったのは梅とろろぶっかけうどん。こっちは400円。
ぶっかけの場合、立ち食いそばで比較対象になるものがないので評価が難しいが・・。
f0189467_01270218.jpg
 
東京の立ち食いそばとばかり比較するのもナンだから、ここは同じ讃岐うどんチェーンの
「はなまるうどん」をベンチマークにして比較してみよう。この店、会社近くにもあって、
イ課長も時々食いに行くのだ。

はなまるうどんで「きつねうどんの中」を食うと400円。香川より100円 or 220円安い。
はなまるうどんで「かけ中+かき揚げ」を食うと370円。香川より130円安い。

香川県で食ったうどんは軒並み、東京で食うはなまるうどんより高かったってことだ。
それもちょっとの差じゃない。けっこうな価格差だよ。これはドウいうことなのだ?
たまたまイ課長が食ったのが高いトコばっかだったってことなの?

しかしある疑念も湧く。
香川のうどんが有名になって、全体的に「観光地価格化」したのでは?という疑念だ。
約30年前、「讃岐うどんは東京の立ち食いそばと同程度か、もっと安くて美味い」っていう
記憶が強いイ課長にとって、三杯とも立ち食いより高いという今回の結果は看過できぬ。
f0189467_11410001.jpg
もし、讃岐うどん全体の相場が「観光地価格化」してるとしたら、ちょっとガッカリだよ。
繰り返すけど、約30年前の高松出張じゃ「こんなに安くて、こんなに美味い!」ってんで
すっかり讃岐うどんが気に入った課長だけに、そう思うのだ。
 
まぁ評価対象データは三杯だけ。有名観光地、小豆島のフェリー乗り場、JR高松駅という、
ロケーション的にはどれも「フツーのうどん屋」とは言い難い店だ。フツーの店なら
安いうどん屋だってあるんだろうと思うが・・。
 
30年前はテキトウにどこで食っても、安くて美味しかった讃岐うどん。
「これは名物だけあって、ちょっと高いな」と思ったのは、釜揚げうどんだけだったと
記憶している。うどんのことはけっこうよく覚えてるのだ(笑)。

それが30年間で変わってしまったのか、あるいは現在進行形で変わりつつあるのか?
さらなる綿密な検証が必要だとは思うが、果たしてもう一度行く機会あるかなぁ?
トホ妻が一緒だと、またメシは後回しだろうしなー。
 
 


by tohoiwanya | 2018-07-20 00:02 | 国内出張・旅行 | Comments(4)
2018年 07月 16日

高松で骨付き鳥を食らう

一通り、高松旅行の観光ネタが終わったところで、食い物ネタに移るぞ。

香川県の、あるいは高松のご当地グルメといえば?・・と聞かれれば、
誰もが「うどん」って言うよね、たぶん。イ課長だってそう答えるし、高松行ったら
うどんを食うつもりでいた。

しかし今回事前調査をしたら、うどんだけじゃなさそうなんだよ、高松グルメは。
「骨付き鳥」というものが高松、ないし香川名物としてグイグイ頭角を表してる。
知ってた?骨付き鳥。イ課長は全然知らんかった。
 
下の「萌え系・骨付き鳥ポスター」は高松で撮ったものだけど、これを見ると骨付き鳥って
丸亀由来の食い物のようでもある。しかし高松にも骨付き鳥の看板を出す居酒屋は
ものすごく多かった。
f0189467_23415999.jpg
 
うどんはどうせあちこちで食うから(実際はほとんど食わんかったが)、高松での
晩飯は骨付き鳥とやらをかじりながらビールを飲むのがオツかもしれん。これも立派な
「香川ご当地グルメ」だべさ。

というわけで、初日、琴平から高松市内に戻って、さっそく食いに行ってみた。
場所はホテルからも近い、飲み屋が連なるライオン通り。
f0189467_23415194.jpg
 
手近な店に入り、ビールと骨付き鳥を注文。親鳥とひな鳥があって、
親の方はシッカリした歯ごたえ、ひなの方は柔らかさがウリらしい。とりあえず
親鳥を注文。焼くのに少し時間がかかるらしいので、枝豆と冷や奴でつなぐ。
f0189467_23415951.jpg
 
で、しばらくしたら来ました。(たぶん)香川名物・骨付き鳥。
その名の通り、骨に付いたまま出てくるから、ハサミで切って食うのである。
この辺の流儀はちょっと韓国焼肉風。
f0189467_23415181.jpg
 
翌日の夜も別の店で骨付き鳥を食った。
昨夜は親鳥だったから、こんどはひな鳥にしようと思ったら「一種類しかない」と
言われた(笑)。しかも前日食った店は800円だったけど、翌日食った店では
たしか1,560円。何でこんなに値段が違うのだ?骨付き鳥。量も味も最初の店と
そんなに変わんなかったけどなぁ(写真撮り忘れた、すまぬ)。

スパイシーで美味しいし、モモ肉1羽分だから食いでもある。
高松でのビールのお供として推奨できるが、同じ食い物なのに店によって値段が
倍近く違うのは解せぬ。もし次回食う機会があったら、安い方の店に行こうと思う、
貧乏性イ課長なのでありました。
 
 


by tohoiwanya | 2018-07-16 23:38 | 国内出張・旅行 | Comments(0)
2018年 07月 14日

ヘトヘト還暦直前旅行のエンディング

吉備津神社を見学し終わったら、この町にはもう他に見るべき所はない(んだと思う)。
神社からチンタラ歩いて吉備津駅まで戻る。この駅、いかにも田舎の駅って感じで、大変のどかだった。
f0189467_17443699.jpg
 
しかーし、走ってる車両はのどかじゃねぇぜ。
なにせここは桃太郎伝説の地。電車も「桃太郎ラッピング車輛」だったのである。
イマ風というか、非常にアニメキャラっぽい桃太郎氏。
f0189467_01214397.jpg
 
イヌ氏・サル氏・キジ氏もいる。こちらは昔の東映アニメ的画風というか・・(笑)。
f0189467_01214261.jpg
 
これは鬼氏ですな。個人的にはこの鬼がキャラクターとして一番「立ってる」気がする。
なかなかカッコええやん。
f0189467_01214385.jpg
 
岡山駅ではロクに土産も買わず、サンドイッチと柿ピー、さらに缶ビール500ml×3本を調達。
朝食が菓子パン、早めの昼食が高松駅のうどん。そして早めの夕食(セカンド昼食?)が
新幹線の中で缶ビールとコンビニサンド。何とプアな食生活であろうか。
「旅の楽しみは何てったってグルメよ」という人はトホ妻と一緒に旅行すべきではない。
f0189467_01235712.jpg
 
そういえばホテルのことを書いてなかったな。ホテル評価として一つの記事にするほどの
ホテルではない。線路ワキの、踏切音がよく聞こえる安ホテル。瓦町駅から徒歩で
7~8分ってとこだったかな?元ラブホテルだったのを改装したのは明らかで、これ見りゃ
誰でもそう思う(笑)。
f0189467_01235731.jpg
 
部屋はけっこう広くて、トイレと風呂場もちゃんと別々。ユニットバスじゃないの。
これもラブホテル仕様なのか・・?ちなみに、17時過ぎないとチェックインできないという、
謎のオキテがあるホテルだった。
f0189467_01235628.jpg
 
観光から疲れ果てて戻り、荷物を置き、晩飯食いに外に出て(メシについては後日書く)
帰りにコンビニで缶ビールを追加で買い、ホテルで飲み、疲れ果てた豚のように寝る・・・。
二晩ともそんな感じだった。「旅の楽しみは何てったってホテルライフよ」という人も
トホ妻と旅行すべきではない。ま、イ課長とも旅行すべきではないな、そういう人は(笑)。

何はともあれ、これでトホ妻還暦直前旅行はおしまい。来年早々には、こんどはイ課長が
還暦になるわけだが、その時も直前旅行があるんだろうか・・・?
 
 


by tohoiwanya | 2018-07-14 00:04 | 国内出張・旅行 | Comments(2)
2018年 07月 11日

吉備津・鳴釜神事

大学生の頃だったか、イ課長は上田秋成の雨月物語という本を読んだ。日本古典文学の名作だ。
その中にある「吉備津の釜」というエピソードも読んでる。あれがまた名作なんだよ。

家のスキマにお札を貼り、中に閉じこもって念仏を唱えてると外を怨霊がウロウロするという、
怪談・牡丹灯籠の原型になった設定も大変コワいが、エンディングの余韻がまた素晴らしい。
雨月物語ン中じゃ「吉備津の釜」と「蛇性の淫」が双璧だと思ってる。
f0189467_16232065.jpg
 
さてだ。
「吉備津の釜」の「釜」って、実は吉備津神社にあるのだ。
その釜を熱すると音が鳴るらしい。その音で吉凶を占う。一種の音占い。
雨月物語の「吉備津の釜」にも釜鳴り占いのことが書かれてる。由来について書くと長くなるので
詳しくは下の看板をご参照頂きたい(←手抜き)。
f0189467_16213438.jpg
  
この看板によると、釜鳴りもやはり桃太郎伝説につながるんだね。
温羅(=鬼)を埋めた場所の上にカマドを作り、メシを炊くと「温羅のウナリ声」が
聞こえるというわけだが、驚くのはそれが単なる伝説じゃなく、現在でも神事として存続
してることだ。3,000円払うと神事をやってもらえる。ってことは今でも鳴るの?ホンマに?
f0189467_16213380.jpg
 
鳴釜神事のことは今回、旅行の下調べで初めて知ったワタス。
それがあの雨月物語に出て来るゆかりの釜と知れば、それはもうぜひ見たい。
吉備津神社における最重要見学ターゲットが釜だったのは当然なのである。

弓道部員だらけの、例の長~い回廊の途中にこういう看板が。おお、ここがそうか。
さっそく行ってみようではないか。
f0189467_16231249.jpg
 
・・と思ったら、あらら、ちょうど今神事の真っ最中なんだ。
神事の間は依頼者と、神主さんほか関係者以外はお釜殿の中には入れないようだ。
うーむ、しょうがねぇ。とりあえずここにあるベンチで一休みすっか。
f0189467_16231284.jpg
 
中じゃ、今まさに祈祷の真っ最中なんだろうなー・・と思いながら、ベンチで水を飲んでた。
するとだ・・・

ぶおおおおお~~~ という重低音がけっこうな音量で聞こえてきた。
え?こ、この音ナニ?・・もしかして、これが釜鳴り?!いま神事やって、鳴ってるわけ?!
こっ、こらたまげた。ホントに鳴ってるよ!外にいてもこんなに聞こえる!

もっとひっそりと鳴るのかと思ってたら、すごい音だ。「汽笛のようだ」と思ったさ。
建物の外にいるイ課長たちにもビンビン聞こえてくるんだから、中にいたら、そりゃもう
すごい音だろう。いやーーびっくりした・・と同時に深くカンドウいたしました。まさか
雨月物語に書かれた、吉備津の釜鳴りをこの耳で聞けるとは。

あとでもう一度御釜殿に行ってみたら、すでに神事は終わって中が見学できた。ただし
写真撮影はできない。下の写真を参考にしてほしい(All Aboutサイトにあった写真を拝借)。
さっき神事を執り行ったばかりだから、下の写真と同じようにカマドには火が燃えていた。
f0189467_16070215.jpg
 
たまたま、神事のお手伝いをするご婦人がいたので話を聞いてみた。
火の上のセイロが鳴るのかと思って聞いたら、そうじゃなくて、かまど全体が鳴るらしい。
身体がビリビリするくらい鳴るかと思うと、同じことやっても全然鳴らないこともあるようで、
実に不思議だ。科学的には音が鳴る理由は熱勾配がドウコウってことらしいが、この時ばかりは
科学よりも超自然の方を重視したい気分に少しなった(笑)。
f0189467_16372167.jpg
 
吉備津神社に行って受付して3,000円払えば、誰でも鳴釜神事はやってもらえるわけだが
我々みたいに、たまたま神事の時に来あわせれば、外にいても音は聞こえる(鳴ればね)。
あの音には本当に驚いたよ。貴重な体験をさせていただきました。

あの名作「吉備津の釜」の題材にもなった吉備津神社の御釜殿。
「せっかく通るんだから、岡山でもどっか寄ろうか」程度の軽い気持ちで来てみたんだが、
「温羅のうなり声」を実際に聞くことができて、トホ妻もイ課長も大カンゲキして
吉備津神社を後にしたのでありました。

 


by tohoiwanya | 2018-07-11 00:38 | 国内出張・旅行 | Comments(0)
2018年 07月 09日

吉備津神社に行ってみる

岡山県の吉備津周辺といえば、桃太郎伝説の地。
昔、ここにいた温羅(うら=鬼)を吉備津彦命(きびつひこのみこと)が討伐したという
日本書紀の記述が後の桃太郎の鬼退治になった・・ということ・・らしい。

吉備津には、その吉備津彦命を祀る吉備津神社というところがある。
吉備津彦命≒桃太郎という公式に当てはめれば、「桃太郎神社」ということにもなる。
けっこう有名な神社で、本殿は国宝。

香川じゃ金毘羅様参り、本州に渡って岡山では吉備津神社参り。
還暦を前に、突然信心深くなったわけではないのだが。

吉備津神社は吉備津って駅で降り、そこからは歩いて行ける。田舎だねー。
食い物屋なんて全然ない。今日食ったのは朝の菓子パンと高松の駅うどんだけ。
早くも腹が減ってきたが、もうこの旅行中は空腹に耐えることに慣れた(笑)。
f0189467_16131161.jpg
 
はい神社。あの階段を登ると本殿があるに違いない。
金毘羅様を二日前に征服した我々にとって、この程度の階段、何ほどのことやあらん。
f0189467_16131195.jpg
 
はい着きましたー。サラリとお参りしましょう。
田舎にあるせいか、参拝者はそれほど多くない。でも外国人観光客はいたね。
f0189467_16131710.jpg
 
これが国宝の本殿。
破風が二つ並んでいる形状が非常に特徴的で、大変立派だ。
f0189467_16131757.jpg
 
奥の方に行くと、有名な木造の長い回廊がある。写真で見るとすごく美しい。
しかしこの日はなぜか弓矢を持ったすごい数の(たぶん)高校生がワンサカいる。
一体ナニゴト?
f0189467_16170890.jpg
 
こう人だらけじゃ、長大な回廊の写真撮影どころじゃない。
どこを向いてもハカマはいて弓を持った若者が練習してたり、談笑してたり、
何か食ってたり・・(笑)。青春やのう。
f0189467_16132246.jpg
 
歓声が聞こえる方に行ってみたら、ははー、やっぱ神社の中に弓道場があるんだ。
たぶん高校弓道の岡山県大会か何かなんだろう。桃太郎伝説スポット・吉備津神社で
弓道大会なんて気分いいじゃん。
f0189467_16132223.jpg
 
しかしまぁ弓道大会をいつまで見てても仕方ない。とりあえず回廊のいちばん端っこまで
行ってみたけど、特に何もなかったので戻ってきた・・・と、こう書くと、吉備津神社は
コレといったネタがない観光みたい。ところがギッチョン。

参拝や回廊見学より、吉備津神社で注目してたことがあったんだよ。
これに関しては大変カンゲキすべき体験もできた。あのことは詳しく書きたい。
ということで、例によって次回だ(笑)。

 


by tohoiwanya | 2018-07-09 00:26 | 国内出張・旅行 | Comments(2)