人気ブログランキング |

タグ:劇場 ( 24 ) タグの人気記事


2012年 11月 05日

3つのルサルカ

映画ヲタクネタと並んで、イ課長の個人的趣味が炸裂するオペラネタ。
オペラに興味のない方には全くつまらなくて申し訳ないけど、作者が好きなんだから
しょうがないのだ。我慢してお付き合い願いたい。ゲーズツの秋なんだし(笑)。

2007年、イ課長が初めて欧州に出張したときプラハで見たオペラは「ルサルカ」だった。

ドボルザークが作曲したオペラ「ルサルカ」。
湖に住む美しき水の精・ルサルカは人間になって、人間の男と恋をしたいと切に願う。
しかし水の精が人間になると、代償として声を奪われる。喋れなくなるわけだ。
それでもいいから、どうしてもと魔法使いにおねだりして、ルサルカは人間になり、
その美しさに一目惚れした王子様と結婚することに。

しかし何しろ喋れないじゃん?王子様はアッという間にルサルカに飽きる(笑)。
で、他の国の王女様と浮気しちゃう。ルサルカはショックを受けて城を出て湖に戻る。
王子様はルサルカを探しに来て自分の犯した罪の大きさを知り、悔恨と反省の中で死に、
水の精・ルサルカの悲恋は幕を閉じる…と、まぁこんな感じの話だ。

まぁ典型的なメルヘンというか、ファンタジー。
お気づきの方もいると思うけど、これは水の精オンディーヌの話と基本的には同じで、
ヨーロッパ各地にある水の精×人間の男の悲恋伝説をオペラにしたわけだ。

チェコ出身の作曲家ドボルザークがチェコ人のためにチェコ語で作ったオペラ「ルサルカ」。
甘美な旋律のアリア「月に寄せる歌」が有名なこのオペラをチェコの、プラハ国立歌劇場で
仕事が終わった金曜の夜に観に行った時の感激は今でも忘れられない。
f0189467_9414210.jpg

この時は歌唱や演出に感動するっていうより、とにかく「オレはいまプラハでルサルカを
見てるんだよ!」っていうその状況に感激してたね(笑)。もちろん歌手陣やオケは
手堅い出来だったし、演出は非常にストレートなものだった。

舞台背景には深い森が広がり、ルサルカも水の精らしく白い衣装で、王子様も王子様らしく
王子様ルックで登場。「水の精と王子様の悲恋」っていう言葉から観客が想像するイメージを
忠実に再現したような演出で、見る側も安心して鑑賞させていただいた。
f0189467_9421626.jpg


これが2007年欧州出張のときの話。これが一つめの「ルサルカ」(笑)。

さて。
2012年3月の欧州出張。イ課長はルフトハンザに乗ってフランクフルトに向かっていた。
ほぼ12時間乗るから、その間イ課長はビデオサービスで映画を見るのを常としている。
だが、この時のルフトハンザのビデオサービスには映画に加えてオペラがあった。
しかも演目が「ルサルカ」ときた。おやまぁ。5年前に見たルサルカかね。これはいい。
長くて退屈なフライト。のんびり「ルサルカ」でも鑑賞させていただこうじゃねぇか。

ところが、ルフト機内で見たこの「ルサルカ」に引き込まれたんだよ、イ課長は。

第一幕。舞台は深い森の奥の湖…のはずだが、なんだ?コレは。
時代設定を現代風にしてるのはわかるとしても、ルサルカもニンフたちも地下に幽閉?されて
下着姿だし、湖のヌシであるバスの役もダラシなくガウンを羽織ってタバコ吸ってじゃん。
おいおい…ドウいう設定なんだよ?

欧州のオペラでは時としてすごく斬新な演出がある。
イ課長が2008年欧州出張で観たバイエルン歌劇場の「マクベス」はその最たるものだが(笑)
この「ルサルカ」もかなり斬新な演出のようだぞ。これじゃまるで…

     
    ・・・まるで?


         え? あ、ひょっとして、これって、マジで売春窟って設定か??

                    きっとソウだよ。あーーーそう思って見るとこりゃ間違いないワ。


こいつぁ驚いた。「ルサルカ」をまさかこういう演出で処理するとは。
ルサルカとニンフたちは地下に監禁された売春婦なんだよ。タマゲたね。
「水の精が人間に恋する」んじゃなく、「監禁された売春婦がカタギの男に恋する」わけだ
まぁそれでも一応コレはコレで話が成り立つからスゴい。
(下はバイエルン歌劇場HPで見つけた舞台写真)
f0189467_0432928.jpg

第一幕の最後、本来なら「人間になったルサルカの美しさに王子様が一目惚れ」するシーンが
「お嬢様ルックになった売春婦・ルサルカの美しさにカタギの男が一目惚れ」してる。
第二幕もけっこうヤバい演出が目立って、第三幕に至っては、ルサルカは森の湖に戻るはずが、
この演出だと何と精神病院らしき施設に収容されてる!ひーーーー。
(下の写真も同上。金魚のいる水槽にジャブンと入らされるんだから歌手も大変だ)
f0189467_0451135.jpg

後で調べたら、これはミュンヘンのバイエルン国立歌劇場の公演を録画したものらしい。ほぉ。
思い返せば、あの「とんでもマクベス」で目が点になったのもバイエルン国立歌劇場だったよなぁ・・・。


・・・・待てよ?

ここまで書いたところで、イ課長は「ひょっとして…」と思ってネットで調べまくってみたら、
何と!やっぱりあの「とんでもマクベス」と、この「売春ルサルカ」は同じ演出家だ!
マルティン・クシェイっていう人で、いつも作品は賛否両論巻き起こす鬼才らしい。

確かに2008年にミュンヘンで観た「とんでもマクベス」にはイ課長も呆れ果てたよ。
立ち見席で疲れてたってこともあって、途中で出てきちゃったくらいだからね。
しかし、アレに比べればこの「売春ルサルカ」はまだしも着想の妙が感じられたかな。

というわけで、2007年にプラハ国立歌劇場で見た「まともなルサルカ」。これが一つめ。
2012年、ルフトハンザ機内で見た「売春ルサルカ」。これが二つめ。

そしてブリュッセルで観た三つめの「ルサルカ」の話に続くわけだが、長くなったから続きは次回。
まさかこのネタが続き物になるとは思わなかったが、これもイ課長ブログ特有の
「意表をつく演出」だと思って勘弁してほしいのである(笑)。

 

by tohoiwanya | 2012-11-05 00:36 | 2012.03 欧州出張 | Comments(0)
2012年 07月 06日

ウィーン楽友協会大ホール

さて、ウィーンネタの消化を続けましょう(笑)。
本日はウィーン楽友協会ホールでの音楽会の話。

去年のウィーン旅行で、イ課長とトホ妻は3つの公演を聞いた。
一つがウィーン国立歌劇場での「サロメ」。これはもう書いた
二つめがウィーン・フォルクスオパーの「メリー・ウィドウ」。これも書いた
三つめが本日書こうとしているウィーン楽友協会ホールでのコンサートなのである。

ウィーン楽友協会大ホール…ムジークフェラインザール。
クラシックにご興味のない方には「何それ?」な話で申し訳ないけど、
ここは世界中のクラシックファン憧れの音楽ホールなんだよ。
その音響の素晴らしさ、絢爛豪華な内装の素晴らしさから「黄金のホール」とも言われる。
毎年お正月にNHKが放映するニューイヤーコンサートの会場としても知られている。

テレビでしか見たことのない、あの楽友協会大ホール。
今回ウィーンに行ったらぜひここで何か聞きたかったんだよ。演目なんて何でもいい。
とにかく「あの楽友協会大ホールでオンガクを聞く」という体験をしたかった。

チケットは日本からネットで予約した。
「サロメ」や「メリーウィドウ」を先に予約し、それ以外の日で楽友協会大ホールで開催の
音楽会を探したら、モーツァルトの曲を中心にしたコンサートがあった。よしコレだ。
名前を知らない地元オケみたいだけど、とにかく演目はこの際何でもいいのだ。
とにかくあの楽友協会大ホールで…え?くどい?はいはい。
f0189467_044552.jpg

月曜に国立歌劇場、水曜にフォルクスオパー、そして金曜日の夜に楽友協会ホール。
ウィーンならではの音楽的娯楽を今回はうまくスケジュールに組み込めた。
そしていよいよ当日…。

うおおーーー…ついに実際に入ることができたぞ黄金のホール!
f0189467_044347.jpg

きれぇーーーー!!うおおーーーー!(←嬉しくてイッちゃってる)
f0189467_0452536.jpg

おおおーーーオレ達の席は2階席だ!!
うおおおーーもうすぐ始まるーーー!(←嬉しかったのだ、大目にみてやってほしい)
f0189467_0462243.jpg

この夜のコンサート。
行ってからわかったんだけど、オーケストラ全員が18世紀風の仮装をして
モーツァルトの名曲を演奏するというもの。あー、これってよくウィーンの街中で
仮装したチケット売りが「モーツァルトコンサート!」とか言って、観光客相手に
売ってるアレだな。完全に「楽友協会ホールを見たい観光客向け」の音楽会だ。
こんなものをわざわざ海外からネット予約してきた客はイ課長たちくらいかも(笑)。

しかしね、この音楽会はなかなか楽しかった。
仮装オーケストラとはいえ、そこはウィーンだから演奏自体はしっかりしてるし、
「観光客のみなさん楽しんでちょうだい」って姿勢が徹底してる。
f0189467_0465313.jpg

特に会場が異常な盛り上がりを見せたのはエンディングだ。
ウィーンの音楽会っぽく、最後のアンコールで「美しき青きドナウ」が演奏された。
それを聞いたとき、イ課長は「あ、これ…ひょっとすると…」と思ったんだけど、
その通りの展開になったのだ(笑)。

つまり、ニューイヤーコンサートと同じ趣向でやってくれたんだよ。
最後に「美しき青きドナウ」をやって、鳴り止まぬ拍手を受けて再アンコール。
もちろん曲はお約束の(観客手拍子付き)「ラデツキー行進曲」に決まってるじゃん!

「楽友協会ホールでラデツキー行進曲に併せて手拍子」ってのはニューイヤーコンサートの
最後に必ず用意されたお楽しみなんだけど、ソレを今、自分たちが、同じ楽友協会大ホールで、
やってるんだよ!嬉しいーー!キャッキャッ!!(←またイッちゃったようだ、すまぬ)

観客はみんな、もうタガがはずれたように大喜びだよ。その気持ちをわかってくれ。
コドモたちなんかは喜びのあまり、全身で手拍子してたな(笑)。
もちろんイ課長もトホ妻も「嬉しい嬉しい」と思いながら盛大に手拍子したわけで、
いや楽しかったなーーー。
f0189467_0433797.jpg

この音楽会、ウィーン滞在の最後の夜、金曜の晩のことだった。
国立歌劇場の「サロメ」も、フォルクスオパーの「メリー・ウィドウ」もよかったけど、
こういう、肩のこらない観光客相手のコンサートも最後の夜にふさわしかったかもね。
もちろん、その開催場所がかの「黄金のホール」だったということが、何よりも重要なのは
言うまでもないのだが。





by tohoiwanya | 2012-07-06 00:47 | 2011.06 ウィーン旅行 | Comments(2)
2012年 02月 22日

ウィーンでメリー・ウィドウを観よう

ウィーン国立歌劇場で「サロメ」を観たのは2011年6月6日月曜日。
その二日後、6月8日水曜日にイ課長とトホ妻は、こんどはウィーン・フォルクスオパーに
オペレッタを観にいった。演目は「メリー・ウィドウ」だ。
f0189467_011293.jpg

オペラとオペレッタの厳密な定義の違いはイ課長もよくは知らない。
確かなことは、オペラが多くの場合「悲恋」「死」「運命」「悲劇」…等々の重厚な物語を
題材にしているのに対し、オペレッタは「喜歌劇」という日本語訳からもわかるように、
お話はめっぽうお軽いノリの恋愛喜劇と相場が決まってる。他愛のない恋愛喜劇に
歌と踊りが満載のエンタテイメント性が徹底してて、これが楽しいんだワさ。

25年前くらいになるかなぁ?まだ結婚前、フォルクスオパー来日公演で、NHKホールの
「メリー・ウィドウ」を初めて観た時の、あの楽しさは生涯忘れられるもんじゃない。
あの時は、第三幕のフレンチ・カンカンの場面があまりに楽しくて、観客が何度も何度も
アンコールをおねだりしたんだよ。

何度もカンカンを踊ってくたびれたヴァランシエンヌ役のメラニー・ホリデーが笑いながら
「もう勘弁してよ〜」って哀願する。
しかしダニロ役のセラフィンは無慈悲に「もういっぺんアンコールだー!それ!」って観客を煽動。
喜んだ観客がますます手拍子を鳴らしてアンコールをおねだりすると、何と指揮者が
踊りの準備も出来てないのに前奏を鳴らし始めるから、舞台上のダンサーたちは右往左往。
それを見た舞台の歌手たちも観客も大笑い…てな状態で、あの時はあまりに楽しすぎて
いつまでたってもフレンチ・カンカンから先に話が進まなかった(笑)。

おかげで本来のストーリーとは全然関係ない舞台になっちゃったように見えて、実はその状況こそ
まさに舞台設定どおり、「パリ・マキシムでの陽気なバカ騒ぎ」に見事になってるじゃん!
しかもそのバカ騒ぎには歌手やオケだけじゃなく、観客までもが参加してる!

あんな経験、後にも先にもあの時だけで、若きイ課長は本当に心底感動した。
オペラとは別種の、オペレッタならではの感動ってあるんだよ、しかもものすごく(笑)。

そのメリー・ウィドウだよ。しかも本場ウィーンのフォルクスオパー劇場で、だよ。
これ観ずしてどうする!…というわけで「サロメ」同様、チケットは何ヶ月も前に日本で
ネット予約し、ウィーン到着早々に実券と引き換えておいたのだ。
万難を排して準備したから当日の夜は余裕ブッこきってもんだぜ。ふふん♪
(上がサロメのチケット、下がメリー・ウィドウのチケットね)
f0189467_010448.jpg

ところが、この日は以前に書いた、午後にドシャ降りの夕立があった日だったんだよ。
雨はやんだけど、いざイ課長&トホ妻がフォルクスオパーに向かおうとして、市電の
ショッテントーア駅に着いた頃には、ふたたびヤバげな空模様になってきた。
うう…ちょっと待って雨。我々が劇場の中に入るまで降りだすのは待ってくれアメ。
f0189467_0121844.jpg

これがフォルクスオパー劇場の前。市電や地下鉄(高架)がガンガン走ってる近くに建ってて、
劇場の中にいても気をつけてると電車の通る音が聞こえたりする(笑)。
なんとか雨が降らずにいてくれたのは幸いだった(この後、土砂降りになった)。
f0189467_013885.jpg

このメリー・ウィドウ。期待の新演出だそうで、旅行中にポスターを何度も見かけた。
メリー・ウィドウって、ドイツ語ではDie Lustige Witweっていうんだな。
発音が難しい。「ディー ルスティゲ ヴィットヴェ」。陽気な未亡人って意味だ。
f0189467_0132999.jpg

劇場の中はこんな感じ。実はここには20年前の新婚旅行の時にも来てるはずで、
「微笑みの国」を見たはずなんだけど、ハッキリ言ってあの時は疲労困憊してて、
休憩中+上演中の90%は爆睡してた(笑)。ほとんど「初めて来た」に等しいよね。
ちなみに席は赤絨緞の個室だよコシツ!プラハ以来じゃないかな?個室って。
f0189467_014198.jpg

オペラ座に比べると小ぶりで、その分「ひとつの空間をみんなで共有してる」感じが強まる。
おそらく今日来ている観客の半分以上は我々と同様「メリー・ウィドウは何度も見て、
内容も曲もよく知ってる」っていう人じゃないかと思う。まぁ歌舞伎なんかでもそうだけど、
イイ作品は何度見てもいいのだ。しかも新演出。期待は高まる。

実は今年の5月にフォルクスオパーはまた来日するみたいで、イ課長たちがウィーンで見た
新演出のメリー・ウィドウも演目として持ってくるらしい。
その来日公演の招聘元サイトにあった写真で舞台を想像していただきたい。
f0189467_0142239.jpg

今回の新演出。曲の順番を入れ替えたり、幕の切れ目を通常とは別のところに置いたりして、
超定番演目メリー・ウィドウに新しい試みをいろいろ取り込んでる。
有名な「女・女・女の歌」を幕の切れ目に持ってきて、次の幕は、ついさっきまで
「女・女・女の歌」を歌ってたヤロウどもが超泥酔状態で全員舞台にブッ倒れてるところから
始めるなんていう趣向はけっこう笑えた。

召使いであるニエグシュの登場シーンも大ウケだったなぁ。
舞台に自転車に乗って出てくるんだけど、何と雨ガッパを着て自転車コイでたんだよ。
土砂降りがあり、雨に濡れて来た客もたくさんいる日の公演だからフザケたわけだろうけど、
こういう意外なおフザケが満ちてるところがオペレッタならではの楽しみ。
f0189467_0145580.jpg

公演が終わったのは9時半くらいだったかなぁ?幸いにして雨はやんでくれていた。
劇場から出てきた観客はみんな「あーーー楽しかった」って幸せそうな顔をしてる。
もちろんイ課長とトホ妻の顔もそうだったと思うよ。あー楽しかったなぁ。




by tohoiwanya | 2012-02-22 00:15 | 2011.06 ウィーン旅行 | Comments(0)
2011年 10月 28日

ヨカナーンの首が欲しゅうございます

さてサロメだ。

幕があがると、舞台は…何と言ったらいいか…谷底みたいな感じのセットになってる。
そのセットにはまるでクリムトみたいなウィーン世紀末絵画風の模様が描かれてて、
すでに妖しいムードいっぱいだ。

何せ天下のウィーン国立歌劇場。しかもドイツ語オペラの「サロメ」。
主役のサロメも、ヘロデ(サロメの義父)も、ヘロディアス(サロメの実母)も
ヨカナーンも、歌手陣は文句のつけようもない見事さだ。

え?どの歌手が誰を演じたかって?忘れちゃったよそんなの(笑)。
サロメ役のソプラノが…えーと…だめ、やっぱ忘れた。
そんなに太ったオバハンなんかじゃなくて、7つのヴェールの踊りを踊っても
視覚的なムリはなさそうなソプラノ歌手だ。

後半、ヘロデ王がサロメの舞を所望して「サロメ!頼むからわしのために踊ってくれ、
踊ってくれたらお前の欲しいものを何でもやる。たとえわしの王国の半分でも!
」と
有名なセリフを吐く。
ここでサロメが鋭い目つきでヘロデ王をハタとにらんで「その言葉に偽りはありませんね?
神に誓えますね?
」と念を押すのは妖女サロメの見せ場の一つだ。ぞくぞく…。

そしていよいよ7つのヴェールの踊り。
サロメは一度舞台から引っ込んで身支度をする。「用意ができたわ」と舞台のソデから
声をかけていよいよ激しい踊りの音楽が始まるわけだが・・・

踊りの衣装を着て出てきたサロメを見て「うわぁ」と思ったよ。
エロだから?いやいやとんでもない。その逆。すごく重ね着してるからだ(笑)。

これって要するに設定通り律儀に7枚のヴェールを順々に脱いでいくってことなんだろうけど
薄いヴェールでも7枚も重ねると重くて暑苦しそうだよ。歌手も大変だなぁ…。

踊りが盛り上がるにつれ、お約束通り一枚ずつヴェールを投げ捨てていく。
最後の一枚を脱いで、確かに肌は多めに露出していたようだったけど、
全然エロって感じではなかった・・つうか、そもそもよく見えなかったし(笑)。

まぁね、別にエロは最初から期待していなかった。
この夜、イ課長が一番カンドウしたのは実はオーケストラなんだよ。
ウィーン国立歌劇場管弦楽団、まぁ要するにウィーン・フィルだ。

オケはスゴかったねーーー。
サロメがヨカナーンの実物を見たがって、ねだって地下牢から出す場面がある。
ここはヨカナーンの最初の登場シーンで、オケは「ヨカナーンのテーマ」を
ここぞとばかり、鳴らしに鳴らすだろうと思っていたら・・・

おや、意外に抑制されてるじゃん。「鳴らしまくる」って感じは全然ない。
「さすが、きちっとコントロールされてるなぁ」と、その時は感心したんだけど、
それは最初の方だけ(笑)。

いよいよ最後の見せ場。サロメがヨカナーンの生首を手に抱えて
ああ、私はついにお前の唇に接吻できるのだわ、ヨカナ〜ン♥」と官能的旋律を
これでもかとばかりに高らかに歌う。

ところが、それを上回るかのようにオケがもう鳴らす鳴らす。びっくりしたよ。
CDじゃ気がつかなかったような音もいっぱい聞こえてくる。
「ココんとこで、こんな楽器つかってたんだ」って箇所がいくつもあって、
その熱っぽい演奏には圧倒された。

それだけ鳴らしまくってももちろん音楽は一糸乱れることなく、ウムを言わせず
聴衆を背徳と官能の絶頂へといざなう。うおおおお。すごすぎます。

…と、写真もなく一人で興奮してるけど、まぁ舞台の写真は撮れないわけだから
ご容赦いただくしかない。実は来年のウィーン国利歌劇場の来日引越し公演では
イ課長たちが見た、このプロダクションで「サロメ」を持ってくるんだよね。
その来日公演の宣伝サイトから写真をお借りした。
f0189467_029142.jpg

いやぁ~・・・嬉しかったなぁ。
休憩中やカーテンコールの時、イ課長は何度も客席の天井を見上げた。
そこには20年前の新婚旅行で見たときと同じシャンデリアがある。
f0189467_028112.jpg

あの時「死ぬまでにこのシャンデリアをもう一度見ることはないだろう」と
切ない気持になったって前に書いたけど、今こうして年老いて、また来られたなんて。
f0189467_0282454.jpg

あーーー嬉しかった。ここに来られてよかった。
いつまでも幸福感に浸った2011年6月6日、ウィーンの夜なのでありました。





by tohoiwanya | 2011-10-28 00:29 | 2011.06 ウィーン旅行 | Comments(2)
2011年 10月 25日

ウィーンでオペラを観る

ウィーンネタをこれまでだいぶ書いてきたけど、ようやく音楽の都・ウィーンらしく
オペラの話題をご紹介できることは、オペラファンのイ課長にとって大きな喜びです。

ドナウ川観光したり、フンデルトヴァッサーの清掃工場を見たあの日の夜、
お待ちかね、ウィーン国立歌劇場におけるオペラ鑑賞が待っていたのである。

思えば、この夜のチケットを日本でネット予約したのは、東日本大震災前だったわけで
ゲキドウの何ヶ月かをくぐり抜けて、いまこうして着飾った人たちに混じって自分たちが
ウィーン国立歌劇場にオペラを観にきてることが夢のようだったなぁ。
f0189467_045766.jpg

中に入ってみよう。
パリのオペラ座ほどキンキラキンじゃないけど、中は非常に豪華だ。
新婚旅行の時も来たんだけど、あの時はテッペンの安い席のチケットだったから、
いきなり長い階段を登らされて、こうして中の様子をじっくり観察する余裕がなかったんだよね。
今回は少し早めに入って、劇場の中をたっぷり拝見させていただくことにした。
f0189467_051815.jpg

こっちでは紳士・淑女たちが開演前のお飲物だ。
ちなみに、国立歌劇場にご来場のウィーン市民および観光客の服装だけど、
男はダークカラーのスーツ、御婦人はちょっとおしゃれなワンピースってあたりが
平均的なところで、何もタキシードやイブニングドレス着る必要なんてないのだ。
f0189467_07521.jpg

もっとも、海外旅行に「ごく普通のフォーマルウエア」を持ってくのもけっこう面倒臭い。
今回、我々は1週間の滞在中にこの日を含めて3回オペラ・音楽会に行く予定だったから、
イ課長は黒のスタンドカラーシャツとジャケット、チノパンを「音楽会用セット」として持っていき、
昼間の観光ではそれを着ず、逆に夜の音楽会は3回ともそれを着た(笑)。

お?こっちではグスタフ・マーラーに関する展示をやってる。
2011年はマーラーの没後100年にあたるし、何てったって彼はかつてウィーン国立歌劇場の
音楽監督だった人だから、特別展ってことなんだろう。
f0189467_073268.jpg

マーラーって作曲家っていうイメージが強いけど、この劇場の音楽監督だった頃は
非常に有能・辣腕で鳴らした人だったと言われてる。

昔は国立歌劇場も「社交界の延長上」的なところがあって、周囲の注目を集めるために
「わざと遅れてきて、開演後に客席に入る」なんてアホウな客がけっこういたらしいんだけど、
マーラーは周囲の反対を押し切って開演後の客の入場を禁止する措置をとったりして、
ウィーン・オペラの近代化にずいぶん貢献したらしい。
f0189467_075366.jpg

客席に入ってみる。まだ早いから客も少ないね。
写真を見てわかる通り、イ課長たちの席は舞台に向かって右の、かなり上の方の席だけど、
最前列なのが値打ち。ちなみに、料金は74ユーロ。ユーロ安の今なら8000円くらいだけど
予約した頃はもうちょっと高かったはず。
f0189467_082369.jpg

びっくりしたのはこんな風に目の前に小さな字幕ボードが設置されてることだ。
(後ろの席の人は、おそらく前の座席の背にコレがあるんだと思う)。
おそらく英語とドイツ語の字幕が出るんだろうけど、我々は全く見なかった。
今日の演目はよく知ってるから、字幕見なくても大体わかっているのだ。
f0189467_084867.jpg


え?この夜の演目は何だったかって?


うふふ…


それはね…


リヒャルト・シュトラウス作曲のね…




「サロメ」だったのである。

「サロメ」と聞くと、イ課長が大昔に作っていたHPの読者は「え、アレ?」と思うかも。
あのおバカサイトにリンクを貼るのは恥ずかしいんだけど、「サロメ」がどんな
オペラであり、どこが特に見ものであるか、そして我々夫婦が「サロメ」に関して
過去どんな経験をしているか、ここを読んでいただくのが早い。
アダルトチェックは気にしないでいいからね(笑)。

オスカー・ワイルドが書いた有名な戯曲を元に作曲されたオペラ「サロメ」。
踊りの褒美に、サロメがヨカナーンの生首を所望し、その唇に接吻するという
19世紀文学中でも最も背徳的でスキャンダラスな題材を描いたオペラ「サロメ」。

パリで見たギュスターブ・モローもそうだけど、サロメという題材に魅せられた
芸術家はものすごく多くて、作曲家リヒャルト・シュトラウスもその一人だったわけだ。
「サロメ」は彼の作ったオペラの中でも最高傑作の一つに数えられる。

中でも劇中でサロメが踊る「7つのヴェールの踊り」は、曲の盛り上がりにつれて
サロメが1枚、2枚とヴェールを脱いでいき、最後は全裸になる…少なくとも設定上は
そういうことになっていて、このオペラのクライマックスだ。
上のリンク先でイ課長(いわんや)とトホ妻が言ってるように、舞台の上でソプラノ歌手が
本当に裸になっちゃうなんていうヤバい演出もコンニチではアリなんだよね。

まぁ天下のウィーン国立歌劇場の舞台で歌手が裸になるとは考えづらいけど、
しかし官能美を感じさせないサロメなんて、サロメじゃないのもまた事実。
今夜の「サロメ」はどんなんだろうなぁ?楽しみだなぁ。
f0189467_0391933.jpg

さて、いよいよ開演間近。客席も埋まってきたぞ。わくわく。
というわけで、この夜のサロメについては次回、詳細にご報告します。




by tohoiwanya | 2011-10-25 00:15 | 2011.06 ウィーン旅行 | Comments(0)
2011年 02月 07日

イングリッシュ・ナショナル・オペラ

欧米の大都市に出張した時の、イ課長の重要なオタノシミといえばオペラだ。
過去にプラハフランクフルトミュンヘンワシントンDCで、出張ついでにオペラを観た。
仕事の準備より、現地劇場の演目チェックやチケット購入といった準備活動の方に
ずっと真剣に取り組んでいるんじゃないかというご批判があるかもしれないけど、
その批判はまったく当たっている(笑)。

昨年の欧州出張ではフランクフルトとロンドンでオペラを観る物理的チャンスがあった。
しかし欧州に到着早々、まだ出張の先も長いフランクフルトでオペラ鑑賞っていうのは
気分的にはあまりステキじゃない。やっぱこういう娯楽は出張最後の夜とかその前日とか、
とにかく出張終盤に設定して「最後にオペラがあるから、それまで出張を頑張ろう」という
モチベーション高揚につなげたいところだ。
(ほらね?一応シゴトのこともチャンと考えてるでしょ?)
というわけで、フランクフルトでのオペラ鑑賞は見送り、ロンドンに賭けた。

ロンドンのオペラといえば、一番有名なのは言わずと知れたロイヤル(王立)オペラハウス。
コヴェント・ガーデン・オペラの名でも有名な、世界でも指折りのオペラハウスだ。
でもイ課長滞在中の演目がイマイチ魅力的じゃなかったんだよねぇ。
(たしか、「アドリアナ・ルクブルール」か何かだった)

ロンドンにはもう一つオペラがある。イングリッシュ・ナショナル・オペラだ。
ここはロイヤルオペラほど有名スター歌手が出るわけじゃないけど、チケット料金は安くて、
要するにまぁ庶民の味方のオペラハウスとでもいうか…。原曲が何語であろうと、
必ず英語で上演するのが原則になっているらしい。

イ課長滞在中のナショナルオペラの演目を調べたら…お!「ラ・ボエーム」やん!
おおこれはイイ。ラ・ボエームといやぁプッチーニの超名作オペラ。
しかもオペラ演出家としてけっこう名の知れたジョナサン・ミラーの演出。

ボエームならイ課長も何度も観たことあるから、話のスジを追うことにキュウキュウとせず
舞台をゆったり楽しめるじゃん。これはいい。断然コレだ。
というわけで、そのままネットでチケットを予約。
業務に関わる出張手配は面倒だの煩雑だの言うくせに、こういうコトは素早い(笑)。

イギリス国内ならチケット郵送っていう方法が可能みたいだけど、外国じゃそうもいかん。
そういう人たちのための、イングリッシュ・ナショナル・オペラのシステムはこうなってる。

①欲しいチケットをクレジットカードで予約し、決済する
②上演当日早めに行き、①でネット決済した時のカードを劇場玄関のチケットマシンに
 入れるとスルスルとチケットが出てくる…

…というようなことが英語で説明されていた。へぇ〜。
ワシントンDCだと予約番号みたいなのを窓口で示し、パスポートを提示した上で
予約したチケットをオバチャンが渡してくれたけど、ココは機械化されてるわけだ。
チケット引き換えは重要だから、何時までにやらなきゃダメかとか、真剣に確認しておきましょう。

ちなみに、買ったのは3階席のサイド。料金は58£(約8,000円弱くらい)だった。
何かのトラブルでチケットが手に入らないと8,000円がパー。真剣にもなるわな。
f0189467_0112160.jpg

さて、オペラの当日だ。2010年11月18日の夜だ。ここはロンドンだ。
ナショナル・オペラの本拠地、ロンドン・コロシアムはトラファルガー広場に近い繁華街にある。
ビッグ・ベンまで歩いたあの夜、とりあえず先にチケットだけ確保しとこうと思って、
上演の1時間以上前に劇場の中に入ってみた。
f0189467_0114771.jpg

はは〜…確かに正面ロビーのわきに機械が2台ある。これがチケットマシンか。
さっそくチケットを予約した時のクレジットカードを入れてみよう。

入れると画面になにか英語が出た。よく意味がわからなくて一瞬パニクったけど、
ほどなくスルスルとチケットが印刷されてきたではないか。よかったよかった。
f0189467_012997.jpg

実際にはまだ上演までだいぶ時間があったから、ピカデリーサーカスまで散歩したり、
オペラ鑑賞前の腹ごしらえをしたりしたわけだけど、まぁその辺は後日の更新で書くとして
本日のところはさっそく劇場の中に入ろうではないか。

f0189467_0125321.jpg

f0189467_0131061.jpg

おおおーーーーーーー…

うーむ…想像していたより劇場の内部はずっと豪華だ。歴史と伝統を誇る劇場なんだろう。
プラハの時もそうだったけど、やっぱせっかくヨーロッパの劇場でオペラ観るなら、
近代的なホールじゃなく、こういう、19世紀的香りの残る空間で観るのがキブンだよね。
f0189467_0133864.jpg

オペラ自体も非常によかったよ。
歌手陣もオーケストラも、誰かが突出して目立つってことなくバランスがとれてて
クォリティは非常によくまとまっている。イタリア語上演なら全然わかんないけど、
英語上演だから「こんな風に英訳するんだ〜」ってのがところどころわかったりするのも楽しい。

イングリッシュ・ナショナル・オペラの「ラ・ボエーム」。
非常に楽しませていただきました。途中で眠くなることも全然なかった(笑)。

最初の方で書いたように、ロンドンのオペラといえばロイヤル・オペラが有名。
(ちなみに、ロイヤル・オペラは2011年に来日公演もやる)
しかし、ロンドンのもう一つのオペラハウス、イングリッシュ・ナショナル・オペラも
なかなか良うござますよ。ロンドンご訪問の際のナイト・アミューズメントとして
イ課長、お勧めいたしますですよ?




by tohoiwanya | 2011-02-07 00:19 | 2010.11 欧州出張 | Comments(2)
2009年 09月 02日

パリ・オペラ座というところ

パリ・オペラ座は内部の絢爛たる装飾だけでも観る価値十分だけど、
奥にある図書館…というのか、資料展示室といえばいいのか、とにかくココがまた
オペラ・ファンにとってはなかなか興味深かった。

こんな風に、ギッッッシリと(おそらく)オペラやバレエ関係の資料・書籍が集められてる。
フランス舞台芸術の歴史なんかを調べてるヒト(なおかつフランス語が読める人)には
これ以上ないくらい貴重なところなんだろうと思う。もっとも、蔵書は勝手に手にとって
読むことはできないようだったけどね。
f0189467_081849.jpg

フランス語文盲であるイ課長にとっては本はいくらあってもしょうがないんだけど、
有名なオペラの舞台デザインのミニチュア展示は面白かった。
下は…なんだろう?ちょっとオリエント風の建物があったり、港っぽい風景があるから
モーツァルトの「後宮からの誘拐」の舞台かな?
f0189467_084995.jpg

これなんかは見た瞬間に「あ、もしかして…」と思ったらやっぱり、
「トリスタンとイゾルデ」の第一幕、船上のセットだ。
f0189467_094567.jpg

トリスタンはイゾルデをこの船に乗せ、自分の主君であるマルケ王の花嫁として 送り届ける
使命を帯びているんだが、二人はここで媚薬を飲んじまってイッキに異常な恋のトリコになる。

そして第二幕。
f0189467_0104372.jpg

狂乱の恋のトリコとなったトリスタンとイゾルデは世間の目を盗んで深〜い森の奥で密会する。
何しろ媚薬飲んでイッちゃってるから、二人は出会うやイナや、もうたちまちお互いの名を
呼び合い、あとは身も世もない愛欲と陶酔の淵に落ちて行くわけだ。クスリはいけませんね〜(笑)。

そして最後の第三幕。
f0189467_0114941.jpg

密会がマルケ王にバレた挙げ句、重傷を負ったトリスタンは海が見えるココで
「イゾルデの船はまだ見えないか?」とか、散々ウワゴトを言ったあげくに死ぬ。
そこに駆けつけたイゾルデもまたトリスタンの後を追うように死ぬ と。

うーむ…パリ・オペラ座舞台セットのミニチュア展示で長大な「トリスタンとイゾルデ」を
1分間で鑑賞させていただきました(笑)。ありがとうございます。

「ベルサイユ風豪華絢爛大広間」の向こうはベランダになっている。
ここからパリの市街を眺めると、見事に左右対称の街づくりが目に飛び込んでくる。
ベランダ中央に立つとちょうどまっすぐ伸びた大通りの中心線に視線を据える形になって
道の突き当たりにある立派な建物がルーブル美術館だ。
f0189467_0205838.jpg

オペラ座前の広場でたくさんの観光客がコッチ、つまりオペラ座に向かって
写真を撮っているのが見える。この日は天気もすごく良くて、二階建て観光バスに乗った
観光客も嬉しそうにしてる。イ課長の心も弾んでくるってもんだ。そう、ここはパリなんだもん。
自分は今、パリ・オペラ座に、まさにパリのド真ん中にいるんだよ。
魅惑と誘惑に満ちたこの街のド真ん中にさ。何だか知らないけど嬉しかったなぁ…。

パリにはやられたな。

パリ・オペラ座のベランダで、イ課長はまたまたそう思った。


 


by tohoiwanya | 2009-09-02 00:16 | 2009.05 パリ旅行 | Comments(6)
2009年 08月 31日

オオカミ少年・イ課長

今回(と言っても、すでにあれから3ヶ月以上経ってしまったが…)のパリ旅行では
イ課長は「観光客でゴッタ返して行列だらけ」みたいな超有名観光スポットには
行かなかった…と書いた。だからルーブル美術館にもベルサイユ宮殿にも行かなかった…と書いた。

だがそれはウソだったのだ。
実はイ課長はベルサイユ宮殿には行ったんだよ。へへへ。有名な鏡の間の写真も撮ってきた。
どうよこの豪華絢爛ぶり。さすがベルサイユ宮殿だよねぇ。意外に観光客が少ないでしょ?
f0189467_1355154.jpg







…と、ここまで読んで「なんだ、イ課長は実はベルサイユ行ったんじゃん、ウソつき!」と思ったアナタ。
アナタはだまされやすいです(笑)。上の写真がベルサイユ宮殿というのは大ウソです。

じゃ、この写真はドコで撮ったのだ?というと、実はパリ・オペラ座なのである。
ルーブルにもベルサイユにも行かなかったイ課長だが、やはりオペラファンとしては
オペラ座だけは行ってみようと思った。ここは公演のない昼間でも入場料を払えば内部を
見学できるようになっているのだ。

オペラ座には5月20日の水曜日に行った。
月曜はアミアン、火曜はシェルブール&ドゥーヴィルと遠出が続いたから、水曜は
パリ市内にじっくり腰を落ち着けてあちこち見る日ってことにしてたんだよ。

しかしまぁ、パリ・オペラ座、別名オペラ・ガルニエ(ガルニエさんっていう人がここを設計したらしい)
さすがに大したもんだ。上演されるオペラはちっとも有名にならないが(笑)、建物だけは有名。
というより、オペラ座といえばエッフェル塔や凱旋門に次いで、パリを象徴する
建築物アイコンだと言える。パリ・オペラ座の写真ってよく見たもん。

遥か昔、バブル期と言われた頃にイ課長は仕事で広尾にある仮設レストランの経営者に
会ったんだけど、その仮設レストランっていうのがパリ・オペラ座を模した店だった。
内装はペンキで描いた、今思えばヒドすぎる店だったが(笑)。あれから約20年。
とうとう本物を見る機会に恵まれたわけだ。
f0189467_1403111.jpg

入場料を払って一歩中に入るとその豪華絢爛な内部装飾に圧倒される。
すっげーー。こりゃ確かに、演じられるオペラより建物の方が立派かもしれない(笑)。

中でも圧巻が劇場のロビー…といっていいのか、ベランダに面した大広間だ。
最初にベルサイユ宮殿とウソをついた写真がココなんだけど、まぁとにかくスゴい。
f0189467_1411378.jpg

ボックス席を少しだけ観光客に公開して劇場内を見られるようになってる。
うーーむ…床も椅子もすべて赤と金で統一してる。そういやプラハの国立オペラ劇場も
椅子や絨毯は赤だったっけ。やっぱオペラ劇場つうたら赤だよな、アカ。
f0189467_142862.jpg

天井を見上げるとシャガールの天井画がどっかーーん。
この天井画といい、シャンデリアといい、もう何から何まで豪華絢爛。あーすげぇ。
f0189467_1423642.jpg

観光客でゴッタ返すベルサイユまで行くのはオックウだから、もっと手軽なところで
絢爛たるバロック建築の粋を味わいたいという人にはオペラ座は断然お勧めだ。
言うなれば「なんちゃってベルサイユ」とでも言うか…(笑)。とりあえず華麗な装飾の洪水を
満喫できるし、何よりベルサイユよりはずっと観光客が少なくて観やすいし、
しかも日本に戻ってから「ほら、これ、ベルサイユだよ」とウソついて写真を見せれば
信じる人がけっこういるんじゃないかと思う(笑)。




by tohoiwanya | 2009-08-31 01:43 | 2009.05 パリ旅行 | Comments(4)
2009年 03月 19日

一応、フランクフルトのことも…

イ課長ブログでは出張で滞在・訪問したいろんな街について書いた。
半日程度しか滞在してないリューベックやアウクスブルクのことも書いた。
仕事で訪問した、旧東独地区のヤバい街のことも書いた。
だが滞在日数は多いはずのフランクフルトの記事はほとんどない。明らかな冷遇。
記事も写真もふんだんに多いプラハと比べてなんという違いだ。

だって、街としてつまんないんだもーーーーーん、フランクフルトって。
見るべきものっつうても特にないしなぁ…えー?レーマー広場ぁ?行ったけどさ、
寒くて、しかも雨で閑散としてたよ。また行きたいかって?別にぃ…(笑)。
 
f0189467_0471487.jpg

しかしこの扱いの差は他の街と比べてあまりに不公平だ。
さすがにフランクフルトに対して少し申し訳ないという気になってきた(笑)。
2007年10月14日にフランクフルトで見たオペラのことでも書くとするか。

演目はモーツァルトの歌劇「後宮からの誘拐」。場所は市立歌劇場。

当日券が残ってるかどうかわかんなかったから早めに行ったんだけど、
結果的には残席は山ほどあった。公演前日に前売り券を買いに行ったら、すでに
全席売り切れだったハンブルク歌劇場と比べてなんという違い。

この日は市立劇場でオペラの他に演劇とか、いくつか催しモノがあったみたいで、
チケット売場では自分の買いたいモノが何かをちゃんと伝える必要があった。
しかし「後宮からの誘拐」ってドイツ語は難しい。オタオタしてたら窓口オバチャンが
「モゥツァールト?」って聞いてきたから「ヤー」。すんなりチケット買えた。
f0189467_048472.jpg

中はこんな感じ。ミュンヘンやハンブルクみたいに州立歌劇場じゃなくて
市立のせいか、豪華じゃないけど、近代的・機能的な客席って感じだったね。

オペラはなかなか良かった。
本来は18世紀頃の物語を、おそらく第一次大戦の頃に置き換えて演出してる。
トルコの太守がトルコ軍の軍服着て登場するけど、意外とこれが違和感ない。

ドイツはオペラとか演劇で「時代設定を思い切り変えた斬新な演出」みたいのが
得意で、そういう意味じゃいかにもドイツっぽい舞台だったといえる。
スター歌手は出てないけど歌手陣のレベルもみんな高い。
けっこうな公演、けっこうな夜でした。
一応、フランクフルトのことも少しほめるイ課長なのである。


…もっとも、その5日後に美しきプラハ国立歌劇場で「ルサルカ」を観た、
あの素晴らしい夜と比べちゃうと…ねぇ? (笑)
 

by tohoiwanya | 2009-03-19 00:58 | 2007.10 ドイツ・チェコ出張 | Comments(0)
2009年 02月 02日

忘れがたき夜

ブログで前にも書いたけど、2007年10月19日金曜日の夜にプラハの
国立オペラ劇場で「ルサルカ」を鑑賞した、あの素晴らしい夜のことは
生涯忘れられるもんじゃない。

あの時は、とにかくまず出張全日程が終了した金曜の夜だったことが大きい。
不慣れなガイコクでのシゴトを何とか無事クリアし、さぁここからは先はもう
自由時間なんだーっ!ていう、その解放感は大変なものがあったね。
f0189467_941154.jpg

週末の夜のにぎやかなヴァーツラフ広場を通って劇場に向かう。
出張が終わった解放感、自分がいまいるのがプラハなんだというヨロコビ、
そのプラハでこれからオペラなんだっていう期待感…その後アチコチに海外出張
したけど、あの時ほどウキウキと心弾んだ夜っていうのはない。

オペラのチケットは日本からネットで予約した。
そんなに高い席じゃなくて、5000円くらいだったかな。例によって確認書をプリントアウトして持ってった。
バイエルン歌劇場ではそれをチケットと引き換えたけど、ここの場合はプリントアウトしたものを
そのままチケットして扱った。紙の上のところをちょっとピリッと破って、それで手続き終了。
f0189467_9414210.jpg

この段階でイ課長はすでに劇場ロビーの絢爛豪華な室内に圧倒されてた。
うっはーー、こんなにキレイな劇場だったんだ!すんげー。

自分の席があるはずの階に行くと、係のオバチャンがいるからチケットを見せる。
「ここよ」って案内してくれた先は個室だった。

こここっ個室でオペラ!
映画ではよく観るけど、まさか自分が体験できるとは思わなんだ。
f0189467_9421626.jpg

実は上の写真に写ってる3つのイスは「もっと高いチケット」を買った客用で、
安いチケットのイ課長席はこの後ろにもう一つあるイスでなんだよ(笑)。
だから、この3つの席に誰かが座ればイ課長には舞台がほとんど見えなくなる。

ところが、この「前列」の3席は結局最後まで空き。
だからイ課長はバルコニーの一番前に乗り出して心ゆくまで舞台を堪能できた。

水の精と、人間の王子との悲恋を描いたオペラ「ルサルカ」。
チェコ語で書かれたオペラで、作曲はチェコ出身の作曲家ドボルザーク。
以前、夜のプラハの写真で紹介した国民劇場で1901年に初演されたらしい。
そんな、まさに「チェコのオペラ」を本場チェコで鑑賞。しかも絢爛豪華な劇場で、
赤ジュウタンの個室で…ああ~…今思い出しても夢のような体験だ…(ボーッ)。
f0189467_9434984.jpg

オペラが終わったのは10時過ぎだった。
そんな時間でもまだ人通りの多いヴァーツラフ広場を通って地下鉄の駅に向かう。
後ろを振り返ると、美しくライトアップされた壮麗なプラハ国立博物館が、イ課長の
2007年欧州出張最後の夜を祝福してくれた(ように思えた)っけ。

何度でも言う。あの素晴らしい夜のことは生涯忘れないだろう、イ課長は。

by tohoiwanya | 2009-02-02 09:43 | 2007.10 ドイツ・チェコ出張 | Comments(4)