人気ブログランキング |

<   2019年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2019年 12月 06日

欧州のおカタい人たち・素材別整理

本日はちょっとヘンな企画。欧州出張の写真を見てて、こんなまとめ方で
書いてみっかという気になったのだ。

欧州の街を歩いてると、おカタい人たちをよく見かけるでしょ?
屋外で同じ姿勢でジッと立ってたり、ポーズをとってたり、時には頭で建物を
支えてたりもする、たいへん忍耐強い人たち。まぁ要するに銅像とか石像とか、
そういう人物像のことなんだけどさ。

こういうおカタい人たちを見かけると、大して考えもせず、つい写真を撮ってしまう。
今回の出張でもけっこう撮ったんだけど、本日はそれを素材別にご紹介しようという
ヘンな企画なのだ(笑)。素材別にとなりゃ、やっぱり最初は・・

【メタル編】
金属。銅像っつうくらいだから、銅が多いんだろう。これは銅製のビスマルク様。
デュッセルドルフでジッと立っておられた。ビスマルクって軍服着て、こういう
ヘルメット?かぶったイメージしかないね。だからすぐわかる。
f0189467_11220581.jpg
 
世界三大がっかりの一つであるコイツだって一応金属製の「おカタいガキ」だ。
でも上のビスマルクみたいにロクショウで緑色になってないってことは鉄製なのか?
衣装持ちで、世界中から送られたいろんな服を取っ替えひっ替え着てるらしいけど、
イ課長が見る時はいつも大体ハダカ。
f0189467_11193718.jpg
 
こちらはブリュッセルの路上で歌う金属製歌手。ロクショウないからやっぱ鉄かな。
ところでこの人、誰?たぶん有名な人なんだろうが・・・。
f0189467_11193706.jpg
 
金属製の方々はおおむね作る対象が誰というのが明確だからわかりやすい。
上の歌手だって見る人が見りゃすぐわかるはずで、著名人が多い素材といえそうだ。

【ストーン編】
それに比べると石で出来た方々は建物装飾の一部ってことが多くて、特定の誰という
明確なモデルはないケースが目立つ。その分、顔でもポーズでも作り手の裁量が大きいから、
何だこりゃ?と思うものもある。これは古い建物のヒサシの上でソッポ向き合ってる男女。
このタグイのおカタい方々は欧州の古い建物にたーくさんいらっしゃる。
f0189467_11193850.jpg
 
これはデュッセルドルフでの光景。天使さんがすごく心配そうに車を覗き込んでて、
何となくおかしくて写真撮っちまった。停車してるのが救急車なら最高なんだが(笑)。
実はこの天使さん、お顔が一部破損してて鼻がない。かわいそうに。ひょっとすると
第二次大戦で破損したのをそのまま残してるのかもしれない。
f0189467_11220541.jpg
 
おっと!むかし記事ネタにしたことがあるカリアティード(女人柱)があるぞ。
ギリシャ建築以来の伝統を誇る、異様な、しかしヨーロッパではよく見る建築装飾。
建物重量を頭で支える悲惨な業務の割にスマした顔してるのは前回書いた通りだ。
f0189467_11215857.jpg
 
げ。こっちの二人は顔がススで黒ずんで、炭鉱で働かされてる女奴隷みたい。
彼女たちの顔の汚れくらい洗ってやれ。かわいそうに。
f0189467_11215945.jpg
 
上二つはブリュッセルで見たヤツだけど、ミュンヘンにも建物を頭で支えている
悲惨な方々がいる。こっちは男と女が一つおきという、ちょっと珍しいパターン。
f0189467_11244889.jpg
 
しかしこの連中・・女性はいいとして、オッサンの卑屈なツラは何なのだ。
げへへ・・なぁ、重いからちょっと代わってくれよ、100円やるからさ、げへへ
とでも言ってるような、卑屈オヤジの下卑た笑い。イ課長がこのビルの施主だったら、
もう少しチャンとした顔の石像にしろと言うだろう。
f0189467_11244924.jpg
 
う・・なにコレ・・酔っ払ってんの?ミュンヘン中心部の、ビルとビルの間の
ちょっとした通路のワキにうずくまるナゾの酩酊オヤジ。何だって、こんなモノを
こんなところに・・・設置意図不明。
f0189467_11244846.jpg
【プラスチック?編】 
これ、実は何でできているのかわからない。石や金属ならこんなきちんとした着色は
できないはずだから、樹脂で形作って後で色塗ったんじゃないのかなぁ?
デュッセルドルフ駅の近くにいた、カメラに夢中のおじさん。一瞬ホンモノかと思う。
f0189467_00495021.jpg
 
円筒の広告塔の上に立ってるから、このカメラおじさんも広告なのかなと思ったけど、
商品名も企業名も書いてない・・ってことは、これもパブリックアートなのか?
石の酩酊オヤジとともに、この(たぶん)樹脂製のカメラおじさんも、その設置意図は
まったく不明なのである。

というわけで本日は欧州出張で撮りためた「おカタい人たち」特集でした。
まことにもってヘンな企画だったのう(笑)。
 
 


by tohoiwanya | 2019-12-06 00:06 | 2019.02 欧州出張 | Comments(2)
2019年 12月 04日

アル門からブリュッセルに別れを告げる

ブリュッセルでの散髪から30分くらいさかのぼる。本日はアル門の話。

ところでアル門って、知ってる?
ブリュッセル観光名所の中ではグラン・プラスとか王立美術館なんかよりだーいぶ
ランクが落ちると思う。知らない人の方が多いんじゃないかなぁ?

アル門はちょうどワッペンのような形をしたブリュッセル中心部(いわば旧市街)の
一番下のカドッコのところにある。地下鉄で南駅の次の駅、Porte de Hal で降りると
すぐ近くにあるんだけど、イ課長はこの日、シューマンから南駅まで歩くという、
すげー長距離散歩の途中に歩いて寄ったのである。
f0189467_01203817.jpg
 
ここって、ブリュッセルがワッペン型の城壁とお堀に囲まれた中世都市だった頃の
城門なんだよね。東京でいうと桜田門とか、大手門なんかが残ってるようなもんか。
しかしそこは中世ヨーロッパ。まるで城郭のような巨大石造り建築物なのである。
f0189467_15490436.jpg
 
ちなみに、夜見るとこんな感じ。これは前夜に撮った写真。
ライトアップされてキレイだけど、ちょっと幽霊屋敷っぽくもある(笑)。
f0189467_15490463.jpg
 
入場料は5€くらいじゃなかったかな?(忘れた。すまぬ)
中に入ると、いかにも中世ヨーロッパって感じの展示品がいっぱい並んでる。
f0189467_15493408.jpg

しかし、申し訳ないがイ課長としてはこういう展示品にはあまり興味がない。
むしろ、昔のアル門の模型とかの方が面白いな。今道路になってるところが昔は
お堀や城壁だったことがわかる。ウィーンのリンク大通りみたいに、欧州の古い街は
かつての城壁やお堀を道路にしたところが少なくない。
f0189467_15504058.jpg
 
展示をザッと見つつ、どんどん上の階にあがる。
ここのらせん階段は非常に重厚で、見ごたえがある。内部には一応エレベーターも
設置されてるけど、断然らせん階段を昇るぜ。
f0189467_15510387.jpg
f0189467_15510324.jpg
 
やがて塔の上の展望台(昔はたぶん見張り台)に出る。
実はイ課長が一番来たかったのはここなのだ。
f0189467_15564738.jpg
 
ちょっと風があって寒いけど(2月の下旬)、天気がよくて眺めはすごくいい。
おお、マッチと団子が組み合わさったような、有名なアトミウムも見える。
ブリュッセルの有名なランドマークだけど、これまで見たことなかった。
ずいぶん遠いのにずいぶんデカく見えるんだなー。
f0189467_15513113.jpg
 
あっちにも何だか立派な大聖堂がある。ブリュッセルには今回で6回目になるけど、
ぜんぶ出張だったから、街のごく限られたところを何度も歩いてる感じで、
中心部をちょっと離れると全然知らない。あんなところに大聖堂があるのも
今日高いところから見て初めて知ったぜ。
f0189467_15513131.jpg
 
今回がたぶん最後の海外出張。仕事でブリュッセルに来るのも当然今回が最後だろう。
仕事以外で来ること・・あるかなぁ?なまじ何度も来てるだけに、わざわざ旅行で改めて
来ることはないような気もする。これが人生最後のブリュッセルになるかもしれん。
あと数時間したらデュッセルドルフに移動しちゃうわけだしね。

出張でしか来たことないけど、お気に入りの街だったブリュッセル。
最後に高いところからブリュッセルの街に別れを告げたくて、こうしてアル門に
来たというわけなのですよ。イ課長もなかなか義理堅いでしょ?(笑)

 


by tohoiwanya | 2019-12-04 00:54 | 2019.02 欧州出張 | Comments(4)
2019年 12月 02日

ブリュッセルで髪を刈る

東南アジアと欧州を行ったり来たりのイ課長ブログ。
今日はまた海外床屋シリーズ。久しぶりに欧州の床屋ってことになるな。
2月の欧州出張ではブリュッセルでの二日目、例の「午前中にアポ2件」の日に
散髪した。何しろ夕方のデュッセル移動までポカッと午後が空いたからね。

例によってどこに床屋があるのかなんてわからないから、南駅周辺を探す。
ついBarber って看板を探しちゃうんだけど、これは愚かだ。フランス語では
床屋ってCoiffeurと書かれる。コアフュールって読むのか?

おっ、あった。パッと見、床屋には見えないけどコアフュールって看板が
ある以上床屋なんだろう。デュッセル行く前にここで刈ってしまおう。
f0189467_00292006.jpg
 
店には客は誰もおらず、メガネをかけたオヤジがいた。
さっそく刈ってもらいましょうかね。ベリーショート、マシン、うぃーん、オーケー、と
いつもの調子で頼んではみたものの・・だ。

ここは夏の東南アジアではない、冬の欧州だ。髪が短くなるとやっぱその分寒い。
イ課長みたいに元々短い人でもやっぱり刈ると寒いのだ。そのせいか「短く」という
イ課長の頼みっぷりも、ヴィエンチャンの時ほどの迫力はなかったと思う(笑)。
f0189467_00292021.jpg
 
当然の結果というべきか、出来上がりの「短さ加減」もヴィエンチャンに比べりゃ
満足度はやや低い。しかし寒いからしょうがないよなぁ。イ課長は日本にいる時も
行きつけの床屋で夏と冬ではバリカンの短さを若干変えるからねぇ。

刈ってくれたコアフュールのオヤジはこの人。
ナニ人だかよくわからない。南駅周辺は移民系の人もけっこう見かけるから、
ひょっとするとフランス語圏アフリカのアルジェリアとか、ソッチ系かもしれない。
f0189467_00292039.jpg
 
出来上がりはこんな感じ・・とお見せしたいところだけど、短さイマイチのせいか
刈られっぷりを検証した写真もない。床屋に行った翌日、デュッセルドルフで撮った
この写真が散髪後もっとも直近に撮った写真のはずだ。

え?よくわからない?イ課長もよくわからない(笑)。
f0189467_21433131.jpg
 
髪は刈った。あとデュッセルドルフ移動前にブリュッセルでやっておくことといえば
メシを食うことだ(笑)。昼飯食わないまますでに夕方。ハラ減った。

やっぱり移民系かな?と思われる、黒髪の店員がいっぱいいる安食堂に入って
ベルギー名物牛肉のビール煮を食う。なんとかカルボナーデってやつで、むかし
やはりブリュッセルで食ったことがある。この店ではライスがたっぷりついた。
f0189467_00300750.jpg
 
ちなみに、床屋代もメシ代もメモしてないんで全然覚えてない。
東南アジア一人旅だとかなりマメにものの値段をメモして、あとでブログ書く時に
確認するけど、シゴトの出張だとこういうトコでもいいかげんなイ課長なのである。

 

by tohoiwanya | 2019-12-02 00:10 | 2019.02 欧州出張 | Comments(2)