カテゴリ:日本でのオシゴト( 32 )


2010年 08月 28日

台湾出発前夜

いやー…火曜日に高岡、水曜日に福井という出張を済ませてからというもの、
木曜・金曜はオニのような慌ただしさでロクに台湾観光情報を集めるヒマもなかった。

しかもすでにイ課長のアタマには、おそらく11月になるであろう海外出張モンダイが
徐々に黒い雲となって広がり始めているのだ。
一応、木曜の委員会で今年の出張先についてのオオマカな了承は取ったが、
実はそれについてもちょっと迷いがあって、1週間で2カ国出張のはずが3カ国になる可能性も
ないとは言えない。そのことがイ課長の悩みを深くするわけだが…。

一昨日は、イ課長は福井市にいたんだよなぁ…。
何だか遠い昔のことにように思えるが、確かにいたのだ福井に。ほら。
f0189467_137250.jpg

f0189467_1371546.jpg

しかしアタマの中ではすでに今年の海外出張の心配が始まっている。
しかも、明日の(正確には今日の)早朝にはこの家を出て、成田空港に行って、
朝9:20分の飛行機で台北旅行ときた。

気分的には北陸出張から帰ってきたばかり。
しかし明日の(正確には今日の)、ちょっと遅めのランチをイ課長は台北で食ってるわけだ。
秋の海外出張の心配という、黒い雲を抱えながらね(笑)。
f0189467_1384966.jpg

もう何だかワケがわからん。アタマがついていかん。
とりあえず朝5時に起きて、行ってきますよ。台湾現実逃避の旅に。
美味い屋台の中華メシ食って、足ツボマッサージしてくるよ。

 

[PR]

by tohoiwanya | 2010-08-28 01:39 | 日本でのオシゴト | Comments(0)
2010年 08月 16日

イ課長ふたたびリベンジ

最初に「やけくそイ課長のリベンジ」という標題でブログを書いたのは
去年の4月だ。何だかもう仕事にうんざりして、発作的にパリ旅行を決めた時だった。

実はイ課長は今年も5月頃からずっと仕事にうんざりしている。
まぁ仕事嫌いにかけては定評のあるイ課長だから、会社に行けるのが嬉しいなんて日はなくて、
基本的な就業姿勢は常にうんざりしてるわけだが(笑)。

お盆が明けたら9月初めにかけて提案書を1本、書かないといかん。
8月24〜25日には別の仕事で1泊の国内出張がある。26日には別の仕事の委員会がある。
その委員会では今年度の海外出張の方針について了承をもらわにゃならん。
8月下旬は忙しくなるのが確実だ。

ところが9月以降はさらに忙しくなる。これも確実だ。了承をもらった海外出張の準備も始まるし。
そして、おそらく11月頃にはその海外出張が入る。その頃には国内出張もけっこうあるはずで、
イ課長はゲロゲロになってることは間違いない。そして11月の海外出張が済めば、
来年3月末までひたすらモクモクと(おそらく3冊の)報告書を作らねばならぬ。

この先の自分の仕事状況を考えると、すっかりイヤんなった、イ課長は(笑)。
こういう時は去年と同じように「怒りのリベンジ海外旅行」をするしかないではないか。
え?論理的脈絡がよくわからない?イ課長自身が納得してればいいのだ!
 

というわけで、イ課長は8月28日から3泊ほど海外旅行することに決めた。
火・水と1泊出張、木曜が委員会、クタクタの金曜をはさんで土曜に出発する。
忙しい8月下旬の間隙をぬって、もっと忙しくなる9月前に行ってきちまおうってわけだ。

去年のパリ旅行の時と似たような、発作的タビダチ。こうなるとイ課長は早い。
飛行機の切符をネットで予約し、使い慣れた海外ホテル予約サイトで3泊のホテルも予約した。

行く。
行くったら行く。



そう。イ課長は8月末に台北へ行くことに決めたのだ。
以前に「どっちかに行こうかな」って書いたけど、台北に行くことにしたのだ、イ課長は。

台北には2006年の6月に一人で行ったことがある。
ちなみに、8月末の台北旅行もイ課長ひとりで行くのである。
トホ妻は「ただでさえ暑い台湾に8月に行くなんて狂気の沙汰」と言ってるけど
その言葉は実に正しいとイ課長も思う。
f0189467_046360.jpg

でもしょうがないじゃん!9月以降は(出張以外は)旅行なんて出来っこないんだから!
今年度、旅行できるチャンスは8月24〜25日に出張して26日の委員会をこなした直後しか、もうない。

というわけで、やけくそイ課長はクソ暑い8月にクソ暑い台湾に行くのである。
去年のパリ旅行みたく、「あの時はのんびりと楽しんだなぁ〜」という記憶がなければ、
とても秋以降のキビシい仕事を乗り切れるとは思えないのだ。仕事なんて嫌いだッ!
f0189467_0453770.jpg

台湾に滞在する3日間はもう完全に仕事のコトは忘れよう。
もちろん、パソコンなんて持っていかん。どんな緊急のメールが来ても知らねーよ。
冷房のない夜市の屋台で汗ダクダクになりながら、安くてうまい中華料理を食おう。
足ツボマッサージを連日やってもらおう。ついでに全身マッサージもしてもらおう。
台北から日帰り旅行でのどかなローカル線の旅を楽しもう。

うひひひひひ…。



[PR]

by tohoiwanya | 2010-08-16 00:46 | 日本でのオシゴト | Comments(2)
2010年 06月 21日

2010年度業務予定のご報告

去年の5月、「ご報告」という標題でイ課長ブログを書いたことがある。
イ課長が出していたあるシゴトの提案書がコンペで落ち、落ちたことによってイ課長は
2009年度にマレーシアとトルコの出張に行かず済んでホッとした…みたいな主旨だ。

去年は結局、欧州とシンガポールに海外出張したわけだから、もしアレが受かってたら
もう2つ増えて1年間に海外出張4つ。2008年の「1年に3回」でも半死半生になったのに
年間4回なんつうたら、これはもうカンペキ不可能な仕事量だ。
落ちて残念という気持ちは4%、ホッとしたのが96%くらいって感じだったな。


さてだ…

今年度の仕事に関してもご報告がある。

5月に書いてた提案書2件の合否がわかったからだ。
この2件、仮にAとBとしよう。

Aが受かった場合、海外出張が2件発生する可能性が大。
Bが受かった場合、海外出張が1件発生する可能性が大。
つまり両方受かったら今年は海外出張が3件発生するわけだ。

実はBの方は、3月に「今年もまたこの仕事を頼まれるかも」って書いた仕事なんだよ。
だから、Bは受かる可能性は十分あるとは思ってた。しかしAもとなると…

もちろん、会社、あるいはイ課長の業績という点ではAB両方受かる方がイイに決まってる。
しかしね、1年に3回海外出張なんて、もうムリっす。かんべんッす。
正直に言おう。Bだけ受かって、Aは落ちて欲しいとイ課長は内心では思っていた。
今年の海外出張は1回で許してくれよ…イ課長はもう疲れたよ…パトラッシュ…


そのAとBの合否結果が出たわけだ。


結果はどうだったかというと…








Bだけ受かって、Aは落ちたのだ(笑)。




  ふぅ~~~…




希望通りの展開となって、率直に言って助かったよ。
一昨年みたいな海外出張3連発となると、準備も含めて7月頃から11月までただもう
ひたすら出張準備・出張・出張準備・出張を繰り返してたもんなぁ。他の仕事がでけん。
落ちてくれたことで、他の業務にも対応するヨユウが生まれるってモンだ。

さて、それではイ課長ブログ恒例?の「もしAが受かってたらどうなってたか?」を
ここで明かそう。


もしAが受かってたら、イ課長はたぶん北京とニューデリーに出張したはずだ。
いやーーー、もう想像しただけでも想像を絶するよ(笑)。

北京はそれでもまだいい。
大昔に出張で行った経験もあるし、秋に出張すれば気候もいいってことを知ってる。
「北京秋天」なんて言葉もあるくらいで、10月頃の北京の秋はさわやかでイイよ~。

ニューデリーだよ問題は。
ニューデリーって、シンガポールよりずっと北にあるんだけど、内陸部にあるせいか
シンガポールよりはるかに、はるかに、はるかに、暑い。
「世界の天気」でニューデリーの天気予報を見て、最高気温45度、最低気温34度なんて
書いてあるのを見たときは気絶しようかと思ったぜ。

ニューデリーは気温40度・50度なんていう、釜ユデみたいな気候が8月・9月くらいになっても続き、
多少なりともマトモな天候になるのは11月くらいにならないとダメ。
12~2月頃はもっと涼しくなるみたいなんだけど、そんな時期の出張はそもそもムリだし。

万一AB両方うかったら、仕事Bの出張を9月、北京秋天出張を10月にして、ニューデリーは
少しでも暑さが和らぐ11月の最後にまわすしかない…なんて心配までしてたんだよ。
落ちてホッとしたぁ…



   ・・・・・・・



・・・ああわかったよ、正直に言うよ。
ホントのこというと、それでもニューデリーにはちょっと行ってみたかったよ(笑)。
北京出張も、もし受かったら、大昔の北京出張でサポートしてもらった現地の会社に
連絡をとったはずで、アソコの社長さん(もちろん中国人)はイ課長のことを今でも
覚えてくれてるに違いない。再会できたら嬉しいな…なんて期待もちょっとあった。

そういう点じゃ、今回は落ちて残念って気持が25%くらいはあるかもしれん。
それは認めねばならぬ。去年の「海外出張2件のシゴトが落ちた」時よりは
今年の方が残念度は高い。それは確かだ(下のニューデリーの写真は拾い物)
f0189467_13135416.jpg

結局、今年は当初の見通しどおり海外出張1回で落ち着きそうだ。
あと、国内出張の多そうな仕事がひとつ決まるかもしれないんだよな。
イ課長ブログ、今年は国内出張報告が多くなるかも。
とりあえず、こないだ行ってきた神戸出張報告もまだだし(笑)。



[PR]

by tohoiwanya | 2010-06-21 13:16 | 日本でのオシゴト | Comments(6)
2010年 04月 23日

トーキョー観光客になったイ課長

海外出張に行けばイ課長は外国人であり、仕事の合間にどこかの名所を訪問すれば
まぎれもない外国人観光客となる。
ところが、昨日は日本国内で外国人観光客に混じって日本の名所を訪問した。

この1週間くらい、シコシコと真面目に作った提案書を昼に霞ヶ関の某省庁に提出し、
そのまま午後は半休をとって会社には帰らず、バックレることにしたのである。
仕事が一区切りついたとたんに不真面目になるのがイ課長の特性なのである(笑)。

霞ヶ関から冷たい雨の中、傘をさしてずーーっと皇居前広場を通って大手門まで、
千代田線にしてちょうど二駅ぶん歩いたことになる。
二重橋のあたりも人がすくなくて、目立つのは外国人観光客だけ。
f0189467_128342.jpg

東京生まれの江戸っ子イ課長、皇居の定番スポット・二重橋を見るのはたぶん初めてだ。
東京の人間はあんまり…というか、日本人はあんまり来ないトコなのかも(笑)。
何しろ日本人なんて、警備の警察官とイ課長くらいしかいなかったもんねぇ。

その後、三の丸尚蔵館っていうトコに絵を見に行ったんだけど、ここもまた外国人観光客が目立つ。
傘をたたんで入ろうとしたら、入り口の係員がイ課長に向かって
「アンブレラ、あっち」と言って傘立ての方向を指差すではないか。アンブレラぁ?

あなたはイ課長のことを外国人観光客ダト思ッテマスネ~?(笑)
「日本語で言っていただいて大丈夫ですよ」って笑って答えたら、係員が恐縮してた。
まぁあの状況で、しかもイ課長のこの身長じゃ、間違えるのもムリはないが。

ここでちょっと興味深い光景に出会った。
イ課長同様、外国人観光客たちも自分の傘をそれぞれ傘立てに入れてる。
傘のクビのところをカチャンとはめて、番号札をもらうっていう、あの傘立てだ。
ところが、この傘立ての写真撮ってる外国人女性がいたんだよね。

番号札つき傘立てがよほど珍しかったに違いない。
外国にはこういう傘立てってないのかな?…そういわれると確かに見た記憶はない。
イ課長がブリュッセルでコインロッカーの写真を撮って、後でブログに使ったように、
彼女も国に帰ったら日本の傘立てのことをブログに書くのかもしれない(笑)。

三の丸尚蔵館ついてはミクシにも書いたから省略するけど、とにかく展示作品の少なさには
圧倒された(笑)。ま、入場料なしなんだから文句は言えないけどさ。

そのまま皇居東御苑の中を散歩してみた。雨の中を。物好きだのう。
しかし、東京生まれの江戸っ子イ課長、ここももちろん初めて歩く場所だ。
f0189467_1293945.jpg

東御苑って、江戸城の本丸があった跡地にあたるらしい。
この石垣の間に本来は立派な門があったそうで、向こうに見える木造の家が
「百人番小屋」っていう建物らしい。ほぉ、こんなのがまだ残ってるんだ。

江戸城の天守閣が乗ってた石垣っていうのがコレ。一応上まで登れるようになってる。
f0189467_12103955.jpg
f0189467_12104744.jpg

これも初めて知ったんだけど、江戸城ってかつては立派な天守閣があったんだけど、
明暦の大火っていうのが飛び火して焼失して、そのまんまになってるらしい。
つまり、江戸時代の途中からすでに江戸城の天守閣はなかったわけだ。へぇ~。

近くには忠臣蔵で有名な松の廊下の跡地なんていうのもあるんだけど、
今じゃ単なる花壇の植え込み。日本人なら「昔ここに松の廊下があったのか…」と
思うかもしれないけど、外国人観光客にとっては何の興味も湧かんだろうな(笑)。

というより、このあたりになると観光客の姿すらほとんどいない。
まぁ特に見るべきものがあるわけでもなし、寒いし、さらに雨まで降ってる。
八重桜はキレイだったけど、それだけじゃねぇ…。
f0189467_12125875.jpg

天気が良ければともかく、昨日皇居見学した外国人観光客は可哀想。
ネクタイ姿で一人皇居をうろつくイ課長は物好き。
そんな、雨の日の江戸城跡散歩でした。
f0189467_12131595.jpg




[PR]

by tohoiwanya | 2010-04-23 12:13 | 日本でのオシゴト | Comments(2)
2010年 04月 05日

台北かバンコクか

年度末をようやく乗り越えたイ課長ですこんにちは。
ブログの更新も1週間あいてしまった。
ちなみに、この週末は自宅でリハビリしておりました(笑)。


しかし、イ課長の思考は早くも今年度の仕事の組み立てをどうするか、に向かっている。
今年はね、おそらく海外出張はあったとしても1回だよ。2回っていうことはまずないだろ。

08年が海外出張3回(欧州2回+ワシントン)、09年が2回(シンガポール+欧州)ときて
2010年が1回なら、海外出張負担が年を追うごとに軽くなって大変結構なハナシだ。
一昨年みたいに3ヶ月連続で海外出張なんて、ムリだって、どう考えても。

今年はその分、国内出張が増える可能性がある。だからイ課長ブログも国内出張関連記事の
割合が増加するかもしれない。まぁそれはそれでいいかな、と思ってるんだけど…


問題は、だ。


いつもの年だったら、年度末のバタバタが終わって、4月後半から5月はヒマになる。
去年はそのヒマ期を利用してパリに行ったわけだ…が、

今年はどうも4月早々からいろいろありそうなんだよ。
あの仕事、この仕事が決まったりしようもんなら5月からいきなりバタバタする。
「出張じゃない海外旅行」、今年はもしかするとムリかもしれない。

まぁ、まだ完全に望みを捨てたわけではない。
事前に入念な準備をして一週間パリに、みたいな旅行は難しいかもしれないけど、
発作的にいきなり、近場に3泊くらいで行ってくるっていうなら可能な気もするし。


近場っつうたら、アジアだ。
アジアで、ピュッと行って数日滞在してピュッと帰ってくるようなところ。
今のところ、これに関してはイ課長の中で「台湾」と「バンコク」が候補になっている。


台湾もタイも行ったことがある。
台湾は4年前に旅行で、タイはもう十数年前の海外出張で、だ。

ゆっくり旅行するのが無理でも、このどっちかに3泊か4泊くらいで
ピュッと行くなら可能じゃないか? と考えているわけだ。

台湾(ま、主に台北になるはずだ)とバンコクにはいくつか共通点がある。

①暑い
②観光地として見るべきものがたくさんあるわけではない
③食い物が抜群に美味しい
④足ツボでも全身でも、マッサージが発達している


①と②だけなら行きたくはならないけど(笑)、③④は大きな魅力だ。
あちこち観光しまくるっていうんじゃなく、わりとグウタラな時間を過ごしながら
美味いもん食って、マッサージで体をメンテナンスして帰ってくるというのも悪くない。

行けるかなぁ…?
それは4月早々に公示されるはずの、あの仕事のコンペと、某自治体の仕事が
どうなるかにかかっているのだが…。

下の写真は2006年に行った台北の写真。
台北は食い物も美味いが、看板を見るのも楽しかったな。
f0189467_23414259.jpg
f0189467_23415319.jpg

うーんむ…こうして昔の写真を見ると、やっぱ、また行きたくなるよなぁ。
特に台北はもう何食ってもホントに美味しくて、全然ハズレがなかった。
バンコクでタイ料理食ってタイ式マッサージの日々ってのも捨て難いしなぁ…。

もし行くチャンスが出来たら、どっちに行こうかな〜…
と、そんなこと考えながら、新たなる平成22年度の業務に突入していくイ課長なのである。

  

[PR]

by tohoiwanya | 2010-04-05 00:03 | 日本でのオシゴト | Comments(0)
2010年 03月 27日

イ課長がけっぷち-平成21年度版-

一応ちょっとは仕事もしているイ課長、本日は休日出勤であります。
去年に比べればずっとラクなんだけど、それでも年度末のがけっぷちともなれば
休日出勤もしなければならないわけだ。

去年も「イ課長がけっぷち」っていう記事を書いた。
いま確認したら、あれを書いたのは4月の8日だった。
今年は同じがけっぷち状況について3月26日に書くことになった。

なぜか?

去年までは3月末まで「報告書を仕上げるためにヒイヒイ」、4月1日になったとたんに
「昨日報告書を出した仕事の会計監査でヒイヒイ」という順序だった。

ところが今年は会計監査関連書類をすべて4月2日金曜必着で出せ、と釘を刺されてる。
つまり報告書ヒイヒイと会計監査ヒイヒイが3月下旬に重なったんだよ。これはキツい。

だもんで、春分の日以降、イ課長はほとんど報告書を書いてるヒマがなかった。
引き出しの奥にあるはずのシンガポール出張の航空券の半券をドタバタと探したり
ドイツ・ベルギー出張のe-チケットのコピーをとったり
沖縄出張のときのANAの航空券の領収書をまたドタバタと探したりしながら
電卓たたいて会計監査書類の作成に追われている。

ううう…


このクソ忙しい状態なのに、木曜はちょいとした委員会に出なきゃいけなかった。
イ課長が書いた今年度報告書の内容説明。去年11月にドイツ・ベルギー出張した仕事だ。
説明して、委員から「まぁイイんじゃないの」という承認を得る必要がある。

「内容が間違いだらけだし、その辺の資料のマル写しではないか」
「何のための欧州出張だったのか、全く意味がない。単なる物見遊山か?」
「こんな報告書をシャアシャアと出すヤツのバカさ加減に呆れる」
…といった意見は幸いにして出ず(笑)、細かい修正はあるにしても全体としては
「まぁイイんじゃないの」的雰囲気で委員会は無事終わった。

報告書の評価がおおむね好意的なものだったのは結構なことだ。
しかし、そのコトは単にイ課長の仕事上のヒトコマというだけでは終わらない。
このイ課長ブログにも影響があるコトなのだ。

なぜか?

この委員会は来年度もある(らしい)。
今年度の報告書は悪くなかったし、来年度もイ課長さんにお願いしようか…といった話が
チラリと出た。
来年度もイ課長がこの委員会の仕事を担当する可能性は高い。仮にそうなったとすれば…



かなり高い確率で秋ごろにまた海外出張が発生する。


うう、う…今年もあるの?海外出張。
たまには海外出張のない、平穏な一年を送らせてくれないかね?

しかし、海外出張があれば、また新しいネタ、新しい写真でこのイ課長ブログを更新できる。
ブログ存続という観点からは結構なことなんだけどさぁ~…

と、まぁそんな状況の年度末の土曜、静かなオフィスでコレを書いてるというわけだ。

先日、アメリカ南部在住のネット友達がある写真加工サイト教えてくれた。
そこで作ったくだらない写真でも載せよう。
f0189467_13333526.jpg

f0189467_133445.jpg


こんなことしてないで仕事しろって?
してるよ!ちゃんとしてるんだってば!!



[PR]

by tohoiwanya | 2010-03-27 13:35 | 日本でのオシゴト | Comments(0)
2010年 01月 25日

海外出張による休日勤務の扱いについて

イ課長の海外出張って、「何かの会議に出席する」みたいに、すでに決まった日程に
合わせて行くんじゃなく、自分で日程や出張内容を作るという性格が極めて強い。
だから日程作成の自由度が多少はあるけど、実際にはもうパターン化されてるよね。

①現地でフルに仕事するためには月曜朝から金曜夕方まで現地に滞在が必要。
②従って、日本出発は必然的に月曜の前、すなわち日曜日になる。
③金曜夕方まで仕事をすれば、欧州や米国であれば現地出発が翌日の土曜になり、
 日本に戻るのがそのまた翌日の日曜ということになる。

つまり、日曜に成田を出発し、翌週の日曜にフタタビ成田に戻るっていうパターンだ。

するとどうなるか?

1回の出張につき、日曜、土曜、日曜と3日分の休日勤務が発生することになる。
ほとんどは飛行機に乗ってる時間だけど、移動時間が出張旅程に含まれるのは当然だ。
プラハリューベックみたいに、土曜の夜の便まで現地で半日観光することもあるけど
それだって出張旅程に含まれるのは……と、当然だ。

ふん、おエラいさんたちなんて現地でゴルフしてる時間だって出張じゃねーかよ!
いいじゃないかよ、半日観光くらい!


あ、いや…ちょっと感情的になってしまった。
言いたかったことはそういうコトではないのだ。
1回の海外出張につき、3日分の休日勤務が発生するということなんだよ。

昨年の場合、シンガポール出張では深夜便があったから土曜に成田に戻って来られた。
しかし日本が体育の日で休日だったとき(10/12)、イ課長は現地で仕事してたわけだから
「海外出張1回につき休日勤務3回発生」というパターンは変わっていない。

去年は海外出張2回で休日出勤6日発生。
一昨年なんて3回行ったから9日発生したわけだ。

さて。

イ課長は課長という中間管理職である以上、残業手当をはじめ時間外勤務手当は出ない。
休日出勤しても、その分オカネでもらえるわけではないのだ。
しかしまぁそれはいい。こちらも最初っからそんな期待は持ってないし。

問題は、海外出張で発生した休日出勤に対して代休が取れるかどうか、だ。
驚くべきことに、我が社の中ではこれに関して解釈が分かれている(笑)。

ひとつは時間外勤務手当がつかない管理職なら、代休も取れるわけないじゃん、という主張。
確かにそう言われるとそういう気もする。

しかし一方で「代休取得は認められるんだ」という説もある。
その理由は「たしか規定でそうなってたはずだから」という根拠による。いまいち薄弱だなー。

こういう場合、イ課長としては後者の説を採用するのは当然だ(笑)。
海外出張の後、風邪ひいたり時差ボケでゲロゲロになったりして体調悪いときは
「冗談じゃねぇ!代休だ、ダイキュウッ!」と叫んで1日休んだことが実際に2~3回あった。
それでも何も言われないから、管理職でも代休は取っていいってことなんだろうな。
もっとも、海外出張で生じた休日勤務を全部チャラにするくらい、きっちりと
代休取れてるかっていえば、結局は余るんだけどさ。

なぜこんなことを書いたかというと、きのう日曜出勤したからなんだよ、ふん。
海外出張以外の、純粋?な休日出勤ってイ課長にとっては珍しい。
何せ遠距離通勤者だから、片道1.5時間、往復3時間の通勤時間がバカバカしいからね。
土日出勤するくらいだったら資料を持ち帰ってウチでやる方を好む。

ただ、昨日は出社する必要がある仕事だったのだ。。
何の仕事かというと、去年11月にドイツ・ベルギーに出張した仕事だよ、ふん。
これから3月の年度末にかけて、イ課長はどんどん忙しくなるんだよ。ふん。

今日みたいな記事だと貼るべき写真もないが…空港内の新交通システムの写真でも貼るか。
成田にもあるよね。ターミナルビル移動用の、無人運転の、短いモノレールみたいなやつ。
上の写真がフランクフルト空港、下がシンガポール・チャンギ空港。
どこも同じようなモンなんだね、こういうのは。
f0189467_17154686.jpg

 
f0189467_1716399.jpg




[PR]

by tohoiwanya | 2010-01-25 17:17 | 日本でのオシゴト | Comments(4)
2009年 10月 22日

海外出張準備というもの

シンガポール出張から土曜日に戻り、日曜はヘタり、月曜からは早くも仕事。
くたびれてるから、最初の数日はのんびり出張精算でもして…

どころじゃねーよ!ったくもうーーーッ!!
会社に着いたトタン、さっそく11月海外出張の心配と手配でシッチャカメッチャカ。
いやー…日程計画を決める上できわどい決断を次々と処理することに追われて、
落ち着いてシンガポール出張の様子を書くヒマなんてありゃしない。

だから、今日はイ課長の海外出張準備について少し書くのである。

イ課長の海外出張では出張そのものよりも、そのための準備の方がむしろ大変。
何かの会議に出るとか、どこかの見本市に出席するとかっていう出張じゃないからね。

まったく予定のない海外出張。
これを最終的には「あちこち行ってきました」という出張になるようにしないといけない。
ああなんて恐ろしい作業なんだ。

そのためには現地の様々なヒトにコンタクトして訪問予定を作らないといけない。
要するに「アポとり」ってやつだわな。
今回のシゴトの主旨を説明し、訪問希望理由を説明し、希望日時をリクエストし…
しかも、その多くは外国人相手に、外国語でやらなきゃならないんだから気が遠くなる。

これが早めにキチッと出来てしまえばイイ。
しかし、実際は出発ギリギリまで流動的なスケジュールをあたふたと調整するという
状態が続くわけだ。

その流動的なスケジュールに苦しみながら、一方では飛行機やホテルや
現地移動手段等のチケットも手配しないといけない。
手配ったって、スケジュールはまだ完全に固まってないぜ?
いやしかしチケットは早めに取らないと。売り切れちまったら一巻の終わりだ。
早割で安いうちに切符は買っといた方がいいし、通訳サンだって早めに決めておかないと…

というわけで、結局はある時点で見切り発車的に決めざるを得ない。
まさに「えいや」の決断。「あーもう知ーらねッ」と言いながら決めるしかない(笑)。
その一方で流動するスケジュールの固定化の努力も続けなければならない。
固定化すれば、空いた日には新たなアポを申しこまなければならない…
新しいアポが決まれば、その訪問先までの地図や移動手段を確認しなければ…


あーーーーーーーーもういや!!!
11月の海外出張じゃ、絶対バリバリと観光してやるからな!!(←ややキレ気味)



というわけで、シンガポール出張報告とパリ旅行記の続きはもうちょっと待ってたもれ。
 




[PR]

by tohoiwanya | 2009-10-22 15:30 | 日本でのオシゴト | Comments(0)
2009年 05月 10日

百物語

実はこの記事がイ課長ブログの「100コめの記事」になる。だから標題も百物語。

100になったところでフと思った。
イ課長はこれまで4回の海外出張の中で、どの出張のことを一番たくさん書いて
いるんだろう? カテゴリ別記事数を確認してみたらこうなってた。

2007.10ドイツ・チェコ出張   12件
2008.09ドイツ出張       16件
2008.10ドイツ・ベルギー出張  19件
2008.11ワシントンDC出張   23件
海外出張(複数の出張にまたがる、多少クダラナい話題)16件
出張のついでに(複数出張にまたがる、全くクダラナい話題)7件
日本でのオシゴト(今日を入れて)4件

へぇ〜〜。
2007年出張ネタを“解禁”したのは今年に入ってからだから、記事数も少ないのは
当然として、去年9月のドイツ出張の記事がわりと少なかったのは意外だった。
飾り窓探検記?とかいろいろ書いたっていう印象があるんだけど、他の出張より少なかったとは。

しかし、こうして並べてみると記事数の多い少ないを決定している最大の理由は
「その出張ネタを書き尽くさないうちに次の出張があるかどうか」であるのは明らかだな。
ワシントンDC出張の話が一番多いのは、記事ネタが特に多かったわけじゃなく、
単に「次の海外出張でバタバタすることがなかったから」という影響が大きい。
9月ドイツ出張と10月ドイツ・ベルギー出張の間隔なんてタッタ3週間だったんだから
まぁよく過労死or時差ボケ死せずに昨年度を乗り切ったと思うヨ。


さて、今年度はどうなるか?
こないだの提案書が落ち、海外出張2件が消滅したことで、一部には失望した方々も
いらっしゃるようですが(笑)、それでもまだあと2つ、可能性がある。
レイの仕事と、アノ仕事

レイの仕事は、もし委託先としてウチが選定されたら、仕事内容にイ課長の意志が
反映される余地が少しだけあるんだけど、イ課長としては諸般の事情を考えると
「海外、行かざるを得ないだろうなぁ」という気分なんだよね。

アノ仕事の方はウチがやることになった場合、
海外出張は決定的。あとはアノ仕事をウチがやるかどうか、にかかっているわけだが…。
これについてはパリ旅行から帰った頃にはある程度ハッキリしてるかもしれない。

…と、まぁそんな状態のイ課長。
イ課長ブログはどこまで続くのか?「二百物語」という記事を書く日はあるのか?

…なんて、先の心配はやめて、イ課長ブログ100記事め到達記念の写真企画(笑)。
それぞれの出張で撮った100枚目の写真をひっぱりだしてみた。

2007年のドイツ・チェコ出張の100枚目はこれ。観光客で賑わうプラハのカレル橋だから、
これを撮ったのはもう出張も終盤、金曜の昼頃だったはずだ…まぁこの時は前半は忙しくて
あんまり写真撮るヒマもなかったんだよなぁ。
f0189467_0584164.jpg

  
2008年9月ドイツ出張の100枚目はこれだった。ベルリンのノイエ・ヴァッヘ。
よく知らずに写真撮ったんだけど、これって一種の追悼施設らしい。
これを撮ったのは出張4日めの木曜の午前中だった。このときも前半3日は移動がキツくて
写真撮影機会が少なかった。木曜朝から急に撮影ピッチが上がった(笑)。
f0189467_0542168.jpg

 
10月のドイツ・ベルギー出張100枚目は出張5日め、金曜朝のミュンヘンの散歩の時に見かけて
「またかよ…」とウンザリした新古典主義建築だ。前に載せたね。
f0189467_1535745.jpg

 
11月ワシントン出張100枚目はジョージタウンのエクソシストの階段だった(笑)。
ってことは…これは水曜日の夜に撮ったんだ。これも前に載せたね。
f0189467_1153331.jpg

 
イ課長の海外出張は常に月曜〜金曜シゴトして土曜に帰国便に乗るってパターンで、その間に
200枚くらいは写真を撮る。つまり100枚ってのは写真撮影枚数上はほぼ中間地点ってことだけど、
出張日程上は必ず後半に突入してるな。
前半は一応マジメにシゴトし、後半は少し余裕がでて写真撮りまくりという
イ課長の海外出張パターンが顕著にみとめられる(笑)。

 

[PR]

by tohoiwanya | 2009-05-10 01:02 | 日本でのオシゴト | Comments(0)
2009年 05月 04日

ご報告

世間は黄金週間。イ課長も昨日から何の予定もない5連休を楽しんでおります。

さて。

ミクシの方ではご報告したけど、こちらの方でも一応告知しておこう。
イ課長がけっぷち の記事に書かれていた、「もし提案が受かったら、イッキに2回の
海外出張が発生してしまう」という、例の提案書。

G.W.直前の金曜日に結果がわかりました。

結果は…







落ちました(笑)。


進むもジゴク、退くもジゴクって書いたけど、結果的には退くことになった。
今年可能性のあった海外出張のうち、少なくとも2つはしなくて済む。

イ課長としては立場上、残念がり、口惜しがりながらこのことを
「悪いニュース」としてアホダメ上司に伝えなければならなかった。
しかし、あまりにもホッとしたもんだから、こみあげる笑いを押さえるのが大変(笑)。

いやもうホントーーーーーにホッとしたよ。あの提案書が受かっていたら、今年度の
イ課長のジゴクっぷりは昨年をはるかに上回ったのは絶対に間違いない。
単にタイヘンな海外出張を2つやらずに済んだってだけじゃなく、他にもやらずに
済んだタイヘンなこと、味わわずに済んだストレスがすごくたくさんあるのだ。

もうバラしてもいいだろうけど、もし今回の提案書が受かってたら、イ課長は
マレーシアとトルコに出張する必要があった。
ご存知のように、この2カ国は両方ともイスラム圏である。そうする必要があった。

イ課長の勤務先の親会社では海外出張先の“安全度”にランクがあって、たとえば欧州なら
大体の国は問題ないし、マレーシアも問題ないけどトルコは政情の問題もあって、
「海外ナントカ本部長の許可がないと出張してはいけない国」だったんだよね。

もし受かったら、そういう面倒な許可ももらわないと…と心配していただけに、
落ちてくれたのは神の配剤と言いたくなるくらい助かった。

しかしトルコが「許可ナシじゃ出張しちゃダメ国」であるってのは今回初めて知った。
確かにクルド人問題とかいろいろ抱えてるし、過去に小規模な爆弾テロとか何度もあった。

実はイ課長は2005年に、その年に金婚式だった両親を連れてトルコのイスタンブールに
行ったことがあるんだよ。イスタンブールは、それはもう実に魅力的な街だった。

だから今回、もし受かってたら「またイスタンブールに行ける…」という思いもあった。
その一方で、あのステキな街にシゴトで行くのはいやだなぁ…という思いもあった。
結果的に、あの街にシゴトで行くことはなくなったわけだ。

基本的に海外ネタだけで何とかしようとしているイ課長ブログにとっては、
海外出張が2つなくなったことは「ネタの欠乏」が早まることになる。

もし、どうしようもないくらい海外ネタがなくなったら、その時はイスタンブールに
行ったときのネタ&写真を紹介をしよう(笑)。
(下の写真は2005年にイ課長がイスタンブールで撮ってきた写真の中の1枚)
f0189467_1335960.jpg


  
[PR]

by tohoiwanya | 2009-05-04 01:36 | 日本でのオシゴト | Comments(0)