<   2014年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2014年 08月 04日

アユタヤに行ってみよう

さてだ。
昨年の東南アジア旅行はベトナムに関しては街歩き中に拾った小ネタがヤマほどあるのに対し
タイではいわゆる大ネタがいくつかある。もうあの旅行から1年2ヶ月が経過してるんだから(笑)
そろそろ大ネタのひとつに着手しよう。まぁ続き物になるだろうな、当然。

その大ネタとはアユタヤ半日観光なのである。実にオーソドックスな、これぞ観光ネタといえる
観光ネタだ。これは事前に現地オプショナルツアーに申し込んでおいたのである。
f0189467_00141300.jpg
 
アユタヤはバンコクから車で1時間くらいかな。バンコク発オプショナルツアーの観光地としては
王道といえる場所で、一日ツアーとかもあるけどイ課長は早朝に出て昼に戻る半日ツアーにした。
暑い中、丸一日となると疲れるし、夜は夜であちこち行きたい場所もあったからね。

その代わり朝は早い。ホテルピックアップは6時半。6時に早起きしてロビーで迎えを待った。
オプショナルツアーのピックアップっていうと、どうしてもクラクフでのトラウマがあるから、
「ちゃんと来るんだろうな?」という疑念をぬぐい去ることができない。

ホテルロビーのソファに座り、ジッと入り口を見守るイ課長。
6時25分になっても、28分になっても迎えはこない。おい大丈夫かよ。ヤバい雰囲気じゃないか?
f0189467_00141261.jpg
 
6時半ぴったりに紙片を持ったオッサンがロビーに入ってきてキョロキョロしてる。
あれが迎えか?しかしこのオッサン、イ課長を見ても全く反応しない。ってことは彼が探してるのは
女性とか家族連れとか、そういう人であって、イ課長を迎えにきたわけじゃないのか?

さらに数分がすぎる。依然として迎えはこない。オッサンは依然として誰かを探している。
イ課長を迎えにきたんじゃないのかなぁ?6時半もまわってるし、とりあえずこのオッサンに確認しよう。
彼のところに行って手に持った紙片を見せてもらったら、そこに書かれていたのは・・・



  ・・・イ課長の名前じゃねぇか


そりゃね、いくら年齢や顔まではわからないとしても、キミは日本人男性一人を迎えに行くために
このホテルに来たんだろ?そこのロビーに日本人男性が一人で座ってるんだぞ?声をかけるとか、
名前の書かれた紙片をこっちに向けるとか、何かすべきことがあるだろう。

そのオッサン、車の中で言い訳してた。
「日本人はみんな小さい。お前はデカいから日本人だと思わなかった
う・・・、まぁ確かにイ課長は日本人的というよりは、どちらかというと巨神兵的かもしれんがね・・・。

あのままイ課長がこのオッサンに声かけずにジッと待ってたら、どうなってたんだろうと思うよね。
クラクフといい、バンコクといい、オプショナルツアーのピックアップってどうも危なっかしいよなー。

まぁいい。結論からいえばちゃんと迎えの車に乗れたんだからヨシとしよう。
車はそのまま、BTSで数駅離れた距離にある高級ホテルに向かう。ホテルピックアップのない人は
直接この高級ホテルに集まるというシステムだったのである。

ここで車を大型のバンに乗り換える。
中にはすでに日本人の男性一人、女性一人がおり、イ課長で3人目。そこにタイ人の女性ガイドが加わり
総勢4人でアユタヤに向けて出発することになったのである。

この女性ガイド、日本語の語感的には面白い名前の人で、自分でもそのことをネタにして自己紹介
してくれたんだけど忘れてしまった。まぁここでは仮にダメーさんとしておこう。
(日本語的にはこんな感じの意味になる面白い名前の人だったんだよ。しかし忘れてしまったのだ)

このダメーさん、ストレートロングヘアーの美人で、日本語もすごく上手。
車中で今日の半日ツアーの予定とか、アユタヤの歴史に関していろいろレクチャーしてくれた。しかし
昨夜ハノイから到着して今朝はいきなりの早起きだったイ課長、ここでつい居眠りしてしまったのだ。
失礼にもほどがある。あとでダメーさんから恨まれて、ひたすら謝った(笑)。
f0189467_00141334.jpg
 
というわけで、すでに現地到着前からかなりトホホな展開だが、次回以降はちゃんとマジメに
アユタヤの歴史や遺跡について、書いていこうと思うのである。


 

[PR]

by tohoiwanya | 2014-08-04 00:17 | 2013.06 ベトナム・タイ旅行 | Comments(0)