人気ブログランキング |

<   2019年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2019年 09月 29日

ワット・プーというところ 1

リンガ参道を一番奥までいくと左右両側に、左右対称な位置で宮殿跡がある。
この宮殿の写真はワット・プーの紹介でよく見た。ココだったんだぁ。
参道側から見ると北宮殿の後ろが山になる。そこに雲がかかってたりすると、ますます
神秘の遺跡ムードが高まるねぇ。
f0189467_16521717.jpg
 
北の宮殿の方に入ってみる。おおー・・廃墟感が満ちあふれて大変よろしい。
f0189467_16532795.jpg
 
左右の宮殿を通り抜けるといよいよ“平野部”が終わって“山岳地帯”に入る。
まぁこのくらいの階段や登り坂ならどうってことはない。
f0189467_16540403.jpg
 
おお、さらに急な階段。まぁ短いからどうってことはない。
f0189467_16540562.jpg
 
最後にトドメの階段。なーに。金毘羅様に比べりゃ朝飯前の超楽勝。
f0189467_16540503.jpg
 
・・でもないんだよ。この階段、すごく危ない。
踏み込み部分が異様に浅いから足をタテにして登ることができない。しょうがないから
横向きで昇ったさ。しかもところどころ段がなくなってる(笑)。あぶねぇ階段だこと。
f0189467_16543955.jpg
 
ふーやれやれ。ここがワット・プーのてっぺんか。神殿があるからそうだよな。
濃厚な緑に覆われた廃墟・・なかなかムードあるじゃん。
 
f0189467_16552200.jpg
 
ここから下界を見るショットもワット・プー紹介記事には必ず使われる。眺めいいんだよ。
さっき通ってきたリンガ参道や二つの宮殿、二つの人工池。その向こうに延々と続く緑。
わかりづらいけど、細~くメコン川も見えるね。
f0189467_16563594.jpg
 
アンコールワットなんかに比べちゃうと、ワット・プーの建造物としてのスケールなんて
全然大したことない。さっき見た宮殿も完全に廃墟だったし、テッペンにある神殿だって
ごく小さい。おまけに建物がたわんでる。大丈夫か?そのうち崩れるんじゃないか?
f0189467_16573116.jpg
 
神殿の中には入れるようになっている。
ヒンズー教寺院として建てら、その後仏教寺院に改修されたそうだから、中にはたぶん
仏像があるんだろ・・・え?・・こっ・・これ?コレですか?!
汗ダクになって危ない階段登って、最後の神殿にある仏像の顔がコレかいッ!
f0189467_16580670.jpg
 
帰国後に読んだある本で、ワット・プーのことをけっこうケナしていた。
世界遺産なのに大したことないし、仏像は人をおちょくったような顔だし・・とかね。
まぁ仏像の顔に関してはその気持ちもわかる(笑)。これにはイ課長ものけぞったぜ。

ま、まぁいい。気を取り直してもうちょっとワット・プー探検を続けようではないか。
というわけで続きは次回だ。

 


by tohoiwanya | 2019-09-29 22:54 | 2019.08 ラオス・タイ旅行 | Comments(2)
2019年 09月 27日

ワット・プーへ行くぞ

ワット・プー日帰り観光のチャーター車が来た。
6〜7人乗れそうなワゴン車だ。それでイ課長一人運ぶんだからもったいない。
2〜3人のグループならシェアできるのに、こういうところは一人旅だからこその
コスト効率の悪さ。ま、しょうがない。

車窓風景はのどかなラオス農村風景そのもの。ウシ集団はそこらじゅうにいる。
f0189467_13194101.jpg
 
チャンパーサックの町に入るとワンコ集団もいる。車を気にするそぶりを
全くみせないのがすごい。逆に車の方がイヌ見て減速してるよ(笑)。
f0189467_13194188.jpg
 
ワット・プーって山の斜面にあるらしいけど、だんだん風景もソレらしくなってきた。
と同時に雨も降ってきやがった。今日も雨かよ・・・でもパクセーから1時間乗って
駐車場に到着した頃には幸い小やみになってきた。
f0189467_13243425.jpg
 
車を降りて、さぁ行くぞ・・って、ところでドッチに行きゃいいの?(笑)
ドライバーが「あっち」って教えてくれたから、土産物屋やらカフェやら並ぶ
通路を歩く。この奥に切符売り場があるんだろう。
f0189467_13223133.jpg
 
確かにゲートと入場券モギリ場はある。しかしチケット売り場は?
係員から「あそこのカフェでチケット買うんだ」と教えられて、逆戻りして買う。
こんな奥まったところにチケット売場があるなんて思わねぇじゃん。
f0189467_13214157.jpg
 
こんどこそ入場すると、次は電気自動車に乗る。
入口から遺跡まではちょっと離れてて、歩いて行けないことはないけど暑い。
チケット代に含まれてるんだから乗せてもらいましょう。
f0189467_13214198.jpg
 
ワット・プーっていうのはカンボジアを中心にラオスやタイにたくさん残ってる
クメール時代のヒンズー教寺院の遺跡。もちろんご本家のアンコール・ワットとか
バイヨンほどの規模はないし、知名度も低いけど、一応世界遺産なのである。

電気自動車が止まる。こっから先は徒歩なわけね?
うわーーー参道の両側にずらりとリンガが並んでる。これはすごい。こんな
だだっ広くて長大なリンガの参道はカンボジアでは見なかったぞ。
f0189467_13225845.jpg
 
ところでリンガって何か?えーとね・・まぁその・・要するに・・・男根です。
ヒンズー教寺院として作られたワット・プーだから、インド的なシャクティズム
(性力信仰)の影響があるんだろう。日本にだって男根をご神体にした神社が
あるくらいで、五穀豊穣・子孫繁栄のシンボルとして男根が用いられる例は
けっこうアチコチにある。
f0189467_13225884.jpg
 
ワット・プーって事前に写真を見た感じではイマイチ遺跡の構造がよく
わかんなかったんだけど、こんな広大なエリアに広がるものだったんだ。
参道の先の方は山の斜面で木に覆われてよくわからないが・・。
f0189467_13233061.jpg
 
うまい具合に雨もやんだ。暑いが、そんなことでヘコタレちゃおれん。旅はまだ
始まったばかり。ガンガンいくぜワット・プー。というわけで続きは次回だ。

 


by tohoiwanya | 2019-09-27 00:01 | 2019.08 ラオス・タイ旅行 | Comments(2)
2019年 09月 24日

「遊びは現地に着いてから方式」を実践する

イ課長がパクセー空港に降り立った時って、「今後の予定」がものすごくアヤフヤで
流動的で、けっこう不安な気分を抱えていた。
f0189467_14595140.jpg
 
明日はシーパンドンのコーン島に移動しなきゃならん。その交通手段手配は絶対必要。
それとワット・プー遺跡見学をどう組み合わせるか?さらにコーン島では滝を見たいが、
それもパクセーで一緒に手配するか、島に着いてから何とかするか?
可能性のあるプランとしては三つくらいあった。

①明日の理想的ツアーに申し込みがあれば、それにジョインする
現地旅行代理店で「ワット・プー、コーンパペンの滝を経てシーパンドンまで行く」という
まことに理想的ツアーがあった。だが出発前に問い合わせたら現在申し込みゼロ。イ課長が
一人で申し込むとバカ高くなる。今日その代理店に行って、他に申し込みがあるようなら、
そのグループツアーに加わるのが効率的だ。

②今日ワット・プーだけ日帰り往復し、明日シーパンドンに移動

①がダメな場合、このパターンになるかなぁ。移動としては若干効率が悪くなるし、
ワット・プー往復は個人チャーターになるから安くはない。しかしシーパンドンには
毎日ミニバスが出てるはずで、そっちは安く済むはず。

③空港からホテルに行くタクシー運転手の営業に乗る
「オマエ、この後ドコ行くんだ?え?ワット・プー?ならオレが安く乗せてやるよ。
 ワット・プー往復で●●万キープでどうだ?」みたいなこと言われる可能性があって、
安けりゃそれに乗る手もある。③になればあとは明日のシーパンドン行きミニバスの
切符だけ買えばいい。

ハッキリしてるのは明日シーパンドンに移動する必要があるということだけ。あとは
①~③のドレになるか決まるまでは、ワット・プー観光が今日か、明日かも、
コーンパペンの滝見学が明日か、あさって以降になるのかもわからないという
アヤフヤさ加減。ひどい。

到着早々、まず③の案が消滅することが決まった。
空港タクシーの運転手は愛想も営業ゴコロもないニイちゃんで、ひたすら無言で運転する。
もっと商売熱心なのかと思ったが。ま、いいよ。とすると残る案は二つだ。
f0189467_14595146.jpg
 
実は①のツアーを催行してる旅行代理店は、イ課長が予約したホテルに併設してる。
たぶん同じ経営なんだろうな。それもあってこのホテルにしたのだ。チェックインして、
さっそく隣の代理店のドアを開け、①のツアーの申し込み状況を聞いてみた。

すると申し込みゼロだって。あらまぁ。これで「明日のツアーに混じる」という①も
消滅した。ってことは自動的に②か。

聞いてみると、ワット・プー往復の車チャーターは552,000キープ(約6,500円くらいか)。
シーパンドン行きミニバスは7万キープ(約850円くらい)だと。よし、もうソレでいこう。
となるとワット・プー往復は今日になるわけだが、出発は何時にしよう?
f0189467_15072578.jpg
 
お店のお姉さんが「10時半にする?」と聞いてきた。この時、時刻はたぶん9:50頃。
そんなに早く手配できちゃうの?こうしてワット・プー往復は10時半に出発。明日は
ミニバスでシーパンドン移動、そのピックアップはホテル前に7時半・・等々のことが
サクサク決定。このお姉さん、頭が良さそうで手際も大変よろしい。
f0189467_15011809.jpg
 
この代理店、パクセーホテルに併設のワット・プー・トラベルというところです。
今回みたいにいろいろ現地で手配しなきゃいけないような場合、チャンとした代理店が
ホテルにくっついてるのはすごく便利だね。ワット・プーやシーパンドンだけじゃなく、
旅行代理店として一通りのことは全部手配可能だから、イ課長はこの数日後、ウボンへの
国境越えバスの切符もここに頼んだ。

手配してくれたのはエレガントなシンが似合う、いかにも聡明そうな美人のお姉さん。
聞いてみると、実はもう1歳5か月(だったかな?)の娘さんがいる27歳のママだそうだ。
娘さんもママに似てかわいいに違いない。

そこまで言っといて彼女の写真はないのかって?あるよ?あるけど今日は載せない。
来年の美女図鑑まで出し惜しみですよ。うひひ♪

 


by tohoiwanya | 2019-09-24 23:48 | 2019.08 ラオス・タイ旅行 | Comments(0)
2019年 09月 22日

川口から4000の島に向かうイ課長

さてだ。
パクセーに到着し、これからラオス南部の観光が始まるわけだけど、記述の中には
読者が聞いたこともない地名がいっぱい出てくる。そもそもパクセーって地名だって
ほとんどの人は知らないだろう。

お構いなしに書いてもいいんだけど、イ課長は心のやさしい書き手だから(笑)
先に大まかな地理関係だけご説明しておこうと思うのである。

ちなみに、パクセーってラオス語で「パーク」が「口(くち)」セーが「川」。
つまり川の口、河口だな。パクセーは日本語なら川口になる。

パクセーとタイやカンボジアとの位置関係はこんな感じ。
パクセーはタイ国境にわりと近い町で、ここから国境越えバスに乗ってタイに入り、
タイで最も東にある県庁所在地ウボンラチャタニまで行ったのが3日後の話。
f0189467_01352107.jpg
パクセーからまず行こうと思ってたのはシーパンドンだ。車で3時間近くかかる。遠い。
イ課長はこのシーパンドンに2泊する予定だったんだけど、その途中どこかで世界遺産の
ワット・プー遺跡も見たい。こちらはパクセーから車で1時間強ってところか。
二度に分けて行くと効率イマイチだから、ワット・プーからダイレクトにシーパンドンに
行ければいいんだけどなぁ・・と思ってた。

さらにシーパンドンの付近の拡大図。何だかすごいでしょ。
「シーパン」ってタイ語でもラオス語でも「4000」という数字を指す。「ドーン」は島。
つまり「4000の島」。本日の標題の意味がおわかりいただけたと思う。コーン島って
海じゃなく、メコン川の中の島だったんですね。
f0189467_01352163.jpg
シーパンドンの島に行きたい人は地図左上にあるナカサンって船着き場にまず行く。
大部分の観光客はここからコーン島かデット島のどちらかに行くわけで、イ課長が
泊ったのはコーン島の方。コーン島とデット島は旧鉄道橋でつながってる。

コーン島での観光といえば大きなお目当ては滝だ。観瀑ジジイの血が騒ぐ。
画像右端にあるコーンパペンの滝は落差は大したことないけど滝幅世界一とされる巨大滝。
他にもリーピーの滝とかコーンパソイの滝とかある(というか、これら構成要素の滝を全部
合わせて滝幅世界一ってことだと思う)。島だらけ滝だらけのシーパンドン。

シーパンドンまで来れば南はすぐカンボジアで、ここはラオスの南の果てなのだ。
「秘境」という言葉は大げさではなく、シーパンドンを紹介したガイドブックにも
秘境の旅なんて書かれてる。イ課長的基準で考えれば、もう大変な秘境でしたよ。
f0189467_16455734.jpg
 
そんなラオス南部の地理、何となくお分かりいただけましたでしょうか。
え?まだよくわからない?あとはもうイ課長も知りません。次回から容赦なく
ラオス南部・秘境の旅の様子を地名入りでバリバリ書いちゃうもんね。
 
 

by tohoiwanya | 2019-09-22 23:21 | 2019.08 ラオス・タイ旅行 | Comments(4)
2019年 09月 20日

ラオス国営航空でパクセーへ

さて、話は欧州からラオスに戻ります。世界をトビまわるイ課長ブログ(笑)。

ヴィエンチャンからパクセーまでは前にも乗ったラオス国営航空で移動した。
バスだと10時間くらいかかるんだよね。飛行機なら1時間。いくらモノズキのイ課長でも
ここは飛行機にします。
f0189467_00271496.jpg
 
乗るのは当然国内線だ。ワッタイ空港から国内線に乗るっていうのは以前、
ルアンパバーン行く時もやった。

あの当時(2015年)のワッタイ空港の国内線ターミナルなんてねぇ、そりゃもう
小さくてオンボロで、地方駅の待合室みたいな感じだった。

でもその後ターミナルは新築(か増築)されたようだ。
前回は地面と(つまり滑走路と)同じ高さの待合室だったけど、今回はこんな感じで
搭乗待合室は上層階。ずいぶんモダンになったねぇ。
f0189467_00311562.jpg
 
こちらは売店。やけにガラーンとしてるけど、以前の国内線ターミナルの売店に比べりゃ
雲泥の差で立派になった。立派になってもこの程度・・とも言えるが(笑)。
f0189467_00304472.jpg
 
おなじみ、滑走路の上を歩いていくのどかな搭乗風景。
この日は雨だったから出口で傘を渡してくれて、搭乗口のところに「傘回収係」がいた。
相変わらずのどかすぎる。
f0189467_00302238.jpg
 
飛行機はATRのプロペラ機。すいてたね。
離陸すると機内食とコーヒーが出る。朝食前にホテルを出てきたからこれは嬉しい。
中身は黄色いドロリ状のもので、てっきりカスタードクリームパンだと思って食ったら
何やら得体の知れない味。なんのクリーム?これ。
f0189467_00273673.jpg
 
袋のウラを見て中身が判明。あれはコーンクリームだったんだ。甘い菓子パン好きの
イ課長としてはイマイチだが、とりあえず賞味期限内だから許そう(笑)。
f0189467_00273647.jpg
 
と言ってるうちにもうパクセー近し。あれはメコン川かな。
f0189467_00300167.jpg
 
はい着陸。ここも地面を歩いてターミナルへ。ATRは機体が小さくて搭乗口も低いから
どうしたってそうなる。ターミナルへの移動もバスなんかまったく必要ない近さ。
一応「国際」空港ではあるけど、ラオスの空港はどこもこんな感じで田舎っぽいのだ。
f0189467_00314750.jpg
 
今回の旅行ではこのパクセーで飛行機降りたら、あとは旅行のいちばん最後の
バンコク⇒成田便に乗るまでは、ぜーんぶ鉄道かバスか車での移動になる。しかも
そのほとんどは未予約。片っ端から現地で手配しなきゃバンコクまで辿り着けない。

長くハードな旅はいよいよパクセーからが本番って感じだったわけだけど、
とりあえず本番が始まる前に飛行機落ちなくて良かったヨカッタ。

 


by tohoiwanya | 2019-09-20 00:29 | 2019.08 ラオス・タイ旅行 | Comments(0)
2019年 09月 18日

ミュンヘンでハイティンクの第九を聴く その3

第九が始まった。
 
ベルナルト・ハイティンクに抱いていた「スタンドプレイ的要素がない、キチッとした
音楽をやる人」というイメージはまさにその通りだったね。彼が振る第九はあんまり
テンポ揺らさず、滔々たる流れに貫かれている(下の写真はもちろん開演前の練習風景)。
f0189467_14250663.jpg
 
第九ではテンポ揺らす指揮者ってけっこう多い。「曲が盛り上がる所で少し早める」のが
よくあるパターンで、そうすると確かに高揚感は増す。

一番よくあるのが第4楽章、合唱がフルコーラスで歓喜のテーマを歌うところだろうな。
その直前にオケがスローな弱音からぐぅわっ!と盛り上がるから、それに乗って最高潮に
盛り上げたいと指揮者は思うわけで、ここでテンポを少し早める人がけっこう多い。

しかしハイティンクはそういうことしない。テンポはほとんど変えずキチッと進める。
だから第2楽章あたりは「キモチゆっくりめかな」と思えたのに対し、普通の指揮者が
「ここはガラリ変わってゆ〜ったり聴かせよう」と考えたがる(んじゃないかな?)
第3楽章はむしろキモチ速めに流れていく印象。

しかし第1・第2楽章でイ課長はすでに感動してたよ。
凡百な指揮者が凡百なオケをゆっくり振れば、音楽は間延びして、空疎で、退屈になる。
しかしそこはハイティンク、そして名だたるバイエルン放響。ゆっくりめの演奏が
実に豊かに、隅々まで充実しながら流れていく。「抑制がきいた演奏」ということも
できるだろうけど、抑制されていても熱い。素晴らしい。

イ課長は若かりし頃に第九の合唱に加わったことが何回かある。
この夜は指揮者の顔がよく見えたから、第4楽章はつい合唱団員の気持ちで
ハイティンクを見てしまう。

第4楽章では指揮者が“一緒に歌う”ことが珍しくない。もちろん声は出さないけど
歌詞に合わせて口をあける。手ではオケを、顔と口では合唱団を指揮するような
感じになる。合唱団員にすれば指揮者が一緒に歌ってくれると盛り上がるんだよね。

しかしハイティンクはそういうこともしない。「盛り上げるぜ」的な“操作”は
ホントにしない人なんだね。

そんな姿を見る全ての聴衆の心に「彼の指揮姿を見られるのは今夜が最後かも・・」
という思いがよぎったはずだ。何せ89歳のご高齢。イ課長も同じことを思ったさ。
間違いなく楽団員や合唱団員も同じことを思いながら弾き、歌ってたと思うんだよ。
会場中がその思いを共有していたと思う。

もうねぇ、あの時の会場の雰囲気は表現しようがないよ。誰もが「これが最後か・・」と
切ないような気持ちでいる一方で、オケや合唱団からは「ミュンヘンで聞ける最後の
ハイティンクの夜、ゼッタイ名演にするぞ」って熱意が伝わってくる。素晴らしい。

いつまでも聞いていたかったけど、第九の演奏は終わった。
大歓声、大拍手はいつまでも、いつまでも続く。長い曲を振り終わった89歳のご老体を
何度もアンコールで呼び出すのは悪いな・・とは思うけど、今夜の感動を指揮者に
伝える方法はこれしかない。やがて聴衆は全員立ち上がって拍手し始めた。
f0189467_14205399.jpg
 
「アンコール、1枚だけ撮らせてくだしゃい!ごめんなしゃい!」と心で謝りながら
サッと撮ったのが上の1枚で、中央、右を向いてる白い頭のご老体がハイティンク。
ハイティンクが引っ込んだあと、楽団員同志が抱擁し合ってたのも印象的だったなぁ。
「今夜の演奏よかったよ!」っていう達成感がオケにもあったんだろう。

いやー・・期待以上の、素晴らしい夜でございました。
再びSバーンに乗ってミュンヘン中央駅に戻る間も、イ課長の心は満たされていた。
ドイツ語に苦しみながらチケットとった甲斐があったよ。
f0189467_14205374.jpg
 
この7か月後には引退することになるハイティンクの第九を、なぜかミュンヘンで
聴けたことは本当に千載一遇の機会だった。イ課長生涯の自慢になるよ。

9月で引退すると伝えられる90歳の巨匠・ハイティンク。
あの夜の感謝を込めてこの記事をハイティンクに捧げるとともに、引退後も
お元気でいて頂きたいと心から願うイ課長なのである。

ちなみに、この演奏会の動画が下記URLで見られます。たぶんイ課長が行った日の
翌日あたりに録画したんだと思われる。1曲目の「静かな海と楽しい航海」と
第九の4つの楽章全部が収録されてるから長いけどね。
https://www.br-so.com/bernard-haitink-2-p13337/

 


by tohoiwanya | 2019-09-18 00:05 | 2019.02 欧州出張 | Comments(4)
2019年 09月 16日

ミュンヘンでハイティンクの第九を聴く その2

ハイティンクのことを少し書いておきたい。
ベルナルト・ハイティンクといやぁベテランの巨匠。カラヤンとかショルティみたいな
“スター指揮者”って感じではないけど、「巨匠」という言葉は彼にこそふさわしい。
f0189467_00530269.jpg
 
長くオランダのコンセルトヘボウと一緒にやってた人で、スタンドプレイ的というか、
「ノリで聞かせる」的要素のない、キチッとした音楽を聴かせる指揮者っていう
イメージがある。来日もしてるはずだけど、イ課長が彼の実演を聴くのは初めて。

このハイティンク、この演奏会があった時点で89歳。今この記事を書いてる9月時点では
90歳というご高齢で、前回書いたように9月のルツェルン音楽祭を最後に引退することを
この春発表したらしいんだよ。今となってはあのミュンヘンの夜は超貴重な機会だったわけ。
こんな偶然をイ課長に与えてくれた神に感謝しよう。

買ったのは61ユーロ(約7,500円ってとこか)の席だった。
席グレードとしては最下級の一つ上くらいの、まぁしょせん下級席。でもこの席だと
オケの後ろの席を取れるんだよ。オケの後ろなら指揮者がよく見えるじゃん。この際
ミーハーに徹して、指揮するハイティンクを見たいっていうんでココにした。 
f0189467_23520469.jpg
 
ちょっとオーケストラの様子を見てみよう。
あっちじゃコントラバスだけもぞもぞ低い音で練習してる。左側が合唱団の席だな。
イスがあるってことは、日本でよくある「第三楽章の前にゾロゾロ入る」じゃなく、
合唱団は最初から座ってるということか。
f0189467_23520466.jpg
 
前のヘリのところから下を覗き込むと、ティンパニ奏者が。
第九の前半ふたつの楽章、特に第二楽章ではティンパニ奏者が最高にカッコいい。
今夜も期待してるぜ。バチも折れよとばかりに叩いてくれ。
f0189467_23521256.jpg
 
ついでに楽譜をズームで撮ろうっと。完全にミーハーと化したイ課長(笑)。
この夜の1曲目はおなじベートーヴェン作曲の「静かな海と楽しい航海」っていう
変わった題名の曲で、イ課長は初めて聴く。
f0189467_23521206.jpg
 
この夜の「ハイティンクの第九」はドイツのTVで放映されるようだった。ZDFかな。
観客の目に入りやすい舞台ワキカメラの女性担当者はちゃんと黒いワンピースなんだね。
もう当然放映されただろう。ドイツのみなさん、指揮者から見て左手上方の画面スミに
写ってた(かもしれない)おでこの広い巨大ロボットがイ課長だったんですよ。
f0189467_23520400.jpg
  
そうこう言ってるうちに観客もほとんど席につき、開演。
1曲目はさっき楽譜を見た「静かな海と楽しい航海」で、聴いてみて初めて知ったけど
この曲も男女混声合唱が付くカンタータなんだね。
f0189467_23521286.jpg
 
ただし指揮がハイティンクじゃない。黒髪の背の低い指揮者で、イタリア人かな?
イ課長が高校生の頃、大指揮者カール・ベームが来日した時に副指揮者?でやはり若い
イタリア人がついてきたけど、今思えばあれが無名時代のリッカルド・ムーティだった。

だがイ課長は1曲目からハイティンクが振ると思い込んでたんで激しく動揺する。
まさかご高齢のハイティンクの体調が悪くなって代役?ひょっとして2曲目の第九も
彼が振るの?苦労してチケットとった巨匠ハイティンクの第九をだよ?ミュンヘンの
会場まで来て聴き損なったりしたらだよ?イ課長は悲嘆のあまり死ぬぞ。

だがご安心あれ。
2曲目、会場割れんばかりの大拍手と共に舞台に登場したのは巨匠ハイティンク。
やったーー。彼の実演を初めて、なぜかミュンヘンで、しかも第九で聴けるんだ。

その第九の演奏の様子は次回だ。
(たぶん)最後の海外出張、最後の娯楽を飾るにふさわしい感動的な演奏だった。
え?早く読みたい?イ課長も早く続きを書きたくてしょうがない(笑)。
 
 


by tohoiwanya | 2019-09-16 01:19 | 2019.02 欧州出張 | Comments(0)
2019年 09月 13日

ミュンヘンでハイティンクの第九を聴く その1

ブリュッセルからいきなりミュンヘンに話が飛ぶが、この話は今月中に書かねば。
今年9月のルツェルン音楽祭を最後に引退することを表明した、ある大指揮者の話。
これを書きたくてウズウズしてた。当然続き物記事になるのである。

あの出張ではブリュッセルやデュッセルドルフでは夜に会食が入りそうだったから、
娯楽をハメ込むとすれば最後の滞在地、ミュンヘンに賭けるしかなかった。
2泊の間にどんな娯楽があるか必死に捜しましたよ。

11年前に「とんでもマクベス」で途中挫折したバイエルン国立歌劇場。久しぶりに
行きたかったけどいい演目がない。うーん・・じゃオーケストラはどうだ?

するとだ。
ガスタイク(Gasteig)ってところでバイエルン放送交響楽団の演奏会があるではないか。
しかも曲目はベートーヴェンの第九!しかも指揮は巨匠ベルナルト・ハイティンク!!
これはいい!(たぶん)最後の海外出張の、(これは絶対に)最後の滞在地で聴く第九!
フィナーレを飾るにふさわしい荘厳なイベントではないか。
f0189467_00301029.jpg
 
出張準備と同じくらいの時間と情熱を傾け、チケットをネット予約した。途中からは
ドイツ語のみの表示になって苦労したけど、何とか予約確認書はプリントアウトした。
これで入れるよな?もしダメと言われたらその場で舌を噛んで死のう。

デュッセルドルフからミュンヘンに移動した木曜の夜、ホテルで一休みしたあと再び
ミュンヘン中央駅からSバーンに乗ってガスタイクに出撃。ふふ・・ハイティンク・・
しかも第九・・しかもここは本場ドイツ・・うふ・・うふふふ(←少しイッてる)

ところでコンサート会場とされるガスタイクって何か?
ここは一種の文化複合施設で、コンサートホールとか図書館とか大学とかいろいろあるらしい。
地図で場所は確認してたんだけど、愚かなるイ課長は地下から地上に出たら東西南北の
見当がつかず(これはよくある)、通りを逆方向に歩いちまった(これはバカ)。
f0189467_00271144.jpg
 
不安になってそこらの兄ちゃんに聞いたら「ガイスタクはあっちだよ、あっち!」と
教えられ、慌てて反対向きに歩く。さっき降りた駅を通り越してさらに歩くと、ほーら
ちゃんとあるじゃんガスタイク。失敗は成功の母なのだ。
f0189467_00283593.jpg
 
すげー立派な建物。写真左下、みんなが向かっているのが入り口だろう。
さっそくイ課長も続いて入る。出張だからネクタイとジャケットは着てる・・つうか、
それしか服を持ってないわけだが、こういうフォーマル・シーンでは助かる。
f0189467_00300282.jpg
 
まずすべきは、最も不安だったチケット入手だ。
チケットブースに行ってオズオズと予約確認書を差し出すと、アルファベット順に
並べられたチケットの中からイ課長のをくれた。やったー。チケット引き換え手順が
ドイツ語のみだったから不安でしょうがなかったんだけど、これで大丈夫だ。
f0189467_00300258.jpg
 
あとは開演までゆっくり待とう。
ハイティンクの第九を聴こうというドイツのクラシック・ファンでロビーはいっぱい。
イ課長の気分も高揚するぜ。そのわりにコワい顔してるが(笑)。
f0189467_00350054.jpg
 
開演は8時で、7時半くらいから客席に入れた。チケット持ってるからには
怖いものナシだ。胸を張ってホールの中に・・・・おおおおおお
すげーモダンな、立派なホールだねぇ。
f0189467_00301016.jpg
 
今夜は素晴らしい夜になりそうだという予感がモリモリと高まる。
実際、あれは感動的な夜だったよ。あの夜のことだったらいくらでも書ける。
しかし、ここらで一度区切って、続きは次回だ。うひひ。

 


by tohoiwanya | 2019-09-13 00:09 | 2019.02 欧州出張 | Comments(0)
2019年 09月 11日

ルネ・マグリット美術館

美術愛好家にとって、ここは王立美術館と並んでブリュッセル必見のアートスポット。
お互い場所もすぐ近くだから、両方一緒に鑑賞することが多いと思うけど、イ課長は
王立美術館の方しか行ったことがなかった。

ルネ・マグリットは太古の昔に東京でマグリット展を見に行った記憶がある。
シュールリアリズムの大家の一人と言っていいんだろうけど、画家本人と同じくらい
雄弁な絵のダリなんかに比べて、マグリットの絵は圧倒的に静謐。

本人はこういう人だったらしい。ごく普通の紳士って感じ。
f0189467_22364528.jpg
 
さぁ絵だ絵。ここは写真撮影が禁止されてないようだったのでいろいろ撮った。
絵をいくつも見てまず認識を新たにしたのが、彼が同じモチーフを繰り返して描く
ヒトだと知ったことだ。たとえばこれ。マグリットの有名な絵。
f0189467_22382181.jpg
 
・・というのはウソで、一般に知られてる有名な絵の方はたぶんこっち。
(題名は忘れた。彼の絵の題名は絵との関連がハテナなものばっかりで難しい)。
「トリの形をした山、手前に卵」っていう、この絵は一枚だけじゃなかったんだ。
どっちかが習作というわけでもないはずで、どっちもリキを入れて描いてる。
f0189467_22382169.jpg
 
こっちもそう。「光の帝国」っていう、マグリットの有名な絵はたぶんこれ。
f0189467_22384809.jpg
 
しかし全く同じような絵を他に何枚も描いてる。不出来だから途中で放り出したって
わけでもない。街灯をモチーフにした絵はもう2枚くらいあったように思う。
マグリットなら同じような絵を何枚描いても、片っ端から売れたんだろうな。
f0189467_22384824.jpg
 
マグリットって、もしかすると「画家」っていうより、めちゃくちゃ才気あふれる
グラフィックデザイナーに近い存在なのかもしれない。筆のタッチをほとんど感じさせず、
写真みたいに丁寧に描き込んでおいて「静かな、しかしあり得べからざる世界」を
描出するっていうのは完全に才気とアイディアの勝利といえる。

これもマグリットの絵なのかなぁ?たぶんそうなんだろう(説明書きが読めないもんで)。
静謐な絵が多いマグリットにしては「騒々しい絵」と言えるけど、実にミョーだ。
f0189467_22391853.jpg
 
火事と女がこの位置なら、女の影はもっとコッチ側に長く伸びてなきゃいけないのに、
異様に短い。現実には絶対あり得ないこの影の短さが「現代の不安を象徴してる」とか
言うこともできるんだろうけど、単に「描いてるうちにキャンバスの寸法が足りなくなった」
ようにも見えるんだよね(笑)。ミョーな絵だなぁ。

これは(たぶん)マグリットの立体モノ。3次元ものなんて初めて見た。独特の静謐なムードの
画風を確立してる絵画に比べると、目や耳や口を全部くっつけたこの立体作品は
「いろいろやってみました」的な感じが見られるね。
f0189467_22393422.jpg
 
あ、これ?これはマグリット美術館の男子トイレ(笑)。
トイレもデザイン性が感じられるねー。「シャイニング」に出てきたトイレ(あの映画を
見た人は絶対に忘れない)を思い出しちゃったよ。
f0189467_22395852.jpg
 
マグリット美術館で時間を使ったけど、まだ午後の仕事のアポ時間にはけっこうある。
まぁチンタラ歩いて今日の面談場所に向かうか。イ課長はね、別にブリュッセルに
観光しに来たんじゃないの。出張なの。信じてもらえないかもしれないが(笑)。

 


by tohoiwanya | 2019-09-11 00:47 | 2019.02 欧州出張 | Comments(2)
2019年 09月 09日

朝のブリュッセル名所散歩 その2

朝のブリュッセル。イ課長の長い散歩は続く。
最高裁判所を背にしたイ課長は北東に向かって歩き始めた。最高裁判所から始まって
王宮の方に続くこの道路は途中には王立広場なんかがある立派な通りなのだ。
過去何度か歩いたことがある。しかし通りの名前は知らない(笑)。
f0189467_16430325.jpg
 
さて、まだ時間はたっぷりあるけど、どうしようか・・。
チンタラ歩いていると左側に大きな教会があった。まぁちょっと入ってみるか。
時間に余裕があるから、こういう行き当たりバッタリが可能。それに、教会の見学なら
大抵は入場料かからないし。

中に入ると・・・うわーッ、きれい。
ステンドグラスを通った光が奥の内陣左側に投影されて美しい。
f0189467_16292816.jpg

尖頭アーチであることから考えて、この教会も基本的にはゴシック様式と推測される。
そう馬鹿デカい大聖堂ってわけではないけど、荘厳なムードがあってイイ感じの教会だ。
ステンドグラスもきれい。
f0189467_16292802.jpg

まだ午前中。太陽は東側にあるから、右側の側廊を歩くとやはりステンドグラスから
射し込んだ光が反対側の柱や壁に色を映してほんとにキレイだ。あとで調べたところ、
ノートルダム・デュ・サブロン教会ってとこらしい。午前中行くとイイよ。
f0189467_16292856.jpg
 
なかなか素敵なゴシック教会だったので、例によってロウソク寄付をいたしましょうね。
自分のロウソクが目立つように少し離して右に置いて写真をパチリ。
f0189467_16371363.jpg
 
実はこの近くに「エロスと神話の博物館」っていうのがあって、イ課長としてはそこは
ちょっと行ってみたかったんだけど開いてなかった。翌日ここを通った時は今度こそと
期待して行ったんだけど、やっぱり開いてない。ちぇっ。
f0189467_16304758.jpg
 
ここはたぶん内部撮影禁止のミュージアムなんだろうなぁ。仮に写真を撮れたとしても、
このブログではひじょーに紹介しづらいモノばかりだったはずだ(笑)。そういうトコを
ちょっと見てみたかったんだけど、閉まってるものはあきらめるしかない。

なおもずーーっと通りを歩く。ここが王立広場。
通りの真ん中に銅像広場みたいなのがあるから、道路も市電もそれをよけるように
ここだけ左右にグリンと分かれる。
f0189467_16400198.jpg
 
この先さらに歩くと何があるか・・ふふん、わかってるさ。
何せ6回目のブリュッセル。多少は土地カンがあるの。ほーら。楽器博物館のある
坂道カーブのところに来た。
f0189467_16375934.jpg
 
ここはグラン・プラスからずーーっと坂を登ってきた高台側にあるから、見晴らしが
いいんだよねぇ。このカーブはイ課長が好きな場所の一つで、これまでに何度も来たなぁ。
ブリュッセルに出張で来るのは極めて高い確率で今回が最後。好きだった景色をもう一度
しみじみと眺める。
f0189467_16375908.jpg
 
しかし恐ろしいことに時間はまだまだある(笑)。
それなら・・っていうんで、イ課長はこの坂道のすぐそばにあるルネ・マグリット美術館に
行ってみることにした。むかし王立美術館には入ったけど、こっちはまだだったのだ。

というわけで、次回はルネ・マグリット美術館ざますよ。
え?イ課長全然仕事してない?だーかーらー、この日はアポが午後に2件
固まっちゃったから、午前中に寸暇を惜しんで散歩してるんだってヴァ!
そのくらいいいじゃんかよ!ぶう!!
 
 


by tohoiwanya | 2019-09-09 00:09 | 2019.02 欧州出張 | Comments(0)