カテゴリ:日本でのオシゴト( 32 )


2012年 09月 29日

インドへの道 その3

インドへの道は険しい。

いやもうきついっす。クタクタっす。
インド出発前に疲れて体調こわしそうッス。

インド出発は月曜の深夜、正確には火曜の0時20分なのである。
そこまで押し迫っているのに、やるべき準備はヤマのように貯まっている。
それなのに、なぜ木曜日に大阪まで出張なんてしないといけないんですか。
本日も土曜出勤しております。少し休ませてください。

ううう・・・問題山積のイ課長。
しかしその中でも重要な問題は荷物だ。
月曜の深夜に出発するってことは、イ課長は月曜に出社して、夜そのまま空港に行くわけだ。
ということは朝の通勤のときにあのゴロゴロスーツケースを…? むりむり。
あんなの転がしながらラッシュの地下鉄なんて乗れない。

しかもだ。
ご存知のように1日の月曜日は・・・台風だ。
非常に強い台風が本州を見事に踏んづけていくことが確実視されている。
そもそも月曜にちゃんと会社に出勤できるかどうかも危ぶまれる状態ではないか。

なんてひどい運命。インドへの道、険しすぎます。
ヘタしたら羽田から飛行機とばないんじゃないかという不安すらある。

今のところ、考えられる最上の策としては、明日の日曜日も出社することだ。
日曜のすいた電車で出社するときにゴロゴロスーツケースを持ってきてしまう。
そうすりゃ月曜は身軽になれるから、台風でも何とかなるのではないか?

しかし、あまりに忙しくて荷造りなんてまだ全然やってない。
今夜、ウチに帰ったらやるしかない。
そして、明日また会社来るのか…。

あーーーあ。
f0189467_1892490.jpg

すみません。疲れ果てたイ課長、本日の更新は単なるグチでした。
え?写真、これはね、大阪出張中に唯一撮った携帯写真なのである。
なんでこんなつまらないモノを撮ったのか、疲れてたから自分でもよくわからないのである。


 
[PR]

by tohoiwanya | 2012-09-29 18:09 | 日本でのオシゴト | Comments(4)
2012年 09月 18日

ビザ、びざ、VISA

ようやくインド入国ビザが取れた。

思えば8月21日に「インビテーションレター送っちくり」ってメールを出してから、
3週間強、申請用の写真を撮りなおしたり(背景白で明るい服だと肩のラインが
トンでしまうのだ。肩のラインが明確じゃないとダメ)、途中インド大使館の
システムトラブルやらで、ずいぶん難航したけど、書類がインド大使館に入ってからは
旅行代理店担当者も驚くようなスピードであっさりとビザがおりたのである。

「大使館に入ってからは1週間から10日」って言われた。
旅行代理店がインド大使館に書類を提出したのがおそらく7日金曜か、10日月曜。
で、ビザの発給日が11日火曜っつうんだから、これは早い。
しかしまぁ、何にせよとりあえず、良かったよ。

今回、ビザでいろいろ気を揉んだけど、考えてみればイ課長ってこれまでの
海外渡航歴で「ビザをとる」というのは今回でやっと3回目なんだよね。

最初は80年代に米国行った時とった(当時は観光でも米国はビザが必要だったのだ)。
あと90年代に中国出張した時とったのが2度目。そして今回のインドビザとなるわけだ。

ちょっと懐かしくなったから、昔のビザがどんなんだったか見てみた。
米国の入国ビザはこんな感じ。
f0189467_058499.jpg

ふーむ…87年にコレをとった当時は一度とると5年間有効だったわけだな。
米国はビザなし渡航が当たり前になった今となっちゃ懐かしい。

96年の中国ビザはこんな感じ。
スタンプ式というところは米国と似てるけど、有効期限には大幅な違いがある。
f0189467_0591899.jpg

96年10月6日支給のビザで、有効期限が同じ年の12月6日って…たった二ヶ月なの?
みじけぇ~。あれ以来行ってないけど、いま中国に入国するときってどうなんだろ?

さて、今回のインドのビザ。
80年代・90年代からは技術も発達したせいか、だいぶ様変わりしている。
スタンプ式じゃない。シール式だもんね。
f0189467_10860.jpg

昔の米国や中国のスタンプ式ビザが「このパスポートの持ち主に対するビザ」とすれば、
インドは写真や氏名等々が入って「特定個人に対するビザ」という性格が強調されてる。
(上の写真では名前やビザNo等々、ぜんぶ消してるが)

シール式ビザって「はがして別のパスポートに貼り直す」ことも理論的には可能で、
それを防ぐためにこうやって写真や個人名を入れるんだろうな、たぶん。

しかしまぁ、とりあえずコレを貼ってもらえて良かったよ。
これで「出張準備は全部整ったけど出張行けません」という喜劇的事態だけは避けられる。
行った後に過酷な毎日が待っているだろうとはいえ、やはり「とりあえず行ける」状態に
なってくれないとねぇ。

もっとも、ビザが取れたから「行ける」っていうのは、とりあえずインドの空港までで
ビザは入国を保証するものではない(…のだということを今回初めて知った)。
空港の入国審査でハネられる可能性だって、ごくわずかにはあるんだけどさ。

インドビザが取れたのを記念?して、本日はイ課長のこれまでの
「ビザコレクション」という変テコリンな企画でした。
珍しい国のビザを持ってる方がいたら、ぜひご自分のブログで見せてほしいなぁ。

 

[PR]

by tohoiwanya | 2012-09-18 01:00 | 日本でのオシゴト | Comments(8)
2012年 08月 16日

判決前夜

ルーアンの続きを書きたいところだけど、イ課長はいまそういう気分ではない…。

明日なのだ。

前に書いた激暑国出張問題
その出張に行かずに済むか、行かざるを得ないかの決着が、明日くだる。
無罪か死刑かの判決を翌日に控えた容疑者のような、暗い気分なのである。

明日、イ課長が書いた企画書がコンペに勝てば行かずに済む。
しかし、先日判明したところでは、コンペの競争率は5倍だ。5社競合。
すなわち受かる確率は20%、残り80%は暑いあの国に行くということになる。

確率的には「ムリっぽいかも…」と思わざるを得ん。
これが判決前夜のイ課長の心をいやがうえにも暗くする。うううう・・・

いや、そりゃね?あの国に出張することになるとすれば、おそらく
新たな海外出張ネタをヤマのように仕入れることになるのは間違いない。
イ課長ブログが海外出張&海外旅行ネタを中心に存続していることを考えれば
新たなネタの宝庫を獲得することは喜ばしい。

しかしだよ。
イ課長も、ブログ作者である以前に一人の良識あるビジネスマンだ(ホントだってば)。
あの激暑国出張の仕事はヤバいよ。仕事内容も難しくてタイヘンだし、肝心の責任者は
「僕にはこの仕事のリーダーは無理です」なんてアラレもないことを口走って、とにかく
誰かに負ぶさりたい気マンマン(笑)。

そういう状態のところにイ課長が「しょうがない、手伝いますよ…」なんて言ってみ?
溺れる人間にしがみつかれてイ課長まで溺れちまいかねん。
こういう危ない仕事は巧みにスルーするのが良識あるビジネスマンというものなのだ。

しかしまぁ、とにかく明日の判決次第だよ。
明日の判決が凶と出れば、イ課長はすぐに激暑国に入国するためのビザの心配を
しなければならなくなる。ガッカリしてるヒマもないくらいなのだ。

来年欧州出張がある仕事の方だって秋はいろいろ忙しいのにさーー。
激暑国出張なんか重なったら、そっちにまでしわ寄せがイクじゃんよーー。
やだなーーー。
f0189467_03428.jpg

…まぁ、そんな気分なわけですよ、今夜のイ課長は

読者のみなさんも祈っててほしい。
どっちの判決になることを祈るかはご自由だが(笑)。

本日もまた適当な写真がない。
たまたま終戦記念日でもあるから、昔みた「東京裁判」の写真でも貼っておこう。
極東軍事裁判で絞首刑を宣告された東条英機の写真。不吉だなーーーーーー。

 

[PR]

by tohoiwanya | 2012-08-16 00:03 | 日本でのオシゴト | Comments(6)
2012年 08月 02日

イ課長の苦境 -その2-

以前に同じ標題で書いた記憶があるので、今日は「その2」。

せっかく去年11月出張でのルーアンネタ消化が順調に進み始めたところなんだけど、
別の話をさせてくれ。イ課長はいま仕事上、きわどい立場に立たされているのだ。

ミクシにも書いたけど、実は今年度も海外出張することが確実になった。
理由は単純。受注した仕事が「海外出張つき」だったってことなのである。

時期としては来年の2月頃。行き先の詳細はまだ未定だけど、いずれにしても欧州であることは
間違いない。また欧州出張ですよ。2月の欧州出張…クソ寒いだろうなぁ…ううう。

しかしこれはまぁ仕方ない。
イ課長だってこう見えて、一応は良識ある企業人なのだ(ホントだってば)。
「もしこの仕事が決まれば欧州出張だな」ってのは企画書を書いてる時からわかってたわけだし
受注が決まりゃサッサと腹をくくる。決まった以上は行くよ。行きゃいいんだろ。
来年2月、極寒の欧州に出張してきますよ。ふん。

ここまではいい。
イ課長が欧州出張付きの仕事を受注し、担当者イ課長が欧州出張に行く。
このブログの読者にすれば「いつものパターンね」ってなもんだ。これまでにも何度もあった欧州出張が
今年度も発生しちゃったよという話。
f0189467_042843.jpg

しかし、ここに弊社の別の部署がからんできて事態が複雑になった。
便宜上、その部署を仮に「営業部」としよう。

営業部でも、今年度ある仕事を受注した。
その仕事にも海外出張がくっついてるんだよ。しかもその行き先っていうのがさぁ…
まぁ要するに暑い国なのだ。激暑国といっていい。現地の厳しい気候や衛生状態を心配し、
行く前に予防注射しないとマズいのかな?ビザ取るの面倒らしいな…とか、いろいろ
心配しないといけない国。その国に最低2回は出張しないといけないらしい。

営業部としてはその仕事をイ課長に手伝ってもらいたくてしょうがない(笑)。
どんな風に手伝うかっつうと「激暑国出張を1回はイ課長さんに行ってもらう」というもの。
だがご存知のようにイ課長はキョーイの暑がり&汗っかき。暑い国への海外出張では過去に
辛酸をなめた経験も多いだけに、腰が引ける。
f0189467_05238.jpg

率直に言って、その激暑国の出張からは逃げたい。
しかし「暑いからイヤ」とは言えん。さっきも言ったようにイ課長は良識ある企業人だ。
良識ある企業人は「忙しくて無理です」とは言えても「暑いからイヤっす」とは言えん(笑)。

欧州出張のある仕事を受注したんだし、「忙しくてムリ」と断りたいところではあるのだが、
その仕事1本だけじゃ、断る材料としてはまだまだ薄弱。
「イ課長さん、その仕事だけならまだ余裕あるでしょ?激暑国行ってきて」と言われる。
他にもう1本くらい仕事をとれば「忙しくてムリです…」と言いやすくなるんだが…。
f0189467_052516.jpg

そんな状況で、先日イ課長とクダンの営業部長の間で重要な会談が行われた。
その結果、ある結論に達した。明確でオトコらしい結論だ(笑)。

①8月に、イ課長は別の新しい仕事のコンペ企画書を書く。
②もしそのコンペに勝ったらイ課長は忙しくなる。激暑国出張はムリ。さよなら。
③もしそのコンペに落ちればイ課長はさっそく9月にも激暑国出張にゴー。

非常にわかりやすい。「そこを何とか…」だの「無理を承知で…」だの曖昧な要素は一切なく、
コンペに受かるか、落ちるか。激暑国に出張するか、しないかのイッパツ勝負。

え?こんど企画書作る仕事も実は海外出張ついてるんだろうって?
ところがギッチョン。今回はそんなオチはないの。そっちの仕事は出張があるとしても
国内出張がせいぜい数回。ごく穏当な仕事だ。イ課長としては断然ソッチがいい。

しかしねぇ、どうも状況はイ課長にとってかんばしくない。
コンペである以上、競争率というのが大きな問題だ。もしウチ1社しか参加してなければ
イ課長の勝利は約束されていることになる。

しかし今回のコンペ、競争率が高そうなんだよ。上に書いた欧州出張つき仕事は3社競合の末に
取ることができたが、今回は少なくとも6~7社は来そう。単純計算すれば勝つ確率は
せいぜい2割あるかないか。うぐぐぐ…こんなに競争率が高かったとは…。
f0189467_054896.jpg

しかし激暑国出張は勘弁してほしいなー。
別にその国が嫌いなわけじゃない。とにかく暑い国への出張ってのがダメなの。
「それなら、冷房の効いたホテルでじっと過ごしてればいいじゃん」とヒトは言うが、
どくとるマンボウの教えの信奉者であるイ課長は、外国、特に初めて行く国なんかであれば
寸暇を惜しんで街を見ずにはいられないタチだから始末に困る(笑)。

…しかしもう何を言っても仕方がない。
サイはふられてしまったのである。勝負なのである。
いやぁ…この会社に入って以来、こんなに真剣に企画書作るのは初めてかも。
そのコンペにイ課長が勝てるように祈ってほしい。


…「激暑国出張でヒイヒイいってる話をブログで読みたい」と今言ったのは誰だ?!

(本日は適当な写真がなかったので、「暑そうな写真」をネットからひろってきました)

 

[PR]

by tohoiwanya | 2012-08-02 00:07 | 日本でのオシゴト | Comments(12)
2012年 01月 25日

イ課長の苦境

ああーーーーーーーーーーー (←魂の叫び)

…あ、いや、冒頭からいきなり取り乱して失礼しました。
雨が降ってきたとか、バロック・マックだとか、のどかなウィーン旅行ネタを書いてきたが
実はイ課長はここ一週間ほど極めて厳しい苦境にある。

仕事が忙しいのか?いや、それは実はそうでもない。
ナニがどう苦境なのかといえば、焦点は一つしかない。
3月にまたもや欧州出張しなければいけないことになりそうなのだ。

先週の火曜、降って湧いたように新しい仕事をしなければならなくなり、
その新しい仕事は3月末までに仕上げなければならないにもかかわらず
またもや欧州出張があるかもしれない。

またもや欧州出張
またもや欧州出張
またもや欧州出張…


…出張の神さま、私は何か前世で罪を犯したのですか?
私は昨年11月下旬から12月初めに欧州出張行ってきたばかりなのですよ?
まだその時の欧州出張ネタもほとんどブログに書いていないのですよ?
それなのに、またもや欧州出張ですか?

出張の神というものがもし存在するとすれば、それはことのほか残酷な神なんだと
イ課長はここ数日思うようになった。

まさかこんなことになろうとはなーーー…

さっきも書いたように、先週決まった仕事は3月末が締切だ。
言うなれば「超特急シゴト」といえる。
それに付随した欧州出張もかなり「超特急出張」にならざるを得ない。

またもや欧州出張というショックに打ちのめされた頭を振り絞って
いまオオマカな出張プランを考えてるところなのだが、イ課長がこれまで経験した
どんな欧州出張よりも短いものになるのは確実だ。

これまでの標準的な欧州出張だったら月曜から金曜までを仕事に充てたが
今度の出張はたぶん「火曜から木曜」くらいがせいぜいだろう。

ってことは、月曜に出発し、向こうでの仕事はせいぜい火・水・木の3日間。
金曜にはもう現地出発…てな感じにならざるを得ん。ヘタしたらもっと短いかも…。

まぁね、そりゃイ課長だって(信じてもらえないかもしれないが)マットウな社会人として
企業で生きている人間だ。やらなきゃならんとなれば、たぶん何とかするんだろうが…

現地で一日くらい観光させてくれよ…(心配することはソレかい!)


ああーーーーーーーーーーーッ!! (←魂の叫び その2)

 

[PR]

by tohoiwanya | 2012-01-25 01:07 | 日本でのオシゴト | Comments(6)
2011年 11月 20日

海外出張出発前夜

大量のアンダーシャツ、大量のワイシャツ、大量の靴下、何本かのネクタイ、
現地は寒いらしいから様々な防寒衣料…と出張用荷造りが大体終わったところで
大量のパンツを入れ忘れたことに気付いたイ課長です。

今回は荷物が多い。
大きな理由は出張期間が長く、現地で面談する相手の数も多いということだ。
そうするとどうなるか?現地で渡すためのお土産も多くなるのだ。

イ課長は海外出張のとき、現地で面談した相手に御礼としてちょっとした日本のお土産を
渡すことにしている。いくつも持ってくわけだから、軽くてガサばらず、しかも
「日本のおみやげ」として外国の人に喜ばれるもの。アナタなら何を持って行く?
イ課長は毎回袋入りの日本茶を持ってくことにしてる。1袋500円の安物。

しかし、これが予備も含めて16袋あると相当のカサになる。
さらに、現地で会うグループ企業の人たちにもお土産を持っていく必要がある。
日系企業に500円の安いお茶というわけにはいかんから(笑)、もう少しリキの入った
お土産を用意する。これがまた難しいんだ。軽くてガサばらなくて個数がたくさんあって、
しかも生菓子なんかじゃなくて日持ちのするお菓子。難しいでしょ?

こういうケース、これまで虎屋のヨウカンにしてた。
これは「軽い」という条件には全くあてはまらないけど、箱は薄くてコンパクトなのだ。
しかし、今回は和風ラスク?なんてものにした関係で、ヨウカンより大幅に軽いけど
箱は非常にガサばってしまった。

今回は仕事用の資料とかはあまりたくさん持ってってない。
(持ってったって、どうせ向こう行きゃ資料なんてロクに読みゃしないんだよ)
それなのに和風ラスクと大量の日本茶のせいでスーツケースはパンパン。

まぁ仕方がない。
お茶は日程消化とともに徐々に減っていくし、余れば通訳さんにあげる。
ラスクは金曜の夜に会う現地担当者に渡す予定だから、それまでの辛抱だ。

今回の出張はねぇ、来週の金曜まではとにかくいろんな意味で「辛抱」なんだよ。
明日泊まる月曜夜のホテルから木曜夜のホテルまで、4日間で4つのホテルに泊まる。
つまり、連泊するホテルって一カ所もない。毎日新しいホテルにチェックインし、移動し、
別のホテルにチェックインってのを繰り返すわけで、これは疲れる。

金曜・土曜の夜をようやくある街のホテルで連泊できる。ここでやっと一息つける。
「ホテルに戻って自分の部屋で休む」ってことがやっとできるようになるわけだ。

ま、その次の月曜からはまた連日の早起きで、第二の訪問国の中を
アッチコッチ行かないといけないんだが…。
f0189467_23135959.jpg

というわけで、海外出張出発前夜のグチでした。もちろん写真も借り物。
一応、行き先はミクシィでもココでもヒミツにしておくけど、
現地のホテルでネット接続できたら近況をご報告します。
去年の出張の時みたいに寝過ごすことにないようにしなければ(笑)。



[PR]

by tohoiwanya | 2011-11-20 23:14 | 日本でのオシゴト | Comments(2)
2011年 11月 06日

海外出張ホテル探し

いやはや…また更新の間があいてしまいました。
文化の日も、もちろん金曜日も、そして土曜も日曜も自宅に持ち込んだPCで
仕事&出張準備に忙殺されるイ課長です。

今回に海外出張準備はホントにキツい。つくづくそう思う。なぜかというと…
①出張期間自体が長い(11泊13日)。
②行くところが多い(3カ国訪問、宿泊するホテルは6都市で7軒)
③当然、移動も激しい(飛行機や鉄道の手配がメンドクセー)
④関わる人間の数が多い(全旅程同行者から一日だけ同行者まで…うああ)
⑤変更も多い(日程変更、訪問都市変更、通訳変更等々…)

そんな状態のイ課長だから、ウィーンの美しき思い出をじっくり書くココロの余裕もない。
先週はひたすらネットでホテル探しと予約、鉄道時刻表確認と切符の予約っていう作業を
繰り返してた。

そういうわけで、今日はもう海外出張ホテル探しについて書いちゃうぞ、ちくしょう。
前にも一度書いたことがあるが、もう今はそれ以外のネタを書く気分ではないのだ(笑)。

上にも書いたように今回の出張は移動が激しく、7軒のホテルを予約する必要があった。
海外出張でホテルを探す場合、イ課長はいつも自分でホテル予約サイトを検索しまくり、
予約しまくる。旅行代理店に全部任せちゃうって経験が一度もないんだよね、実は。

考えてみたら、イ課長が16年前にアジア4カ国に生まれて初めて海外出張した時も
「地球の歩き方」を見ながら国際電話して予約したもんだった。貧乏性イ課長は
海外出張の時、旅行代理店にホテルを頼むって発想がそもそもないらしい(笑)。
それに、代理店に頼むと高いくせにロクでもないホテルをつかまされそうで…。

海外ホテル予約だと最近はexpediaが有名だけど、イ課長は2007年の時から
ずっとBooking.com の方を使っている。ヘビー・カスタマーといえるだろう(笑)。
今回の出張ではこのサイトの地図機能が大活躍してくれた。

たとえば、11月21日月曜日(これは今回の出張の出発日なんだが)の夜にイ課長が
ロンドンに1泊する必要があり、そのホテルを探すとしよう。ダイダイ色のマークが
11/21の夜に部屋があるホテルってわけで、たくさんありすぎる。824軒なんて。
f0189467_21262248.jpg

ここから絞り込むわけだが、イ課長がまず重視するのは「場所の選択」だ。
「迷ったときは駅のそば」というのは海外出張時のホテル探しのポリシーといえる。。
これがシンガポールとか、ワシントンDCの時みたいな「1都市滞在型のシゴト」だと
話は変わるんだけど、欧州出張なんかだと早起き・長距離移動が多いんだ、これが。

で、パディントン駅周辺あたりでどうだろう?って感じで地域を絞ってみるわけだ。
するとこんな感じでダイダイ色の印がパディントン周辺に限られてくる。
多少選択範囲が狭まったとはいえ、66軒。まだいっぱいある。
f0189467_21283782.jpg

次の条件としては「値段」だよな。
イ課長の会社の出張規程は、国内の場合は「いくらまで」って決められてるんだけど
海外に関しては宿泊料金の規定はない。都市によって相場もだいぶ違うってこともあるけど
値段以外に安全とか衛生とか、そいう要素もからむから、一概に値段を決められないって
事情もあるだろうな、海外の場合。

まぁロンドンなら治安や衛生は問題ないだろうが(そうでもないか?(笑))
とりあえず、出張宿泊ホテルとして妥当なあたりってことで三ツ星ホテルに絞ろう。
そうするとこれだけになる。
f0189467_21374523.jpg

27軒。だいぶ減った。あとはこのダイダイ色をクリックして探すしかないんだけど、
たとえば去年イ課長が泊まったホテルの場合はこんな風に表示される。
f0189467_21384263.jpg

ここでイ課長の目は右上の評価点数に吸い寄せられる(笑)。
ホテルの紹介文なんてアテにならないが、宿泊客の評点はかなり信頼できる。
「とても素晴らしい」「素晴らしい」「良い」「満足」「普通」「まぁまぁ」「がっかり」…と
評価は細かく何段階もあって、この評価とレビューの内容を読みながらホテル探しするのは
それはそれでけっこう楽しい。…時間があるときはね。
(ちなみに、このホテルをみると去年書いたイ課長のレビューもまだ載っている)

8.4という宿泊者からの評価はかなり高いといっていい。しかも駅にも近い。
有力候補ってことで、もう少し詳細をチェックしよう。
f0189467_2139482.jpg

1泊18,321円って、去年泊まったときよりグッと高くなってて、この値段だと
見送らざるを得ないが、ここでは値段はイイとして、イ課長が重視する項目は
「キャンセル無料」というところだ。

出張だと、日程変更でホテルをキャンセルしなきゃいけないことがマレにある。
そういう時、「返金不可」か「キャンセル無料」かの差は大きい。なるべくなら
キャンセル無料のところに予約してリスクを避けておきたいところだ。

さらに、個人的にイ課長はどうしても「朝食つき」かどうかにこだわる。
どうせロンドンのホテルの朝食なんて大したことはないだろうとわかってても(笑)
朝食がついてると助かるんだよ。いちいち外に出て朝メシ食える店探すのは面倒だし、
朝食別途料金だと、平気で15ユーロ(今のレートで1600円、昔なら軽く2000円超)くらい
とられるからバカバカしい。特にヨーロッパなら朝食付きホテルがいいと思うなぁ。

もちろん、部屋の広さ(21㎡ならまぁまぁ)や設備(バスタブがあるとうれしい)とかも
チェックする。しかし、これは部屋が狭く、シャワーのみでも我慢できなくはない。
しかし、出張においてはそれ以上に重要なチェック項目があるのだ
f0189467_2140719.jpg

それはネットが無料かどうかだ。
これが有料だと、一日に20ユーロとか、1分で2ユーロとか、トンでもない金をとられる
ケースがある。旅行だったらそもそもパソコンなんて持っていかないから関係ないけど
出張ではネット接続は不可欠だし、無料のところがイイに決まってる。

…と、1つの宿泊先を決めるまでにこれだけのことをいろいろ考えなきゃいかん。
もちろん初めて行く街だと土地カンもないから、最初の「場所」という条件を決めるのにも
あれこれ悩まないといかん。

そういう作業をこの数日で7つ。
出張ホテル探しにゃホトホトうんざりだぜ、というのが今のイ課長の気分なのだ。

しかし、過去こうやって海外出張のホテル探しを全部自分でやってきたけど、
そのおかげかどうか、これまでメチャクチャひどいホテルってのには泊まったことがない。

ウチの会社でも、旅行代理店に頼んだホテルが想定と全然違って、
ホテルを代えるだのナンだのって騒ぎになった例を知ってるけど、イ課長自身は
そこまでヒドい経験ってしたことないのだ。

それって、こうやって自分で探してるからじゃないかと思うんだよなぁ。
よしんば、自分で探して決めたホテルが超クソホテルだったとしても、
「自分で決めたんだからしゃぁねぇ」と思えば、あきらめもつきやすい。
これが旅行代理店に「つかまされた」ホテルだと、よけいに腹も立つってもんだ。

あと2週間ちょっとに迫った11泊13日の長い海外出張。
とりあえずホテルは全部決まった。
しかし、他にも決めねばならぬことはまだたくさん残ってる。

…ちょうど出発日の頃にイ課長は過労死しそうだぜ(笑)。




[PR]

by tohoiwanya | 2011-11-06 21:42 | 日本でのオシゴト | Comments(0)
2011年 10月 07日

沈みゆくイ課長

目がまわりそうな日々をおくるイ課長です…。

明日は岐阜に日帰り出張に行ってきます。

再来週は北陸に2泊3日の出張に行ってきます。

海外出張の準備もしなくちゃ。

ううう…

去年、金沢出張で兼六園に行ったのがいつだっけと思って確認したら
たぶん10月20日だ。
再来週、イ課長は10月18日の夜に金沢に泊まるはず。
まぁ単なる偶然ではあるのだが…。


とにかくイ課長クタクタっす。
昨日の夕方あたりはホントにつらかった。


兼六園で撮った「根あがりの松」の写真でもご覧いただいて
今日のところは我慢していただきたい。
f0189467_0361076.jpg

3連休にはもう少し復活する予定なので、もうちょっとお待ちください。

明日の岐阜出張は名古屋で乗り換え。
またせっせと名古屋どらを買おう。ついでに世界のやまちゃん手羽先も買おう。
そして、3連休のリハビリ中にむさぼり食おう。

…ばた。

 

[PR]

by tohoiwanya | 2011-10-07 00:40 | 日本でのオシゴト | Comments(2)
2011年 08月 28日

海外出張者・イ課長の憂鬱

ちょいとブログ更新の間があいたイ課長です。
いや実はねぇ…今年度の仕事が少しヤバい方向に転がっててねぇ。

ブログ横のカテゴリを見てもわかるように、イ課長は2007年から2010年までの4年間に
7回の海外出張を強いられてきた。こんなに頻繁に海外出張してる社員はウチの会社にいない。


今年は仕事の状況から見て、少なくとも海外出張はないと思ってた。


「思ってた」と過去形で書かなければならないところに今のイ課長の苦悩がある(笑)。



8月の後半にいろいろ状況の変化があってねぇ。
今年も海外出張が発生する可能性がノウコウになってきたんだよ。
ここんとこ、そのノウコウになった可能性に振り回される日々が続いてる。

ここから先はグチだと思って読んでほしい(笑)。

これが自分が担当した仕事で、自分が出張するっていうならハナシはシンプルなんだよ。
とにかくガリガリと仕事し、ガリガリと出張準備する。やるべきことはハッキリしてるから
あとはそれを間に合うようにヒイヒイ言いながらやるっていうだけのことだ。

しかし今回は一種のプロジェクトチームの一員としてやらなきゃいかん。
このチーム構成メンバーに多大な問題がある。決断力のあるヤツが一人もおらん。
そういうチームの特徴というのは、とにかく何かっつうと打合せしたがることだ(笑)。

イ課長さん時間あります?ちょっと打合せしたいんですが。軽く、30分くらいで、サクッと…

打合せは大体こういうセリフで招集がかかる。予告される時間はいつも必ず30分。
もちろん、そうやって招集された打合せが30分で終わったタメシは一度もなく、
1時間半くらい不毛にダラッと続くわけだ。
これがほとんど毎日っつうんだから、イ課長、早くもウンザリ気味。

これまでの海外出張ガラミの仕事は自分のことを自分で次々と決めていけば良かったけど
久しぶりに、決断力のない典型的「日本のオヤジサラリーマン」と一緒に仕事してみると
その無駄な時間の多さにホトホト呆れる。
f0189467_22225516.jpg

もう一つ、今年の海外出張でイ課長の心を激しく暗くしているコトがある。
何かっていうと、今年、そのチームの仕事で海外出張しなきゃならんとすると、
誰かがついてくるらしいんだよね。
チームの誰かが、ではない。どこかのエラい人が一緒についてくるらしいのだ。

この事実で、ただでさえ低かったイ課長の海外出張意欲は極限まで下がる。
誰かがついてくるのぉ~?冗談じゃねぇよ~勘弁してくれよ~。

海外出張なんて、普通の海外旅行に比べてプレッシャーは10倍、楽しさは1/10。
昼間は常に仕事相手の現地の人や通訳さんなんかが一緒で気を張ってる。
その緊張から解放されて、ガイコクの街の夜を一人で気楽に味わえるのが
唯一の救いみたいなもんだ。

エラい人が誰かついてくるっていったら、晩飯なんかも一緒に食うわけかい?
仕事が終わっても気ィ使わさせられるのは許してほしいんだよなーーー。
f0189467_2225656.jpg

そんなわけで、海外出張の可能性が急速に膨らんできてはいるイ課長なのだが
過去の海外出張と比べると圧倒的に「行きたくない指数」が高い出張になりそうなのだ。

まぁいい。ここで長々とグチを言っても始まらん。…散々言ったけど(笑)。

今年の海外出張の行き先がドコになるかは一応まだ伏せておこう。
ミクシの方で恒例の「ここはドコでしょうクイズ」をやるかもしれないからね。
f0189467_22253850.jpg

海外出張があれば、ブログに書くネタはそれなりに増えるから、
イ課長ブログ存続という観点から考えれば結構なことではあるんだけど、今回だけは…
特に現地でずっとおエラい人が一緒ってのがなー、気軽に写真も撮れねぇじゃん。

というわけで、今年の秋にも海外出張の可能性が高まってはきたものの、
イ課長自身はだいぶ憂鬱。久しぶりに「日本でオシゴト」カテゴリの記事を書く…
というより書かずにはいられない気分になったというわけなのヨ。
f0189467_2226249.jpg

本日は記事内容に合う写真がないから、海外出張先の夜の写真を並べてみました。
上から2007年フランクフルト、2008年ワシントンDC、2009年シンガポール、2010年ロンドン。
今年の出張はこうやって、夜ひとりで自由に街を散歩することも難しいのかなぁ…?


やれやれだねぇ…(深いタメイキ)…。


ま、少し気分が上向いたらまた普段モードに戻りますから(笑)。

 

[PR]

by tohoiwanya | 2011-08-28 22:27 | 日本でのオシゴト | Comments(2)
2011年 03月 11日

大地震・千葉県北部の状況

大変なことになりました。大地震が起きました。

オフィスにいる時に地震に遭遇した。
キャビネットは倒れるワ、壁にヒビは入るワで、どうなるかと思ったけど、
とりあえずイ課長は無事に生きております。
f0189467_20521679.jpg

会社の前にガクンと段差が出来てしまったよ。
しかしまぁ、この程度の被害で済んで良かったと考えるべきなんだろうな。
宮城や岩手はタイヘンなことになっている。

イ課長の勤め先があるところはカンペキな埋立地。
地震が起きれば液状化現象が起きるんだろな、とは思っていたが、
実際にそれが起きてみるとそのスゴさに驚く。
f0189467_20524964.jpg

こんな風に、地面がバキッと陥没して、その陥没箇所からドクドクと泥が噴出して、
もう地面はドロドロだよ。
f0189467_2053671.jpg

これも、地面が陥没して、自転車の前輪が落ちたところに
ドロが噴き出してこんなアリサマになってしまったんだろう。


電車も全て止まってしまったので、イ課長は本日、会社に泊まります。
しかし、とりあえず無事ですからご心配なく。
 



[PR]

by tohoiwanya | 2011-03-11 20:53 | 日本でのオシゴト | Comments(6)