人気ブログランキング |

タグ:ブログ裏話 ( 32 ) タグの人気記事


2013年 12月 31日

大晦日の帰国

いやはや。

本日の早朝、「行けるうちに行った」バンコク3泊4日旅行から帰国したイ課長です。
現地ではまたいい気になって衛生レベルの懸念される屋台メシを食い、食った結果またもや
ゲーリーになって帰ってきた(笑)。いや参ったね。

今回は現地にパソコンを持っていかず、代わりに借りたトホ妻のiPadは現地でネット接続できず、
バンコクからの更新もできぬままま一週間、ブログの放置プレイが続いて失礼いたしました。
体調はまだゲーリーから完全脱却しきれていないけど、まぁ何とか元気でおります。

バンコクに着いたのが27日の夕方。
ホテルに着いてみると、まだクリスマスツリーがキラキラ輝いてた。
翌日の28日、ホテルで朝飯を食ってるときもBGMはジングル・ベルやホワイト・クリスマス等々の
クリスマスソング一色だ。バンコクって、ひょっとすると「正月まではクリスマス」なのか?
f0189467_23250299.jpg
いや実際、「正月まではクリスマス」っていうのは日本人からみれば冗談っぽい話だけど、
タイでは本当にそうみたいなんだよな。イ課長が帰国の飛行機に乗る30日になっても
ショッピングセンターのBGMは相変わらずウィンターワンダーランドとかきよしこの夜とか、
そんな曲ばっかりで、もちろんクリスマスツリーも相変わらず片付けられずに輝き続けている。

30日になってこんなデコレーションを見たとき、クリスマスと正月に対する日本とタイとの
考え方の違いが決定的に見てとれた。
要するにタイじゃクリスマスと正月はほぼゴッチャにして祝うものなんだよね。
f0189467_23250249.jpg
日本だったら25日まではクリスマスムードでも、それが終われば残り6日間はもうそれこそ
人格が変わったかのように(笑)、「和」一色。松飾りと獅子舞いと羽子板の世界で、
新年のお祝いにサンタクロースが顔を出すなんてあり得ない。

しかし、もしかすると(というか、たぶん)世界的にはそっちの方がやや異常なのかも。
クリスマスの一週間後は新年なんだから、“混じる”ことがあってもおかしくないよなぁ。

寒い日本から着いた当初は「さすがバンコクは暑いぜ」と思ったけど、現地は意外なほど涼しくて
どんなに歩き回っても汗ビッショリになることなんてない。むしろ冷房の効いた乗り物とかに乗ると
ちょっと寒いかな、と思うくらい。

でも帰国便で成田空港の天候を知らせるアナウンスがあって、そこで「気温は零下4度」って
言われた時はまたバンコクに戻りたくなったよ(笑)。早朝の成田はほんとに寒かった。
f0189467_23260471.jpg
大晦日の日本に来れば、もうそこにはクリスマスムードなんてカケラも残ってない。
京王電鉄の社内吊り広告はすでに初詣のご案内だ。
f0189467_23264097.jpg
12月30日になってもクリスマスソングあふれるバンコクを後にして
すっかり正月ムードの31日の日本に戻ってきて、イ課長の2013年は終っていくのである。

今年は楽しいことも悲しいこともいろいろあったけど、
おつきあいいただき、ありがとうございました。
ネタ在庫は2012年分もかなり残ってるから(笑)、まだしばらくは続きそうなイ課長ブログ。
来年もよろしくお願いいたします。

どなた様も、良い年をお迎えください。


 


by tohoiwanya | 2013-12-31 23:27 | 2013.12 バンコク旅行 | Comments(10)
2013年 11月 17日

イ課長の父

ひょっとすると多少“血筋”なのかもしれないけど、イ課長のオヤジは海外旅行が好きなのだ。

彼が若い頃は日本人が気軽に海外に行ける時代じゃなかったけど、50代になった頃から
やたら行きだした。オフクロと二人でも行ってるけど、一人でツアーに参加することも多かった。

タージ・マハルが見たいからってインドにも行ったし、サハラ砂漠が見たいからってモロッコにも行った。
9.11テロのすぐ後、イ課長の制止も振り切ってオフクロと一緒にナイアガラを観に行ったりもした。
ハワイには2〜3回行ってるはずだし、豪州にも行ったはず。アジアはそこらじゅう行ってるよ。
もちろん欧州だって行ってるし、イ課長が把握してないその他アチコチにも行ってる(笑)。

金婚式のとき、温泉にでも連れて行こうと思って「どこか行きたいところは?」と聞いたら
「イスタンブールに行きたい」というから、必死コイてオヤジ夫婦をイスタンブールに連れてった。
(下の写真はその時のオヤジ)
f0189467_228298.jpg




そのオヤジが死んでしまった。


人生何が起きるかわからない。
前回記事を書いたのが11月12日(実質的には11日の深夜だったが)。
その11月12日がなんとオヤジの命日になってしまったのだ。12日の午前中、彼は死んだ。

トシもトシだし、今年5月にかなり具合が悪くなって、イ課長の東南アジア旅行もキャンセルしようか
思ったくらいだから、家族はみんなその日が遠いことではないと覚悟はしていた。
しかし最後はやけに急に逝っちゃって、オフクロ以外は誰も間に合わないという始末。

しかもトホ妻が浜松に入院中という時だったもんだから、さすがにちょっとアタフタしたよ。
木曜に通夜、金曜に告別式、疲れた身体にムチ打って土曜は日帰りで浜松に見舞い。いやはや。

葬儀の段取りをつけた後、通夜当日にオフクロがオヤジの「エンディングノート」というのを発見した。
そこには自分の葬儀をこういう風にやってくれ、というオヤジの注文も書かれてたんだけど、これがまた
うまくしたもんで、ノートの存在を知らずにこちらで段取りした葬儀は見事に彼の注文通りになっていた。
(小規模に、無宗教で、クラシックの音楽を流せ etc・・ すべてその通り。BGMはイ課長がCDを作った)。
「ノートを知らなくても、ちゃんと故人の思った通りの葬儀にした」っていうんでオフクロは鼻高々。

ところがそのノートに一つだけギョッとすることが書かれていた。
自分の埋葬にはサハラ砂漠の砂も一緒に入れてほしい(戸棚にある)

サハラ砂漠の砂ぁ!? そんなの、一体ドコにあんのさ?戸棚ってどこの戸棚?
年配者夫婦の家だから、長年堆積したガラクタが山のようにある。サハラ砂漠の砂なんて、どこにあるのか
見当もつかないよ。オフクロも「捨てちゃったかもね〜」なんて言うくらいで、探す前からすでに諦めムード。
うーむ、オヤジ、すまぬ。あるのかもしれないけど、見つかる可能性は限りなく低い・・・と思っていた。

ところが、告別式の翌日、浜松にトホ妻の見舞いに行ってる時にオフクロからメールが届いた。
「お勝手のガラクタの中からサハラ砂漠の砂発見!ラクダの絵がついたビンだから間違いない」
何とまぁ、あのガラクタの山からよく発掘したもんだ。オフクロまたもや鼻高々(笑)。

というわけで、海外旅行好きのオヤジはいずれサハラ砂漠の砂と一緒にお墓の中に入る。
よっぽどモロッコツアーに参加してサハラ砂漠を見てきたのが嬉しかったんだろうなぁ。
彼の希望をかなえることができて、遺族一同ホッとしているところなのである。
(下の画像はWikipediaから拝借しました)
f0189467_22123775.jpg

あ、ちなみに、トホ妻の方は手術後の経過もリハビリも順調で、おそらく22日金曜日に退院します。
「最低1ヶ月は独身生活が続くだろう」なんて書いたけど、医者もフィジカル・セラピストもそんな悠長な
ことはハナから考えていなかったようで、あとは自宅で生活しながら慣らしていくことになる。
(もう杖なしでゆっくり歩ける段階までは来ている)

前回「家事が忙しくて更新間隔が空き気味になるかも」なんて書いたけど、上記のような事情で
ほぼ一週間ブログの放置プレイが続き、コメントへのレスも書かずに大変失礼いたしました。
月曜からはイ課長も会社に通常出社するし、ブログも通常モードに戻る予定。
でも今日だけは、海外旅行好きだったオヤジを偲んで、彼の話を書かせていただきました。


  

by tohoiwanya | 2013-11-17 22:14 | 日本での私生活 | Comments(30)
2013年 11月 12日

イ課長のカレーなる独身生活

f0189467_23582554.jpg

今日の標題、いきなり何の話だ?と思うだろうけど、順を追って説明します。
ちなみに上の写真はイ課長特製チキンカレー。トホ妻がいないから自分で作ったのである。
ウチには深いカレー皿がなくて、山崎春のパン祭りでもらったお皿。平たいからあふれそう(笑)。

ミクシではすでにお知らせしたけど、実は先週水曜からトホ妻が手術のため入院している。
しかも入院してる病院は浜松市の北部にある。ちょいと会社を早びけして手術立会いというわけには
なかなかいかない場所なのである。

手術自体は木曜に無事終った(という連絡をもらった)。
イ課長は金曜夜、会社からそのまま名古屋に行って前泊。土曜日に浜松にまわって様子を見てきた。

念のためにお伝えすると、命に関わる病気ではないからご安心を。整形外科系だからね。
とはいえ、手術部位はヒザだ。ヤブ医者のヘボ手術のせいで一生苦労するなんて危険性もあるわけで、
別の意味でナーバスになる。だから浜松になった。浜松にはヒザに関して日本屈指の名医がいるんだよ。
たまたま幸運にもその名医に診てもらうことができたのである。
f0189467_00696.jpg

なぜ宿泊地を名古屋にしたかというと、見舞に「名古屋どら」を持っていきたかったから(笑)。
土曜の朝に名古屋から浜松に行った。普通なら新幹線で行くはずで、イ課長も最初はそのつもりだった。

しかし、新幹線を「表ルート」とするならば、別の「裏ルート」というのを発見した。浜松北部にある病院に
行こうとすると、この「裏ルート」ががちょっと面白そうだったので(新幹線より安いし)、ためしに使ってみた。
この裏ルート、とにかくいろんな種類の電車に乗る。

まず名古屋の栄駅から市営地下鉄に乗って金山に出る。この辺まではどうってことない。
f0189467_00246.jpg

金山から名鉄の快速特急に乗って豊橋まで行く。名鉄のこの路線を乗るのは初めてかも。
f0189467_00401.jpg

豊橋から、こんどはJRに乗り換えて新所原という駅まで。たしか豊橋から3つめの駅だった。
f0189467_005212.jpg

そして、新所原から乗るのが「裏ルート」のメインともいえる天竜浜名湖鉄道(略して天浜線)だ。
一両編成のローカル私鉄。もちろん、生まれて初めて乗ったよ。
f0189467_01763.jpg

新所原から、天浜線で気賀という駅まで36分くらいだったはず。
気賀から遠州バスで病院まで17分くらい。合計で53分。
浜松駅から病院行くには1時間程度はバスに乗ることを思えば(渋滞だと2時間ともいわれる)、
この裏ルート、意外と効率的なんだよ。

トホ妻はといえば、手術した足はまだヒサンな状況だけど、それ以外は元気ですのでご安心ください。
もう歩行訓練も少しずつ始まっている。

イ課長はイ課長で、約23年ぶりくらいの独身生活を謳歌?している。
日曜日はジムに行くかたわら、買い物し、洗濯し、上に載せたカレーを作り、米をといで仕掛けた。
え?米は朝といで仕掛ければいいだろうって?早起きがムリなことはちゃんとわかっているのである。

カレーは一晩おいた方が美味しいという勝手な思い込みがあるから、日曜用には別の晩飯も製造。
月曜朝には生ゴミ出しして出社。長期ブランクを感じさせない家事処理能力。さすがだ、イ課長(笑)。

トホ妻の退院時期、そのあとのリハビリ通院期間については、今後の回復次第だから、今の段階じゃまだ
わからないんだよね。ただ、リハビリはじっくりやった方がいいだろうから、見込みとしては最低1ヶ月程度は
「イ課長のカレーなる独身生活」が続く可能性が高い、というわけだ。

とりあえずメシ作りと洗濯だけはキチンとやる。独身時代のイ課長もこの二つには極めてマメだった。
掃除は・・・まぁ・・トホ妻が退院して、戻ってくる直前にまとめてやるってことで。

         女ヤモメに花が咲き、男ヤモメにウジがわく

ということにならないように、何とか頑張りまっす。
ブログ更新間隔がちょっと空き気味になるかもしれないけど、上記のような事情なので、
「イ課長も家事で忙しいんやのう」と思って、ご容赦いただければ幸いです。
(でもウォヴィッチ美女図鑑は近々ちゃんとやるからね)。


  

by tohoiwanya | 2013-11-12 00:03 | 日本での私生活 | Comments(16)
2013年 09月 22日

人間でいえば木婚式

ちょっとブログ更新の間があいてしまった。

いやー、イ課長、先週から今週にかけていささか忙しく、肉体的に少々くたびれております。
忙しかったわりに結果的に実りがなくて、精神的にもくたびれております。

日本は秋分の日がらみで二週連続の三連休なわけだけど、9月の下旬といえば・・・と思って、
フと確認してみたらドンピシャリ。イ課長がこのブログを作って最初の記事を書いたのが
5年前の今日。つまり本日はブログ開設5周年記念日ってわけで、明日から6年目に突入するわけだ。
「イ課長ブログ木婚式」ということか(笑)。

木婚式を迎えられるまでブログを続けられた大きな要因が、2008年以降も続々と海外出張が
あったからというのは間違いないところで、年に一度の海外旅行ネタだけだったらとてもじゃないが
5年も続けられなかった(下の写真は2007年出張のプラハ)。
f0189467_2249196.jpg

ちょっと振り返ってみよう。行った国の数じゃなく、「出発して帰国するまでを1回」として
過去の生涯海外出張回数を勘定すると、こうなる(仕事のカンケイ上、年度表示ね)

1996年度  インドネシア&タイ、中国&フィリピン で2回
2007年度  欧州(独&チェコ) で1回
2008年度  欧州(独)、欧州(独&ベルギー)、米国 で3回
2009年度  シンガポール、欧州(独&ベルギー) で2回
2010年度  欧州(独&英等) で1回
2011年度  欧州(独&仏&英)、欧州(独&伊) で2回  
2012年度  インド、 欧州(ベルギー&英) で2回

ぜんぶで13回。このうち2007年度以降の11回がいまの会社に入ってからで、このブログに書いたのも
2007年以降の出張ネタだ。海外支店の多い大手企業だったら全然多くないだろうけど、
11回ってウチの会社ン中じゃ図抜けて多いんだよね(下は2008年米国出張のN.Y.)。
f0189467_22494494.jpg

まぁねぇ海外出張なんて、周囲が「いいなぁ〜」と言うほど素敵なものじゃない。
それが面白そうな国であればあるほど、仕事で自由がきかない状況に、逆に欲求不満がたまる。
しかしまぁ、そういう出張のおかげで5年間もブログを続けてこられたんだ。感謝せねば。

これだけやってると、海外出張に関して同じような質問をうけることも多くなる。
社内ではもちろん、仕事を依頼してくる相手からも聞かれることがある。
どんな質問かっていうと・・・


イ課長さんって英語しゃべれるんですか?
当然しゃべれない(笑)。仕事の依頼先なんかには「トラベル英会話なら一人で何とかしますが、業務上の
面談となれば通訳をつけます。英語圏であっても」と宣言する。会社によっては英語がダメな社員には
海外出張行かせないなんてところもあるらしいが、そんな人的余裕はないの、ウチの会社は(笑)。

通訳さんってどうやって見つけるんですか?
すべてネットで探す。ただドイツみたいに何度も行ってる国だと、同じ人に頼むこともできるわけで、
信頼できる通訳さんネットワークは海外出張を通じて得た重要な財産だと思ってる。

現地でのアテンドってつくんですか?
基本はつかない。移動手配もメシを食う店探しも全部自分でやる。まぁそれはそれで面白いんだけど
インドだけは出張規程上「原則フルアテンド」の国だったので、常に現地法人の社員と一緒だった。
普段に増して自由がきかずに欲求不満がたまったよ(下は2009年出張のシンガポール)。
f0189467_22503282.jpg

でも、観光することだってあるんでしょ?
時にはあります。一番いいのは出張中に土日がはさまるケースで、これは大いばりで観光できる。
欧州出張だと帰国便が夜ってことが多いから、最後の土曜日の半日観光が楽しみ。

そういう観光で、これまで一番良かったのは?
これもよく聞かれる(笑)。まぁ2007年出張のプラハ半日観光、2011年出張の土日のパリ、
去年のインド出張の土曜に行ったタージ・マハルあたりだろうね、印象深いのは。

じゃ、一番つまんなかったのは?
観光魅力度という点でいえば・・うーん・・シンガポールかなぁ(ごめん)。

また海外出張行きたいですか?
そりゃ仕事なら行くけどさー、ハッキリ言ってイ課長はもう十分すぎるくらい海外出張したと思うよ。
これからはもっと若い社員にどんどん海外経験を積ませるべきだと思うんだよねぇ。もっとも、
年齢ピラミッドの歪んだウチの会社じゃ、それはけっこう難しいんだけど。(下は去年のインドね)
f0189467_22484928.jpg


さて、そんなイ課長の海外出張、今年度は一体どうなるのか?
実は年度の半分過ぎようとしてるのに、まだよくわからないというのが正直なところなんだよ。
去年の今頃はインド出張準備してたことを思えば、今年は見通しが不透明なんだよねぇ。

「今年は海外出張ナシ」という可能性も十分ある。もしそうなら2006年度以来の快挙だ(笑)。
ただ、行く可能性もボンヤリとはあるんだよ。その辺がまだハッキリしない。

海外出張があれば、このブログもその分長く続くことになるわけだけど、はたしてどうなるか?
いずれにしても、とりあえず明日から6年目に突入するところまでは何とか続いたアホブログ。
なるべく長く続けたいとは思ってますので、今後ともよろしくお願いいたします。


  

by tohoiwanya | 2013-09-22 00:00 | 日本でのオシゴト | Comments(8)
2013年 03月 11日

あの日から二年

昨年の3.11はちょうど欧州出張から帰国した翌日で、日曜日だったはずだ。
イ課長は自宅で時差ボケボケで、震災1年目を考えるユトリはあまりなかった。

しかし今年、オフィスにいる時に遭遇したあの震災から2年目の日を、同じオフィスで迎えるとなると
やはりいろいろ思い出さずにはいられない。
軽薄おバカな旅ネタが中心のイ課長ブログだが、あの日のことを少し書いておきたい。

最初の揺れがきたのは、ちょうど紙コップにコーヒーを注いで持ってきた時だったんだよね(笑)。
大きな揺れがきて、女子社員は悲鳴をあげ、みんな床に座り込んだ(立っているのは難しかった)。
ちょっとしたパニック状態で、あわてて防災用ヘルメットをかぶる者、デスクに頭を突っ込む者、
みんな動転していろんなことをしてたよ。

イ課長も机の中に入ろうかと思ったんだけど(体格的にそれは非常に難しいことなのだが)、
その時、さっき持ってきた紙コップから、揺れにあわせてコーヒーがちゃぷん、ちゃぷんと
右に左にこぼれ出し、デスクがコーヒーでびしょびしょになっているのに気づいた。

「コーヒーがキーボードにかかったらパソコンが壊れちまう・・」なんてバカなことを考えながら
揺れが収まるのを待った。
f0189467_14425934.jpg

あの日は、その後何度も大きな揺れが来た。
その何度目かのとき、イ課長は外の様子を見ようと思ってヨロヨロと窓にしがみついて
外を見たんだけど、その時見た光景は忘れられるものではない。

歩道にスキマができて、地震の揺れに合わせてそのスキマが広がったり狭まったりしている。
その動きに合わせるように、スキマが広がったときに「ゴボッ」「ゴボッ」って感じでリズミカルに
地下から泥が噴き出してる。これが話に聞く液状化現象か。
湾岸埋立地に出来たコジャレた街が、今まさに壊れていくのを見るのは恐ろしかったね。
f0189467_14443584.jpg

ご存知の通り、イ課長の勤務先がある浦安市は、液状化被害が突出してひどかったエリアで、
その後すっかり「被災地」として有名になっちまった。被災地でありながら、その後の計画停電じゃ
シッカリ電気停められたんだから、踏んだり蹴ったりだったよ。
f0189467_1448112.jpg

結局、震災当日は会社に泊まった。
結果的にはその方がよかったんだと思う。あの夜の主要道路は相当混乱したみたいだし
イ課長は千葉県浦安市から東京都府中市まで歩かにゃならん。無理っす。
歩くことはハナからあきらめて会社に泊まった。もっとも、自宅にいたトホ妻や実家の両親と
何とか連絡がついて、無事が確認できたから泊まっていられたとも言えるが。

会議室の椅子を並べて、ベッドがわりにして寝たけど、寝心地は非常に悪かったねぇ。
おまけに、夜中に何度も何度も携帯の緊急地震速報が鳴るからオチオチ寝てられない。
警報が鳴るたびに恐怖でバッと目が覚める。結局ほとんど眠らぬまま、翌日の朝を迎えたよ。
朝6時半頃に会社を出て、なんとか電車を乗りついで自宅に戻ることができた。
f0189467_1442059.jpg

液状化でボコボコになった浦安からかろうじて戻ってきたイ課長の眼には、
「地震のツメアト」が全然感じられない府中の街が、なんとなく信じられなかったよね。
ちょっと極端にいうと「戦争してる国」から「戦争してない国」に入ったような感じだった。

こんな“被災”経験、東北の被災者の方々にくらべれば取るに足らぬものであることは
重々承知している。しかし多くの日本人にとってそうであったように、イ課長にとっても
2年前の震災は「それまでの人生で遭遇した最も大きな自然災害」だったわけで、
備忘録がわりに書き留めておきたかったのである。

あの日はまだ状況がよくわからぬまま、このブログで状況報告だけした。
しかし、その後状況がわかってくるにつれ、ブログはあまり更新できなくなった。
福島原発の、刻々と事態が悪くなるニュースを毎日見てた時は、正直いって
「今この時のことを、“あの時は大変だった”と将来振り返れるんだろうか?」と思った。
このまま、何もかもがどんどん悪くなるような気がして、気持も沈んだもんだった。

2年後のいま、こうしてイ課長は生きている。普通に会社で仕事を続けている。
あの震災以後、行った海外出張の回数だって、すでに4回を数えてる。
こうしてみると「生活は元に戻った」と言っていいんだろう。

しかし元に戻ってない人たちもたくさんいる。
取り返しのつかないものを失った人たちもたくさん、たくさんいる。
そにて何より、あの震災で亡くなった方々がたくさん、たくさん、たくさんいるのだ。

この後、14時46分に会社では黙祷があるらしい。
イ課長としても、震災で亡くなった方々のご冥福を祈りたいのである。


 

by tohoiwanya | 2013-03-11 14:40 | 日本でのオシゴト | Comments(0)
2012年 01月 25日

イ課長の苦境

ああーーーーーーーーーーー (←魂の叫び)

…あ、いや、冒頭からいきなり取り乱して失礼しました。
雨が降ってきたとか、バロック・マックだとか、のどかなウィーン旅行ネタを書いてきたが
実はイ課長はここ一週間ほど極めて厳しい苦境にある。

仕事が忙しいのか?いや、それは実はそうでもない。
ナニがどう苦境なのかといえば、焦点は一つしかない。
3月にまたもや欧州出張しなければいけないことになりそうなのだ。

先週の火曜、降って湧いたように新しい仕事をしなければならなくなり、
その新しい仕事は3月末までに仕上げなければならないにもかかわらず
またもや欧州出張があるかもしれない。

またもや欧州出張
またもや欧州出張
またもや欧州出張…


…出張の神さま、私は何か前世で罪を犯したのですか?
私は昨年11月下旬から12月初めに欧州出張行ってきたばかりなのですよ?
まだその時の欧州出張ネタもほとんどブログに書いていないのですよ?
それなのに、またもや欧州出張ですか?

出張の神というものがもし存在するとすれば、それはことのほか残酷な神なんだと
イ課長はここ数日思うようになった。

まさかこんなことになろうとはなーーー…

さっきも書いたように、先週決まった仕事は3月末が締切だ。
言うなれば「超特急シゴト」といえる。
それに付随した欧州出張もかなり「超特急出張」にならざるを得ない。

またもや欧州出張というショックに打ちのめされた頭を振り絞って
いまオオマカな出張プランを考えてるところなのだが、イ課長がこれまで経験した
どんな欧州出張よりも短いものになるのは確実だ。

これまでの標準的な欧州出張だったら月曜から金曜までを仕事に充てたが
今度の出張はたぶん「火曜から木曜」くらいがせいぜいだろう。

ってことは、月曜に出発し、向こうでの仕事はせいぜい火・水・木の3日間。
金曜にはもう現地出発…てな感じにならざるを得ん。ヘタしたらもっと短いかも…。

まぁね、そりゃイ課長だって(信じてもらえないかもしれないが)マットウな社会人として
企業で生きている人間だ。やらなきゃならんとなれば、たぶん何とかするんだろうが…

現地で一日くらい観光させてくれよ…(心配することはソレかい!)


ああーーーーーーーーーーーッ!! (←魂の叫び その2)

 


by tohoiwanya | 2012-01-25 01:07 | 日本でのオシゴト | Comments(6)
2011年 05月 04日

何で検索してココに来ましたか?

世間は黄金週間ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
イ課長の勤務先は2日も休みで7連休になるはずだったけど、2日は所用で出社した。
まぁ大した用事ではなかったのだが。

しかし、3日から5日まではカレンダー通り、のんびり3連休を過ごしております。
仕事しなくていい日々って、素晴らしいなぁ。

のどかな連休なんだから、イ課長ブログも本日は出張・旅行関連ネタはお休みして
ちょっと変な話をしよう。

excite blogって、アクセス解析機能がついてる。
どんなリンク元からどのくらい来たか、どんな検索ワードで来たか、みたいなことが
毎日カウントされて、月ごとに集計されるのだ。

知る人ぞ知る、イ課長は集計するのが好きなオトコ(笑)。
だから、この集計結果はけっこう面白がってよく見る。

たとえばリンク元のランキングだと、圧倒的に多いのはGoogle Japan から。
まぁ検索サイトから来る人が多いっていうのは、当然っちゃ当然だろうな。
何かのコトバで検索し、その結果イ課長ブログに来るっていう人が多いわけだ。

面白いのは、「どんな検索ワードでイ課長ブログに来たか」の集計なんだよね。
今年に入って4ヶ月間、各月の検索ワード上位5つは下記のようになる。
(カッコ内はその数をあらわす)

2011年1月:
      ①イ課長 (35)
      ①飾り窓 (35)
      ③シベールの日曜日 (20)
      ④シンガポール 喫煙 (18)
      ⑤イ課長ブログ (13)

   2011年2月:
          ①イ課長 (49)
          ②飾り窓 (48)
          ③えちぜん鉄道 アテンダント (22)
          ④シベールの日曜日 (13)
          ⑤シンガポール 喫煙 (11)

     2011年3月:
            ①飾り窓 (53)
            ②イ課長 (38)
            ③パサージュ (27)
            ④えちぜん鉄道 アテンダント (21)
            ⑤イ課長ブログ シェルブール (14)

        2011年4月:
                ①飾り窓 (50)
                ②イ課長 (40)
                ③セガンティーニ (33)
                ④ベルギー国鉄 (23)
                ⑤イ課長ブログ シェルブール (14)


「イ課長」や「イ課長ブログ」が検索ワード上位ランキングに顔を出すのも、まぁある意味じゃ
当然だよなって感じだけど、この集計結果を見れば、なんといっても異様に目立っているのは、
飾り窓」という言葉で検索してココに来る人が多いことだ。

この4ヶ月間ずっと上位5つの1位か2位を連続して獲得。「イ課長」で検索して来た人より
多いっていうんだから驚く。すごい検索ニーズがあるんだな、飾り窓には(笑)。

イ課長がハンブルクの飾り窓を見学(見学だけだかんね)したのは2008年のドイツ出張で
ブログにそのことを書いたのも2008年。それ以来飾り窓の話なんて全然書いてない。
何だってまた、そんな検索ワードで来る人が多いんだろうか?

不思議だったので、もうちょっと調べてみた。
Googleでその言葉で検索した時、イ課長ブログが表示される順番に関係するのかも。

たとえば「ベルギー国鉄」でGoogleで検索すると、イ課長ブログは検索結果表示の
最初のページの5番目に出て来る。そのせいで、ベルギー国鉄で検索して来る人が
多いというのは何となくわかる。

「飾り窓」で同じことやると、イ課長ブログは2ページ目の真ん中あたり。ふむ。

他の上位検索ワードでも大体そんな感じだね。
「シベールの日曜日」で検索すると、2ページ目に出て来る。
「えちぜん鉄道 アテンダント」でも、やはり2ページ目に出て来る。
「シンガポール 喫煙」だと、おお、これだと1ページ目の2行目に出て来るぞ。

なるほど。
Googleから来る人が多いという事実と、これらの結果を考え合わせると、
要するにGoogleで検索して1ページ、2ページ目あたりにイ課長ブログが表示されると
ついクリックしてしまう人が多い。だから、そういう言葉が上位に顔を出すのだと、
そんな風に考えられるな。

しかし、よりによって「飾り窓」とは…。
色っぽい風俗ネタを期待してココに来た人には、大変申し訳ないと思う(笑)。
せめてお詫びの印?に、飾り窓近くのザンクト・パウリの街並の写真でも載せておこう。
夜になるとこの辺も妖しいネオン輝くはずなんだけどね。
f0189467_0393713.jpg





by tohoiwanya | 2011-05-04 00:41 | 日本での私生活 | Comments(2)
2011年 03月 11日

大地震・千葉県北部の状況

大変なことになりました。大地震が起きました。

オフィスにいる時に地震に遭遇した。
キャビネットは倒れるワ、壁にヒビは入るワで、どうなるかと思ったけど、
とりあえずイ課長は無事に生きております。
f0189467_20521679.jpg

会社の前にガクンと段差が出来てしまったよ。
しかしまぁ、この程度の被害で済んで良かったと考えるべきなんだろうな。
宮城や岩手はタイヘンなことになっている。

イ課長の勤め先があるところはカンペキな埋立地。
地震が起きれば液状化現象が起きるんだろな、とは思っていたが、
実際にそれが起きてみるとそのスゴさに驚く。
f0189467_20524964.jpg

こんな風に、地面がバキッと陥没して、その陥没箇所からドクドクと泥が噴出して、
もう地面はドロドロだよ。
f0189467_2053671.jpg

これも、地面が陥没して、自転車の前輪が落ちたところに
ドロが噴き出してこんなアリサマになってしまったんだろう。


電車も全て止まってしまったので、イ課長は本日、会社に泊まります。
しかし、とりあえず無事ですからご心配なく。
 




by tohoiwanya | 2011-03-11 20:53 | 日本でのオシゴト | Comments(6)
2010年 06月 21日

2010年度業務予定のご報告

去年の5月、「ご報告」という標題でイ課長ブログを書いたことがある。
イ課長が出していたあるシゴトの提案書がコンペで落ち、落ちたことによってイ課長は
2009年度にマレーシアとトルコの出張に行かず済んでホッとした…みたいな主旨だ。

去年は結局、欧州とシンガポールに海外出張したわけだから、もしアレが受かってたら
もう2つ増えて1年間に海外出張4つ。2008年の「1年に3回」でも半死半生になったのに
年間4回なんつうたら、これはもうカンペキ不可能な仕事量だ。
落ちて残念という気持ちは4%、ホッとしたのが96%くらいって感じだったな。


さてだ…

今年度の仕事に関してもご報告がある。

5月に書いてた提案書2件の合否がわかったからだ。
この2件、仮にAとBとしよう。

Aが受かった場合、海外出張が2件発生する可能性が大。
Bが受かった場合、海外出張が1件発生する可能性が大。
つまり両方受かったら今年は海外出張が3件発生するわけだ。

実はBの方は、3月に「今年もまたこの仕事を頼まれるかも」って書いた仕事なんだよ。
だから、Bは受かる可能性は十分あるとは思ってた。しかしAもとなると…

もちろん、会社、あるいはイ課長の業績という点ではAB両方受かる方がイイに決まってる。
しかしね、1年に3回海外出張なんて、もうムリっす。かんべんッす。
正直に言おう。Bだけ受かって、Aは落ちて欲しいとイ課長は内心では思っていた。
今年の海外出張は1回で許してくれよ…イ課長はもう疲れたよ…パトラッシュ…


そのAとBの合否結果が出たわけだ。


結果はどうだったかというと…








Bだけ受かって、Aは落ちたのだ(笑)。




  ふぅ~~~…




希望通りの展開となって、率直に言って助かったよ。
一昨年みたいな海外出張3連発となると、準備も含めて7月頃から11月までただもう
ひたすら出張準備・出張・出張準備・出張を繰り返してたもんなぁ。他の仕事がでけん。
落ちてくれたことで、他の業務にも対応するヨユウが生まれるってモンだ。

さて、それではイ課長ブログ恒例?の「もしAが受かってたらどうなってたか?」を
ここで明かそう。


もしAが受かってたら、イ課長はたぶん北京とニューデリーに出張したはずだ。
いやーーー、もう想像しただけでも想像を絶するよ(笑)。

北京はそれでもまだいい。
大昔に出張で行った経験もあるし、秋に出張すれば気候もいいってことを知ってる。
「北京秋天」なんて言葉もあるくらいで、10月頃の北京の秋はさわやかでイイよ~。

ニューデリーだよ問題は。
ニューデリーって、シンガポールよりずっと北にあるんだけど、内陸部にあるせいか
シンガポールよりはるかに、はるかに、はるかに、暑い。
「世界の天気」でニューデリーの天気予報を見て、最高気温45度、最低気温34度なんて
書いてあるのを見たときは気絶しようかと思ったぜ。

ニューデリーは気温40度・50度なんていう、釜ユデみたいな気候が8月・9月くらいになっても続き、
多少なりともマトモな天候になるのは11月くらいにならないとダメ。
12~2月頃はもっと涼しくなるみたいなんだけど、そんな時期の出張はそもそもムリだし。

万一AB両方うかったら、仕事Bの出張を9月、北京秋天出張を10月にして、ニューデリーは
少しでも暑さが和らぐ11月の最後にまわすしかない…なんて心配までしてたんだよ。
落ちてホッとしたぁ…



   ・・・・・・・



・・・ああわかったよ、正直に言うよ。
ホントのこというと、それでもニューデリーにはちょっと行ってみたかったよ(笑)。
北京出張も、もし受かったら、大昔の北京出張でサポートしてもらった現地の会社に
連絡をとったはずで、アソコの社長さん(もちろん中国人)はイ課長のことを今でも
覚えてくれてるに違いない。再会できたら嬉しいな…なんて期待もちょっとあった。

そういう点じゃ、今回は落ちて残念って気持が25%くらいはあるかもしれん。
それは認めねばならぬ。去年の「海外出張2件のシゴトが落ちた」時よりは
今年の方が残念度は高い。それは確かだ(下のニューデリーの写真は拾い物)
f0189467_13135416.jpg

結局、今年は当初の見通しどおり海外出張1回で落ち着きそうだ。
あと、国内出張の多そうな仕事がひとつ決まるかもしれないんだよな。
イ課長ブログ、今年は国内出張報告が多くなるかも。
とりあえず、こないだ行ってきた神戸出張報告もまだだし(笑)。




by tohoiwanya | 2010-06-21 13:16 | 日本でのオシゴト | Comments(6)
2009年 05月 10日

百物語

実はこの記事がイ課長ブログの「100コめの記事」になる。だから標題も百物語。

100になったところでフと思った。
イ課長はこれまで4回の海外出張の中で、どの出張のことを一番たくさん書いて
いるんだろう? カテゴリ別記事数を確認してみたらこうなってた。

2007.10ドイツ・チェコ出張   12件
2008.09ドイツ出張       16件
2008.10ドイツ・ベルギー出張  19件
2008.11ワシントンDC出張   23件
海外出張(複数の出張にまたがる、多少クダラナい話題)16件
出張のついでに(複数出張にまたがる、全くクダラナい話題)7件
日本でのオシゴト(今日を入れて)4件

へぇ〜〜。
2007年出張ネタを“解禁”したのは今年に入ってからだから、記事数も少ないのは
当然として、去年9月のドイツ出張の記事がわりと少なかったのは意外だった。
飾り窓探検記?とかいろいろ書いたっていう印象があるんだけど、他の出張より少なかったとは。

しかし、こうして並べてみると記事数の多い少ないを決定している最大の理由は
「その出張ネタを書き尽くさないうちに次の出張があるかどうか」であるのは明らかだな。
ワシントンDC出張の話が一番多いのは、記事ネタが特に多かったわけじゃなく、
単に「次の海外出張でバタバタすることがなかったから」という影響が大きい。
9月ドイツ出張と10月ドイツ・ベルギー出張の間隔なんてタッタ3週間だったんだから
まぁよく過労死or時差ボケ死せずに昨年度を乗り切ったと思うヨ。


さて、今年度はどうなるか?
こないだの提案書が落ち、海外出張2件が消滅したことで、一部には失望した方々も
いらっしゃるようですが(笑)、それでもまだあと2つ、可能性がある。
レイの仕事と、アノ仕事

レイの仕事は、もし委託先としてウチが選定されたら、仕事内容にイ課長の意志が
反映される余地が少しだけあるんだけど、イ課長としては諸般の事情を考えると
「海外、行かざるを得ないだろうなぁ」という気分なんだよね。

アノ仕事の方はウチがやることになった場合、
海外出張は決定的。あとはアノ仕事をウチがやるかどうか、にかかっているわけだが…。
これについてはパリ旅行から帰った頃にはある程度ハッキリしてるかもしれない。

…と、まぁそんな状態のイ課長。
イ課長ブログはどこまで続くのか?「二百物語」という記事を書く日はあるのか?

…なんて、先の心配はやめて、イ課長ブログ100記事め到達記念の写真企画(笑)。
それぞれの出張で撮った100枚目の写真をひっぱりだしてみた。

2007年のドイツ・チェコ出張の100枚目はこれ。観光客で賑わうプラハのカレル橋だから、
これを撮ったのはもう出張も終盤、金曜の昼頃だったはずだ…まぁこの時は前半は忙しくて
あんまり写真撮るヒマもなかったんだよなぁ。
f0189467_0584164.jpg

  
2008年9月ドイツ出張の100枚目はこれだった。ベルリンのノイエ・ヴァッヘ。
よく知らずに写真撮ったんだけど、これって一種の追悼施設らしい。
これを撮ったのは出張4日めの木曜の午前中だった。このときも前半3日は移動がキツくて
写真撮影機会が少なかった。木曜朝から急に撮影ピッチが上がった(笑)。
f0189467_0542168.jpg

 
10月のドイツ・ベルギー出張100枚目は出張5日め、金曜朝のミュンヘンの散歩の時に見かけて
「またかよ…」とウンザリした新古典主義建築だ。前に載せたね。
f0189467_1535745.jpg

 
11月ワシントン出張100枚目はジョージタウンのエクソシストの階段だった(笑)。
ってことは…これは水曜日の夜に撮ったんだ。これも前に載せたね。
f0189467_1153331.jpg

 
イ課長の海外出張は常に月曜〜金曜シゴトして土曜に帰国便に乗るってパターンで、その間に
200枚くらいは写真を撮る。つまり100枚ってのは写真撮影枚数上はほぼ中間地点ってことだけど、
出張日程上は必ず後半に突入してるな。
前半は一応マジメにシゴトし、後半は少し余裕がでて写真撮りまくりという
イ課長の海外出張パターンが顕著にみとめられる(笑)。

 


by tohoiwanya | 2009-05-10 01:02 | 日本でのオシゴト | Comments(0)