人気ブログランキング |

タグ:史跡 ( 2 ) タグの人気記事


2019年 12月 04日

アル門からブリュッセルに別れを告げる

ブリュッセルでの散髪から30分くらいさかのぼる。本日はアル門の話。

ところでアル門って、知ってる?
ブリュッセル観光名所の中ではグラン・プラスとか王立美術館なんかよりだーいぶ
ランクが落ちると思う。知らない人の方が多いんじゃないかなぁ?

アル門はちょうどワッペンのような形をしたブリュッセル中心部(いわば旧市街)の
一番下のカドッコのところにある。地下鉄で南駅の次の駅、Porte de Hal で降りると
すぐ近くにあるんだけど、イ課長はこの日、シューマンから南駅まで歩くという、
すげー長距離散歩の途中に歩いて寄ったのである。
f0189467_01203817.jpg
 
ここって、ブリュッセルがワッペン型の城壁とお堀に囲まれた中世都市だった頃の
城門なんだよね。東京でいうと桜田門とか、大手門なんかが残ってるようなもんか。
しかしそこは中世ヨーロッパ。まるで城郭のような巨大石造り建築物なのである。
f0189467_15490436.jpg
 
ちなみに、夜見るとこんな感じ。これは前夜に撮った写真。
ライトアップされてキレイだけど、ちょっと幽霊屋敷っぽくもある(笑)。
f0189467_15490463.jpg
 
入場料は5€くらいじゃなかったかな?(忘れた。すまぬ)
中に入ると、いかにも中世ヨーロッパって感じの展示品がいっぱい並んでる。
f0189467_15493408.jpg

しかし、申し訳ないがイ課長としてはこういう展示品にはあまり興味がない。
むしろ、昔のアル門の模型とかの方が面白いな。今道路になってるところが昔は
お堀や城壁だったことがわかる。ウィーンのリンク大通りみたいに、欧州の古い街は
かつての城壁やお堀を道路にしたところが少なくない。
f0189467_15504058.jpg
 
展示をザッと見つつ、どんどん上の階にあがる。
ここのらせん階段は非常に重厚で、見ごたえがある。内部には一応エレベーターも
設置されてるけど、断然らせん階段を昇るぜ。
f0189467_15510387.jpg
f0189467_15510324.jpg
 
やがて塔の上の展望台(昔はたぶん見張り台)に出る。
実はイ課長が一番来たかったのはここなのだ。
f0189467_15564738.jpg
 
ちょっと風があって寒いけど(2月の下旬)、天気がよくて眺めはすごくいい。
おお、マッチと団子が組み合わさったような、有名なアトミウムも見える。
ブリュッセルの有名なランドマークだけど、これまで見たことなかった。
ずいぶん遠いのにずいぶんデカく見えるんだなー。
f0189467_15513113.jpg
 
あっちにも何だか立派な大聖堂がある。ブリュッセルには今回で6回目になるけど、
ぜんぶ出張だったから、街のごく限られたところを何度も歩いてる感じで、
中心部をちょっと離れると全然知らない。あんなところに大聖堂があるのも
今日高いところから見て初めて知ったぜ。
f0189467_15513131.jpg
 
今回がたぶん最後の海外出張。仕事でブリュッセルに来るのも当然今回が最後だろう。
仕事以外で来ること・・あるかなぁ?なまじ何度も来てるだけに、わざわざ旅行で改めて
来ることはないような気もする。これが人生最後のブリュッセルになるかもしれん。
あと数時間したらデュッセルドルフに移動しちゃうわけだしね。

出張でしか来たことないけど、お気に入りの街だったブリュッセル。
最後に高いところからブリュッセルの街に別れを告げたくて、こうしてアル門に
来たというわけなのですよ。イ課長もなかなか義理堅いでしょ?(笑)

 


by tohoiwanya | 2019-12-04 00:54 | 2019.02 欧州出張 | Comments(4)
2018年 07月 06日

玉藻公園を経て本州へ

ホテルをチェックアウトして、JR高松駅に向かったのが朝9時頃だったと思う。
早朝から歩きづめだったんで、高松築港まで琴電に乗って行くことにしたんだけど、
乗ったと思ったら終点(一区間)。電車賃のムダ。歩きゃよかった(笑)。

本州にわたる電車が出るのは11時10分。まだ時間がある。
その間を利用して旧高松城跡、玉藻公園というところを散策することにした。
ここは約30年前に来たときも見てない場所だ。この際見てやろうじゃねぇか。
f0189467_17174690.jpg
 
トホ妻は民家系好きのミンカーだが、イ課長は城郭建築も好きだぜ。
この高松城、天守閣は失われてるけど、櫓はある。昔のオリジナルが残ってるのかな?
こんなぶっとい柱が階を貫いてて、力感あふれる木造建築。
f0189467_17174645.jpg
f0189467_17175349.jpg
 
おそらく昔はここが海に突き出すような感じで、敵の水軍が来るのをこの窓から
見張ってたんだろうな。今はヨットがたくさん浮かんで、平和なもんだが。
f0189467_17175371.jpg
  
ちなみに、昔天守閣があったと思われる石垣の上は現在展望台になってる。
名古屋城みたいに、昭和の時代まで現存していた城は設計図や写真資料その他が
残ってるから木造復元しようと思えば出来るけど、ココの場合はそういうわけには
いかないんだろうなぁ。ま、江戸城だって同じことだが。

さて、そんじゃ行くか。名残惜しい高松を離れ、岡山に移動するぞ。
JR高松駅まで歩いて(これは近い)、あわただしく駅うどんを食い、土産物を買って、
11:10の電車に乗る。岡山まで1時間弱の旅。
f0189467_17175870.jpg
 
はーい、瀬戸大橋ですよー。
この橋は約30年前に高松出張した時、すでに開通してたから、電車でこの橋を渡るのは
2度目。瀬戸大橋って1988年に開通した(今年30周年)ってことだから、最初に乗った
約30年前は開通直後だったわけだ。
f0189467_17194159.jpg
 
そう言われると、確かにあの時は「電車で四国から本州に渡ってるぅ~」ってことに
ちょっと感動しながら乗ってた記憶がある。橋もイ課長もトシをとったぜ・・。

こうして本州に戻ってきたトホ妻とイ課長。12:02に岡山駅着。
しかしゆっくりしてるヒマなどない。すぐ12:11発の吉備線に乗り換えるのだ。
この列車に15分ほど乗って、吉備津というところに向かうのである。
f0189467_17194080.jpg
 
吉備津・・・きびつ。一体ソコに何をしに行くのか?還暦直前夫婦。
そのナゾは次回更新で明かされる。

 


by tohoiwanya | 2018-07-06 00:17 | 国内出張・旅行 | Comments(0)