カテゴリ:日本での私生活( 34 )


2018年 03月 28日

秋葉原の渡り鳥?たち

トツゼン、話題はミャンマーから、イ課長勤務先の近所に移る。移りすぎ?(笑)

かつては電器の町、今やオタクと免税店とガイジン観光客の町と化した秋葉原。
この秋葉原に渡り鳥がくると言えばアナタは驚くかもしれない。しかし来るのだ。

場所は秋葉原の近くを流れる神田川。イ課長は昼メシ食いに出た時、神田川の万世橋から
和泉橋にかけてのエリアをうろつくことが多いんだけど、ちょうど神田川のその辺りに
やたらとカモメが多い。
f0189467_23344565.jpg
  
種類としてはユリカモメらしい。東京都の都鳥。湾岸の交通システムの名前にも
なってるくらいだから、たぶん湾岸部に多く生息してるんだろう。しかし名前からして
「海鳥」であるはずのユリカモメが秋葉原の神田川に来る理由がわからん。

何年か見てるうちに、カモメの出現は季節性がありそうだとわかってきた。
夏は見かけない。冬になると増える。つまり「渡り鳥」だ。東京湾から秋葉原なんて
めちゃくちゃ短距離の渡り鳥だが(笑)。冬だけ神田川に来る理由がさらにわからん。

東京湾と秋葉原で気温が違うとは思えない。冬になると湾岸はエサが少なくなるから
エサの豊富な秋葉原に・・・いやまさか。考えられるとしたら、海っぺりよりは
秋葉原の方が風が強くない、くらいの理由だが、イマイチ説得力がない。いずれにせよ
とりわけ冬~春にかけて、秋葉原の神田川周辺はカモメだらけ。

1月下旬頃の、一番寒い時期になると、カモメも寒いから丸く縮こまってる。
ほとんど「カモメ玉」状態で、このカモメ玉が集団でジッと寒さに耐えてる姿って
かわいいんだよね。下の写真は昨日撮ったから、“解凍”されてカモメらしくなってる。
f0189467_23295732.jpg
 
たまたま先日、やはり昼飯を食ったあと、神田川べりでタバコを吸ってた。
(ここには千代田区指定の喫煙スペースがあるから、昼休みなんかは喫煙者が集まる)
すると、怪しいオッサンがやってきて、いきなり川にスナック菓子を撒き始めた。

それまで船着き場に集団でジッとしてたカモメども、エサとなると大騒ぎだ。
たちまち周囲はヒッチコックの鳥状態に(笑)。思わず携帯で撮った写真で、
画質が悪くて申し訳ないが。
f0189467_23313893.jpg
 
昨日も同じように、カモメどもはやっぱりこうして船着き場にジッとしてた。
f0189467_23323633.jpg
  
ところが、たまたまそこに船が停まったもんだからまたまたヒッチコック状態。
昼休みのひととき、こういうカモメを見てるとなかなか楽しい。
f0189467_23322957.jpg
 
もうすっかり春だし、秋葉原のカモメもどこかに移動する時期なのかなぁ?
湾岸(か、どこか)で夏を過ごして、また寒くなってきたら元気に秋葉原の、
和泉橋あたりに戻ってきてね、カモメさん(頼まなくても戻ってくるだろうが)。

 

[PR]

by tohoiwanya | 2018-03-28 00:09 | 日本での私生活 | Comments(2)
2018年 02月 09日

B型インフルエンザ患者としてのイ課長

何ということか。標題通り、イ課長はB型インフルエンザに罹患してしまいましたよ。
「B」のとこにスジがついた検査キット、今回初めて見る機会に恵まれましたですよ。
ちなみにイ課長は血液型もB型ですよ。関係ないですかそうですか。

体調悪くて水曜に会社を早退、木曜朝イチ、病院でB型インフル罹患を確認。
感染を確認した以上、もう会社には行けん。そのまま木・金と会社を休み、明日から3連休。
会社行かなくて済むことだけが小さな喜びといえるか(笑)。

こんな時はブログもビョーキネタで行くしかない。
ビョーキネタといやぁ、昨年バンコクで見事に風邪をひいた、あの話ってことになる。
あれはアレで、あの旅行中大変印象深い出来事だったから、いつか書くつもりではあったのだが。
f0189467_17254474.jpg
 
今回イ課長がどこでB型ウィルスを拾ってきたのかはわからない。
しかし、バンコクで風邪をひいたのがいつかは極めてハッキリしている。3年ぶりに会った
スーさんにマッサージしてもらっている時、冷房でヤラれたのだ。
f0189467_22105365.jpg
 
この時は2時間マッサージのうちの1時間経過した頃から鼻水ズルズルで呼吸困難になり、
後半は何度も施術を中断してトイレに鼻をかみにいくという醜態を演じるハメになった。
ミャンマーじゃ9時間の冷蔵バスにも耐えたのに、バンコクじゃたった1時間ぽっちで風邪。
やっぱミャンマー疲れがたまって抵抗力が落ちていたんだと思われる。

これはマズいと思って、マッサージ屋を出たらすぐに温かい日本式ラーメンを食った。
カプサイシンパワーに期待してゴッソリ唐辛子を投入。しかし特効薬にはならなかったようだ。
食った後の発汗作用だけはモノすごかったけどね(笑)、
f0189467_17254498.jpg
 
それでもこの後ホテルでジッと大人しくしてればまだ軽症で済んだのかもしれない。
しかし夜にはまたナイトマーケットなんて見物に行ったもんだからますます疲労はたまり、
ますます体調は悪くなる。バカ丸出し。

翌日は当初の予定通り、午前中はホテルで仕事。
しかし体調は非常に悪い。仕事は昼に終わったけど、体調ワルで観光に行こうという気力は
まるで湧いてこない。だが相変わらず鼻水だけはコンコンと湧いてくるからホテル備え付けの
ティッシュが底をついて、お掃除オバさんに追加を頼む始末。ご立派な鼻風邪。

それでもとりあえずメシ食って栄養補給せねば、と思ってよろよろと外出。
肉ぶっかけご飯。これ食っただけで帰ると、部屋が掃除中の恐れがあったから、しょうがない。
さらに足マッサで1時間ほどつぶして戻りましたよ。
f0189467_17254322.jpg
 
ホテルに戻って気がついた。そうだ、オレ、ポカリの粉末を持ってきてたんだ。
風邪の時は水分補給が重要。これをミネラルウォーターに混ぜて飲みまくろう。
f0189467_17254492.jpg
 
結局この日は午前中仕事、午後のプチ外出のあとは一切観光活動なし。晩飯すら食わずに
ホテルでポカリを飲み昏睡、目覚めてはポカリを飲み、また昏睡を繰り返した。

その“ポカリ効果”のおかげか、翌日は体調もやや回復した。もっとも、その夜には帰国便だから
大した観光はできなかったけどね。

この時の記憶があったから、今回のインフルでもイ課長はポカリをせっせと飲んだ。
イナビルという口から吸うインフル特効薬というのも初めて吸った。おかげさまで一昨日・昨日より
体調はマシになり、熱も37度台まで下がった(昨日は39.1度あった)。何とか大丈夫であろう。

偶然にも、インフルエンザ患者数が過去最高ってニュースを今日目にした。
「B型は高熱が出ないこともあり、インフルと思わず会社行って感染を広げる」なんて話も
読んだ。実際、イ課長も水曜に早退した時は体調はひどく悪いけど、熱や鼻水といった症状は
ほとんど感じられなくて「ヘンだなぁ?」と思ってたんだよね

イ課長がインフルエンザに罹患するなんて、20年ぶりくらいじゃないかと思う。
そんなイ課長がかかるくらいなんだから、今年は常にもまして流行ってるのは間違いないようだ。
いきなり高熱が出なくても、インフルということがあり得る。皆様もお気をつけ下さい。

 

[PR]

by tohoiwanya | 2018-02-09 23:12 | 日本での私生活 | Comments(4)
2018年 01月 23日

大雪警報

たぶん2011年の9月頃のことだったと思う。
平日の午後、台風来襲確実っていうことがあった。

昼で会社を出ようと思ったんだけど、12時からある社内会合があって、
ついそれに出てしまった。これが運の尽き。決定的な判断ミスだった。

13時半頃に急いで会社を脱走したけど時すでに遅し。
府中まであと15分というつつじヶ丘まで来て、強風で電車はストップ。
風雨が弱まるまでマックで時間をつぶし、さらに府中まで歩いて帰るハメに。
昼に会社出てれば滑り込みで家まで帰れたのに。

あの時、イ課長は大きな教訓を学んだ。
悪天候で電車がヤバいかも・・と思った時は逃げるように帰れ、という教訓を、だ。

だから昨日は神田で急に雪が激しくなったのを見て、迷わず脱走を決意。
それが2時頃か。それでも神田はまだこんな感じで「地面が濡れてる」程度。
しかし多摩地区はこんなもんじゃ済まないんだよ(携帯写真だから画質イマイチ)。
f0189467_22040441.jpg
 
都営新宿線に乗り、笹塚で乗り換え。
おお、笹塚はすでに地面が白い。同じ23区内でも神田とは積雪量の差が著しい。
とりあえず府中までは動いてくれ、電車。
f0189467_22042943.jpg
 
初動が早かったおかげで、今日は府中に無事戻って来られた。
想像通り、コンモリ積もっておる。こんな道を通ってウチまでヨチヨチと歩く。
f0189467_22042922.jpg
 
あーあ・・我が愛車もこのザマ。
どうせ積雪の地面が凍るから、このあと一週間くらいは自転車は使えまい。
ウチ帰ってテレビ見たら、府中は大雪警報、着雪注意報になっておったわさ。
f0189467_22040496.jpg
 
さっき、夜の9時くらいに外を見たらもうこんな状態だよ(これだけデジカメ)。
雪かきしてからでなきゃ、門の外に出ることもできぬ。
f0189467_00144820.jpg
 
2014年にも大雪の記事を書いたけど、あの時はなぜか2回とも週末の雪だった。
しかし明日は平日。会社行かないわけにもいかんが、とりあえず雪かきしてからかな・・。
どうせ電車もチャンと動くかわからんし、午前半休かなぁ・・(←仕事嫌い)。

 

[PR]

by tohoiwanya | 2018-01-23 00:08 | 日本での私生活 | Comments(2)
2017年 08月 17日

無事帰国はしたものの・・

昨日の水曜の朝8時、飛行機はドスンッ!と成田空港に着陸し、
イ課長は無事帰国したのでありました。

・・とはいえ・・

実はバンコクで体調を崩してしまったのでございます。
14日月曜は「どうせホテルで半日仕事する日」の予定ではあったのですが、
仕事が終わっても体調激ワルでほとんど何もせず。なんてこったい。
ミャンマー疲れ+バンコクに戻った気の緩み+強烈な冷房が主因と思われます。

・・さらに・・・

なんと、イ課長を乗せた飛行機が成田に着陸した、そのほぼ10時間後、
こんどは義父が天国へと離陸してしまったのでございます。
f0189467_14403482.jpg
 
不祝儀が一段落ついてから更新しようかとも思いましたが、帰国予定のまま
ブログ放置プレイが続くと
「あいつ、バンコクで飛行機乗りそこなったのか?」
「日本で仕事に戻るのイヤさに、バンコクで出奔したんじゃねぇ?」などと
あらぬ憶測を招きかねない(笑)。

ちゃんと今日から会社に出社して仕事もしております(イヤだけど)。
体調の方も回復しつつあるので、来週あたりからまたいつものペースで
更新再開できると思います。

取り急ぎ、簡単に無事帰国のご報告まで。

 

[PR]

by tohoiwanya | 2017-08-17 14:43 | 日本での私生活 | Comments(4)
2017年 07月 22日

東京ステーションホテル・最上階レストラン

本日あった夏の宴会の話を書きまっす。
グリニッジ天文台の続きは次回書きます。相変わらずの不実な書き手ですんまそん。

イ課長が勤務する会社は人数も少ないから宴会は全社規模でやる。しかも夏と冬に。
冬は忘年会みたいなもん。夏は・・何なんだろうねぇ?(笑)・・全社納涼会とでもいうか。
ちなみに、積立会費制ですよ。自分たちが払った会費で飲み食いするわけだから参加者は
遠慮する必要はない。飲んでやる食ってやる。

今年の夏の全社宴会が今夜あったのだ。
これ、幹事にとってはけっこう夏と冬の面倒な負担でねぇ・・。

そこらの居酒屋の座敷を借り切ってやる程度だと「工夫がない」「つまらん」と言われる。
イ課長が幹事やった時は夏は千葉のビール工場併設ビアガーデンでバーベキュー食い放題、
冬は東京湾クルーズ船貸切で船上パーティなんてやりましたよ。
(あの頃はまだオフィスが浦安だった)。
f0189467_23483645.jpg
 
本日は「本来宿泊客しか入れない東京ステーションホテルの豪華レストランでの豪華ディナー」
という趣向だった。ほぉ~・今年の幹事さんもいろいろ大変やのう。

このレストラン、東京駅赤レンガ駅舎の中央部の最上部、ちょうどココんところにある。
なかなか豪華な空間らしい。カメラ持参OKだったので、愛用のカシオを持参して参加。
f0189467_17370650.jpg
 
ほおお~~~~・・・・確かになかなか豪華。
こういう機会でもなければ、自分だけで来ることは生涯ないだろう。本来ステーションホテルの
宿泊客しか入れない場所っつうんだから尚更だ(朝食ブッフェの場所になるらしい)。
f0189467_00034051.jpg

「駅の建物にある豪華レストラン」というと、イ課長はすぐにパリ・リヨン駅のル・トラン・ブルーを
思い出す。あそこでディナーをごちそうになったのも、間違いなく今後二度とない経験。
ここはトラン・ブルーほどバロック的豪華デコラティブ空間じゃなくて、シックで落ち着いてる。
天井が寄棟になってるから、あの屋根の内側にいるんだってことがわかる。
f0189467_23591626.jpg
もちろん貸切ではない。店内には他のお客さんもいる。
だから騒々しいビンゴだの、クイズだのっていう余興はなし。ま、バタバタせず落ち着いて
会食できるのは好ましいことだ。料理はもちろんとても美味しかった。

メニューの紙をもらったから正確に料理名を記載できる。
これは「信州サーモンの自家製スモーク ライム風味」。海のない信州でサーモン?
聞いた話では信州サーモンって鱒のことなんだとか。
f0189467_00040993.jpg

これは「フッコのグリエ ピストゥーソース」。ところでフッコってどんな魚(笑)?
f0189467_00040935.jpg

メインは「黒毛和牛“二種の味わい”ローストとブレゼ」。美味しゅうございました。
f0189467_00040915.jpg

会食が済んだら後は帰るだけ。だがイ課長はいったん駅の外に出て夜の丸の内の景色を眺めた。
この辺、丸ビルその他昔ながらのビルは全部姿を消して高層ビルになっちゃったけど、その分
夜景は一段と美しくなったなぁと以前、やはり夜来た時に思った。
f0189467_00043810.jpg
f0189467_00043890.jpg
 
東京ステーションホテル最上階レストランで過ごした、真夏の週末の夜のお話でございました。

 

[PR]

by tohoiwanya | 2017-07-22 00:05 | 日本での私生活 | Comments(2)
2017年 07月 04日

からだを こわした いかちょう

昨日は「きっぱりと夏が来た」と言わんばかりの、突然の猛暑でしたな(東京は)。
みなさまいかがお過ごしでしょうか。

イ課長は昨日のあの猛暑の中、午前中会社をブッチして汗ダクになって病院に行った。
体を壊したもんで、会社周辺の「消化器科」を検索して行ってきたわけですよ。
つまり壊した箇所は消化器だったわけですよ。

いやもう参りましたね。
イ課長は過去にタイで二度ほどプチ食中毒になったけど、日本で普通に生活してて
こんなハイパーゲーリーになったのは大腸内視鏡検査の前に下剤を飲んだ時以来だ。
悪いもの食ったわけでも下剤を飲んだわけでもないのにこの有様。神経性のものと思われる。
インド出張でもゲーリーの魔の手からは逃れてきたイ課長なのに・・
f0189467_23483882.jpg
 
週末でゲーリーは止まったと思われた。しかし月曜は朝から体調サイアク食欲ゼロで、さすがに
これはマズいと思って病院行ったわけだ。医者はイ課長から症状を聞き、腹に聴診器を当て、
ベロを見ておごそかに言った。「脱水症状がひどいようですな」。

ご存知のようにイ課長はすごい汗っかきだから、暑い国に行くと狂ったように汗をかき
黒いTシャツで製塩業に励む(笑)。しかし水分補給もそれなりにするから、これまで
「汗によるひどい脱水症状」は回避できてた。
f0189467_15230076.jpg
 
しかしゲーリーによる脱水症状ってのはあまり経験がないだけに、認識が甘かった。
喉が乾くから水分は摂ったつもりだったんだけど、全然足りてなかったようだ。
週末の体調ワルはゲーリーのせいだが、月曜の朝、体調が超最悪でフラフラだったのは
脱水症状のせいだったと思われる(その状態で炎天下、病院まで歩くのはツラかった)。

ポカリやOS1を飲みまくり(イ課長はOS1を知らなくて、医者は呆れていたようだった)、
どうにか消化器系統の機能は回復したようだけど、衰えた体力は全然回復しとらん。
ここンとこずっと昼メシ抜き、晩はウドンかお粥の生活だったからね。風邪ひいても
こっそりビール飲むイ課長が今回ばかりはビールも飲めず。え?それはむしろいいこと?
f0189467_10172780.jpg
 
さっき神経性だろうって書いたけど、原因は察しがついている。
5月から6月後半、イ課長はある仕事を手伝ったがためにヒドい目に遭わされた。その仕事は
どんどん状況が悪化し、破局が近づくにつれてイ課長の体調も悪化。そして先週とうとう
破局し、イ課長はゲーリー発症(笑)。とてもわかりやすい仕事ストレス。二度とやるもんか。

8月の旅行までちょうどあと一ヶ月だ。
今の体力じゃ、現地でちょっと歩いただけでヘタバっちまう。まずは体力を回復させねば。
そのためにはもっとマトモなもん食わんと。ま、徐々に元に戻しましょう。
とりあえず缶ビールは4日ぶりにさきほど1本解禁しました。

こんな状態だったので、ちょいと更新も間があいてしまいました。
仕事のせいで体壊したことが(自分の中では)明白だったので、アタマに来て
本日は会社を休んだイ課長なのでした。冗談じゃねぇぜホントにもう。
 
 

[PR]

by tohoiwanya | 2017-07-04 22:03 | 日本での私生活 | Comments(6)
2017年 05月 13日

神田祭 2017

祭りだ祭りでぇーーーい、その2というわけで、神田祭。

いつからそうなったのか、神田祭りと山王祭りは毎年交代で本祭が開催される。
会社が神田に引っ越した2014年は山王祭の年だったから、神田祭を初めてみたのは2015年。
そして今年、2017年が神田移転後2度目の神田祭ということになる。
前回は「ラブライブ」、今回は何のアニメとコラボなんだろうか?わからん。
f0189467_15055852.jpg
 
何せモロに「ご町内の会社」だから祭りが近づくとウチの会社も寄付したようだ。
経営者っていったん寄付するとヨソと比べたがるようで、同じ町内のグループ関連会社は
寄付してねぇとか、町内でもないのに別のグループ関連会社が貼り出されてたのはなぜだとか、
やたら気にしてた(笑)。
f0189467_15055810.jpg
 
実際には町ごとじゃなく、こんな具合に●●町●丁目でひとつの「祭り単位」になることも
あるわけだから、神田明神の氏子町全域で考えたら、そりゃもうすごい数になるよね。
神輿の総数が100を超えるのも当然だ。
f0189467_15062560.jpg
 
祭りの行事は一週間くらいかけて行われるけど、一般には土日が祭りのヤマになる。
つまり金曜は実質的には祭り前夜ってことで、会社が終わったあと神田明神まで
ぶらぶら歩いてみた。会社からだと歩いて10分ちょっとかな。

神社境内も何となくザワついております。そりゃまー2年に一度の祭り前夜だからねぇ。
f0189467_15064658.jpg
 
神田祭といえば、昔は巨大な山車がワンサと出ることで有名だったらしい。
「神輿深川 山車神田 だだっ広いが山王様」なんて歌も残ってるくらいで、神田祭といやぁ
この巨大な山車が見物だったとされる。
f0189467_15064645.jpg
 
しかし関東大震災と戦災で残念ながらそのほとんどは焼けてしまった。
電線その他、道路に障害物も増えて巨大な山車を転がすには難しくなったっていうんで
現在の神田祭りはむしろ神輿中心のお祭りになっている。ちょうど神社ワキの階段の下で
どこかの町内が神輿をかついでいた。
f0189467_15065376.jpg
 
一応お参りもしておみくじも引いた。おみくじにはちょっとビックリしたぜ。
神田明神にはこんな「獅子舞みくじロボット」があって、200円入れるとフニフニ動いて
おみくじくわえて、ポンと渡してくれる。さすがハイテク・・ってほどじゃないか(笑)。
f0189467_15064635.jpg
 
イ課長は普通の人間相手のおみくじにしました。値段は同じ200円。結果は・・
f0189467_15065400.jpg
 
ほほ〜小吉とな。ま、悪くはないってとこか。
8月に旅行を控えるイ課長としては旅行運が気になったが「つれあれば尚よし」とな。
うーむ・・さすが神田明神。今回は一人旅だということをお見通しだったとは。
f0189467_15065346.jpg
 
祭りは今日・明日が本番で、神田、日本橋、秋葉原周辺は祭り一色。
・・のはずだったけど、土曜が雨になっちゃのは残念。明日は晴れみたいだから
ぜひ盛り上がってもらいたいもんだ(イ課長が見に行くかどうかは不明)。

 

[PR]

by tohoiwanya | 2017-05-13 15:07 | 日本での私生活 | Comments(2)
2017年 05月 05日

くらやみ祭り 2017

いえーーい、祭りだ祭りだまつりでぇーーーい。

世間は大型連休、天気もよくて行楽日和。
しかし府中市民はくらやみ祭りがあるから地元にいる方が楽しい。
毎年のことながら、イ課長ブログはやっぱりくらやみ祭りの記事を書くのである。
f0189467_23452121.jpg
 
と言ったって、別に去年と大きな違いがあるわけじゃないんだけどね。
しかしこうして毎年恒例の祭りを無事楽しめることは何と有り難いことだろうかと
思えるようになるんだよ、トシをとると(笑)。

あー、毎年恒例のお化け屋敷、今年もまたハデに開催です。
イ課長が子供の頃、板橋区の神社のお祭りは小規模だったから、こんな大規模な
見せ物があるのを見た時はびっくりした。
f0189467_23465360.jpg
 
今年ちょっと珍しかったのはお面屋さんだ。祭りにはつきもの、昔からあった。
お面といえば昔は鉄腕アトムとか、最近だったらドラえもんとか、そういうもんだと
思ってた。
f0189467_23444958.jpg
 
しかし今年は何と言うか、ベネツィアのカーニバル風?のキツネのお面を売る店が
けっこうあったんだよね。へーーこういうのは初めて見たと思う。
f0189467_23445049.jpg
 
4日の6時頃に行くと、街じゅうの山車が旧甲州街道に勢揃いして練り歩く。
もちろん道路は通行止め。もう大変な人出。
f0189467_23452074.jpg
 
f0189467_23454991.jpg
 
「どーでぇ、何てったってウチら町内の山車がでかくて立派だぜ、となり町のあんな
 ちっちぇ山車なんざ話にならねぇや」
「なにぃ?いいかぁ?山車は踊りと囃子で勝負なんでぃ。こちとら町内のキツネ舞はなぁ
 てめぇたちのショボい踊りとはワケが違うんでぃ!」
f0189467_23455029.jpg
 
・・という落語のようなやり取りはたぶんなかったと思うが(笑)、それぞれ自慢の
山車がすれ違う時はそんな声も聞こえてきそうだ。
f0189467_23455087.jpg
 
「おらおら、のろのろしてんじゃねぇ。まだ山車はお後がたくさん詰まってんだぞ、
 ご見物衆はウチら町内の山車が見たくて来てるんだ、早く出しゃあがれ」
f0189467_23502631.jpg
 
ということを言う人もたぶんいなかったと思うが(笑)。
いやー何度見ても、山車の競演は祭り気分が盛り上がりますなぁ。

イ課長が府中に引っ越してきた当時と比べて、くらやみ祭りで外国人観光客を
見かけることは増えたと思う。今年もけっこういた。これは大変嬉しいことだ。
しかしもっとガンガン来てほしいぜ。

ウォヴィッチの聖体祭を見に行った時、地元に人がイ課長に「よくぞ日本なんぞから
この祭りを見に来なすった!エラい!」とホメてくれたけど、くらやみ祭りの3日間は
ウォヴィッチ聖体祭よりさらにシャッターチャンスが多いのはイ課長が請け合うぞ。
f0189467_23515526.jpg
 
くらやみ祭り、明日もやってます。
明日はいよいよクライマックスの神輿渡御。写真を撮りたい方は早めに場所取りを。
大国魂神社をウロついてるヒゲの巨大ロボットがいたら、それはたぶん私です(笑)。

今年はインドネシア語もつけてPRしちゃおうかな。

Every May 3th 4th 5th.
You can see the Japanese traditional festival in Fuchu.
It
's called Kurayami Matsuri(Darkness Festival).
Don't miss it !


ทุกพฤษภาคม 3 4 5
ท่านสามารถเข้าดูเทศกาลประเพณีของญี่ปุ่นใน Fuchu
มันเรียกว่า Kurayami Matsuri (ความมืดเทศกาล)
พลาดไม่ได้!


Mỗi ngày 03 Tháng Năm thứ 4 thứ 5.
Bạn có thể xem lễ hội truyền thống của Nhật Bản tại Fuchu.
Nó được gọi là Kurayami Matsuri (Darkness Festival).
Đừng bỏ lỡ nó!


每個5月3日4日5日。
你可以看到在府中日本的傳統節日。
這就是所謂的Kurayami Matsuri(節黑暗)。
千萬不要錯過!


Setiap Mei 3th 4th 5th.
Anda bisa menyaksikan festival tradisional Jepang di Fuchu.
Ini disebut Kurayami Matsuri (Darkness Festival).
Jangan lewatkan! Setiap tanggal Mei 3th 4th 5th.




[PR]

by tohoiwanya | 2017-05-05 00:09 | 日本での私生活 | Comments(0)
2017年 05月 01日

ゴロゴロ君2号を買う

8月の旅行までにやっておかなきゃならんことはいっぱいあるんだけど、
旅行用の新しいスーツケースを買うことはその中でも優先度が高いことだった。

2月にゴロゴロ君が昇天した後、一応チマチマと研究はしていた。
で、大まかな方向性としては以下の通りとなったのである。 

①日乃本錠前製のオイルパックキャスターに賭ける!

 とにかくスーツケース業界においてヒノモトキャスターのブランド力の高さはすごい。
 どんなに調べてもヒノモト以外のキャスターメーカーなんて全然出てこない。特に
 摩耗を防ぐ潤滑油封入式のヒノモトオイルパックキャスターはどこでも推奨されてる。

 ゴロゴロ君もキャスターから壊れたくらいで、キャスターの重要性は痛感させられました。
 どんなに堅牢なキャスターでも回転摩耗からは逃れられないわけで、潤滑油を封入して
 摩耗を緩和するオイルパックキャスターの威力を確かめてみたくなってきた。よし、今回は
 このキャスターに賭けよう。本体より先にキャスターのブランドが決まった(笑)。

②本体メーカーはS社あたりかな
 日乃本オイルパックキャスターを採用してるスーツケースメーカーは少なくない。
 国産品質を売りにするA社が日乃本キャスターを使ってるかどうかはわかんないんだけど
 S社がオイルパックキャスターを使った軽量タイプをたくさん出してる。生産は中国だから
 A社製より価格も安い。レビューを見るとスーツケースの評判はなかなかいいようだ。
 
③値段はどこで買っても同じ
 東急ハンズだろうがamazonだろうが、同じ機種はどこで調べてみても同じ値段。
 カラーなんかは店頭で実物を見ながら選びたいところだけど、日乃本キャスターを使った
 S社製スーツケース全機種・全色揃えた店なんてない。さてどうすっか。

・・と、年度末時点でこのあたりまでは煮詰まっていたわけだ。

8月の旅行も決まったからいよいよ買わないと・・と思っていた4月のある日。
ご存知のように最近は通販でスーツケースをちょっと調べようモンなら、後日ブラウザに
次々とスーツケースの広告が出てくる。たまたまamazonの広告をポチッとしてみた。

すでに何度か見たS社製、日乃本キャスター使用のスーツケースが出てくる。
まぁ結局このあたりだよなぁ。色は何がいいかなぁ?と思いながらあれこれ見てた。
すると、あれ・・あれ?何で緑と赤だけ値段が安いの?(白もちょっとだけ安いね)
f0189467_22265259.jpg
 
この機種、92Lタイプで約3.5万円のライン。黒もグレーもも全部同じ値段。
しかし緑と赤だけ2.9万円。6,000円ってすごい差だぜ?上に書いた③の条件がトツゼン
崩れ去ったことになる。

S社のサイトで調べてみると、どうも緑と赤は生産終了カラーらしい。ははぁ。
型落ちカラーだから値引きってわけか。でも性能は同じわけだろ?それで6,000円も安いなら
これはお得だよ。容量的には十分だし、よし買っちまえ。あとは緑か赤かの選択だ。

結局イ課長はグリーンにした。赤いスーツケースって女性用の定番カラーだけど、
緑は少ないんじゃないか?珍しい色の方が空港の荷物回転寿司で間違えられづらい。
で、先日届いた実物がこれ。ゴロゴロ君1号はゴールド、2号はグリーンというわけだ。
f0189467_22274485.jpg
 
1号と大きな違いと感じるのは深さだね。タテヨコはそんなに変わりはないけど
かなりマチが深くなってる。サイズに制限がある航空機預け荷物の場合、容量を大きく
するために最近はマチを深くするものが増えてるんだと。
f0189467_22294319.jpg
 
ただ、深さが増えた分、以前に持ってたスーツケース用ベルトも1号の時ほど余裕がない。
薄汚れたから、ベルトも買い替えよっかなぁ?

何はともあれ、とりあえずこれで一つ懸案解決。
イ課長はこのグリーンのゴロゴロ君2号と共に8月に飛ぶのである。うふふ。


 

[PR]

by tohoiwanya | 2017-05-01 00:17 | 日本での私生活 | Comments(4)
2017年 04月 12日

乳海撹拌・トンデモ余話

いきなり変なネタですんません。
東南アジアから英国ネタに戻る前に、ちょっと中休みでインドの話を。

去年の秋だったか、イ課長はたまたま神保町の古本屋でインド神話に関する本を買った。
(とんぼの本で、ビジュル豊富な上に安かった)

インド出張でガネーシャの頭が象である理由をシンさんに教わったくらいだから、イ課長だって
インド神話に多少は触れたことがあるけど、この本のおかげでさらにインド神話知識は増えた。
本日はその中からイ課長が最も衝撃をうけた話をご紹介したい。いや実はその話ってのがさ、
以前にこのブログで書いた、ある記事と深~く密接に関係してるのだ。

本日のネタと密接に関係する過去記事って、実は例の乳海撹拌なのだ。
お読みでない(ないし忘れた)読者はお手数ですが、こちらであらすじをご確認いただきたい。
あの中で、神々とアスラの間で秘薬アムリタの争奪戦が起き、一度はアスラに奪われたけど
ヴィシュヌ神が絶世の美女に変身し、色仕掛けでうまく取り返したと書いた。で、神々だけで
アムリタ飲んでめでたしめでたし・・だがそこにはトンでもない余話があったんですねー。

問題はヴィシュヌが変身したっていう絶世の美女だ。美女としての名前はモーヒニー。
アムリタを取り戻したことでモーヒニーはみごとミッション・インポッシブルを完遂したわけで、
思えばこの時すぐ元の姿に戻っていれば何も問題は起きなかった。しかしヴィシュヌはなぜか
ミッションが終了しても美女モーヒニーの姿のままでいたみたいなんだよ。
f0189467_22124834.jpg
 
するとあろうことかあるまいことか。
シヴァ神が絶世の美女モーヒニーを見て一目ぼれ&激しく欲情してしまった。ハァハァいいながら
「やらせろ」とモーヒニーに迫る。

「おめーバカか?オレはヴィシュヌだよ!おいシヴァ、てめーなにオレ見てコーフンしてんだ?
 このサカリ犬!脳ミソ海綿体のエロザル!!北極行ってメスのオットセイとでもヤッてろ!!」

・・・と、イ課長がヴィシュヌの立場ならそういう主旨のことをもっと口汚く言うだろう。

だがあろうことかあるまいことか。
ヴィシュヌはなぜかモーヒニーになったままシヴァと交尾したっつうからタマゲるじゃねぇか。
ってことはヴィシュヌの方にも多少は「その気」があったってことになるが、このケースの場合、
「その気」が同性愛なのか異性愛なのか、判断に苦しむ。
f0189467_22132396.jpg
 
驚くのはまだ早い。
何と、ヴィシュヌはその時の交尾でみごと懐妊し、赤ん坊生んだっつうんだから、もはや
どういう風に呆れたらいいのかわからん(笑)。ヴィシュヌは絶世の美女に変身した時、
内臓器官も変身させて卵巣とか子宮とかを形成させたと考えるしかない。

だいたいヴィシュヌって乳海から出てきた美女・ラクシュミーを奥さんにしたばっかだぜ?
アムリタ争奪戦はおそらくその後だ。ってことはヴィシュヌは新婚の妻がいる身でありながら
女に変身し、ヨソの男とヤっちまい、懐妊したことになる。新婚早々不倫して、妻より先に自分が
妊娠する亭主の気持ちを想像するのはイ課長には不可能だ。
f0189467_22131881.jpg
 
確かに多くの神話において神々はヤリたがる連中ってことになってて、ギリシャ神話なんかでも
ヤリまくってる。好色ゼウスは両刀使いで美少年ともヤッてたはずで、男色だって十分アリだ。
特にインドは昔から性力信仰(シャクティズム)が盛んだったはずだから、このくらいで
ビビッてはいけないのかもしれないが。

ところでヴィシュヌとシヴァの交尾によって生まれたその子、どうなったか?
両親はヒンズー教におけるトップ2の神様なわけだから、インド神話の世界観においては
これ以上望みようがないくらい超神聖な遺伝子を持ったコドモってことになる。

その子供の名はアイヤッパン。別名ハリハラプトラ。え?聞いたことない?それもそのはず。
このアイヤッパンはインド南部ケララ州あたりじゃ信仰が盛んだけど、北インドではシヴァの息子として
“認知”されてないんだと。奥さんのアカから生まれ、シヴァの遺伝子なんてヒトカケラも入ってない
ガネーシャがシヴァの息子として(さらにその姿で)人気が高いのとはえらい違い。

超スーパー神聖な血を持ってるのにアイヤッパンの人気が地域限定で全インド的になれない理由って、
やっぱ“不品行すぎる両親”を持ったことが影響してるんじゃないかなぁ?
以前書いた乳海撹拌にはこういう「いくら何でもそれは」というような余話があったのでした。
f0189467_22295600.jpg
 
なお、本日使用した画像は全部ディーピカー・パードゥコーンというインドの女優さんざます。
たまたま彼女がある映画(神話とは関係ないようだ)でモーヒニーという役を演じてたもんで、
「モーヒニー」で画像検索したら引っかかったのだ。世界の最も美しい顔100に毎年選ばれるくらいの、
現代版絶世の美女を“参考画像”として使用させていただきました。


 

[PR]

by tohoiwanya | 2017-04-12 00:09 | 日本での私生活 | Comments(0)