人気ブログランキング |

<   2013年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2013年 08月 07日

アウシュビッツ強制収容所 その3

アウシュビッツ博物館のダークな展示物。どんなものが、どのくらいあるのか?
今日の記事&写真はことのほかダークだから、そのつもりで覚悟して読んでほしい。

まずこんなものがある。収容者がつけていた義足とか松葉杖のたぐい。
これ、むかし写真で見たことがあって、その時もかなりショックをうけたけど、実物だよ。ううう。
身に着けてるものっていうより、これらは実質的には「身そのもの」。義足がなきゃ歩けんだろう。
ってことは、これらは死体からはずしたもの・・・か?・・・うう・・・ううう。
f0189467_23594930.jpg

これがまたスゴい。お皿とかコップとかピッチャーとか、とにかく「器」。
膨大な数の、器という器が集められてるんだよ。これもまた見るとすごく暗い気持ちになる。
お皿やコップなんて、あまりにも日常的で、生活感あふれる道具じゃない?そういうものが
持ち主を失って、数えきれないほどあるわけだ。ここに連れてこられた収容者たちは、
コップみたいなものまで「行った先で使うつもり」で大事にカバンに入れて持ってきたんだなぁ・・。
f0189467_00780.jpg

こっちにはそのカバンが膨大な数、ある。
収容所に連行された収容者たちは、例外なく身の回りのものをカバンに入れて持ってきたはずだ。
それが残ってる。器と同じように「持ち主(と中身)を失ったカバン」たち。ものすごい量だ。
f0189467_002572.jpg

イ課長が想像するに、焼却処理できる人間(死体)とか衣服とかと違って、器とかカバンっていうのは
燃やして灰にしづらいから、仕方なく貯めこんで、そのまま残っている・・んじゃないかなぁ?
カバンの展示室はこんな感じで、ガラスの向こうはとにかくひたすらカバン、カバン、カバン・・・
f0189467_004275.jpg

ああ、これも写真で見たことがあると思う。靴だよ。収容者たちが履いていた靴。
これもカバン同様、燃やしづらい革製のものが多いから残っているのかも。
f0189467_011627.jpg

パネル展示のところで「なんとかミリオンの人々が殺された」と言われても正直、イメージがうかばない。
しかしこういう展示はここで膨大な数の人が、義足やカバンや靴を奪われた後、殺されたということを
無言で、すごい力で訴えてくる。見学者はその無言の圧力を受け止めなければならない。
f0189467_01376.jpg

この辺になるとガイドさんは何も説明しなくなり、見学者も完全に無口になる。
説明不要のものが、ものすごい量そこにあり、今まさにそれを見ているという事実の重さに
打ちのめされるしかないのだ。

最後に毛髪だけが保存された展示室に行った。その展示室は撮影禁止の看板があったから写真はない。
髪の毛って痛みやすいから、照明や空調にも気を使って保存してるんだと思う。

収容者たちが「これからシャワーだよ」と言われてガス室に送られていたというのは有名な話で、
女性の場合は髪を切られ、全裸にさせられて(名目上、シャワーだから)、ガス室に押し込められた。
映画「シンドラーのリスト」にもその“事前処置”の様子が非常にナマナマしく描かれてるけど、
その「事前処置」で刈り取った女性の髪なんだろう。それが残ってる。

ヤマのように、という子供じみた表現しか思いつかないけど、とにかくヤマのようにある。
カバンや靴と同じような感じで堆積してるんだよ。女性の髪が。もうどんな感想の言葉も出てこない。
ちなみに、ドイツ軍は刈り取った大量の毛髪を、ジュウタン等の材料にしてたって話で、
髪の毛で編んだ(織った?)ものも一部展示されている。

こうして、見学者は一通り、博物館の展示物を見たことになる(んだと思う)。
もちろん、遺品や遺髪以外の展示もたくさんある。たとえば、銃殺用の壁に立って銃殺される前に
服を脱いだりする“銃殺控え室”とか。下が男性用控え室なのである(女性用もある)。
f0189467_022894.jpg

こういう大量のダークな展示物を見て、そのダークな雰囲気に完全に押しつぶされたイ課長。
いったん外に出て、外気と陽光にふれたときは、正直少しホッとした。
もっとも、外に出てもそこには高い壁と、鉄条網と、監視用の塔が当時のまま残ってるわけで、
まだ自分は強制収容所の中にいるんだということを再認識させられるわけだが。
f0189467_031683.jpg

ほら、読んでるアナタもすっかり暗い気持ちになってきたでしょう?
しかしアウシュビッツ・ビルケナウ強制収容所の見学ツアーはまだまだ続くのである。


  

by tohoiwanya | 2013-08-07 00:03 | 2012.06 東欧・北欧旅行 | Comments(2)
2013年 08月 05日

アウシュビッツ強制収容所 その2

博物館では、まずアウシュビッツの全体像が説明される。
いうなれば「はじめに -アウシュビッツ強制収容所の概要-」といったところか。
とりあえず、地理的関係はこのパネルがわかりやすいから、イ課長もこれを元に説明しよう。

パネルのほぼ真ん中下のあたりに KL AUSCHWITS Ⅰ っていう施設がある。
これがいわゆる「アウシュビッツ強制収容所」で、いまイ課長たちがいるのもここだ。
f0189467_061373.jpg

パネル左寄りに  KL AUSCHWITS Ⅱ BIRKENAU って書いてあるのがビルケナウ強制収容所。
ビルケナウの方が圧倒的に面積が広くて、大規模な収容所であることはこれを見れば一目瞭然だ。
「本店」だけじゃサバききれなくて、近くにウンと大規模な「支店」を作ったということらしい。
我々が普通イメージする「アウシュビッツ」って、この2つの収容所機能を合わせたもの、と考えていい。

両収容所は直線距離でせいぜい2kmくらいしか離れてない。
我々もアウシュビッツを見学した後は、バスでビルケナウに移動することになる。

この革ジャンのおばさんがガイド。英語の上手な人で、であるがゆえにイ課長にはややヒアリング困難。
ただね、負け惜しみで言うわけじゃないけど(笑)、アウシュビッツでガイドさんの英語がわかるかどうかは
それほど決定的な問題ではない、とイ課長は思う。
f0189467_064835.jpg

「アウシュビッツの概要」をガイドさんが説明しようとすれば、どうしても収容所の面積が何万㎡だとか、
ここに収容された人がウン百万とか、死んだ人がウン百万とか、定量的な説明が多くならざるを得ない。
なんとかミリオンみたいな巨大な数詞がやたら頻出することになる。

要するに数量としてイメージするには大きすぎる数ばっかりで、英語がわかっても事情は同じだと思う。
仮に日本語で「百万人が殺された」って言われても、とっさにはピンとこないのと同じだ。だから、
英語ヒアリング能力が拙劣だから行ってもわからないという心配はしなくていいと思う。極端に言えば、
説明が全くなくてもアウシュビッツに行って、感じるものは大きいと思うのだ。

ちなみに、アウシュビッツには正式のテストに合格して、公式ガイドを務める日本人が一人だけいる。
中谷さんという男性で、この人に日本語でガイドしてもらってアウシュビッツを見学するというのは
ものすごく有意義だと思うよ。たとえ「百万人が殺された」と言われて、すぐにピンとこなくても、だ。
イ課長も中谷さんの著作を図書館で借りて、行く前に予習したよ。

展示物の中には当時の収容者リストみたいなものもある。
文字は読めないけど、こういう手書きのものって、なんかナマナマしくて存在感あるんだよなぁ。
ワルシャワ蜂起博物館で、当時書かれた葉書を見たときのことを思い出す。
f0189467_0101473.jpg

こういう写真もある。ON THE WAY TO DEATH(死への道)って書いてある。
収容所に到着早々、「労働力価値なし」と選別されてガス室に直行させられてるとこじゃないかなぁ?
女子供が多いということ、服装の感じ(長く収容された後のようには見えない)からそう推測される。
f0189467_011798.jpg

ガス室で発生した死体は焼却にまわされる。クレマトリウム。模型でその処理プロセスが示されている。
f0189467_0114182.jpg

写真左の方に築かれたヤマが何でできてるか、説明するまでもない。
こういう作業はドイツ軍ではなく収容者から選別された人間がやらされたといわれている。
この作業に従事している間は殺されずに済んだのだ。
f0189467_012713.jpg

展示室を先に進む。
げう。これはガス室で使われたチクロンBの空き缶のヤマだ。
f0189467_013159.jpg

げうーー。もちろんとっくに有毒成分は消えたカスなんだろうけど、やっぱりキモチ悪い。
f0189467_0132283.jpg

「アウシュビッツの概要」から始まった展示はこうしてだんだんダークサイドに入っていく。
たとえばまずこんなのがある。これって、収容者から没収したメガネの山なのだ。
なんとかミリオンって言われても実感がわかないけど、こういう実物は無言の説得力がある。
これらのメガネをかけていた人たちがどうなったか、考えなくてもわかるし。
f0189467_0142682.jpg

でもね、メガネあたりを見てるうちは、それでもままだいいんだよ。
「このメガネをかけてた人たちはみんな・・・」と考えるゆとりが見学者のガワにもまだある。
しかしだんだん打ちのめされてそういう余裕がなくなっていく。何に打ちのめされるかっていうと、
要するに展示物の内容に加え、その量に圧倒され始めるからなんだと思う。

「どんなもの」が「どんだけの量」あるか、次回さらにご紹介しまっす(まだまだ続くぞ覚悟はよいか?)。


  

by tohoiwanya | 2013-08-05 00:15 | 2012.06 東欧・北欧旅行 | Comments(6)
2013年 08月 02日

アウシュビッツ強制収容所 その1

散々書いて、やっと今日から「その1」が始まるのかよ・・・。先が思いやられるぜ(笑)。

とにかく書こう。
クラクフからアウシュビッツまではバスで1時間ちょっとかかる。けっこう遠いのだ。

アウシュビッツのある場所って、すごく不便で、湿気のたまりやすい低地だって書かれたのを
むかし読んだ記憶があったから、どんなに陰惨なところかと思ってたけど、実際は別にそんなに
異常な場所でもなく、バスはごく普通の草原や町を抜け、ごく普通の駐車場にとまった。

しかし、同じ駐車場にズラリと並んだバスを見てイ課長は驚いたね。
すごいバスの数、すごい見学者の数。ポーランド旅行を通じてこんなにガイジン旅行者がワンサカ
集まった場所は他になかったよ。「アウシュビッツって、いまやポーランド最大の集客施設なのか・・」と
考えないわけにはいかない。たまげたね。
f0189467_075016.jpg

最初にまずエントランス棟みたいなものがあって、見学ツアー客はそこでしばらく待つ。
20分くらい待ったかなぁ?しかし、自分たちが何のためにここで待ってるのかはさっぱりわからない(笑)。
周囲は他のツアーのシールを貼った見学者たちがいっぱいで、ここではぐれたら一巻の終わりだから
自分と同じシールを貼った人から離れないようにしてたさ。

戦争当時、貨車やトラックでここに送られてきた収容者たちは、着くとまず“選別”されたといわれる。
健康か病気か、若いか年寄りかetc・・・の選別チェックを最初にうけ、労働力として役に立ちそうなら
収容所送り、役に立ちそうもなかったら到着早々ガス室直行という人も多かったと聞く。

着いていきなり「オマエはアッチ」「キサマはコッチ」って感じで分けられるわけだから、これは恐怖だ。
「どっちって言われるのがいいんだろうか?」「アッチに行くと殺されるのかな?」と思ったに違いない。

アウシュビッツに来た見学者たちも、ややそれに似た状況を入口で味わうことになる。
ここでいつまで待つの?このあとどうなるの?誰についていけばいいの?全然わからない。
不安を抱えたまま、ひしめきあう見学者たちの中でオタオタすることになる。
f0189467_08780.jpg

やがて、同じシールを貼った人たちが何やら動き出したようだから、とにかくついていく。
すると、まずこんなものが配られる。ほほ~、これはおそらくガイドの説明を聞くための機械だな。
ガイドが持つマイクと無線でつながったレシーバーってことだろう。やけに近代的じゃん。
f0189467_082270.jpg

やがて黒い革ジャンを粋に着こなしたオバサンのガイドがやってくる。我々のツアーを担当する人だな。
「受信機のチャンネルを何番に合わせろ」って言われるから、ダイヤルで合わせてイヤホンをかぶると
彼女が言ってることが耳元で聞こえてくる。同じバスで来た見学者は20人くらいで、ほとんど欧米人。
東アジア系は3人だけで、うち二人はたぶん中国系のカップル。日本人はイ課長一人だった。

ガイドさんについて、その20人強の見学者たちはぞろぞろとエントランス棟をぬけ、庭に出る。
いよいよアウシュビッツ強制収容所に入っていくわけだ。

うっわーーーー見えてきた見えてきた。
ARBEIT MACHT FREI (働けば自由になる)のアーチ文字。これはすごく有名で、
アウシュビッツっつうと必ずここの写真が使われる。
f0189467_083883.jpg

実際には、「どんなに働いたって、オレたちは自由の身になってここを出ることなんてできない」という
運命を薄々感じながら、収容者たちはこのアーチの下をくぐり、この文字を眺め、収容されたに違いない。
そう考えるとイヤな標語だよね~。

有名な話だけど、このアーチ文字、左から三つ目のBの文字がサカサマになっている。
これは作り間違いじゃなく、アーチ作成を命じられた収容者たちの精一杯の抵抗の印だという説もある。
いやぁ・・・写真では何度も見たこのアーチの実物を、ついにこの場所で見ることができるとはなぁ。
f0189467_085895.jpg

見学者もぞろぞろと「働けば自由になる」のアーチをくぐり、収容所の中に入っていく。
中にはけっこう大きなレンガ造りの建物がいくつもある。祖末なバラック小屋みたいなのを想像してると
ちょっと意外な感じがする。だいたい2階・3階建てで、大きくて堅牢な造りだ。
もちろん、こういう建物が収容者たちの居住棟っていうケースもあったんだろうけど、中にはドイツ軍側の
管理用施設みたいなものも多かったんだと思う。
f0189467_0104042.jpg

ガイドは我々をそういうレンガ造りの建物の一つに誘導する。
アウシュビッツ強制収容所見学ツアー、まず収容所内に作られた博物館に入り、そこで見る者の心を
限りなくダークにさせるいろんなパネルや写真、展示物等を見ることになる。


それらは次回、ご紹介しよう。


 

by tohoiwanya | 2013-08-02 00:11 | 2012.06 東欧・北欧旅行 | Comments(2)